スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜花 豊見城店 「チャーシュー醤油ラーメン」

1沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

豊見城市高安の「桜花 豊見城店」へ行って来ました。
「桜花(おうか)」は沖縄県内で三店舗が営業している居酒屋さんで、一店は那覇市松山の方に、もう一店は宜野湾市愛知にあるようなのですが、こちら豊見城市のお店が本店にあたるのだそう。居酒屋ということで、今回も番外編にあたりますね(実は取り上げるラーメンは正規メニューではないため、掲載を迷いました)。せっかく(?)ですので、「異業種店のラーメン」シリーズを続けたいと思います(笑) といいますか未更新の訪問店が多く、結果的にそういう方向になってしまいました。今回はそうではありませんが、酒席の場から流れての異業種店の訪問は、ブログ記事もどうしても後回し気味になってしまいます。お店には、平日の午後6時頃の訪問となりました。

2沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

入り口側に設置されている、各種サービスが記された看板です。
「桜花 豊見城店」の居酒屋としての特色ある点ですね。午後8時までは生ビール(発泡酒含む)を格安で提供されており、また平日限定ですが、午後7時までは190円と390円の格安フードメニューを提供されています。今回訪問した午後6時は、両方のサービスが適用されている時間帯になりますね。「桜花」自体のイメージとしては、ちょっとした高級感のあるお洒落な居酒屋さんといったところです。午後8時までのビールの価格設定としては「のどごし生(250円⇒88円)・淡麗生(350円⇒130円)・一番絞り(470円⇒190円)」となっています。

3沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

カウンター席上の様子です。
これで先述したお店の雰囲気が伝わるでしょうか? カウンター席はそう広くはなく、メインは奥側に用意された半個室のテーブル席、最奥側の大きな座敷席となっています。厨房はカウンター席の向こう側にあたりますね。まずはお通しと「のどごし生(88円)」を頂きます。何度か書いていますが、個人的には重さを感じる生ビールより、発泡酒の方が飲みやすくて良かったりします。特にお店でジョッキで頂くとなると、美味しさにそう違いが感じられません。そうそう、こちらは注ぎ方やジョッキの管理なども徹底されているようです。

4沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

タイムサービスのメニュー表です。
正規の大判メニュー表はもちろんあるのですが、この時間帯での来店ですので、そちらは利用しません(笑) ある程度の期間ごとに、提供品目の入れ替えを行っているようです。190円メニューの方をひと通り書き出してみます。『揚げぎょうざ・串刺チキン・豚キムチヂミ・白身魚フライタルタル・漬けマグロ炙り寿司・菜の花ジャーマンポテト・若鶏梅天・厚揚豆腐』などとなっていました。190円メニューは安さも魅力ですが、分量的にそこまで多くなく、ひとり客でも種類を選べるのが嬉しいところです。別途小さくかっこ書きされている価格は、本来の価格設定になるようです。

5沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

別紙の「本日のおすすめ」メニュー表です。
レギュラーメニューとは別に、季節などで変わる品目が記載されているお品書きになるようです。締めの一杯として、『肉そば(320円)・月見うどん(320円)』などが見受けられますね。「牛のもつ煮込み(480円)」などは一年以上もスープを継ぎ足して作られているようで、お店の看板品目のひとつになるのでしょう。

6沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

正規のメニュー表です。
安価なお品書きを中心に紹介しましたが、本来のラインナップはやや高めな価格設定かな? 鮮魚やサラダの提供内容などから、“ちょっとした高級感のあるお洒落な居酒屋さん”といったお店の方向性が伺えますね。以下、190円メニューから注文した品目を掲載します。

7沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

菜の花ジャーマンポテト

8沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

白身魚フライタルタル

9沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

串刺チキン

10沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

揚げぎょうざ

11沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

若鶏梅天

さて、ひと通り食べ(飲み)終わったところで、「チャーシュー醤油ラーメン」を注文です。

12沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

程なくして運ばれた「チャーシュー醤油ラーメン(480円)」です。
冒頭にも書いたとおり、正規のメニューではありませんので、品目名もこれで正式なのかはっきりしません。また「締めの一杯」として、メニュー表に記されている「肉そば(320円)」や「月見うどん(320円)」などと比べると高めの設定ですが、これは単純に一杯あたりにかかる材料費以外に、数が出ていないことによるコスト高なのかもしれません。

13沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

「チャーシュー醤油ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはスライスされたチャーシューに煮玉子、ネギにもやしに人参、それと海苔などとなっています。この段階ではすっかり酔っておりまして、居酒屋でそのまま締めのラーメンが頂けるのは、それだけでとても嬉しいものであります(笑)

14沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

「チャーシュー醤油ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。表面が滑らかでツルツルと啜れるタイプの麺ですね。やや柔らかめながら、しっかりコシのある麺となっています。その麺に絡む濃い色合いのスープですが、和風テイストの醤油味となっていました。少し甘めではありますが、飲みの後の「締めの一杯」としますと、とこういった作りも有りかも。チャーシューや煮玉子など、具材とのバランスも良く、スープを飲み干す最後まで美味しく頂くことが出来ました。

本文中でも書きましたが、居酒屋でラーメンが提供されていますと、そのまま「締めの一杯」に入れて良いですね。出来ればそういったお店も開拓したいところですが、アルコールが入りますので、立地によっては寄りづらい場合もあったりします(与那原町でもラーメンを提供されている居酒屋さんを見かけましたが、そちらは行きづらかったりします)。ビールおよびフードメニューが格安なため、アホみたいに飲み食いしても2千円程度のお会計だったと思います。ジョッキで6杯は飲んでいたような……(^_^;) 全ての品目込みで、とても満足感を持ってお店を後にしました。

15沖縄 豊見城市 桜花 チャーシュー醤油ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市字高安413-1 大漁マンション1F
電話:098-856-7111
営業時間:17:30-翌2:00(金・土・祝日前のみ翌3:00迄)
定休日:無休
駐車場:有り

彩食酒蔵 桜花 豊見城店居酒屋 / 小禄駅奥武山公園駅赤嶺駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1145-a2feaa2e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。