スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

餃子専門店 上海 「みそラーメン」

1

那覇市大道の「餃子専門店 上海」へ行って来ました。
各ラーメン店(しかもマイナーな)の所在地まで把握されている、マニアックなラーメンファンでお気付きになる方もいるかもしれません。前々回記事の「地球屋」、前回記事の「琉家 栄町店」、そして今回の「餃子専門店 上海」と、延々栄町周辺でハシゴラーメンを続けていたようです。いったいいつ締めの一杯になるのでしょうか?(^_^;) こちら「上海」ですが、当ブログでは2011年5月に初訪問を果たしていますね。実は「琉家 栄町店」がオープンすると知った時に、こちらのお店跡地に入居すると思い込んでいました(実際は「栄来軒」というお店で、ほとんど開いてなかったようで、結局未訪のままとなっています)。「餃子専門店 上海」は夜間から朝方にかけて営業をされているお店で、おばぁがひとりで応対をされています。様子を見る(?)意味でも、久しぶりな訪問となりました。「琉家 栄町店」からすぐ近く、午前0時半頃の入店です。

2

壁際に貼られた「餃子専門店 上海」のお品書きです。
取り扱い品目はすべて数えてみても五品目ですので、ひと通り書き出してみます。餃子類として『焼ギョーザ(450円)・水ギョーザ(450円)・いかギョーザ(500円)』となっています。“餃子専門店”を謳っていることも関係しているでしょうか、一般のラーメン店の基準からするとやや高めな設定となっています。以前訪れた時に「焼ギョーザ」頂いていますが、このなかではちょっと珍しい、「いかギョーザ」が気になりますね。さて注文の方ですが、前回訪れた際に「しょうゆラーメン(500円)」を頂いておりますので、今回は「みそラーメン(600円)」をお願いすることにしました。いや、酔っぱらった頭で重複することなく、良くぞの選択です!(笑)

3

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
ちらりと厨房側におばぁが写っていますが、すっかり腰が曲がっていて、常時あの姿勢で調理をなさっています(^_^;) 約三年振りの訪問でしたが、お元気そうでなによりでした。この日も寒かったので、温かいお茶が身に染みます。ところでカウンター席上にある、架台みたいな物体はなんでしょうか? 熱い鍋を敷くようなものにも見えますが、こちらの餃子は本格的な鉄鍋などではなく、ふつうにお皿で用意されていました。取り扱い品目も限られていますし、結局謎のままであります。

4

カウンター席の背後、座敷席側です。
衝立のスペース配分がおかしな気もしますが、複数人で訪れても落ち着いて座れるようになっています。個人的には出来るだけカウンター席に座り、あまりおばあの手が掛からないようにして欲しいと感じます(いや実際に熱いスープの入ったラーメンを運ぶのは、ちょっと危なかしさを覚えたりするのです(^_^;))

5

程なくして運ばれた「みそラーメン」です。
画像上部にちらっと写っていますが、先ほどの架台にヤカンが載せられていました。結構な大きさに見えますが、熱々で淹れて作り置きをされているのでしょう。自分が来店してから改めて置かれているのですが、もしかしてこの日最初のお客さんだったのでしょうか? ちなみに自分が帰る前に、“栄町のベテラン”といった風情のおじ様がお一人来店をされました(笑)

6

「みそラーメン」のアップ画像です。
具材としてはコーンにわかめ、人参に玉葱、青葱などとなっています。スープの色合いといい、「昔ながらの(沖縄の)みそラーメン」といったビジュアルとなっています。お店の雰囲気にあった、ほっとするタイプのラーメンのようですね。

7

「みそラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。若干やわめに茹で上がった麺は、以前頂いた「しょうゆラーメン」同じでしたね。その麺に絡む味噌味のスープですが、それなりに濃い目な作りながらも、尖った印象ではありませんでした。アルコールが入った身で頂く分には、分量ともどもちょうど良い作りなのだろうと思います。それなりに具材類もたっぷりで、美味しく頂きました。今度こそ本当に、締めのラーメンとして完食です。

約3年振りの来店となりましたが、おばあが変わらず達者に対応をされていて、なにかこちらも嬉しくなりました。ラーメン品目はすべて頂く形になりましたので、ブログ的に次回来店は先になりそうですが、飲み歩きの流れで、気になった「いかギョーザ」だけでも頂きに伺っても良いかもしれません。おばあ、これからもずっと元気に営業をされていてくださいね(笑)

8

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市大道172
電話:098−884−6244
営業時間:19:30 - 翌5:00
定休日:日曜日
駐車場:無し
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1126-46093d8e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。