スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一蘭 本社総本店 「天然とんこつラーメン(2)」

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン1

福岡県博多区の「一蘭 本社総本店」へ行ってきました。
ハイ、こちらは去年10月の「福岡ラーメン紀行」から、掲載が延び延びになってしまった店舗となっております(^_^;) 当ブログは「沖縄のラーメン店」を名称に据えているため、他県分の連続更新を控えていましたら、ここまで掲載が遅れることとなってしまいました。「一蘭」はいわずと知れた、“博多ラーメン店”のなかでも一二を争う有名ラーメン店ですよね。これまで何度か実食したことはありますが、本店への訪問は初めてとなります。こちらは24時間営業となっていて、博多滞在の最終日において、早朝から訪れることが出来るラーメン店があったのは個人的に助かりました(笑) お店には、午前7時前の入店となりました。

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン2

滞在拠点からバスに乗り、早朝に訪れた「一蘭 本社総本店」です。
いや、かなりびっくりしました。掲載の画像でどこまで伝わるか判りませんが、画面内に収まらないほどの大きなビルとなっています。 うーん、儲かっていますねぇ(笑) 一階部分に屋台のような絵が飾られていますが、なんでも11月7日からそのような趣向の店舗がオープンしたのだそう。訪れた当時は、二階部分にてラーメンを頂くこととなりました。その他の階は、各地の店舗を管理するオフィスにあたるのでしょうね。

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン3

二階に上がり、フロアへ入る前に設置された券売機です。
『ラーメン・替玉ごはん・トッピング』と、タッチパネル方式で、タブを切り替えて選べるようになっています。いまでは記憶も薄れているのですが、なぜか券の購入に戸惑った覚えがあります(自分の前のお客さんも券の購入に時間が掛かっていました)。元より一品目しかありませんが、ここで「天然とんこつラーメン(790円)」を選択しています。

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン4

店内に入り、「一蘭」お馴染みのお好み表を記入します。
他県への旅行中ならではのハイテンションもあったのか、この日は『こい味・超こってり・にんにく1片分・白ねぎ(太ねぎ)・チャーシューあり・秘伝のたれ2倍・麺超かた』 のありあり仕様でお願いをしています(笑) お箸袋には追加注文にあたる各種品目が別途記されており、とても気になる「とんこつ酒(680円)」へ丸印を付けたのですが、残念ながら現在は提供されていないとのことでした。……いまでも気になっています(^_^;) (※なんでもオリジナルのとんこつスープらしい白色のにごり酒で、隠し味に地元福岡で作られたラーメン専用の小麦が使用されているとのこと)

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン5

掲示されていた「一蘭のこだわり」です。
『美味しい召し上がり方・秘伝のたれ・天然とんこつスープ・一蘭特製生麺・元祖』についてなどが記載されていました。このなかの「元祖」について抜粋してみますと、『ラーメン中央に浮かぶ赤いたれ・ラーメンの好みを紙に書き選べる注文方法・声を出さずに注文出来る替玉方法・周りを気にせず召し上がれる環境』などだそうです。いまでは一般的になっている方式も多くありますね。

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン6

程なくして運ばれた「天然とんこつラーメン」です。
先にも記しましたが、席は「味集中カウンター」となっています。両サイドは壁で仕切られ、周りを気にせずラーメンを頂くことが出来ます。また正面側もラーメンが運ばれる前までは開いていますが、その後は暖簾が下がる方式となっています。お冷やもセルフで入れることが出来ますね。声を出す必要のない替玉の注文方法を含め、特に女性には良い方式なのだそうです(^_^;)

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン7

「天然とんこつラーメン」のアップ画像です。
具材はシンプルに、チャーシューにねぎのみとなっています。今回は2倍で頼んだ「秘伝のたれ」ですが、先の説明書きによると、『唐辛子を基本に三十数種類の材料を調合し、何昼夜も寝かせ熟成させたたれ』なのだそう。いまでは博多ラーメンのなかでも、いわゆる“味変”として、欠かせないアイテムのひとつでもありますね。

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン8

「天然とんこつラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。今回は「麺超かた」でお願いしたこともあり、くっきりとした食感で、のど越し良く味わうこととなりました。その麺に絡むスープですが、とんこつの旨みが凝縮されながらも、臭みは感じられない、手間暇をかけて作られたものであろうことが想像できるものとなっています。硬めでお願いした麺とも相性がとても良かったですね。少しずつ中央の秘伝のたれを溶かしつつ、味の変化を楽しみながら、一気に啜り尽くすこととなりました。最後はスープの一滴も残さず完食です。

「一蘭」は何度か訪れていますが、総本店への訪問は今回が初めてとなりました。
ラーメンファンにとって、24時間営業というのは助かりますね。一時期、沖縄県内でもそのようなお店があったのですが、よほどラーメン文化が地域で浸透していないと、本営業形態の継続は難しいものなのでしょう。ところで博多の地元民かつ熱心なラーメンファンにとって、「一蘭」はどのような位置づけなのでしょうか? 美味しかったことはもちろんですが、博多のラーメンは特に安価な価格設定も重視されるらしいので、その辺りも少しばかり気になっております。

福岡 博多 一蘭本社総本店 天然とんこつラーメン10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:福岡県福岡市博多区中洲5-3-2 2F
電話:092-262-0433
営業時間:24時間営業
定休日:無休
駐車場:無し

一蘭 本社総本店ラーメン / 中洲川端駅天神駅天神南駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
[ 2014/01/03 00:00 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(2)

こんにちは。一蘭のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです
[ 2014/04/15 05:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>萌音さん
こんにちはー。
お褒めの言葉、ありがとうございます(^_^)
[ 2014/04/16 21:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1078-ff9f5580










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。