スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふくろう 「しょう油ラーメン」

1沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

名護市大東の「ふくろう」へ行って来ました。
2014年4月1日以前訪問店)“名護市ラーメン紀行”も四軒目になります。前回「山原炉船」からのハシゴになるのですが、居酒屋使いで少し物足りなさを感じていたところ、居酒屋ながらもラーメンも提供しているというこちらへお邪魔することにしました。まあ要するに飲み足りなかったのですね(笑) しっかりアルコールを摂取後に、あわよくば更にラーメンも締めで頂こうという算段です(さっきの締めは? という突っ込みは無しで(^_^;))。お店には、午後9時過ぎに入店です。

2沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

「ふくろう」の表紙です。
本業は居酒屋らしいのですが、ランチタイムも営業をされているようです。
その際は「食べ処ふくろう」として、午前11時半から午後2時まで営業をされていて、ボリューム感のあるいわゆる定食類を提供されているようです。安価でお手軽なワンコインランチが人気なようですが、現在の価格は上がっていないかな? 本日は「飲み処ふくろう」として、居酒屋タイム(午後18時から午前0時)の時間帯に来店です。

3沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

「ふくろう」のメニューです。
大枠の品目構成としては『うちなーむん・魚のバター焼き・サラダ・刺身・おつまみ・ご飯、汁物・揚げもの・串焼き・酒采絶品』などとなっています。卓上のメニュー以外にも、壁際には多くの短冊お品書きが下げられており、さすが本来は居酒屋専門店といった品揃えでありました。さてまずは居酒屋メニューの注文ですが、別紙で用意された“炭火焼きジャンボ焼きとり”から「ねぎま焼き(120円×2)」に「豚バラ焼き(150円×2)」を選び、“うちなーむん”から「豆腐チャンプルー(550円)」をお願いしました。ところで“ご飯、汁物”欄に記載されているラーメン類は『ラーメン(軟骨)(650円)・ラーメン(ピリ辛)(680円)・みそラーメン(700円)』の三種類となっていました。

4沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

壁際に掲示されていた短冊のお品書きです。
こちらには同じく三種類ぶん『塩ラーメン(680円)・しょう油ラーメン(680円)・ネギピリ辛ラーメン(680円)』が掲載されています。「ネギピリ辛ラーメン」はおそらく卓上のお品書きと同一のものと思いますが、他の二つは品目名はもちろん価格設定も異なりますので、合計で5種類のラーメンが提供されていると思われます。

4.1沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

居酒屋としての紹介でもありますので、別紙のドリンクメニューも掲載です。
やはり沖縄の居酒屋らしく、ラインナップは泡盛が中心ですね。ボトル以外にいくつか一升瓶でも提供をされているようです。さて順番が前後しましたが、まずは入店からすぐにビールの「生樽(380円)」をお願いしています。

5沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

すぐに運ばれたジョッキの「生樽」です。
お通しとして「枝豆」も付いて来ました。先に訪れていたお店でビールは頂き済みですが、河岸を変えますと、なにはともあれまずはビールですよね(笑)

6沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

程なくして運ばれた「ねぎま焼き」に「豚バラ焼き」です。
別紙メニュー表には“炭火焼きジャンボ焼きとり”として、一本100円~150円で7品目ほど用意されていました。入店時には気付かなかったのですが、店頭で焼いていたようです。通りがかりの人にも直接販売をされているのかもしれません。大ぶりで食べ応えがあり、塩気が程よく効いてこれまたビールにぴったりな逸品でした。

7沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

しばらくして運ばれた「豆腐チャンプルー」です。
青菜やもやしの心地良い食感に、豚肉やポークの塩気、そして豆腐を含めてがっつりこれまた食べ応えのある一皿でした。

8沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

かなり早い段階で「泡盛一合」をお願いしました。
メニューには明記されていなかったため、価格設定はいくらか判りません。同じく残波黒をお願いしたのは間違いないと思うのですが……。お酒は透明な徳利に入っており、今回は注ぎやすかったです。

9沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

せっかくラーメンを頂くということで、前菜(?)の「ギョーザ(450円)」です。
6個入りで焼き目が綺麗に付いています。皮はやや薄めで、ニンニクが効いた餡がたっぷりと入っていました。餃子はお酒のおつまみとしても食べやすくて良いですね。

10沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

さてこちらのお店の締めとして選んだのは、「しょう油ラーメン(680円)」です。
トレイに載せられ運ばれて来ました。小皿の上にレンゲが載せられていますね。異業種店である居酒屋のラーメンということで、内容に想像が付きにくかったので、用意されるまで結構なワクワク感がありました。

11沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

「しょう油ラーメン」のアップ画像です。
具材は半玉に白葱、大判の海苔に隠れていますが、もやしなどとなっています。もやしは丁寧に髭が取り除かれていました。具材の構成としてはシンプルで、680円の価格設定からはちょっと寂しい内容だったかな? まあ専門は居酒屋ですから、同じお店で締めの一杯を頂けるぶんには充分嬉しいところです。

12沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

「しょう油ラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。透明感があり、くっきりとした食感の麺でした。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりな口当たりながらも、程よく塩梅が効いた醤油味のもの。実はこの段階でかなり酔いも廻っており、ある意味締めの一杯として美味しく頂けたかも(^_^;) 具材のもやしや白葱の食感が良く、麺とスープと共にとても美味しく完食とさせて貰いました。

名護市の本来は居酒屋店ということもあり、次回来店の機会はそうそう作れないとは思いますが、他のラーメン品目も気になります。ランチタイムの訪問でもラーメンは頂けそうですが、出来れば夜間帯でしたら、アルコール込みを念頭に置きたいところです(笑) そういった機会がありましたら、じっくり腰を据えて居酒屋使いをさせて貰いたいと考えております。

13沖縄 ラーメン 名護市 ふくろう しょう油ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市大東2-14-16
電話:090-9782-0156
営業時間:11:30-14:00 18:00-0:00
定休日:月曜日
駐車場:有り

ふくろう居酒屋 / 名護市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1174-088963f3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。