スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生け簀の銀次 豊見城店 「超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば」

1沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

豊見城市田頭の「生け簀の銀次 豊見城店」行って来ました。
はい、店名からも想像出来るとおり、今回も「酒場放浪記」な内容となっております(^_^;) ラーメン店的な品目を取り上げてはいるものの、そろそろ何のブログか判らなくなってきそうですので、今回でいったんシリーズは終了したいと思います(笑) 合間に新規店紹介が入って、結果として良かったかも。さてこちら「生け簀の銀次 豊見城店」ですが、2012年7月に紹介した「産地直送卸問屋 仲買マーケット直営食堂」からリニューアルオープンされた居酒屋さんになるようですね。以前の店舗の際は、「魚介出汁の和風濃厚つけめん」という品目を紹介しました。今回はふつうに居酒屋使いとしての来店でしたが、新規再開後の初訪問ということもあり、改めて楽しみにしての来店となりました。お店には、いちばんの賑わいを見せるであろう、連休初日にあたる週末の午後8時頃の入店です。

3沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

「生け簀の銀次 豊見城店」のメニューです。
お店の一番の売りがこちらの「産地直送 選べる五点桶盛り刺し」になるようです。これは10品目のなかから、好きな5点を選ぶというもの。一品目が100円・150円・200円となっていますので、合計しても安価な範囲で収まる形になります。ざっとラインナップを書き出してみますと、『ミーバイ・まぐろ・ヒラメ・カンパチ・サーモン・車海老・ホタテ・ウニ・イカ・本日のお勧め鮮魚』となっていました。ちなみいち品目をダブルでお願いすることも可能なのだそうです。

2沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

お店のもうひとつの特色として、セルフで食べ放題のサラダもありますね。
こちら「生け簀の銀次」(または「いぶし銀次郎」など)ではお馴染みのシステムのようです。双方とも現在かなりの勢いをみせる「株式会社みたのクリエイト」さんが運営されている居酒屋さんとなっています。特に仲買いを運営することによる、新鮮な魚介関係のメニューが評判のようですね。今回は当初から居酒屋使いとしての来店ですので、そのあたりの品目紹介もしっかりとさせて頂くことにします。

4沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

カウンター席上の様子と共に、とりあえずで注文した「サザンスター(190円)」です。
さっそく頂いた「サラダ」は無料サービス設定ではありますが、「お通し」が無い代わりに居酒屋では珍しく、「チャージ料(350円)」が別途掛かります。まあお通し代わりになっているのでしょう。こちらのサラダでつまみに切れ間を作ることなく、大活躍をしておりました。実は本来は何人かで訪れる予定だったのですが、急遽変更になり、しかしながらすっかり来店モードでしたので、ひとりでカウンター席に座ることになりました。ひとり客ということで、色々と種類が頼めないのは残念でした。さて先述した「選べる五点桶盛り刺し」は専用用紙に記入してお願いすることになります。この日頼んだのは「県産生マグロ(150円)・朝〆桜カンパチ(100円)・活車海老踊り刺し(200円)・北海生うに木箱盛り(200円)・本日のおすすめ鮮魚(150円)」となっています。合計で800円になりますね。この日のお勧め鮮魚は「真鯛」とのことでした。

5沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

カウンター席限定という、天麩羅メニューです。
当初はテーブル席の予定でしたので、本来は頂けない品目となります。初来店ということもあり、一品のボリューム感も判りませんので、とりあえず一番目を引いた「豪州産穀物牛ヒレレア天(350円)」をお願いすることにしました。説明書きでは『全国の産地直送厳選食材で作るこだわり抜いた天麩羅だから、出来たて熱々で食べて欲しい。だから単品でのご提供。だからカウンターのお客様限定』なのだそうです。ある程度演出も含まれているのでしょうが、これはワクワクのある設定でもありますね。

6沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

カウンター席の背後、入り口正面側に設置された「生け簀」です。
店名に冠しているとおり、見た目にも楽しさのある「生け簀」が置かれています。これまた身も蓋もない言い方をしますと、鮮魚を取り扱っていることの演出でもあるのでしょうが、外食ではこういった要素も重要ですよね。それこそ自宅では見られない「味わい」です。

7沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

程なくして運ばれた「選べる五点桶盛り刺し」です。
再掲になりますが、今回選んだのは「県産生マグロ(150円)・朝〆桜カンパチ(100円)・活車海老踊り刺し(200円)・北海生うに木箱盛り(200円)・本日のおすすめ鮮魚(真鯛)(150円)」となっています。桶にはぎっしり氷が敷き詰められ、厚みのある切り身と共に、かなり迫力のある盛り付けとなっていました。

8沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

二尾入った「活車海老踊り刺し」のアップ画像です。
足先がぼやけてますが、これは撮影ミスのピンボケではなく、活きが良く動いているためにブレてしまったからです。身も透明感があり、プリプリコリコリしていました。この日は連休前夜ということもあり、多くのお客さんで賑わっていたため、その他のお刺身はやや切り置きした感がありましたが、充分に美味しく頂きました。

9沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

更に運ばれた「豪州産穀物牛ヒレレア天」です。
特に指定していなかったのですが、“お好みの塩・天つゆ”から、「できたて天つゆ~ゆずとろろ付き~」が用意されました。画像に入ってませんが、天つゆが入った容器も運ばれています。他に「自家製えび塩」や「県産海塩」などもあるようですが、一番コストが掛かっているらしい方を持ってきてくれましたね。肉肉しいレアの牛ヒレ天麩羅をこちらで頂きました。せっかくですので天麩羅の追加注文も考えたのですが、出てくるまで結構掛かったので今回は一品で遠慮しました。

10沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

選べる日本酒3種飲み比べ(380円)」です。
日本酒はあまり詳しくないので、色々と試すことが出来て良いですね。選んだ品目を忘れないように、上から順に3種を選択したのですが、メニュー表上にグラスを置いて注いでくれたため、非常に判りやすかったです。ちなみに一升瓶のまま持って来て、小さなグラスに器用になみなみと注いでくれました。頂いたのは『愛宕の松・庭のうぐいす・ゆきの美人』となっています。どちらも辛口で、すっきり飲みやすい作りでした。グラスは少量ですので、好みの日本酒が判りましたら、本格的に一合などでお願いをすると良いでしょうね。

11沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

日替わりのお品書きです。
見事なまでに魚介類が揃っています。一人客でなければ、色々と試したかったのですけどね。既に「選べる五点桶盛り刺し」もお願いをしていますし、最後は麺物もお願いをするため、こちらからは注文しませんでした。このなかでは「サーモンカマ炭焼き(480円)」が気になりました。

12沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

さてようやく「麺物」の注文です。
取り扱いは二品目、「超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば」と「高菜の油そば」です。
後者の「油そば」は、ホームページなどにも記載されていなかったので、ここでちょっと注文を迷いました。また次の来店機会もあるだろうと、当初の予定どおりに「超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば(780円)」をお願いしました(お薦めマークも付いてますし)。ちなみに「高菜の油そば」は680円となっています。書き忘れましたが、こちらの価格はすべて税別表示となっていました。

13沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

程なくして運ばれた「鶏塩汁そば」です。
想像していたのとずいぶん違った品目でした(^_^;) 以前の店舗と同様な、つけ麺のような品目と思っていたのですが、麺は別容器に用意されているものの、ガスコンロで温められているスープ側へ、煮込むように麺を投入する方式ですね。そのままでは熱すぎますので、必要な分量を小皿に移して頂くことになります。感覚的には鍋物に近いもので、複数人でシェアするにはちょうど良いのかも。

14沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

スープ側のアップ画像です。
中央には骨付きで、トロトロに煮込まれた大ぶりな鶏肉が鎮座しておりました。廻りにはパリパリの鶏皮と青菜もたっぷりと浮いていますね。スープは鶏から抽出したらしい、黄色みがかかった旨味たっぷりなもの。適度な粘度感に塩味が加わり、とても美味しいスープでありました。ガスコンロで温められているため、最後まで熱々なのも嬉しいところです。

15沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

「鶏塩汁そば」の麺ですが、平打ち中太のほぼストレートのもの。ほどよくもっちり感があり、やや粘度感のあるスープはしっかり絡まり、これまた美味しく頂けました。実はこちらの麺、「稲庭細うどん」を使用しているとのこと。どんどん「ラーメン店的品目」から離れて行っていますが、まあ今回の記事自体が番外編ですしね(^_^;) 美味しい「麺物」であることに変わりはありません。一人で頂いたため、具材の鶏肉も含めて結構なボリューム感がありましたが、ここでの主役はやはりスープでしょう。味わい深く、締めの一杯として美味しく完飲させて貰いました。

居酒屋はやはり複数人で来て、多くの品目をシェアした方が本来は良いですよね。
今回は最終的にとても満足出来たのですが、各種居酒屋メニューが試せなかったのは残念でした。注文のペース配分も一人客では難しいですね(実はサラダとビールをかなりの量頂いております(^_^;))。まあ当初予定していた会合は流れましたし、まだ「高菜の油そば」なる品目も残っていますので、次回来店の機会もそう遠くない内にあるかもしれません。

16沖縄 ラーメン 豊見城市 生け簀の銀次 超濃厚自家製スープ 鶏塩汁そば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市田頭155-1
電話:050-5788-4577
営業時間:11:00-15:00 18:00-翌2:00(L.O翌1:00)
定休日:無休
駐車場:有り

生け簀の銀次 豊見城店魚介・海鮮料理 / 赤嶺駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1152-c4dfbfe4










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。