スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺や偶 もとなり 久茂地店 「もとなりラーメン(7)」

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 1

那覇市久茂地の「麺や偶 もとなり 久茂地店」へ行って来ました。
こちらは2013年7月にオープンされたお店で、ご存知人気店である「麺や偶 もとなり」の久茂地店になります。「麺や偶 もとなり」の本店は那覇市銘苅にあり、あちらは「那覇店」と呼んで区別をされているようです。ちなみに、ブログ再開後の一発目は「北谷店(閉店)」からの移転である「牧港店」でしたので、「もとなり」自体ちょっと間が空いての訪問となりました。といいますか実際に訪れたのは2ヶ月近く前で、色々と新店や遠征の記事が重なっている内に、掲載がずいぶんと遅れてしまったのが実情です(^_^;) お店には、休日の昼下がりの訪問となっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 2

「麺や偶 もとなり 久茂地店」の券売機です。
取り扱っているラーメンは基本の「もとなりラーメン(650円)」に「チャーシューメン(900円)」などのバリエーションとなっていて、「味噌もとなり」などの別品目は提供されていないようでした。後述もしますが店内はシンプルなカウンター席のみとなっており、同様に取り扱いも簡素な方向になっているようです。さてこの日の注文ですが、やはりシンプルに「もとなりラーメン(650円)」をお願いすることにしました。こちらは「牧港店」に続き初来店になりますが、頂くラーメンは「もとなり」各店共通であることから、ブログ記事タイトルは連番で7回目となっております。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 3

券売機の横、窓際に貼り出されていた画像付きメニュー表です。
提供されているラーメンはシンプルな構成ですが、トッピングや一品ものはそれなりに充実しています。「替玉(100円)」とは別に、「半替玉(50円)」も用意されているのは手頃感があって良いですね(一時期「もとなり」では「替玉(120円)」になった記憶があるのですが、元に戻ったのでしょうか?)。こちらでもアルコール類を扱っており、なぜか休日の昼下がりながら、酔客の方々が席の一角に陣取っていました(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 4

カウンター席に貼り出されていた各種お知らせです。
“麺の硬さ”の選択は「もとなり」ではお馴染みですね。今回はお店でもおすすめという鉄板の「カタ」でお願いをしています。そして「牧港店」で初お目見えだった「油の量」ですが、今回はついに「増し増し」の更に上、最上位の「まみれ」でお願いをすることにしました。どのような濃度感になるかちょっとドキドキものです(笑) それと平日のみのランチサービス(11:00~16:00)になりますが、見慣れない「まかとのコールスロー(本来は150円)」なるものが選択出来るようですね。この日は休日でしたのでサービスの適用は不可ですが、気になったので追加注文することにしました。それと学生さんへの「替玉1杯無料」サービスは、こちらでも健在のようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 5

カウンター席上の様子です。
先述したとおり、「久茂地店」はカウンター席のみとなっており、座った席はちょうどL字形の底辺部分になっています。スペースそのものはゆったりと取られていますね。こういった飲食店では注文内容と応対するよう、お客さんには判らないよう席に番号が振られているものですが、こちら「久茂地店」では大きく目に見える形で番号が彫られていました。これはこれで一種独特なお洒落感があるのでしょう(笑) 卓上に見える、無料の紅ショウガや辛子高菜、おしぼりなどのサービスも健在なのが嬉しいところです。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 6

程なくして運ばれた「もとなりラーメン」と「まかとのコールスロー」です。
「もとなりラーメン」はブログ再開時に訪れた「牧港店」以来ですので、じつはそれほど間が空いていないのですよね。“濃厚豚骨”のイメージが強い沖縄のラーメン界ですが、「もとなり」は従来その位置にありながらも、徐々にあっさり寄りになってきているように感じています。今回は選択出来る「油の量」で、最上位となる「まみれ」をお願いしましたが、どのような味わいになっているでしょうか?

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 7

一緒に頼んだ「まかとのコールスロー」です。
キャベツの千切りにコーンが添えられた、至ってシンプルなコールスローでありました。もちろんそのぶん奇をてらうこともなく、しっかり美味しく作られています。品目名にある「まかと」ですが、以前「つけ麺風生パスタ」を頂いた、那覇市泉崎の「ワイン食堂 Makato」の提供品目になるようです(であってますよね?)。お店の方同士で仲が良いのでしょうか。さっぱりとして、ラーメンを頂く合間の良い箸休めになったようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 8

「もとなりラーメン」のアップ画像です。
具材の構成自体はシンプルで、大判のチャーシューにネギ、キクラゲとなっています。今回は「油の量」を「まみれ」でお願いをしたこともあって、スープ表面には油の層と背脂の固まりがみっしりと浮いております。さすがにこのレベルでは、見た目の段階で好みが分かれそうです(だからこその注文指定なのですが(^_^;))。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 9

「もとなりラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。注文時に「カタ」でお願いをしたこともあり、ほど良く固めで口中で存在感のある麺となっています。その麺に絡むスープですが、これまで書いたとおり、以前の「もとなり」のイメージと比べますと、比較的あっさり寄りになったのではないかと感じています。今回は油の量を「まみれ」で注文をしているのですが、背脂がスープ中に溶け込み濃厚な味わいになったというより、スープとはやや分離している形で、油分が添えられているといった印象でした。「味の濃さ」といった要素が加われば、また異なった作りになったのでしょうね。スルスルと麺を食べ尽くしたところで、「半替玉(50円)」を追加注文です。

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 10

程なくして運ばれた「半替玉」です。
一玉分では多いという方でも、手軽に頂ける分量です。単純にお腹を満たすというだけではなく、「替え玉を行う」という行為自体にも楽しみがあるものですよね。そうそう、スープが薄まらないよう、替え玉では良くみかけるタレがかけられていませんが、卓上にはしっかり「ラーメンだれ」の容器が用意されていました。そうえばそちらは使ってなかったですね(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 11

半替玉を投入後、恒例(?)の「調味料全部入れ」を実施しております(笑)
紅ショウガに辛子高菜、すり胡麻に粗挽き胡椒、おろしニンニクなどを遠慮なく投入しています。替え玉の前には紅ショウガなども添えず、まったくプレーンなまま頂きますが、替え玉の段階では、これでもかというくらいに「味変」を行うのが大体のパターンとなっております(^_^;) すべて混ぜてしまう訳ではなく、位置ごとの味わいを確かめながら、麺とスープの味の変わり具合を楽しみました。最後はスープの一滴も残さず完食です。ちょっと脂酔い気味になったでしょうか?

専用駐車場が完備されていないこともあり、銘苅の「那覇店」とはまた異なる使い方のお店になるのでしょうね(店のすぐ横にコインパーキングあり)。カウンター席のみのスタイルですので、アルコール摂取帰りのお客さんなどが、気軽にふらっと立ち寄るには良さそうです。いまはまさにそいういった時節ですので、夜分も遅い時間帯に、温かな豚骨の香りに誘われる酔客の方々も多いことでしょう(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 麺や偶 もとなり 久茂地店 もとなりラーメン 12

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市久茂地2-1-1
電話:098-943-3302
営業時間:11:00-翌5:00(日曜日は24:00まで)
定休日:無休
駐車場:無し

もとなり 久茂地店ラーメン / 県庁前駅旭橋駅美栄橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1066-8492cd47










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。