スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

康竜 那覇国際通り店 「ラーメン(2)」

1沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

那覇市牧志の「康竜 那覇国際通り店」へ行って来ました。
「康竜」は比較的ブログ初期時にトッピングなどが選択できる、“自分仕立てラーメン”を作り上げることが楽しくて足繁く通っていたのですが、ひと通り試した結果、最近はすっかり疎遠になっていました。当時は専用駐車場は無いながらも、有料の駐車の便が良い「松山店」の訪問に極端に偏っていて、いま思うとその点もブログ的に反省するところでした。ただ最近は国際通り近辺でアルコールを頂くことも多く、その流れで「那覇国際通り店」へ訪問する確率はぐっと増えております。そういった流れでの今回の来店でした(実際は去年末の訪問ですが(^_^;))。お店には、週末の午後11時前の入店です。実際に頂いた掲載順は前後してますが、期せずして真っ赤な色合いスープのラーメンが続いております。

2沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

店内に入る前に、店頭の掲示物です。
なんでも「TOKYO★1週間地元ラーメングランプリ 沖縄県第1位」なのだそうです。
おめでとうございます(笑) Yahoo!JAPANとのコラボ企画とのことで、以前の「らあめん花月嵐 浦添国道58号店」もそうですが、地元の熱心なラーメンファンとの熱量の差を感じます(というか本報道を知らない人も多いのでは?(^_^;))。個人的には、沖縄県内も含めて全国展開をされている、ラーメンチェーン店自体は推しの人ではあるのですが……。

3沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

店頭の券売機と、期間限定の掲示ポスターです。
去年末の訪問ですので、さすがに期間限定麺も終了しているとは思いますが、「康竜」でも積極的にプレミアム(?)なラーメンを提供されているようですね。掲示されていたのは「ピリ辛豚骨ラーメン(800円)」に、「味噌ラーメン赤(800円)」に「豚骨ラーメン黒(850円)」(特殊な表示ですがこれでいいのかな?)で、最近になって経営が安定しているであろう全国チェーン店でも、こういった限定麺提供の動きが見受けられているようです。ほぼ毎月限定麺を提供する「花月」は、ラーメンチェーン店としてはむしろ特殊ではないでしょうか?

4沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

「康竜 那覇国際通り店」の券売機です。
先述したとおりこちらの券売機は店外に設置されており、店内に入る前に吟味が出来て、ある意味入店までのハードルが低いのではないでしょうか。国際通り近辺でしたら、通りがかりの一見さんも多いでしょうしね。さて今回の注文ですが、「ピリ辛豚骨ラーメン(800円)」が気になっていたものの(撮影画像枚数が多かったです(^_^;))、最終的にシンプルな「ラーメン(650円)」を選択したようです。

5沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

店内席上にて、「康竜」お馴染みの「お好み表」を記入です。
これまで何度も訪れている「康竜」ですが、注文は「自分仕立てラーメン」がほとんどで、通常の「ラーメン」をお願いするのは今回が二度目だったりします。しかもその貴重な機会も「那覇国際通り店」で、おそろしく極端な注文だったりします(^_^;) それはさておき今回の注文ですが、酔いの勢いもあってかイケイケの『太麺・麺超硬・濃味・油超こて・博多ねぎあり・旨味辛だれ10倍・焼豚あり』となっています。この時点で辛さに興味ありありなようですが、「旨味辛だれ」は何倍まで設定できるのでしょうか?

6沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

待っている間に席上の様子を写してみました。
最近はご無沙汰でしたので、なにか懐かしい風景です(実際に訪れたのも結構前ですが(笑)。そうそう、こちらはスタンプカードのサービス設定がとても太っ腹なのですよね。スタンプ10個でラーメン一杯無料になるのですが、途中でも替玉や餃子のサービス設定がありますし、雨の日や月曜日のスタンプ2倍があったりします(以前はあっという間にスタンプが溜まったため、なんどもブログ記事になっておりました(^_^;))。

7沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
うーん、ちゃっかり「めし・餃子セット(150円)」も頼んでいたようです。結構なハシゴ酒といいますか、ハシゴ飯を重ねていたかと思いますが……(^_^;) 餃子は3個で小ぶりながらも、ライスにたくあん付きで150円というのは、とてもお手頃かつお値打ち価格設定ですよね。個人的に、大好きな白飯に味変となるお漬け物を付けてくれているのは、とても嬉しいポイントだったりします。

8沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

「ラーメン」のアップ画像です。
スープの色合いが、すっかり激辛的な真っ赤な色合いになっていますが、通常提供の「ラーメン」で間違いないですよね?(お好み表の選択は「旨味辛だれ10倍」としましたが) 系統的に同列で扱われることも多い「暖暮」ですと、いわゆる激辛な「烈火ラーメン」のようなビジュアルになっていますね(^_^;) いつもの辛味だれは、しっかりチャーシューの上にも載っておりました(控えめですので、やはり10倍分はスープに溶け込ませているようですね)。

9沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

「ラーメン」の麺ですが、指定では「太麺・麺超硬」にあたるもの。通常の細麺と比べますと確かに太めではありますが、ほどよく口中でがっつり存在感があるという作りのもの。見た目通りに極端に太めではないのですが、硬めの設定もあり、口中で結構な存在感のある麺となっていました。さてその麺に絡むスープですが、記憶は少しばかり曖昧ながらも、心地良い辛さだったかと思います。特に辛党寄りになりがちな締めの一杯な訪問になるでしょうが、「めし・餃子セット」も含め、がっつり満足感のある注文だったのだろうとお思います。

最近の行動パターンとしては、不思議なほど来店頻度の低くなってしまったお店ですね(笑)
全国展開をしているチェーン店ということもあってか、沖縄県内では却って熱心なラーメンファンからの情報もあまりない店舗ですが、最近では期間限定麺など、積極的な営業展開をみせているようです。近隣に寄りやすく同系統の「暖暮」もあることから、最近は触れることも少なくなっていましたが、期間限定麺など、気をつけて店頭情報を意識して行こうと考えております。

10沖縄 ラーメン 那覇市 康竜 那覇国際通り店 ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-2-3
電話:098-941-5566
営業時間:11:00 - 翌5:00 (金・土・祝日前は翌6:00)
定休日:無休
駐車場:無し

康竜 那覇国際通り店ラーメン / 美栄橋駅県庁前駅牧志駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1139-655ee44c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。