スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天神矢 「天神(3)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

那覇市牧志の「天神矢」へ行って来ました。
2014年4月1日以前訪問店)これまたお店の立地が国際通り近辺ということで、またもや酒席の場から流れてのハシゴ訪問となっています。「天神矢」は以前「コトブキ」が営業されていた店舗跡を引継ぎ、いまではすっかり独立した人気店になっているようです。「天神矢」として取り上げた記事自体はそう多くありませんが(※改めて確認しますときちんと記録に残していて、結構ありました(^_^;))、当時の「コトブキ」にて、“店舗内店舗”で営業されていた時期から品目は頂いていますので、ほとんどのレギュラーメニューは試し済みとなっています。お店には、週末の午後9時過ぎに入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

「天神矢」のお品書きです。
コンパクトながら、画像付きで判りやすく、とても整理されたメニュー表ですね。当初は文字のみのシンプルな作りでしたが、「天神矢」は凝ったネーミングの品目が多く、説明書きと共に画像で実際の内容が伺えるのは、特に初訪問の方にとっては判りやすくて良いものです(前回訪問時に頂いた「醤油豚骨ラーメン(650円)」は、「天神矢」では珍しいストレートな品目名でした)。そうそう、前回訪問時では「お休み中」の文字が記されていた「黒兎」ですが、正式(?)にラインナップから外されたようです。不自然に真っ黒なスペースは、当該品目が本来記載されていました。さて今回の注文ですが、初心に戻って「天神(700円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

先ほどのお品書きから裏面になります。
こちらの面には、トッピングや各種サイドメニューが記されています。前回訪問時も同じようなことを書いた覚えがあるのですが、気になるのがお店のオススメとして「天神矢のシメおじや」について記されている部分です。ラーメンの麺を食べ尽くした後の残ったスープに「ライス(100円)」を投入して、卓上の調味料類などで味を整えつつ、最後まで味わいつくすという趣向です。個人的には様々な店舗で「担々麺」を注文した際によくやっていたことなのですが、行儀が悪いかな? とも感じていましたので、お店側で推奨されているのは嬉しいところです。今回も夜間のハシゴタイムでの来店でしたので、次回こそはランチタイムサービス(12:00~14:00ライス無料)などを狙いつつ、実際に試してみたいと考えています。

5沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

卓上の調味料類です。
手前の壺は豆板醤にニンニク、奥側はお酢にコショウ、唐辛子などとなっています。「シメのおじや」にも使えますが、もちろん本来はラーメン用として置かれているものです。ラーメンを頂く際に実際に使わせて貰いました。あと左隅に「無料対象トッピング」について掲示されていましたが、無くさないようトッピングパスは未携帯でしたので、今回も利用出来ませんでした(^_^;)

6沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

程なくして運ばれた「天神」です。
お店の名前が冠せられた、筆頭に掲載されているラーメンです。お品書きでの紹介では“進化し続ける開拓味噌ラーメン!! コク・旨味のあるメイン商品”と記載されていました。ちなみにおすすめのトッピングは「ネギ」なのだそう。うーん、いちおう今回で3回目(?)の注文になりますので、本来はパスを利用して、トッピングのひとつも加えたいところでありました。

7沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

「天神」のアップ画像です。
具材としては中央にたっぷりな白ネギ、チャーシューに肉味噌にコーン、それと海苔などとなっています。鋭角に切られた白ネギで、盛り付けがなかなか綺麗ですね。先ほどおすすめのトッピングは「ネギ」とありましたが、この白ネギが更に盛られるのか、それとも別途青ネギなのかは不明です(お品書きの画像を見る限り、白ネギを多用されているようなので前者かな?)。

8沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

「天神」の麺ですが、やや太めの平打ちほぼストレートのもの。あれ、明らかに以前頂いた際の麺より太くなっているような……と思ったのですが、改めてお品書き画像をよくよく見ますと、『通常細麺になります。太麺を希望の方はお申し付けください』と小さく記されていました。正直記憶は曖昧だったのですが、しっかり三回目なりの工夫を加えた注文をしていたようです(^_^;) 太麺ということで口中でくっきりと存在感があり、個人的にはこちらが好みかもしれません。その麺に絡むスープですが、ごく初期の提供時から比べますとマイルドな方向になっていると感じていますが、広い客層に向けた飽きの来ないバランスとしては、現在がきっと一番良いのでしょう。それを受けるように、各種調味料類も用意されていますしね。

9沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

後半になって、卓上の調味料類を利用してみました。
壺入りの豆板醤にニンニク、コショウなどをたっぷり投入です。ラーメン好きにはお馴染みのもので、ジャンク感が溢れるものの、やはり各ラーメンの旨みを引き出す鉄板の調味料だと感じます。これは確かにライスを投入しても合いそうですね(笑) 今回は流れのなかで控えめ(?)な注文となりましたが、スープの一滴も残さず美味しく完食となりました。

本文中では触れませんでしたが、「天神矢」でも激辛メニューが用意されているのですよね。
辛さ指定は倍率などの数字ではなく、辛さの低い方から順に『地震(とりあえず)・雷(オススメ旨辛)・火事(辛味上級者)・親父(石原タケシ)』とユニークな表現になっていました。辛さを選べるのは『鳳凰・鳳蝶・烈震』の3品目となっており、辛味を指定することによる追加価格設定はないようです。「コトブキの店舗内店舗」時代に「烈震」を激辛指定で頂いたことがありますが、とてつもない辛さだった覚えがあります。まあその際は辛さ耐性も低い方でしたので、いまとなってはどう感じるか、ちょっと判らないところです。次回訪問がいつになるかは未定ですが、「激辛チャレンジ」としての再訪になるかもしれません。

10沖縄 ラーメン 那覇市 天神矢 天神

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-16
電話:090-9974-3577
営業時間:12:00-14:00 17:00-22:00
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1165-8f8897f1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。