スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桃どん 「濃厚しょうゆらーめん」

1沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

那覇市首里汀良町の「桃どん」へ行ってきました。
「てだこラーメン」さんへの投稿書き込みにて、異業種店が安価なラーメンを提供しているらしいと知っての訪問です。事前にネット上で調べた範囲の情報を記してみます。「桃どん」は、本部町の「海辺のCafeかぬたん」の姉妹店として2012年10月1日にオープンされたらしく、営業開始から1年余りになるようです。メイン品目は「かつ丼」や「沖縄そば」になるようですが、元々のルーツは群馬県の「桃太郎食堂」というお店なのだそうです。なんでも1932年創業の老舗店らしく、主品目の「かつ丼」はその味を引き継いでいるのだそう。「桃どん」という店名の由来は、この2点から来ているようですね。お店はモノレール首里駅のすぐそば、近くには「赤道ラーメン首里駅前店」も営業しています。また店舗横には、3台分の駐車場が用意されています。お店には、午後8時過ぎに入店となりました。

2沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

入り口側に掲示されていた「営業時間変更のお知らせ」です。
公式らしいブログでは、営業時間が午後9時までとなっていましたのでのんびりと出掛けたですが、こちらではラストオーダーが午後7時半、午後8時には閉店になると書かれています。本来は閉店時間過ぎての訪問だったのですが、※印の但し書きによると「上記以外にも開店している場合がある」のだそう。この日はたまたま運良く営業をされていたらしく、なんともアバウトな大らかさを感じます(結果として助かりました(^_^;))。

3沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

店頭に掲示されていた看板です。
自家製生麺を使用しているというラーメンは、どうも夜間(17:30~20:00)のみの提供のようですね。390円設定のラーメンと500円設定のラーメンがあるようです。詳細な提供品目については、また後ほど記します。

4沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

同じく看板の「桃どんオススメメニュー」です。
上から順に「昔ながらのカツ丼」・「自家製沖縄そば」・「名物担々そば」となっています。やはりカツ丼がメイン品目にあたるようです。そして沖縄そばもラーメン同様、自家製の生麺を使用されているようでした。

5沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

夜限定のメニューとして、安価な500円と390円の品目を提供されています。
当ブログの目的はラーメンですので、その部分のみをアップします。何故かほとんどアピールされていないワンコイン(500円)ラーメンですが、「担々麺」と「とまとカレーらーめん」の2種類なのだそう。後者は他店では見かけない品目ですので、興味を惹かれます。そしてサンキュー(390円)ラーメンですが、こちらは「濃厚しょうゆらーめん」・「和風しょうゆらーめん」・「塩らーめん」・「味噌らーめん」の4種類となっています。全部で6種類のラーメンを提供されていることになりますね。ちなみにラーメン以外の夜限定メニューですが、「和風出汁のふわふわオムライス(390円)」に「ヘルシー鶏そぼろ親子丼(500円)」となっていました。さて今回の注文ですが、390円のラーメンから筆頭に記されていた、「濃厚しょうゆらーめん(390円)」をお願いです。

9沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

と、じっくりその他のメニュー表も眺めた末に注文をしようとしたところ、券売機方式であることが判明です(^_^;) 入り口から入ってすぐ右手側に、小型の券売機が設置されていました。先ほどのメニュー表からは、「サンキュー夜丼(390円)」か「ワンコイン夜丼(500円)」のボタンを押すことになりますが、これはしっかりメニュー表を確認しないと選べないですね。また安価な夜限定メニューに比べ、「昔ながらのカツ丼」は860円とややアンバランスな価格設定にも感じます。これはルーツが群馬県の老舗店であるということと、安価なお店が多い沖縄で営業されていることから生まれたギャップなのでしょうね。「自家製沖縄そば(590円)」もメイン品目のひとつですが、そのバリエーションとして、「名物坦々そば(720円)」に「完熟トマトのカレーそば(690円)」も用意されています。この二つは、500円ラーメンのバリエーションと同系統となっているようです。

10沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめ

待っている間に店内の様子を撮影してみました。
画像に写っている四つのテーブル席が客席のすべてです。とてもこぢんまりとしたお店ですね。右手側が厨房となっています。お店は、女性の方がお一人で切り盛りをされていました。

11沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

スタッフの方がお一人で対応されていることもあり、お冷やなどはセルフとなっています。その他調味料類やサービスのお漬け物、分け皿やスプーンなどもこちら店内奥側の一角にて常備されていました。テーブル席側にはメニュー表のみが置かれています。

12沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

程なくして運ばれた「濃厚しょうゆらーめん」です。
390円のラーメンということで、どのような内容なのか想像がしにくく、とても期待感がありました。確かに具材などはシンプルな構成ですが、そこはかとなく雰囲気のある佇まいです。分量的には充分ですね。見るからに濃厚そうな茶褐色のスープ上には、具材としてかまぼこに青葱、そして生玉子が落とされています。この日もとても寒かったのですが、安価な価格設定といい、昔ながらの屋台風なラーメンになるでしょうか?

13沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

自家製という「濃厚しょうゆらーめん」の麺ですが、中太平打ち気味のややひねりが入ったもの。そこまで径はないのですが、しっかりもちもち食感のある美味しい麺でした。その麺に絡むスープですが、濃厚な色合いほどにはそこまで塩分は強くない、旨みのある醤油味となっています。麺の存在感とスープの味わいが、ちょうどバランス良く取れていたようでした。具材のかまぼこは沖縄そばにも入っているのかな? ラーメンの具としては珍しいですが、しっかり馴染んでいたのがどこか面白かったです(笑) 中盤を過ぎた頃合いに生玉子を崩し、麺と絡ませながら食べ進めました。どこかほっとする、懐かしい味わいの一杯でした。

さてこちらのお店、どこかアバウトさのある緩い雰囲気を含め、結構気に入ってしまいました(笑) 390円ラーメンの他のバリエーションも気になりますし、500円(これも安価な)2種類のラーメンも試してみたいものです。ラーメンは夜限定ということに加え、本来の営業時間は午後8時まで(ラストオーダーは午後7時半)ということで、一般のラーメンファンにはちょっと寄りづらいかもしれませんが、ふらっと立ち寄ることが出来るのでしたら、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

14沖縄 ラーメン 那覇市 桃どん 濃厚しょうゆらーめん

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市首里汀良町3-20
電話:098-885-7654
営業時間:11:30-15:30 17:30-20:00(LOは各30分前)
定休日:不明
駐車場:有り

桃どん沖縄そば / 首里駅儀保駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1118-d8e36c64










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。