スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うかじそば 那覇新都心店 「つけ麺」

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 1

那覇市天久の「うかじそば 那覇新都心店」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。店名からも判るとおりこちらは「沖縄そば」屋さんとなっていて、続けての番外編になってしまいました。先に頂いたのはラーメン店的品目である「こくトンコツ」でしたが、せっかくですのでそのものズバリの「つけ麺」も続けて頂くことにしました。当初は連食を予定しておらず、うっかりサイドのご飯ものまで頂いてしまっております(^_^;) 店名に「那覇新都心店」とありますが、宜野湾市にあった本店は、去年末頃に閉店をされているようです。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 2

メニュー表のアップ画像です。
詳細な内容については前回記事も参照頂くことにして、ここでは“つけ麺”の説明書きを抜粋してます。『沖縄そばでは珍しい「つけ麺」。濃厚なつけダレは、煮干、昆布、椎茸、香味野菜などを使用した特性ダレに濃厚なトンコツスープをブレンドしました。香ばしいオリジナル「焦がしカツオ油」が美味しさをいっそう引き立てます。麺は、ちぢれ太麺。※残ったスープはスープ割で薄めてお召し上がりいただくか、ご飯を入れて「おじや風」にしてお召し上がり頂くことも出来ます』と書かれていました。さて今回の注文ですが、もちろんこちらの「つけ麺(750円)」をお願いです。ちなみに「こくトンコツ」・「つけ麺」とも、100円増しで「大」の注文も受け付けているようです。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 3

見開き大判のメニュー表より、定食側のページです。
基本の店名を冠した「うかじそば」は、“あっさりかつおだし”のもののようですが、用意された定食類はカツ丼やカツカレーなど、反動のようにガッツリ系のものとなっています(笑) 組み合わせとしてはバランスが取れているのでしょうね。実際のボリューム感は判りませんが、画像を見る限りでは半そば付きでこの価格設定は、充分なお手頃価格といえるのでしょう。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 4

程なくして運ばれた「つけ麺」です。
麺とつけ汁の器の他に、別皿でフーチバー(ヨモギ)が用意されていました。「沖縄そば」ではたまに見かけるトッピングですね(最近では「沖縄そば すばじらぁ」でも用意されているとか)。また左側上部にみえるポットですが、やや遅れて店員さんが用意してくれた「割スープ」です。事前に提供してくれるのは必要な時にタイミングがずれることもなく、助かりますね。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 5

「つけ麺」麺の器側のアップ画像です。
ここでびっくりしたのが、器の底の方に白湯が溜まっていたこと。麺の湯切りが良くない訳ではなく、意識されて麺にお湯を浸けているようです。どうも麺が絡まないようにという配慮なのでしょうが、熱心なつけ麺ファンからしたら考えられないことでしょうね(大体提供内容に不満を持つ場合は湯切りが良くないなどのようです)。このあたりもラーメン(つけ麺)店ではない、異業種らしい独自の創作性を感じさせます。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 6

「つけ麺」麺の器サイド側からのアップ画像です。
画像では判りにくいかな? ちょっと面白かったのが、向かって左側方向へ斜めになっていたことです。これはつけ汁の器側へ、麺を移しやすくするという配慮なのでしょうか。特注の器になるはずで、ふと「麺や偶」を思い出したりしました。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 7

「つけ麺」の麺ですが、太めのややちぢれが入ったもの。太くなって締められていることもあり、それなりに弾力感もあるのですが、基本は「こくトンコツ」と同じ麺となっているため、口中ではややぼそっとした食感となっています。その麺に絡むつけ汁ですが、酸味を含んだぐっと濃厚な味わいとなっています。煮干に「焦がしカツオ油」などが加わり、魚介豚骨風味な味わいですね。ただ専門のつけ麺店で主流のそれとは異なり、やはり比較的穏やかな作りとなっていました。つけ汁のなかにはゴロゴロとしたチャーシューにネギ、それと青菜(だったかな?)などの具材が入っていました。別皿のフーチバーの苦味が、食べ進めるなかで良いアクセントになっていましたね。麺はもちろんつけ汁も含め、しっかりと完食です。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 8

ひと通り食べ終わった後に、割スープを味わってみました。
あっさりかつおだしの温かなスープで、これは単体で飲んでみてもなかなかな美味しさでした。つけ汁は極端に濃厚な作りではないので(といいますか、やはり食べ進める内にかなり薄くなっていったかと思います(^_^;))、そのまま完飲して、最後に割スープでさっぱりと締めるのも有りではないでしょうか。

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 9

店頭で販売されていた、お店のオリジナルの「こーれーぐーす」と「こーれーぐーす醤油」です。
コーレーグースの方は実際に卓上で利用できますね。細長の見映えの良い器に入っています。価格はどちらも480円と記されていますが、バツ印が上書きされており、現在は100円安く380円で販売されています。さて個人的に目からウロコだったのが、後者の「コーレーグース醤油」の方。用途しては「お刺身や焼き魚、冷ややっこ」にとあるのですが、その他お酒の肴用の調味料として、これはかなり合うのではないかと感じました。さっそく購入してお刺身に使ってみたのですが、通常の醤油の味わいのなかに泡盛のふくよかさが加わり、更にピリリと唐辛子の鮮烈な辛味が立ち昇って来ます。成分表示を見ますと、島唐辛子の他にニンニクやお酢なども入っているようですね。調味料として長らく使えそうで、色々と試してみようと考えています。

二回に渡っての番外編でしたが、熱心なラーメン(つけ麺)ファンでしたら、「沖縄そば」屋さんのやや変わり種な品目になりますが、一度は訪れてみても良いのではないでしょうか? 個人的には「こーれーぐーす醤油」がかなり気に入りました(笑) 次回来店がいつになるか判りませんが、本来のメイン品目である「うかじそば」も試してみたいですね。提供品目を頂くより、「こーれーぐーす醤油」を購入しに再訪したりして……(^_^;)

沖縄 ラーメン・沖縄そば 那覇市 うかじそば つけ麺 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市天久2-2-5 ファミール天久1階
電話:098-869-7755
営業時間:11:00-20:00(売り切れ次第終了)
定休日:不定休
駐車場:有り(店舗から少し離れた場所に専用駐車場有り)

うかじそば 那覇新都心店沖縄そば / 美栄橋駅おもろまち駅古島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1063-4ca0f524










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。