スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とん珍亭 小禄店 「とんこくラーメン(3)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

那覇市鏡原町の「とん珍亭」へ行って来ました。
2014年4月1日以前訪問店)はい、前回ブログ記事からのハシゴラーメンとなっております。酒席の場から流れてのハシゴですので、訪問時間は午後11時頃となっていました。さすがにこの時間帯になりますと、ラーメン店といえども閉まるお店も多くなって来ます。開いているのは嬉しいことではありますが、今回は夜半のラーメン連食という不節制上の来店ですので、ちょっと微妙なところではあります(^_^;) さてこちらのお店は県内に古くからある、いわゆる“サンチン系”のラーメン店となっていて、那覇市内で「小禄店」以外にも「国場店」が営業をされています。提供品目は基本的に一緒なのですが、実は「小禄店」の方が安価な設定となっているようです(「国場店」が高い訳ではなく、「小禄店」が異様に安かったりします)。

2沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

席上に用意されたメニュー表です。
以前は壁際の広い範囲でしか掲示されていなかったお品書きですが、卓上の手元側でもじっくり確認が出来るようになりました。遠い壁際では、座る位置によっては非常に見にくかったですし、全体の把握も困難でした。このように改めて一覧で確認しますと、こんなにラインナップ豊富でしたっけ? といった印象です。さて最近の当ブログの流れでしたら、未食の品目を優先して頂くはずですが、なにせアルコールが入りつつの食欲魔人状態のこと、自身の欲望のリミッターを外して「チキン唐揚げラーメンセット(650円)」をお願いしたようです。賢明な閲覧者の方々の想像どおり、「とんこくラーメン(単品では500円)」を優先した訳ではなく、おそらくいち鶏肉好きとして、セットの「チキン唐揚げ」を食べたかったのでしょうね(^_^;)

3沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
昔ながらのラーメン店といったイメージの赤色カウンター席が、チェーン店の「花月」風(?)の硬質な色合いのものに刷新されていました。用意されている調味料類もブラックペッパーなどそれらしい変化が……。これも激変を続ける“沖縄ラーメン界”の現状を受けた流れなのでしょうか、個人的に少なからず驚きを感じた変化でありました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

壁際の様子です。
こちらも変わらず掲示はされていますが、改めてボードが張られ、お品書きも新しく貼り出されていました。以前は古びた様子もありましたし、またあまり整理された表記ではなかったと思いますが、店舗全般的にリニューアルをされたようですね。

5沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

程なくして運ばれたセットの「とんこくラーメン」です。
フルサイズのラーメンにライス、そしてチキン唐揚げに付け合わせのキャベツまで付いて、これにて650円となっています。実は以前は600円で提供されていましたので(その価格設定がおかしかった)、これでも値上がりをされていたようです。本記事は2014年4月1日の消費税増税前の訪問ですが、更なる値上げもあったのでしょうか? お店の方にとっては厳しいところでしょうが、こういったラーメン店はボリュームに比しての安さも魅力ですので、少しばかり残念な気もします。その辺りを見越してのリニューアルだったのでしょうか?

6沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

「とんこくラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシュー一枚にネギにわかめ、海苔などとなっています。ごくごくシンプルな構成となっていました。ちなみに「とんこくラーメン」単品では500円となっており、セットの差額から逆算しますと、プラス150円で「鶏のから揚げとライス」が付いている形となります。やはりかなりお得感のある価格設定ですね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

「とんこくラーメン」の麺ですが、軽くひねりが入ったもの。若干径があり、イメージと異なり(?)後半までのびを感じにくい、しっかり食感の麺となっています。その麺に絡む熱々のスープですが、豚骨特有の脂分に加えて、塩味もそれなりに含まれている作りとなっています。ただしギトギトの濃厚豚骨といった風合いではありませんので、軽く締めの一杯としてもちょうど良いかもしれません(笑) 具材のチャーシューやわかめを合間に挟みつつ、美味しく啜らせて貰いました。

8沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

セットの「チキン唐揚げ」のアップ画像です。
ほんのりカレーの風味を効かせた、骨付きチキンとなっております。カリカリな揚げ具合といい、どこか懐かしいアットホームな雰囲気の一皿となっております。丸々とした食べやすい骨なしチキンも良いですが、骨を持ってかぶりつくのもまた楽しさがあるというものです。これまた付け合わせのキャベツを合間に挟みつつ、ラーメン共々がっつり完食となりました。

急遽のハシゴラーメンでしたが、次回来店時こそは未食の単品ラーメンを注文したいと考えております。メニュー表の紹介時には触れませんでしたが、実はこちらでも辛いラーメンを提供されているのですよね。書き出してみますと、『中辛ラーメン(1倍)・激辛ラーメン(2倍)・超激辛ラーメン(3倍)・地獄ラーメン(4倍)』となっていました。価格設定としては前半ふたつが600円で、後半ふたつが700円となっています。倍率設定が控えめな表現ですが(もっとハッタリを効かせても良いのに(^_^;))、辛さについては実食をしてみないと判らないところですよね。当ブログ企画となる、「激辛チャレンジ」エントリー店となるかは現時点では未定ですが、機会を見つけて定期的に再訪したい落ち着ける老舗店でありました。

9沖縄 ラーメン 那覇市 とん珍亭 とんこくラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市鏡原町26-26-106
電話:098-859-2805
営業時間:11:00-翌3:00
定休日:月曜日
駐車場:有り


東京ラーメンとん珍亭ラーメン / 奥武山公園駅壺川駅小禄駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/04/05 02:24 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/04/05 02:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1162-f9814de9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。