スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SAKURA 「冬季限定麺 試食会(前編)」

冬季限定麺 試食会1

武蔵家グループの一員である「SAKURA」の「冬季限定麺 試食会」へ行って来ました。試食会では上の画像メニューにあるとおり、六杯もの冬期限定候補の麺が提供されましたので、今回は前編と後編の二回に渡って記事にしたいと思います。

今回の試食会ですが、元々はmixi「つけめん SAKURA」コミュニティの第一回オフ会を記念して企画されたもののようで、SAKURAで夏季限定で提供されている「夏麺」に変わる新メニューの試食会(審査会)も兼ねて、開催されました。基本はオフ会ということで、試食会で提供された麺類以外にも、お酒やおつまみなども提供されています。おそらく、余所の地域では考えられない、非常に豪勢なイベントですよね(^_^;) 開催日程は、SAKURAの定休日にあたる12月6日(月)で、時間は19時より開始となっていました。

審査会でのレギュレーションですが、まず、審査を公平に行ってもらうためにということで、出品者および出品内容は公表しないということでした(直前に上記画像のメニューは公表されました)。会では参加者にアンケート用紙が配られ、試食した麺とお気に入りの一品の記入、そして感想と要望等の欄が設けられていて、試食会後に提出をしました。これらの内容を参考にして、来年初めからの限定麺として商品化を予定しているとのことです。ちなみにコンペティションとして、優勝賞金3万円も用意されており、参加者のモチベーションもかなり高かったようですね(賞金がどうというより、競技会形式になったことに火が着いたようです)。

麺の提供は、まずひとつの品に対し一旦何杯か分が出され、メニューが一巡した後に各個人からの注文を受け付けるといった方式でした。種類があるためにバラバラの注文に応えることが困難なことと、一人で全種類を食べること自体が分量的に難しいことから決められたようです。麺自体はミニサイズではありましたが、なにせ六杯分ですので、テーブル席で参加された方は、一杯をシェアして食べられたようです。自分は全部頂くつもりだったのと(ひどい食い意地だ(^_^;))、デジカメで撮影もしたいということで、明るいカウンター席側に座らせて貰いました。

さて、前置きが随分と長くなりましたが、提供された限定麺候補の記事を書かせて貰います。実際は冒頭のメニューとは違う順で頂いたのですが、判りやすさを優先するためにメニューの並び順で紹介したいと思います。

冬季限定麺 試食会2

1.「SYOUYU 桜」
実はかなりお腹いっぱい状態の、最後に食べた一杯です(^_^;)
ふだんはやらないメモ書き(数が多い&お酒が入ることから)もずっとしていたのですが、ここで力尽きたのか全く書かれていません(笑) とはいっても最後に食べた一杯ですから記憶にきちんと残っています。まず第一印象はSAKURA、というより武蔵家グループらしからぬ上品な雰囲気だったということですね(失礼かな?(^_^;) でも武蔵家はやはりワイルドなイメージです)。
醤油ベースのスープの香りが良く、とんこつ臭はなくて魚介や鶏ガラ(?)などを中心に作られているようでした。背脂もしっかり入っていてコクもあり、非常に完成度の高いスープだと感じました。麺はしっかりと歯応えがあるもので、具材は煮玉子、メンマ、ネギに海苔、そしてほうれん草が入っていてかなり王道です。チャーシューは入っていないところが、却って良かったのかも。

冬季限定麺 試食会3

冬季限定麺 試食会4

2.「爽麺」
「さわめん」と読みます。参加された皆さん、当初は「そうめん」と読んでました(笑)
いわゆる「まぜそば」ですね。山盛りの具材は鶏肉、かいわれ、メンマ、三種ほどの豆類の上にウズラのたまごが落とされていました。底に溜まった汁はかなり塩分の高いものですが、ウズラのたまごを溶かして混ぜるとまろやかで、ちょうど良い塩梅です。麺は角のあるもので程よい固さでした。面白いのはある程度食べたら、熱々の割りスープが用意されて途中から汁あり麺に変化させられること。基本は鶏だしだと思うのですが、魚介も入っていたかもしれません。

冬季限定麺 試食会5

3.生姜ラーメンと坦々元気
運ばれて来た時に武蔵家らしい、濃厚なとんこつの香りがしました。
名前にある通りにスープには生姜の風味がかなりあって、意外(?)にも豚骨スープにばっちりと合っていました。麺は角のある太麺で、歯応えのある力強いものでした。具材はシンプルにカイワレとチャーシューです。チャーシューの存在感が武蔵家グループらしかったですね。
こちらも後半に「坦々ペースト(正式名称は不明)」で変化が付けられます。ラー油分でかなり辛く、しかしながらゴマの風味もあって美味しいものでした。食べ終わった後、かなり汗が出て来ましたね(^_^;) 身体の暖まる生姜、そして判りやすい唐辛子分など、寒くなる冬に向けて意識された一杯だと思います。生姜を使ったラーメンは県内では珍しいのじゃないかな?

折り返しが来たところで、次回へと続きます。いったん、ごちそうさま(^_^)

住所:那覇市牧志3-9-27
電話:なし
営業時間:18:00 - 26:00 ~28:00
定休日:月曜日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/109-80f12cd7










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。