スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

特濃中華蕎麦 いわし 「まるにぼじ」

1沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

浦添市仲西の「特濃中華蕎麦 いわし」へ行って来ました。
こちらはつい先日オープンしたお店になります。その前は「丸豚」、更にその前は「ゆいまーる人:浦添店」と、ごく短期間に3店舗ものラーメン店に変遷されたことになります。まあ実質、同じ方が店主として応対をされているようなのですが……。特に「丸豚」期間においては、一部の熱心なラーメンファンが付いたことかと思いますが、急な提供品目の変更や臨時休業も多く、そのフリーダムな業態に戸惑っていた方も多かったのではないでしょうか?(^_^;) この度新たに「特濃中華蕎麦 いわし」として営業をされるとのことで、ある意味久しぶりの来店ということもあり、とても楽しみにしての訪問となりました。ちなみに営業は午前11時から午後3時までと、ごく短時間となっているようです(更に売り切れ終了もあり)。

2沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

「特濃中華蕎麦 いわし」のメニューです。
取り扱い品目としてはシンプルに「まるにぼじ(500円)」と「肉まるにぼじ(750円)」なる二品目になっているようです。後者の「肉まるにぼじ」は前者にチャーシューを加えた、いわゆる“チャーシューメン”のようで、実質ラーメン本体は一種類といっても良いかもしれません。……しかし、余計なお世話なことでしょうが、ちょっと不安に感じたのがお品書きを壁に直接ペイントしていること。「丸豚」時代はコロコロと提供内容も変わりましたので、こちらは安定提供を意思表示されているといったことでしょうか? 提供品目が変われば塗り直しが出ますので、それはそれで大変そうだと感じました。あと、今後のサイドやトッピングなどの追加メニューを記載するスペースもないような気がします(^_^;) さて今回の注文ですが、やはりまずは筆頭品目の(二品しかありませんが)「まるにぼじ(500円)」をお願いすることにしました。

3沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

待っている間に店内の様子を写してみました。
基本のカウンター席を中心とした店内構成は変わらないものの、以前の装飾にあたるような部分がすべて取り払われ、よりシンプルな印象となっています。店舗入り口から一番奥側にはカウンターに沿うように、テーブル席二つが用意されていました。中央が厨房スペースとなっており、お一人で対応されている店主の調理の様子は丸見えとなっております。

4沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

カウンター席上の様子です。
現在のところサイドメニューなどの提供もないことから、置かれている調味料類もごくシンプルですね。一味唐辛子と胡椒の二種類だけとなっています。お冷は卓上側にはなく、壁際にセルフで用意されていました。

5沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

程なくして運ばれた「まるにぼじ」です。
なにぶん調理されている様子が丸見えですので、他のお客さん用に作られた「肉まるにぼじ750円)」との違いも明白でした。価格的には250円の差があるのですが、それも納得なほどたっぷりチャーシューが追加で載せられていたようです。個人的にはライスなどの提供が始まりましたら、迷うことなくセットで「肉まるにぼじ」を注文したいところですね(笑)

6沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

「まるにぼじ」のアップ画像です。
具材はシンプルにざっくりネギのみとなっています。メンマやチャーシューなどお馴染みの具材は一切なく、潔いほどの構成となっていました。最初に書いておきますが、スープや麺に工夫を積み重ねたであろう厚みが感じられて、全体の満足感そのものは高かったかと思います。

7沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

「まるにぼじ」の麺ですが、平打ち気味で中太のややひねりが入ったもの。艶やかなで綺麗な見た目に、もちもちと弾力感もある美味しい麺でした。当初に想像していたより太さがあって、シンプルな具材をものともしないがっつり感がありました。その麺に絡むスープですが、いかにも濃厚そうな褐色の色合いとなっています。煮干しを中心として動物系を合わせたものでしょうか、そこまで極端に煮干し感が出たものではありませんでしたが、太めの麺にしっかりマッチした味わいとなっていました。背脂も薄っすら浮いていて、ほど良く甘みを加えてくれていたようでした。濃厚なスープはライスとの相性も良さそうですので、サイドメニューに加わるのが待たれます。もう一品の「肉まるにぼじ」は、ぜひとも白飯と一緒にがっつり頂きたいものですね(笑) やや熱めのスープも、全体の引き締めに一役買っていたかと思います。終盤になって卓上の一味唐辛子や胡椒を試しつつ、最後はもちろんスープの一滴も残さず完食です。

営業時間帯が午前11時から午後3時までと、遠方のラーメンファンには来店はちょっとハードルが高そうですね。また店主お一人で対応をされているのですが、ラーメン作りはどうも二杯単位で作られているようで(「二郎」でいういわゆるロット?)、お客さんが一気に訪れましたら、かなり待つことになるだろうとも感じました。それでも熱心なラーメンファンに注目されているお店だと思いますので、良い具合に改めて口コミなどで、一般の方にも知られていって欲しいお店ですね。今後の積極的な営業展開に、とても期待しております。

9沖縄 ラーメン 浦添市 まるなか 特濃中華蕎麦 いわし まるにぼじ

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市仲西2-6-11
電話:不明
営業時間:11:00-15:00
定休日:不明
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1154-af2df661










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。