スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らあめん花月嵐 新都心店 「無双つけ麺」

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 1 

那覇市真嘉比の「らあめん花月嵐 新都心店」へ行って来ました。
ハイ、しばらく前の「花月」記事でも書いたとおり、クーポン券消化の必要もあって、今月二度目の来店となりました。ブログ的にはあまり一店舗に偏らない方が良いのですけどね(^_^;) もちろん頂く品目はこれまでと違うものをと考えていて、レギュラーで未食のものを改めて調べてみますと、“つけ麺”の二品目がまだブログ上では取り上げていないことに気付きました。注文品の目星を付けたうえで、お店には休日の午前11時過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 2

さて既に券売機にて食券を購入・渡し済みですが、改めてメニュー表の紹介です。
未食なのは「豚そばつけ麺(750円)」と「無双つけ麺(660円)」の二品目になります。花月好きとしてはもちろん(?)未食という訳ではなく、あくまでもブログでは取り上げていないということです。さて今回の注文ですが、ちょっと前にラーメンの「豚そば銀次郎(大盛仕様)」を頂いたこともあり、今回は「無双つけ麺(660円)」をお願いすることにしました。“裏メニュー”表記ですが、しっかり正規のメニュー表に掲載されております(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 3

ついでに来月発売の期間限定品の紹介です。
今月1月はお休みで、来月は「THE油そば」なのだそう。いわゆる“汁無し麺”になりますね。「花月」では先ほどの裏メニューにも、同系統の「もんじゃそば」なる品目が用意されているのですが、どのような違いがあるのか、これまた楽しみであります。ちなみに「花月」の期間限定品目ですが、年間12ヶ月のうち、10回発売される形になっているようです。それに加えて夏冬の季節限定品目の提供もされていますね。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 4

程なくして運ばれた「無双つけ麺」です。
色々と追加要素がありますので、順をおってご紹介します。開店早々の入店でしたが、カウンター席は先に一人客で大枠埋まっており、同じくひとり客ながらテーブル席に座らせて貰いました。容器類の占有率が結構なものとなりましたので、ちょうど良かったかと思います(^_^;) まず追加で「麺大盛(150円) 」と「ごはん(100円)」をお願いしています。それと無料クーポンからは「もちもち水餃子(本来は300円)」ですね。一人前3粒の生ニンニクは無料サービスとなっています。つけ汁の器が醤油味と味噌味の二種類ありますが、これは当初からそういった趣向のつけ麺となっているようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 5

「無双つけ麺」の麺のアップ画像です。
今回は大盛りにしたこともあり、こちら側には具材自体は一切ないのですが、実際に見ますとたっぷりと盛られかなりの迫力となっております。「花月」では大盛りは通常設定される1.5玉分ではなく、二玉分になるのですよね。また限定品目などでは大盛り不可だったりします(スープの分量調整が難しいのだと思われます)。チェーン店らしいセントラルキッチン方式ですので、この辺りの細かな融通を利かすのは難しいのでしょう。麺は冷水で締められていて、コシの感じられる、食べ応えのあるやや太めの麺となっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 6

まずは、“味噌味”のつけ汁に麺を投入してみました。
つけ麺用のつけ汁ということで、基本は塩分濃度も結構高めなのですが、味わい自体は昔ながらの味噌(ラーメン)風味となっていました。具材としてチャーシューや葱、メンマなどが入ってはいるのですが、細か過ぎて食感的にはあまり感じ取れないですね(^_^;) つけ汁が二つ分付いた「つけ麺」としては、比較的安価な660円という設定ですので、この辺りは致し方ないところなのでしょう。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 7

次に、“醤油味”のつけ汁に麺を投入してみました。
こちらもつけ麺用のつけ汁ということで、塩分濃度は結構高めとなっています。酸味と共に、充分な旨みの感じられるつけ汁となっていました。つけ汁は二種類ありますので、交互に頂くことにより、飽きずに食べ進めることが出来ますね。ただ寒い冬ということもあり、また冷水で締められた太麺を投入していることもあって、思ったより早くにつけ汁が冷めてしまったように感じます。マニュアルで定められた作りかもしれませんが、季節的にもつけ汁はもっと熱々でしたら嬉しかったかも。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 8

無料クーポンで頼んだ「もちもち水餃子」です。
皮はもっちりと肉厚で、食べ応えのある仕様となっています。餡もしっかり入っていますが、これは皮の食感を味わうものでしょうね。本場中国の方は“餃子”は主食として単品で頂くものと言われますが、特にこの水餃子ではそう感じます。油分の廻った焼き餃子で、ライスを掻き込むは好きなのですが(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 9

恒例の(?)「花月めし」に、「もちもち水餃子」を添えてみました。
ごはんの上に激辛の壺ニラを載せ、更には生ニンニクを絞り、秘伝のたれをかけた勝手に命名の「花月めし」です(^_^;) まあ確かに水餃子とライスの相性はいまひとつではありましたが、ここまで塩辛いものと組み合わせるとまた別です(笑) 食感の対比も含め、これまでとはひと味変わったサイド品目として、美味しく食べ進めることが出来ました。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 10

最後に醤油味のつけ汁側に、壺ニラと水餃子を投入して締めました。
すっかり大の壺ニラ好きとなっております(笑) これまでは辛さ耐性が低いため、比較的使用は控えていたのですが、壺ニラのネット購入や自作などを経て慣れたのか、がっつり頂くようになりました。元々辛さ自体は嫌いではなく、喉が反応して咳き込むのを避けていただけなのですよね。投入により辛味のあるつけ汁に変化し、これまた美味しく頂けました。最後になってこのつけ汁に投入したもちもち水餃子ですが、早い段階でやっておけば良かったです。激辛になった醤油味のタレとして、とても合っていました。この日もがっつりと完食です。

「花月」でも行きやすい立地に加え、クーポン縛りなどもあって、「新都心店」への訪問にかなり偏っているのですよね。次回来店こそは、未訪の「花月」店舗にも顔を出してみようと思います。本来でしたらチェーン店ですので、わざわざ遠くのお店に行く必要はないのですが……。ブログ運営者のサガみたいなものでしょうか(まあ未知のお店訪問自体に楽しさを感じたりするものです(^_^;))。

沖縄 ラーメン 那覇市 花月 無双つけ麺 11

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市字真嘉比西原263-4
電話:098-885-7011
営業時間:11:00 - 翌3:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1092-d2ffd743










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。