スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめんランド 開南店 「ばかうまラーメン」

1沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

那覇市樋川の「らーめんランド 開南店」へ行って来ました。
「らーめんランド」はかなり以前に「糸満店」に寄ったことがありますが、こちら「開南店」はお初になりますね。お店は開南の坂道を降りたところ、周辺には同じく夜間遅くまで開いているおそば屋さんや、「どん亭」などが古くから営業をされています。深夜でも明るく繁華街的な賑わいを感じる一帯で、自分の方も、実はまたもや酒席の場からの流れで訪れています(実際はしばらく前の来店です)。「らーめんランド」といえば店頭でもアピールされている、激辛の「地獄ラーメン」が知られていますよね。ここのところ最近、ずっと「激辛チャレンジ」をしたいと考えており、実はこのあいだ実際に頂いたのでした。結果は……いつかブログ記事にすることになるでしょう(^_^;) お店には、午後10時半過ぎの入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

「らーめんランド 開南店」のメニューです。
“古き良き昔ながらのラーメン店”といったイメージのこちらですが、ぱっとメニュー表を見ますと、結構高めの価格設定にも映ります。実際は具だくさんなのかもしれませんが、700円オーバーの品目をメインにアピールをされているようでした。中央部に“当店自慢!!”と記されながらも、なぜか小さく掲載されている「ランドラーメン まろやか正油味」などは、ラーメン品目では最安価の520円で提供をされているようです。さてこの日の注文ですが、「地獄ラーメン(780円)」を横目にみつつ、中央に大きく掲載された「ばかうまラーメン(890円)」をお願いすることにしました。メイン品目としましたら、なかなか強気な設定に映りますね。

3沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

カウンター席から、上部に貼り出されたお品書きです。
「開南店」独自の提供になるのでしょうか? 先ほど掲載した店舗共通メニュー表以外にも、別途短冊メニューにおいては「豆腐チャンプルー(500円)」や「軟骨そば(350円)」といった、ラーメン店らしからぬ品目も散見されています。お客さんのリクエストに応えて、店長さんが用意されたものかもしれません。またお品書きの周囲には、「地獄ラーメン」の辛さチャレンジをされた方たちの記録が貼り出されていました。辛さの段階で「~丁目」と記されているのですが、すぐ手前の記録では「200丁目達成」と記されています(^_^;) ちなみメニュー表によると一丁目(入門コース)から始まり三丁目の段階で(上級コース)、五丁目以上から(超激辛コース)となっています。五丁目より本来780円の価格設定が、940円に跳ね上がっていました。

4沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

カウンター席上の様子です。
店内は店長さんお一人で切り盛りをされていて、対応のしやすいカウンター席のみとなっています。元より酔客がぱっと来て、ぱっと食べて帰るような雰囲気の立地ですので、この方が気軽に入れる形になっています。時間帯としては却って中途半端だったのか、この際のお客さんは自分一人でした。

5沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

席上に用意された調味料類です。
餃子も提供されているため、お醤油にラー油にお酢などが置かれていました。ブラックペッパーはラーメン用、また「軟骨そば」も提供されていることからか、コーレーグースもしっかり設置されていました。いつか機会を見つけ、ラーメンにも投入してみようと思います(笑)

6沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

程なくして運ばれた「ばかうまラーメン」です。
この日の寒さもかなりのものでしたので、ふらっと夜半にラーメン店に立ち寄り、カウンター席上から店主さんより、温かなラーメンを手渡されるのはそれだけで風情があるというものです(笑) “らーめんランド”ロゴ入りの器は、「糸満店」と共通のものですね。

7沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

「ばかうまラーメン」のアップ画像です。
具材がもりっと盛られていますが、内容としては白ネギのスライスに白髪ネギ(主にこれで盛りを作っているよう)、アングル的に見えていませんが、大ぶりのチャーシューが2枚にたっぷりの挽き肉、メンマに青葱、また彩りのポイントとして中央部には紅ショウガが添えられていました。スープ表面には背脂が浮いていますね。

8沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

「ばかうまラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。当初イメージしていたより、くっきり弾力ともちもち感を含んだ麺でした。その麺に絡むスープですが、背脂の甘味が加わった味わい深い醤油味となっています。麺自体との相性も良かったのですが、たっぷり多彩な具材と、ほど良く調和されていたかと思います。うーん、実のところアルコールが入っている上、結構前の訪問ですので、記憶的には怪しいのですよね(^_^;) 改めて気になるのが分量で、するすると頂けたような印象なのですが、890円という価格設定ですと、ガッツリ感も欲しいところです。実際のところはどうだったのでしょうか?(と実食した人が申しております笑)。一般のラーメン品目としては、やや高めにあたるでしょうか。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

さてこちら「らーめんランド」ですが、やはりブログ的にはいつかは「地獄ラーメン」に触れなければならないですね(笑) 「辛さ耐性が低い」と折に触れ言っていましたが、実は最近は自信を持ち始めていたのです(宅飲みの際のお伴として、唐辛子をがっつり盛ったキムチを頂いていたりします)。そう遠くない内に「激辛チャレンジ」の記事をアップしたいと考えております。

9沖縄 ラーメン 那覇市 らーめんランド開南店 ばかうまラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市樋川2-3-2
電話:098-854-2170
営業時間:不明
定休日:不定休
駐車場:無し


■おまけ

10.jpg

「らーめんランド 開南店」近隣で営業されている、「どん亭 開南店」です。
またもや、良く判らないハシゴをやってしまったのでしょうか?(^_^;)

11.jpg

「どん亭 開南店」の券売機です。
安価かつ、いかにもボリューム感がありそうな品目名が並んでいます。ここは「牛肉」と「カレー」の印象が強いですね。店頭でもアピールされていましたが、店内においても券売機に表示された筆頭品目として、「ステーキ丼(290円)」が用意されていました。

12.jpg

そして注文した「ステーキ丼」です(^_^;)
ライスの上にキャベツが敷き詰められ、更にその上には一枚のステーキ肉が鎮座していました。決して大ぶりではありませんが、やはり290円という安価な価格設定は魅力なのでしょう。「どん亭」お馴染み、やや薄めの色合いのみそ汁も良い味をだしています(笑) 粘度のないさらりとした旨みあるステーキソースが、ご飯やキャベツ、そしてステーキに染み込み、ジャンクな雰囲気を漂わせつつも、とても美味しいポイントだったかと思います。背徳感を覚えつつ(改めて翌日ですが)、家路へと向かいました。

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1129-bff6fa39










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。