スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琉家 栄町店 「栄つけ麺(白)」

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 1

那覇市安里の「琉家 栄町店」へ行って来ました。
こちらは那覇市松尾の人気店である「琉家」の2号店になります。11月末にオープンし、自分が実際に訪れたのは去年末になるのですが、ようやくの記事掲載となりました。店舗は桜坂などと同じく、古き良き飲み屋街の風情残る「栄町」の立地となっており、聞くところによるとお店のコンセプトもそれに準じたもののようです。松尾の「琉家」では数年前にそのような使い方をさせて頂いた時期があり、より特化されたらしいとのことで、密かに楽しみにしての訪問となりました。お店には軽くお酒が入ったほろ酔い気分で、週末の午後9時頃に入店です。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 2

店内に入る前にお店の外観です。
うーん、とても独特な空気があります(笑) 近くにはママさんの年齢が想像しにくい(失礼)佇まいのスナックが並び、提灯のあかりが更に雰囲気を盛り上げますね。年末の厳しい寒さもあって、これは早く店内に入りたくなってしまいます。ちなみにお店はちょうど「栄町りうぼう」の出入り口真向かいにあたっていました。古くから営業していた、「栄来軒」というラーメン店跡地での開業になるのだそうです。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 3

「琉家 栄町店」のメニューです。
大体の品目構成は「琉家本店」と同じもののようでした。ただし“栄”の冠を付け、より地域に密着した品目名にされているようです。ただ名前を変えただけでなく、お酒に合うよう、味付けも濃いめにしているようですね。「栄町店」の特色としてちょっと変わったところでは、カリー(カレー)を売りにしている点です。カレー単品以外にも、「カリーつけ麺(700円)」など、見慣れない品目がラインナップに加わっていました。さて今回の注文ですが、元よりアルコール込みで頂くつもりでしたので、汁ものではない、「栄つけ麺(白)(650円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 4

先ほどのメニューの裏面です(こちらが表紙になるかな?)。
なんでも『スマイル、握手、ハグ、人生相談各種フリー』なのだそう。なにかに疲れ切った時にでも、酔いながらお世話になることもあるかもしれません(笑) それと「お誕生日企画」として、来店当日お誕生日の方には50円でラーメンを提供されるようです。このサービスは確か本店の方でも実施していましたね。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 5

「琉家 栄町店」のカウンター席上の様子です。
入り口から正面に10名足らずのカウンター席が用意され、その背後にはテーブル席がひとつのみという、とてもこぢんまりとした店内となっていました。お店のコンセプトとしても、ちょうど落ち着ける規模なのではないでしょうか。当初は店主お一人で対応をされていましたが、後ほど一名の男性スタッフが加わりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 6

右側に目を移しますと、ロフト状になっている2階への梯子がかかっていました。
昇りはまだしも、降りるのは注意が必要です。といいいますか、ラーメンなどの品目を運ぶのがかなり大変そうですね(^_^;) 店内はそう広くないので、お酒をメインに据えたグループのお客さんが長居する際などに利用されそうでした。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 7

待っている間に「泡盛グラス(ロック)(300円)」を注文しました。
アルコールの提供もお店の特色らしいので、遠慮なくお願いです(笑) ちょっとしたおつまみ的に、卓上に用意された辛子高菜を頂いています。こういう利用の仕方をしても良いですよね?(^_^;) この後、「泡盛グラス」はお代りもさせて貰いました。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 8

程なくして運ばれた「栄つけ麺(白)」です。
そうそう、確か「琉家」は麺の盛り付けにボリューム感があったのですよね。画像では伝わりにくいかもしれませんが、艶々と綺麗に盛られた麺は、美味しそうな迫力を伴っておりました。具材にはチャーシューにキクラゲ、味玉になるとなどとなっています。ピンク色のしっとり柔らかいチャーシューに、「琉家」らしさが感じられますね。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 9

「栄つけ麺(白)」の麺ですが、中太のほぼストレートのもの。表面は滑らかで程よく弾力感があり、のど越しが良いながらも食べ応えのある麺となっています。その麺に絡むつけ汁ですが、こちらに「栄町店」ならではの特徴がありますね。豚骨の食欲を刺激する臭みが残り、確かに濃い味方向に調整がなされているようです。アルコールを頂きながらということもあったのでしょうが、個人的にはこちらの味付けが好みかも。程よい塩味(実は結構強めかもしれません)も心地良く、合い間に泡盛の杯を傾けながらも、美味しく食べ進めることが出来ました。つけ麺とアルコール、実は結構似合うものかも(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 10

中盤になって、店主さんよりおろしニンニクの投入を勧められました。
ニンニクに加えて、更に辛子高菜も投入してみました。酒飲みは濃いめで、辛い方向に向かうものですよね(^_^;) 味の変化付けとして投入のタイミングも良く、更にお酒も進みます(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 11

せっかくなので、お店の売りのひとつである「栄町肉カリー」もお願いしてみました。
ミニサイズで250円、並で400円という価格設定でした。注文したのはミニサイズになります。平皿ではなく、丼形式ですね。思っていたより分量もあり、こちらも美味しく頂いています。後半になって少しカレーとご飯を残し、つけ麺のつけ汁の方に投入して、「カレーおじや風」にして最後を締めました。これもまた旨かったです。「カリーつけ麺」に単品ライスでも同様なことは出来そうですが、ガッツリ行きたい時は個人的にお勧めな食べ方でありました。

さてお店の雰囲気、居心地の良さなど、実はかなり気に入りました(笑)
最近は外でお酒を飲む機会が増えていますので、以前「琉家本店」で良くやっていた、お酒メインの使い方でも再訪することになるかもしれません。以前そちらで良く頂いていた、お手頃な「おかえりなさいセット(1000円)」(生ビール・泡盛1合・鉄板棒餃子・キムチ)があればなお嬉しいのですが、まあ逆にお店コンセプトがアルコール寄りですので、ああいったサービスメニューの設定は難しいのでしょう。といいますか、久しく本店の方には訪れていませんが、いまも提供されているでしょうか? 2号店が出来て、本店の方でも何らかの変化があるかもしれませんね。

沖縄 ラーメン 那覇市 琉家栄町店 白栄つけ麺 12

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市安里388 山川アパート1F
電話:不明
営業時間:18:00-翌2:00
定休日:不定休
駐車場:無し

琉家 栄町店ラーメン / 安里駅牧志駅おもろまち駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1093-b3a7f25b










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。