スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三太の餃子 「特製混ぜ麺」

1沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

那覇市牧志の「三太の餃子」へ行って来ました。
こちらは2012年3月に初めて「煮干し醤油ラーメン」を取り上げていますので、正式なブログ記事としてはちょうど二年振りの掲載になります。微妙な言い回しになっているのは、軽めにまとめた「らあめん放浪記」内記事でも一度取り上げていたからです。都合三度目の訪問記事になりますね。はい、こちらも「三太の餃子」という店名ですが、居酒屋と言ってよい業態となっていますので、またもや今回も「酒場放浪記シリーズ」といった内容となっております(^_^;) 今回実際に訪れたのは2013年の12月ですので、こちらもずいぶん遅れての掲載となりました。お店には、週末の午前0時半頃の訪問です。

2沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

本文に入る前に店舗外観です。
店舗名にピンと来ないラーメンファンの方も、「SAKURA」の真向かいのお店といえば思い出されるでしょうか? ラーメンの提供をされ始めた頃は、本来の業態と違うことから、いつまで提供を続けるか紹介しながらも不安でしたが、暖簾やのぼりなどから、むしろラーメン店寄りな見た目となっています(笑) のぼりを確認しますと、未食の「まぜ麺」をアピールされていました。酒席の場から流れてふらふらと桜坂付近を放浪していたのですが、これ幸いと入店とあいなります。

3沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

店内に入りますとラーメン店ではお馴染み、券売機が導入されていました。
自分の認識ではあくまでも「居酒屋さん」系統のイメージでしたので、どこかシュールな光景に見えます(^_^;) 結構頻繁におつまみの追加注文が出ると思いますが、その度に券を購入するのかな? 「焼き鳥1本(100円)」となっていて、以降は偶数本ごとに「焼き鳥10本(1000円)」までボタンが用意されていますね。しかしラーメンの提供を始めてから売り上げが伸びたのか、どんどんラーメン店寄りの店舗に変化していっているようです(笑) さて今回の注文ですが、とりあえずの「キリン淡麗生(290円)」に、さっそく「混ぜ麺(650円)」をお願いすることにしました。券売機を導入されていますので、一般のラーメンファンも「居酒屋」とは考えずに、通常の「ラーメン店」のように、気軽に単品注文をされても良いのではないでしょうか?

4沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
これまた一部の人気ラーメン店等でお馴染みの、無料サービスの「お漬け物」が用意されていました(笑) 待っている間に手持ち無沙汰にならなくて良いですね。しかしこちらのお漬け物を無料のおつまみとして、アルコールを飲むお客さんが出たりしないのでしょうか?(まあそんな人はいないでしょうし、それはそれでも採算は合うのでしょう(^_^;))

5沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

壁際に貼り出された、各種提供品の掲示物です。
このなかでは特に「麒麟淡麗生2杯+餃子5個+焼き鳥2本セット(990円)」が、自分には「美味しそうな組み合わせ」に映りますね。考えてみましたら店名に冠されているのに、こちらのお店で「焼き餃子8個(500円)」を注文したことがなかったかも(^_^;) ちなみに餃子のラインナップとしては『水餃子・揚げ餃子・野菜スープ餃子・手羽餃子』などが用意されているようです(各500円でスープ餃子のみ600円)。毎度のことですが、こういった業態のお店に来る際は既にハシゴ状態となっており、また最終的なお目当てはラーメン類ですので、お店独自のおつまみ品目はなかなか注文出来ないのですよね。前回記事でも書きましたが、機会があればお出かけ最初の訪問店として、お店の看板品目も頂いてみたいものです。

6沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

程なくして運ばれた「特製混ぜ麺」です。
いわゆる『汁無しそば・まぜそば』などと呼ばれるものですが、ジャンル特有のジャンク感と共に、しっかりお店のイメージどおり(?)な見た目なのが面白いところです。まったく初見の品目ではありますが、どこかお店のカラーみたいなものは出るものなのですね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

「特製混ぜ麺」のアップ画像です。
具材の構成としては、そう厚みはないもののチャーシューがたっぷり5枚ほど、青葱に揚げネギ(かな?)に煮玉子、キムチにわかめなどとなっています。中央部には彩りよく紅ショウガが盛られていますね。混ぜダレは事前に麺に絡ませて提供されるタイプではなく、底に溜まったものを自分で混ぜ合わせる仕様となっています。

8沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

「特製混ぜ麺」の麺ですが中細のほぼストレートのもの。「煮干し醤油ラーメン」と共通なものになるのかな? やや柔らかめながらも、混ぜダレとの絡みが良い麺となっています。店頭の“まぜ麺のぼり”では「スタミナにんにく」の文字が見えましたが、そこまで強くにんにくは前面に出ていなかったと思います。そうそう、チャーシューがそれに当たるのでしょうか、「在来豚おもろアグー」を使用しているのだそうです。麺が細めなためするすると食べやすく、しかしながらもしっかり具材もたっぷりなため、アルコールをお伴にしながら美味しく完食となりました。

さてこちらのお店ですが、自分の行動パターンとして、再訪する可能性の高いお店となっています(要するにこの界隈でお酒などを頂く機会が多いのです)。すっかりラーメン店的雰囲気のお店にもなっていますし(^_^;) 本文中でも触れましたが、出来ればお出かけ最初の段階で訪れて、先に記したセットものなども試してみたいですね。それか前回記事の「弐ノ弐」と内容が被りますが、また新しいラーメン店的品目が出ましたら、こちらで“締めの一杯”を頂くことを前提に、長居するつもりで訪れることでありましょう(笑)

9沖縄 ラーメン 那覇市 三太の餃子 特製まぜ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-8-1
電話:098-861-5399
営業時間:19:00-翌2:00(L.O翌1:00)
定休日:不定休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1151-35724f12










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。