スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通堂 琉大北口店 「通堂BLACK」

1沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

宜野湾市志真志の「通堂 琉大北口店」へ行って来ました。
こちらは2014年2月2日をもって、営業開始から2周年を迎えたそうですね。形的には西原町の店舗から移転したことになっていますが、営業地が変わり店舗名も変更になったことから、営業期間は通算されていないようです。実は当初は2周年を記念した限定麺である「焦がし肉そば」を頂こうと考えていたのですが、提供期間は2日間と短く、残念ながら一日遅れで頂くことは叶いませんでした。まあ最近は「未訪店・未食品目」を意識していますので、レギュラーの未食品目を頂く良い機会と捉えることにします。そうそう、「通堂」は何度も訪れている県内有数の有名ラーメン店ですが、こちらの店舗は初訪問なんですよね。これまで個人的に寄りやすい「寄宮十字路店」に極端に偏っていて、反省するところです。お店には、平日の午前11時過ぎの訪問でした。

2沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

壁際に貼られた各種お知らせです。
「通堂」は券売機方式なのですが、その前で注文を迷ってしまいました。訪れるまでは限定麺である「焦がし肉そば」を目的としていたのですが、既に販売は終了しているとのこと。それならばと未食のレギュラー品目を探してみたところ、壁際に掲示された「通堂BLACK(630円)」を見つけたのでした。こちらは常時提供のようですが、「通堂 琉大北口店」限定のラーメンになるのでしょうか? ここでしか味わえない品目でしたら、これ幸いと注文をすることにしました。

3沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

「通堂 琉大北口店」の券売機です。
主力品である「おんな味」及び「おとこ味」は、トッピングが加わったバリエーションを含めてボタンが用意されていますね。結構ごちゃっとした構成ではありますが、画像付きですので、まだ迷いにくくはあるようです。……なのですが、「通堂BLACK」を注文しようとしたところ、ボタンがありません(^_^;) 再び店員さんに尋ねたころ、同額の「しょう油ラーメン」のボタンを押してくださいとのことでした。新レギュラーとしてアピールされているのかそれとも裏メニュー扱いなのか、ちょっとよく判らないところです(笑)

4沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

卓上に用意されていたメニュー表です。
小ぶりなサイズで丸めて置かれており、当初は卓上にメニュー表は置かれていないのかと心配(?)しました。やはり券売機の前では、提供品目をゆっくり確認する余裕がなく、注文後でも良いのでお品書きは眺めたいところですよね。当店舗限定麺などがあるのでしたら、なおさらのことです(もっとも本メニューには掲載されていませんでしたが(^_^;))。

5沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

テーブル席上の様子です。
カウンター席もあるのですが、まだお客さんのいない開店直後ということもあり、ゆったり座れるテーブル席に座らせて貰いました。さて「通堂」といえばお馴染み無料サービスの「辛もやし」があるのですが、それに加えて大根のお漬物も別途提供されています。「通堂」が先駆となって、「辛もやし」をサービスするラーメン店は県内でもちらほら見かけますが、体力的な面から提供を取りやめる店も見受けられるなか、更に無料提供品を強化されているのは凄いですね。ちなみに「辛もやし」についてですが、自分は待っている間はもちろんラーメンやライス側にも加えたり、場合によっては最後の締めでも頂いたりします(^_^;)

6沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

待っている間に店内の様子を撮影してみました。
内装は木製の調度品で統一されて落ち着いた雰囲気ながらも、店員さんには活気があり、「通堂」らしい独特な空気感が漂っています。この辺りのお店造りはやはり共通なものがありますね。この日は平日の早い時間の来店でしたが、正午くらいになりますと、お客さんでとても賑やかな様子になるのでしょう。

7沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

程なくして運ばれた「通堂BLACK」です。
書き忘れていましたが、追加で「麺大盛(50円)」をお願いしています。それと後から気付いたのですが、「通堂 琉大北口店」は「ラーメン100」のトッピングフリーパスの対象店になるのですね。注文後に「味卵(本来は90円)」お願いしたところ、「通常はそのまま出していますが、カットしますか?」と店員さんに訊かれました。個人的には断然カット派ですので、彩りよく黄味の断面が見えるようになっています。単純に見映えだけではなく、食べやすさや食感もカットされた方が良いように感じます。それと煮玉子付きならばと、恒例の“アレ”を作るため、「ごはん(150円)」も追加注文しました。当初はラーメン単品だけのつもりが、結局いつもと変わりない内容ですね(^_^;)

8沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

「通堂BLACK」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが2枚にメンマ、小松菜にキャベツに青葱、中央には玉葱の粗みじんが添えられています。先述したように煮玉子は無料パスで追加したものですね。具材たっぷりで判りにくいかもしれませんが、やはり特徴的なのは品目名にも冠しているとおり、真っ黒で濃厚そうな色合いのスープでしょう。富山県のご当地ラーメンである、「富山ブラック」を意識された品目になるでしょうか?

9沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

「通堂BLACK」の麺ですが、中細平打ちのストレートのもの。壁際にも貼られていましたが、「通堂」では麺のかたさが選べ、今回は「ふつう」から一段階上の「かためん」をお願いしました。表面が滑らかな口当たりながらも、程よく弾力感もあって、するすると食べやすく美味しい麺でありました。窓際の席でしっかり光源があった部分もあるでしょうが、見た目にもとても綺麗ですね。その麺に絡むスープですが、見映えの濃さとは裏腹に、ポスターにもあったとおり「ブラックだけど優しいしょうゆ味」となっています。ある種の香ばしい旨みも感じましたので、焦がし醤油の要素も入っているのでしょうか? また具材のシャキシャキ食感の玉葱やキャベツ、小松菜なども柔らかな味わいに一役買っていますね。添えられた具材の野菜類から生まれる食感の変化が、食べ進めるなかで楽しさがありました。

10沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

中盤になって生ニンニクと辛もやしを投入です。
タレ漬けされたニンニクはあまり刺激が強くなく、「通堂」独自の追加調味料類として、好まれる方も多いかもしれませんね。そしてすっかり無料トッピング扱いとなる辛もやしですが(笑)、食感的にも良い変化付けとなっています。お客さん側のわがままな要望ですが、このサービスはずっと続けて欲しいものですね。

11沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

当ブログ恒例となる、勝手に作った「通堂BLACKめし」です。
要するにラーメンの具材をライス側に移したものですが、「煮玉子」が入っていましたら、つい作ってしまうのです(^_^;) 今回は標準の具材としてはラーメンには付いてなく、無料パス利用で追加しましたが、「通堂」では辛もやしが別途あるのが良いですよね。個人的にはライスにも合うと思いますので、煮玉子があってもなくてもそちらを加えて作ってしまいそうです。今回は辛もやしが大活躍でした(笑) そうそう、150円のごはんですが、分量がたっぷりでした。客層的に食欲旺盛な学生さんが多いのでしょうが、100円設定の半ライスなどが用意されていましたら、また選択肢があって良いかもです。最後はラーメン共々、がっつりと完食です。

初訪問の「琉大北口店」でしたが、営業を開始されてからまだ二年とお店も新しく、また他店舗と変わらないハキハキとした接客で、心地よい時間を過ごさせて頂きました。今回は店舗限定麺を食せたのも良かったですね。「通堂」は、実は「知花店」も未訪問だったりしますので、次回の機会がありましたら、そちらへ来店することになると思います。その際はある程度注文品の目星は付けて伺うつもりですが、「知花店」限定麺などがあったら嬉しいものです。

12沖縄 ラーメン 通堂 宜野湾市 琉大北口前店 通堂BLACK

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市志真志1-7-2メゾン伊佐 1F
電話:098-896-2410
営業時間:11:00-翌1:00
定休日:無休
駐車場:有り

■おまけ:沖縄ファミリーマート 「クラムチャウダースープつけ麺」

13.jpg

平成26年2月11日(火)より期間限定として、ファミリーマートにて発売をされていました。「通堂」監修によるつけ麺なのだそうです(もう一品目「ロールチーズカツ弁当」も同時に発売されています)。価格はどちらも450円でありました。

14.jpg

つけ汁というかスープはまんま「クラムチャウダー」となっていて、想像をしていたよりずっと麺に合っていました。クラムチャウダーには具材として、「あさり・人参・コーン・ジャガイモ・クルトン」などが入っており、パスタのような平打ち形状のくっきりとした食感の麺には、ベーコンピッツが添えられていました。しっかり美味しく頂けましたが、店舗での「通堂」らしさはあまり感じられなかったような……(^_^;) なんでも発売日当日限りで、そのままの内容と価格にて、「通堂」実店舗でも販売をされていたようです。最近は400円程度で結構本格的な作りのラーメンもコンビニに置かれるようになっていますので、そちらの「通堂バージョン」も頂いてみたいですね。


琉球新麺 通堂 琉大北口店ラーメン / 宜野湾市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1119-7ae6e2c2










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。