スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鶏寅 「葱だけそば」

1沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば 

豊見城市豊見城の「鶏寅」へ行って来ました。
こちらは2013年12月にオープンしたお店になります。以前「赤まる 豊見城店」が営業をされていた場所ですね。開店当初から存在を知ってはいたのですが、沖縄そばの有名店「いしぐふー」系列のお店であること、また明確に取り扱い品目を“ラーメン”とは謳っていなかったことから、訪問は控えていたのでした。しかしながらしっかり「沖縄ラーメン大図鑑2014年版」に新店として掲載されていますし、お店のスタンスとしては微妙な立ち位置にも映りますが、ラーメン店として捉えて良いのでしょう(^_^;)  「鶏寅」には、休日の午前11時過ぎに入店となりました。

2沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

「鶏寅」のメニューです。
基本は「鶏白湯」のスープで、各種具材を加えたバリエーションになっているようです。「沖縄そば」ではスープは豚骨か鰹出汁(またそのブレンド)ですので、この時点で確かに沖縄そばっぽくはないですね。そして「鶏寅」の特徴的な部分が、とても安価にサイドメニューを用意されているところでしょう。ボリューム感は判りませんが、「温泉卵かけごはん(60円)」や「焼飯(80円)」など、100円以下でご飯ものが用意されているのは、なかなか衝撃的な設定だと思います。さて今回の注文ですが、筆頭に記された基本となるらしい、「葱だけそば(580円)」をお願いすることにしました。サイド(メニュー表記ではトッピング)からは「鶏炙り丼(120円)」を追加注文です。

3沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

「鶏寅」の二枚目以降のお品書きです。
基本のスープは「鶏白湯」になるようですが、曜日毎に「和風だし(月・火・水)」や「淡麗だし(金・土・日)」なども用意されているようです。地元の常連さんも、日替わりで味の違いを楽しむことが出来ますね。

4沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

サイドメニューのなかから「焼飯」の美味しい食べ方が記されているほか、またお勧めとして、毎日皮から手づくりという、「手作り水餃子(4個)(250円)」などが記されていました。

5沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

待っている間に店内の様子を写してみました。
「赤まる 豊見城店」では、カウンター席の背後にちょっとしたテーブル席が用意されていましたが、こちらではカウンター席のみの構成となっています。また券売機も置かれていましたが、そちらも撤去されていました。この日のお店は、男性お二人で応対をされているようでした。

6沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

カウンター席上の様子です。
調味料類としてはお醤油に一味唐辛子、粗挽き胡椒などとなっています。セルフのお冷のコップも備え付けられていますね。お冷自体はカウンター上部に置かれています。

7沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

程なくして運ばれた「葱だけそば」です。
具材は葱に海苔と、とてもシンプルな構成ですが、おそらくほとんどの方は安価なサイドメニューもセットで頼むものでしょうし、その辺りも考えられての仕様・価格設定なのかもしれません。「葱だけそば」には鰹節の小皿が付いていました。一緒に頼んだ「鶏炙り丼」ですが、分量は確かに控えめながらも、セットで卵黄の小皿も付いていますし、何より価格比としては充分な量のものとなっています。

8沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

「葱だけそば」の麺ですが、中太のややひねりが入ったもの。程よく固めで弾力感を含んでおり、口中で存在感のある美味しい麺でした。その麺に絡む熱々のスープですが、じっくり手間暇をかけていることが想像できる、粘度感のある鶏白湯となっています。濃度感はあるものの、基本は鶏出汁ですので、そう重さを感じられないクリーミーな口当たりとなっていました。初回訪問ということもあり、基本のシンプルな「葱だけそば」を選択したのも良かったですね。しっかり鶏出汁のスープを味わうことが出来ました。決してがっつりではないサイドも合わせて、女性受けも良さそうな一杯です。

9沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

中盤になって、各種調味料類を投入してみました。
卓上の一味唐辛子に粗挽き胡椒、それと「葱だけそば」に付いていた鰹節です。このなかでは粗挽き胡椒がスープに合っていたかな? 味が引き締まったように感じました。「葱だけそば」に付いていた鰹節ですが、もう少し分量があればもっと味の変化を感じたかと思います。

10沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

一緒に頼んだ「鶏炙り丼」です。
小皿に付いていた卵黄を載せ、卓上に用意されていたお醤油をその上から掛けました。「葱だけそば」の具材はとてもシンプルに葱や海苔のみでしたが、トッピング一品程度の値段でこのようなサイドが頼めますので、選ぶ楽しさ込みでお店のサービス精神や遊び心が感じられますね。ちなみに純粋なトッピング(?)としては、「半熟煮たまご(30円)」なども用意されていたりします。やはり思い切った価格設定ですね(^_^;) それぞれ単品では分量的に物足りなさを感じたかもしれませんが、味わいも含めて、補完をし合うようにとても美味しく頂けました。最終的な満足感はとても高かったと思います。

独特な方向性を見せている店舗ということもあり、個人的に訪れた分にはとても美味しく、楽しく過ごさせて貰ったのですが、「一般の飲食店」としてはちょっと寄りづらい感じもしました。例えば家族連れや友人同士で飲食店へ出掛ける際には、「ラーメン(沖縄そばでも良いですが)を食べに行こう」と声かけをするものだと思いますが、独立したジャンルのような「鶏そばを食べに行こう」は、なかなか最初のハードルが高いように感じます。お店側もその辺りは織り込み済みなのか、当初からテーブル席は撤去されているのですよね。今後はリピーターが付くかどうかに掛かっているのでしょう。個人的には行きやすい立地でもあり、また試したい品目があることから、そう遠くない内に再訪することになりそうです。今後の営業展開にとても期待しております。

11沖縄 ラーメン 豊見城市 鶏寅 葱だけそば

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市豊見城371-1
電話:098-856-4622
営業時間:11:00-15:00 17:30-21:00
定休日:木曜日(水曜夜の部)
駐車場:有り

鶏寅中華麺(その他) / 小禄駅赤嶺駅奥武山公園駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1117-fb9d0a03










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。