スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

浦添市民球場 ゆくい処 「ヤクルトラーメン(しお味)」

1沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

浦添市仲間の浦添運動公園内にある「ゆくい処」へ行って来ました。
タイトルで気付く方も多いと思いますが、沖縄はプロ野球春季キャンプ真っ盛りのシーズンとなっています。地元民にとっては結構な寒さでも、雪の降るような地と比べましたら、スポーツ選手にとってはずっと良い環境になるのでしょうね。浦添市民球場では「ヤクルトスワローズ」が毎年キャンプに訪れており、その期間中は見学客やマスコミの方などでとても賑わっているようです。ちなみに2014年のヤクルトのキャンプ日程は、2月1日から2月21日まで計画されています。さてこの期間限定で、毎年提供されている「ヤクルトラーメン」があるということで訪れてみました。まあ「沖縄のラーメン店ブログ」ならではの番外編ということで、軽ーくご覧ください(^_^;)

2沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

浦添運動公園内にて掲示されていた、「ヤクルトスワローズ春季キャンプ日程」です。
先ほども触れましたが、2014年シーズンは2月1日がキャンプインとなっており、2月21日が打ち上げ式、翌22日が楽天イーグルスとのオープン戦となっています。田中投手は大リーグ挑戦でいないものの、前年の日本一チームとの対戦ですので、これは盛り上がりそうですね。ちなみに練習時間は午前10時から午後6時までなのだそうです。

3沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

球場周辺のグッズ売り場です。
Tシャツやスポーツタオルなど、各種グッズ類が販売されていました。ヤクルトスワローズ球団共通のグッズはもちろんですが、どちらかというと、沖縄キャンプ専用に用意されたグッズを中心に販売されているようでした。

4沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

「ヤクルトスワローズ」チームの練習風景です。
お昼前ごろに訪れたので、もう午前の練習は終了してしまったかな? とも思いましたが、激しい練習の真っ最中でした。走塁や守備に絡むセットプレーの確認練習を行っているようです。球場周辺では背番号情報入りのシートも配布しているのですが、やはり遠目では誰がどの選手なのかはちょっと判別出来ません。去年日本記録となる、60本のホームランを打ったバレンティンもヤクルトの所属ですよね。去年はチーム自体はリーグ最下位と低迷をされていましたので、今年はいっそうの奮起を期待しております。

5沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

さて見学もそこそこに、今回の主目的(かな?笑)である「ゆくい処」への訪問です。
浦添市民球場のすぐ近くにある、半オープン形態のパーラーといった雰囲気の店舗です。おそらく通常時は営業されておらず、キャンプなどイベントに合わせてお店を開いているかと思われます。天気が崩れていた今週の沖縄でしたが、週末はなんとか持ち直しそうで良かったです(沖縄にまで来て頂いて、屋内練習場では申し訳ないですものね(^_^;))。

6沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

屋内側に入った「ゆくい処」の様子です。
先ほど書いたように半オープンのパーラーといった営業形態となっています。作り置きのおにぎり類など、お気軽かつ手早く頂ける品目が中心ですね。画像の向かって左側スペースでは、スナック菓子などを中心に販売されているようでした。

7沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

「ゆくい処」のお品書きです。
店舗側カウンター上部に掲示されていました。せっかくなので、取り扱い品目をざっと書き出してみます。『ヤクルトラーメン(しお味)(450円)・ジューシー(130円)・ポークたまご(180円)・ホットドッグ(200円)・おにぎり(100円)・牛丼(500円)・カレーライス(500円)・沖縄そば(500円)・ミニ沖縄そば(100円)・タコライス弁当(500円)・カップラーメン・お弁当(180円)』などとなっています。どれも手軽に頂けるファストフードといったラインナップですね。ちなみに「牛丼・カレーライス」は、50円増しで大盛りに出来るのだそうです。さて今回の注文なのですが、お目当てとなる「ヤクルトラーメン(しお味)(450円)」をお願いすることにしました。「おにぎり(100円)」も追加注文です。

8沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

注文時に番号札を渡され、出来上がると番号を呼ばれるという形で、セルフで取りに行く方式となっています。この日は中央の丸テーブルで待たせて貰いました。今回はプロ野球キャンプ地への訪問といった背景もありますが、オープン形式の店舗は開放感があって良いですね。

9沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

番号札を呼ばれ、厨房側カウンターまで出向きました。
いわゆるフードコート形式ですので、調味料類やお箸などは、こちらのカウンター側に常備されていることになります。調味料類としては「沖縄そば」を扱っていることから、コーレーグースなどが用意されていました。

10沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

用意された「ヤクルトラーメン(しお味)」です。
はい、ずいぶんと引っ張りましたが、「ヤクルトラーメン(しお味)」の正体はヤクルトが発売しているインスタントラーメン(袋麺)だったりします(^_^;) 味のバリエーションは「醤油・味噌・塩」とあるので、以前は他の味で販売されていたのかも。そのラーメンに具材として、わかめに葱、コーンに半玉が添えられたものとなっています。ちなみに会社HPによると、袋麺の希望小売価格は75円なのだそう。ラップで巻かれたおにぎりは軽い塩味のわかめごはんとなっていました。容器はそのまま処分できるよう、発泡スチロール製のものとなっています。

11沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

「ヤクルトラーメン(しお味)」の麺ですが、やや緑色がかった細めのちぢれが入ったもの。元々の仕様もそうらしいのですが、やや硬めに茹で上げられています。熱々のスープはあっさり塩味となっていました。さてこちらの「ヤクルトラーメン」、確かずっと以前はそのままの名称で袋麺として販売されていましたが、1999年に「麺許皆伝」というブランド名に統一されたのだそう。発売時から「クロレラ」を練り込んだ独特な緑色の麺が売りでしたが、数年前に通常の白色の麺に変えたところ、やはり不評だったらしく、一年ほどで元の緑色の麺に戻したのだそうです(但し「クロレラ」ではなく、現在は「粉末青汁」使用とのこと)。具材のコーンなどが見た目より多く添えられていて、一緒に頼んだおにぎりを交えつつ、完食となりました。

12沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

春季キャンプ会場の「コンシェルジュブース」です。
こちらではヤクルトのキャンプ参加者情報や、沖縄全体のキャンプ情報が記された誌面をなどを提供されていました。また、浦添市内20店舗もの飲食店を対象とした、クーポン券も配布されています。

13沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

こちらが先ほどのクーポン券です。
クーポンの有効期限はキャンプ開催期間に合わせているのか、2月1日から同23日までとやや短め。対象は20店舗ですが、付属しているクーポン券は8枚綴りとなっていました。対象店のなかでラーメン店は、「③麺や偶 ラーメン一杯半額」・「⑭らあめん花月浦添国道58号店 餃子一皿」となっています。クーポンを利用する際には、各店舗にて10問のアンケートに答える必要があるそうです。

プロ野球の春季キャンプは沖縄の風物詩といってもよいものですので、機会がありましたら、各地元の方も出かけられて見てはいかがでしょうか。こちら浦添市では毎年ヤクルトがキャンプをされて、その間には「ヤクルトラーメン」が提供されていますので、ヤクルトファンかつラーメン好きの方はぜひお寄りになってみてください(笑)

14沖縄 ラーメン 浦添市 ゆくい処 ヤクルトラーメン

ごちそうさまでした!

キャンプ期間:2014年2月1日(土)-2月21日(金)
住所:浦添市民球場(浦添運動公園内)沖縄県浦添市仲間1-13-1
練習時間:10:00 - 18:00
駐車場:有り

ゆくい処ラーメン / 市立病院前駅儀保駅古島駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1115-c1584635










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。