スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん 「醤油ラーメン」

1沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

うるま市石川の「らーめん」へ行って来ました。
「2014年4月1日以前」訪問店の記事掲載を続けていましたが、今回はリアルタイム更新となります。本店舗はコメント欄にて店舗情報を頂き、さっそく訪れてみた次第です。ただ書き込みでは大まかな立地と夜間営業らしいことしか判らず、ざっとネット検索をしてみたところ、情報もまったくといっていいほどありませんでした。夜間営業でしたら午後7時くらいから開いているだろうと目星を付け、うるま市石川の通称「銀座通り」へと向かいました。結果としてはビンゴで、営業時間は午後7時から午前0時くらいとのことでした。まあ仮に開いてなかったとしても、近隣の「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画店にでも寄るつもりでありました。お店の立地としては高速道路で石川ICを降りたとしましたら、左手側に「赤道ラーメン 石川店」のある市街地向け道路を進み、右手側に「かねひで」が見えたところで右折をしますと、少し先の右手に大きな「らーめん」の看板を掲げた店舗を見つけることが出来ます。お店には、平日の午後7時半頃の入店となりました。

本記事の前にコメント欄に関するちょっとした余談です。
先に書いたとおり、本店舗の情報はブログコメント欄から頂きました。ただ書き込みされた方が訪問リクエストに気兼ね(?)をされたのか、再度の書き込みでコメントは非公開にして欲しいとありました。ずっと前に記事中でも書いた覚えがあるのですが、ブログ未訪店の情報などは、遠慮なさらずにどんどん書き込んじゃってください。歓迎いたします。また、現在コメント欄は承認制になっていますが、これは大した意味がある訳ではなく、ブログ再開後に不定期更新になるかもしれないと考えていたことによる措置です(返信までの間が開くと放置しているように見えてしまうため)。ということで、今後とも当ブログへのご愛顧のほど、よろしくお願いします。

2沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

「らーめん」の店内の様子です。
お店はおばあがお一人で切り盛りをされていました。まずこの身も蓋もない店名なのですが、実際は店舗上部に大きな看板があり、そこに大きく「らーめん」と書かれていました。店名を訊ねたところ屋号に特にこだわりはないようで、ラーメン屋さんであることがお客さんに判れば良いようでした(以前の看板は「らーめん」の前に「屋台」の文字が付いていたそうです(^_^;))。便宜上、店名は看板どおりに「らーめん」とさせて頂きます。お店はご覧のとおりカウンター席のみとなっており、スペースとしては手前に5席、奥側に3席分用意がされていました。画像左手側の網戸の奥が厨房となっており、更にその奥が居住スペースとなっているようです。早い時間ではお客さんはみえないようで、おばあは奥でテレビを見ながらくつろいでおりました(笑)

3沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

「らーめん」のメニューです。
取り扱い品目はシンプルに『味噌ラーメン(450円)・醤油ラーメン(400円)・ギョウザ(300円)』の三品目となっています。木札の上から紙を巻いて書かれていますので、価格改定をされた跡が伺えますが、おそらく今回の消費税増税以前のものだと思われます。というか以前はいくらで提供されていたのでしょうか?(^_^;) さて今回の注文ですが、「醤油ラーメン(400円)」と「ギョウザ(300円)」をお願いすることにしました。

4沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

カウンター席上から見える、厨房側の様子です。
お店の客側のスペースですが、元々民家だったところに、外側に壁を増設して作ったような印象でした。ただ網戸奥にある厨房スペースは、お店の規模の割には広く、本格的な作りでありました(まず一般家庭の台所には見えませんでした(^_^;))。

5沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

調味料類としては「お醤油・お酢・ラー油・食卓塩・唐辛子・コショウ」などとなっています。餃子用らしきものが多くありますが、実際の提供時には、小皿に入った専用ダレも一緒に持って来てくれました。この日は調味料類全般、今回はまったく不使用のままでありました。

6沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

程なくして運ばれた「醤油ラーメン」と「ギョウザ」です。
「醤油ラーメン」は具材に野菜がこんもりと盛られ、店舗内は屋台のような風情のある作りもあって、なかなかの雰囲気を醸し出しています。「ギョウザ」の方は、程よい大きさのものが7個入りとなっていました。厨房側からどのように提供されるか興味しんしんでしたが、ふつうに網戸を開けてカウンター越しに渡されました(笑) あと細かいことではありますが、きちんと両品目タイミングを合わせて提供されたのが嬉しいところです。

7沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

「醤油ラーメン」のアップ画像です。
具材としては、野菜類はもやしに人参にニラと刻まれた葱、チャーシューが2枚に半玉などとなっています。もやしは丁寧にヒゲが取り除かれていますね。ウチナーのおばあらしい、丁寧なお仕事をされています(笑) 400円という安価な価格に比して、見た目にもなかなか盛りだくさん感のある一杯となっていました。

8沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

「醤油ラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。想像していたより柔らかすぎることもなく、ほど良い茹で加減といった食感の麺となっていました。スープも程よい塩梅具合で、また具材は思いのほか野菜類を中心としてたっぷりと盛られており、食べ進めるなかで飽きが来ることもなく、“味変”的に卓上の調味料類を投入することもありませんでした。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

9沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

一緒に頼んだ「ギョウザ」です。
しっかり焼き目が付いて、やや小ぶりながらも7個入りとなっています。卓上にも餃子用とおぼしき調味料が置かれていますが、やや酸味のある専用ダレも小皿で用意されました。肉の比率が高いのか餡は柔らかめで、更にニンニクも効いています。ライスかあるいはビールが欲しくなったところで、せっかくですので自宅で頂こうと、1個だけ食べて残りはワガママを言ってホイルに包んで持ちかえらせて貰いました(容器入りで専用ダレも付けてくれました)。最終的に餃子の方は、自宅でビールと共に美味しく頂いております(笑)

お店は賑やかな表通り沿いから少し路地に入ったところにあるものの、それなりに以前から営業をされていたはずで、いまどきネット上でもあまり情報が回っていないのは不思議ですね。当ブログ閲覧者でこういったラーメン店を知っている方は、ご遠慮なくコメントください。調査をさせて貰います(笑) ちなみに最後に記された店舗情報ですが、住所は建物の壁に掲示されていた番地で、電話番号は看板に書かれていたもの、営業時間と休みについてはお店のおばあから直接聞いたものとなっています(行事など特別な用事があれば休むと言ってましたが、ご本人が年中無休と表現されましたのでそう表記します)。こちらでの未食の品目は「味噌ラーメン」ひとつだけですので、また機会がありましたらそちら狙いで再訪したいと思います。

10沖縄 ラーメン うるま市石川 らーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市石川一丁目5(※ネット地図検索では同ブロックの一丁目23?)
電話:098-965-6590
営業時間:19:00-0:00
定休日:無休
駐車場:無し

らーめんラーメン / うるま市)

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/06/07 16:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1167-6d9b57a2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。