スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グルメ香港 「醤油ラーメン」

1沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

読谷村古堅の「グルメ香港」へ行って来ました。
はい、実は前回記事の「丸麺屋本舗」からのハシゴラーメンとなっています(前々回の「醤」を含めますと、この日三件目の訪問店となっています(^_^;))。さてこちら「グルメ香港」ですが、イオン読谷ショッピングセンター敷地内の立地となっていて、先の「丸麺屋本舗」とは同棟の、一軒他店舗(大戸屋)を挟んだだけのごくご近所さんとなっています。うーん、いちラーメンファンとしてはハシゴラーメンがしやすい(または選択肢が増える)位置関係というのは嬉しいところなのですが、お店としてはジャンルとしても競合をされている訳で、上手く経営的に成り立って行くものでしょうか? 浦添市の「昇家」と「はるや」は、同じような位置関係で、相乗効果も生まれているようなのですが……。お店には、正午過ぎの訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

入店の前に、店舗外観を写してみました。
店頭に貼り出されていたポスターでは、オープンは3月1日(土)となっていて、7日(金)まではお食事された方への「餃子1皿サービス」があったようです。残念ながら自分の来店は8日(土)となっており、一日間に合いませんでしたね。こちら「グルメ香港」なのですが、どうも以前紹介した北谷町の「中華料理 龍」からのの移転になるようです。オープンから間もないお店でしたので、移転の報は意外ではありました。よほど入店の条件が良かったのでしょうか?

3沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

「グルメ香港」のメニュー表です。
大判のものですので、見開きで写すとなると結果的に掲載では小さくなってしまいます。画像では判別しにくくなっているかもしれませんが、画像付きで判りやすいお品書きとなっていますね。記載内容冒頭の“おすすめ”として、「冷製前菜三種盛り合わせ(1280円)」や「若鶏香港丸焼き(980円)」などとなっていました。

4沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

先ほどから見開き次ページです。
画像右側のページが麺類の内容となっていますね。さて今回の注文なのですが、“当店オススメ!美味しいラーメン”と但し書きをされた、「醤油ラーメン(500円)」をお願いすることにしました。ちなみに以前「中華料理 龍」を訪れた際にも、基本的な「ラーメン(480円)」を頂いたのですが、見た目としてはかなり変わっていますね(今回のものがより日本寄り(香港寄り?)な作りとなっているようです)。この日で三つ目のラーメンを頂くことになりますが、半額企画参加店でもありませんですし、さすがに追加のサイドメニュー注文はしませんでした(笑)

5沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

更に見開きの次ページです。
こちらではおすすめ料理として、「焼き餃子(280円)」などが掲載されていますね。また「ドリンク」として、豊富なアルコール類の提供をされているようでした。

7沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

最終ページでは中華料理店らしく、「コース料理」が記載されていました。
設定としては『Aコース(1800円)・Bコース(2500円)・香港コース(3800円)』などとなっているようです。また「120分ドリンク飲み放題(1500円)」も設定されていますね。以前は夜間は居酒屋要素が強かったお店だったのですが、幾分そのあたりの雰囲気も残しているようです。

6沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

別紙で用意されたランチメニューです。
ランチタイムは午前11時から午後3時となっていて、定食形式で「麻婆豆腐(700円)」や「酢豚(700円)」などが提供されています。メイン品目以外には、ライスにスープ、サラダにお漬け物などが付けられているようでした。また、お手頃価格の点心も提供されているようですね。

8沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

待っている間に店内の様子を写してみました。
画像から見て左が入り口側、右が厨房側となっています。今回はテーブル席に座りましたが、衝立の向こう側は座敷席になっていたようでした。以前とはちょうど逆の作りとなっていますね。

9沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

テーブル席上の様子です。
お冷やにコップ、また調味料類としてお醤油にお酢、ラー油などが用意されていました。

10沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

程なくして運ばれた「醤油ラーメン」です。
先述しましたが、以前は具材にどっさりチャーシューと青梗菜が盛られた異国情緒溢れる「ラーメン」となっていたのですが、移転後は、より一般的な(?)作りとなったようでした。

11沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

「醤油ラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが2枚に半玉、ネギにもやしに青菜、それとメンマなどとなっています。ある意味「醤油ラーメン」の王道といっても良い構成ですね。

12沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

「醤油ラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。やや柔らかめなゆで加減ながらも、角があるタイプで、口中でくっきりと存在感のある麺となっていました。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりとした醤油味のもの。具材のチャーシューや青菜などの配分バランスも良く、最後まで飽きずに頂くことが出来ました。ただ、この日は三杯目のラーメンということもあり、ちょっと腹具合的に厳しい物がありました(^_^;)

個人的に遠方となる読谷村の店舗ということもあり、なかなか次回来店の予定は立てられませんが、ラーメンメニューとしては「サンマーメン(680円)」や「海鮮サンラータンメン(780円)」などが気になりますね。なにはともあれ移転新規店ですので、併設となる「丸麺屋本舗」と共に、繁盛されていって欲しいものと願っております。

13沖縄 ラーメン 読谷村 グルメ香港 醤油ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県読谷村古堅641-1
電話:098-923-2756
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

グルメ香港中華料理 / 読谷村)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1142-8ba799fa










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。