スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん工房 麺太 「北海道味噌とんこつラーメン」

1沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

南城市大里の「らーめん工房 麺太」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑:2/40
今回も「沖縄ラーメン大図鑑2014年版」半額企画参加店への訪問となります。「らーめん工房 麺太」は、前回の半額企画にも参加されており、またそれ以外の機会でも何度か訪問しているのですが、今回の半額対象品目はちょうど未食だったりします。ごく個人的なことですが、これは地味に嬉しかったりします(笑) こちらは全国各地のご当地ラーメンを頂ける趣向となっており、自分は「尾道ラーメン」が特に美味しかった印象がありました。基本的にラーメン店は自由度が高く“なんでもあり”とは思いますが、ここまで明確に企画を打ちだされたラーメン店は、これまでありそうでなかったですよね。お店には、休日の午前11時過ぎに入店となりました。

2沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

「らーめん工房 麺太」のメニューです。
冊子形式になっていて、ちょうどページ毎にジャンル(?)分けがされている形になりますね。見開きごとにざっと紹介してみます。掲載画像左側が「博多 とんこつラーメン」、右側が「広島 尾道ラーメン」となっています。先述したとおり、個人的に「尾道ラーメン(550円)」は美味しかった記憶があります。ベースのラーメンが、比較的安価であることも魅力ですね。

3沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

次のページでは左側が「北海道味噌ラーメン」、右側が「北海道・函館 旨塩ラーメン」となっています。筆頭の「炙り味噌ラーメン(700円)」は既に頂き済みですね。「(旨)塩ラーメン」類は未食ですので、こちらも機会を見つけて試してみたいものです。

4沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

最終見開きでは「(なぜか明記されていませんが)長崎県 ちゃんぽん」と「お得なセットメニュー」について記されています。「うまかっ!!ちゃんぽん(750円)」はとても具だくさんで食べでがあり、こちらも美味しかった記憶があります。お得なセットメニューはすべてのラーメン一品と組み合わせることが出来、判りやすくて良いですね。「半チャーハン(250円)」は充分な量があり、またパラパラとした食感の丁寧な作りでありました。

5沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

改めて今回お願いすることとなる、「北海道味噌ラーメン」のページです。
上部に「炙り味噌ラーメン(700円)」が掲載されていて、そちらはちょうどお店が新規オープンした際に頂いた品目ですね。下部に今回お目当てとなる「北海道味噌とんこつラーメン(700円⇒350円)」が掲載されていました。大枠の品目を頂き済みのなか、ぴったり未食分が半額対象となっていて嬉しかったりします(笑)

6沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
調味料類としてはお醤油にラー油、すり胡麻に胡椒などのほか、壺にはおろしニンニクに紅ショウガなどが用意されています。紅ショウガについては「博多」の豚骨ラーメン用なのでしょうね。

7沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

程なくして運ばれた「北海道味噌とんこつラーメン」です。
いつもでしたらサイドから、なんらかの「ご飯もの」などサイドを追加注文しているところですが、今回はぐっと我慢です(笑) 「北海道味噌とんこつラーメン」の標準具材に煮玉子などが付いていましたら、堪らず「ライス」あたりを注文していたことでしょう(そして当ブログ恒例の「麺太めし」を作っていたことでしょう(^_^;))。

8沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

「北海道味噌とんこつラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが一枚に、たっぷりのもやしにキャベツに青葱、そして存在感たっぷりのキクラゲが盛りっと盛られています。「北海道」からは、一方の「炙り味噌ラーメン」がいかにもそれらしい作りに対し、こちらは「豚骨」を強調していることからも判るとおり、九州地方のラーメンと融合している印象ですね。お店独自のアレンジ品目なのか、それともご当地北海道でも、同様な作りのラーメンがあるのでしょうか?

9沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

「北海道味噌とんこつラーメン」の麺ですが、細めのちぢれが入ったもの。実は注文時に「麺が選べます」とのことで、「ちぢれ麺or細麺」からの選択だったのですが、より味噌ラーメンらしい麺ということで、「ちぢれ麺」を選びました。ただ通常イメージする、中細から中太のそれとは異なり、ずいぶん細めの麺となっていました。また注文時に同様に「茹で加減」の指定も出来たのですが、「かため」でお願いをしましたが、元が細い麺ですので、そうくっきりとしてはおらず、程よい固さといったところでした。その麺に絡むスープですが、豚骨に味噌の旨みが合わさったもの。それなりに濃度感はありますが、細めの麺とマッチした、適度な濃さと旨みだったかと思います。具材にはしゃっきり食感の野菜類がたっぷりですので、細麺ながらも口中では結構な咀嚼感がありました。具材をいくらか残しつつ、あっという間に麺を食べ尽くしました。

10沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

メニューに掲載されていた、麺についての説明書きです。
本品目については「大盛り」ではなく、「替玉」方式になるようです。今回はサイドメニューの注文はしませんでしたが、当初から「替玉」はする気満々でした(笑) さて追加の「替玉(110円)」ですが、最初は「ちぢれ麺」だったことから、替えは「細麺」でお願いをすることにしました。今回も茹で加減は「かため」の指定です。

11沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

すぐに運ばれた替え玉の細麺を、ラーメン丼へ投入しました。
替え玉は平皿に載せられ、たっぷりの葱が麺の上に散らされていました。その際の画像掲載は省きますが、白い麺の上に青色の葱が映えて、なかなか見映えが良かったです。食べ進めるなかでどうしてもスープも飲んでしまうので、ちょっと麺とスープとの割合がアンバランスになっていますね。替え玉で味が薄く感じてしまうこともあり、卓上に置かれた紅ショウガやおろしニンニク、それとすり胡麻を投入しました。替え玉の細麺とあいまって、ここまで来ると「北海道味噌ラーメン」というより、すっかり「博多豚骨ラーメン」といった味合いになっています(^_^;) 印象としては豊見城市「麦翔」の「とんこつみそラーメン」のような感じだったかな? 当初からやや九州地方寄りではありましたが、替え玉の投入を境として、二種類のラーメンを味わえたようで、満足感をもってお店を後にすることが出来ました。

今回お願いした二つの麺はややコシが弱く、「かため」だと却ってそれが目立つため、「ふつう」か「ヤワ」で頼んだ方がスープとの馴染みは良いのかもしれません。また提供品目によって麺は使い分けられていますので、あえてそうした仕様のものを採用されているのでしょうね。実際に「うまかっ!!ちゃんぽん」ではもちもち食感の中太ストレート、個人的にお気に入りの「尾道ラーメン」では、中細の平打ちストレートでやや柔らかめながらも、くっきりスープとの絡みの良い麺でありました。今回の半額企画訪問で、次回来店はまたしばらく先になりそうですが、その際はサイドメニューを含めて、がっつり注文で行きたいと考えています。

12沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里仲間1140-1 アトール内
電話:098-946-3654
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1120-2109268a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。