スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

餃子屋 弐ノ弐 「担担麺」

1沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺 

那覇市牧志の「弐ノ弐」へ行って来ました。
こちらは2013年12月20日にオープンした、国際通りから一本路地裏に入った居酒屋営業のお店となります。先月当ブログでも、提供品目である「沖縄醤油ラーメン」の紹介をしましたが(実際に訪れたのは年末です)、実はあまり間を置かずに再訪をしておりました。前回と同じく近隣で飲んだ後から流れての訪問でしたので、次回紹介記事はランチタイム営業時にと考えていたのですが、残念ながらそちらの方は近日中に閉めてしまうようです。自分もそうですが、お昼時に国際通りまで訪れるのはちょっと難しい方も多いでしょうし、人通りの多い那覇市中心部とはいっても、そのあたりは厳しい事情があったのかもしれませんね(周辺ではラーメン専門店も営業されていますし……)。お店には、週末の午後10時半頃の入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

その前に記録の意味でも、店外に貼り出されていたランチタイムメニューを掲載しておきます。
いつまで対応されているか判りませんが、いま現在でしたらまだ提供をされているかも……。ランチ時には「拉麺定食(780円)」に「餃子定食(680円)」などを提供されているのだそう。ラーメン単品としては、650円で「担担麺」と「沖縄醤油ラーメン」を用意されています。前回居酒屋営業時に後者の品目を頂きましたが、盛り付けが綺麗でボリューム感があり(そして結構なあじくーたーでした笑)、とても本格的な作りでありました。そちらから130円増しで餃子にライスが付くとなると、とてもお得感のある構成だったのだろうと思います。お昼時の店内の雰囲気も味わいたかったので、終了の報は残念ですね。いつか復活することを願いたいところです。

33沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

※追記です
既にランチ営業は終了したとの報がありましたが、実は本日(2月21日の夜遅く)もお伺いしたのですが、店内にはランチタイム時のメニュー表がまだ置かれていました(定食類の構成が以前とは多彩に変わっています)。記載内容を確認しますと一品ものを含め、かなり充実した提供構成だったようですね。終了したとなりますと、返す返すも残念です。

3沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

改めて店内に用意されたメニュー表です。
中央に大きく「焼餃子」の文字が見えますが、店名にも掲げられているとおり、やはり一番のメイン品目にあたるのでしょう。ちなみにこちら「餃子屋 弐ノ弐」ですが、元々は熊本で開業をされた、多店舗展開をされている居酒屋になるそうです。さてとりあえずの注文ですが、お願いをしたのは「ザーサイのネギ生姜和え(150円)」に「オリオン生ビール(420円)」です。この時点で既にハシゴ酒となっており、また後半には締めの一杯(またか(^_^;))を頂く予定ですので、どうしてもボリューム的に控えめな選択になってしまいます。前回訪訪問時から気になっている、「台北カラアゲ(360円)」もいつか注文したいものです(笑)

4沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

裏返して、アルコール類のお品書きです。
居酒屋であることから、お酒の種類もかなり充実していますね。中華の要素が強いラインナップもあってか、「紹興酒(380円)」を置いているのが個人的に嬉しいところです(こちらは前回訪問時に注文しました。分量がとてもたっぷりでした)。

5沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

程なくして運ばれた「ザーサイのネギ生姜和え」に「オリオン生ビール」です。
ザーサイはハシゴ酒の身としては軽めの食感ながらも、ピリリとした味わいで、改めてのビールにとても合いました。150円という安価な設定も嬉しいです。飲兵衛として、ほっと一息つくところですね(笑) さてそういった流れにて、本来の目的である「担担麺(650円)」をお願いしました。

6沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

程なくして運ばれた「担担麺」です。
画像ではちょっと見切れていますが、この段階でザーサイと生ビールはちょうど食べ(飲み)尽くしています。グッドタイミングでした(ついでに店員さんに何か追加注文したような……(^_^;))。

7沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

「担担麺」のアップ画像です。
具材には青菜にもやし、挽肉などとなっています。スープ表面にはたっぷりの白胡麻と黒胡麻が浮いていました。赤色の濃厚なスープの色合いが、否応にも食欲をそそられますね。またこちらの画像では判りにくいと思いますが、器は背が高く、容量もたっぷりなものとなっています。

8沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

「担担麺」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。程よく弾力感があり、またスープとの絡みもよく、美味しい麺でした。その麺に絡むスープですが、これまたライスが欲しくなるような、濃厚な味わいのもの。正直なところアルコールが入っていた上、実際に頂いたのはかなり前のことで記憶も薄れているのですが、香辛料が効いた、独特な味わいだったかと思います。居酒屋の提供品目らしからぬ、サービス精神たっぷりなボリューム感も嬉しいところです。これはラーメンのみ食べに来ちゃうお客さんも生まれそうですね(笑)

9沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

追加で頼んでしまった(!)「焼餃子(250円)」です。
この後の予定もあって、控えめな注文にするはずが、やはり「弐ノ弐」に訪れてこの品目を頼まないのはダメでしょう(笑) 餃子はひとつ単位では小ぶりなのですが、7個入りで250円というのは、とてもお得感があります。居酒屋メニューとしてもシェアがしやすく、またアルコールのお供となる、おつまみとしても食べやすくて良いですね。

10沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

堪らず、「白ごはん(150円)」を追加注文(!!)しました。
いやあ図らずも、ランチタイムメニューに記載された「拉麺定食」を勝手に作っちゃってます。アルコールが入ってしまうと、特別に食欲に歯止めが掛かりません。これはすべて美味しい品目を提供されている、お店の方の責任だと思います(笑) ちなみに注文にびっくりマークが付いているのは、デジカメに残っている記録を見て、実際に自分が驚いているからです(^_^;)

11沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

最後は当ブログではお馴染み、丸々ライスをラーメン丼に投入しました。
担担麺の濃厚なスープを徹底的に味わうには、個人的にはこれがベストな締めとなっています。といいますか、白飯好きなのですよね(^_^;) 軽く済ますつもりの当初の予定から外れましたが、がっつり満足感をもって完食となりました。

国際どおり近辺は飲みに出ることも多く、「弐ノ弐」さんへはラーメンは別として、お酒を目的として伺う機会も多そうです(といいますか、本日も「沖縄醤油ラーメン」を頂いちゃってます(^_^;) ちょっと仕様が変わっていましたね)。ラーメン以外の居酒屋メニューもとても魅力的ですので、次回来店の際は、ハシゴ酒の前半で寄りたいと考えています(笑)

12沖縄 ラーメン 那覇市 弐ノ弐 担担麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-4-7 牧志ビル 1F
電話:098-867-4322
営業時間:17:00-23:00
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1127-d7470765










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。