スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 「広島つけ麺(醤油だれ)」

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 1

うるま市塩屋浜原の「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」へ行ってきました。
以前の記事でも少し触れましたが、うるま市に新しく出来た「MEGA・ドンキホーテ うるま店」内に出店されたつけ麺店です。「ばくだん屋」といえば、ブログ開始初期にまだカップ麺を取り上げていた頃、エースコックの「ばくだん屋のらーめん 旨辛味噌」の紹介をして初めて知ったお店です。また「広島つけ麺」といえば、以前は沖縄市のプラザハウス内に「広島激辛つけ麺 じゃけん」が営業されていたのですが、残念ながら閉店されています。このたび、全国展開をされている「ばくだん屋」が県内初進出されたことで、また郷土色豊かな「広島つけ麺」を頂くことが出来ますね。お店には、オープン時間となる午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 2

「MEGA・ドンキホーテ うるま店」の外観です。
派手で黄色の看板は国際通り店と一緒ですが、“MEGA”の文字が店名に入っています。宜野湾店もそうですね。広さや取り扱い品目の幅が“MEGA”の方にあるらしく、「ばくだん屋」へ寄った帰りに店内を廻ってみましたが、確かに眺めて飽きないほどの多様な品揃えとなっていました。まだオープニング期間中にあたるらしく、更に特別価格で提供をされるようです。自分もいくつか面白いと感じた品を購入しましたので、今後「雑談部屋」などで紹介するかもしれません。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 3

ドンキ店舗入り口側に掲示されていたショップガイドです。
とりあえず飲食店のみ書き出してみますと、「CAFE’(カフェ)」・「御殿山(沖縄そば・定食)」・「カレーのチャンピオン(カレー)」、そして「ばくだん屋(つけ麺)」となっています。「国際通り店」ではフードコート4店舗中、2店舗がラーメン店でしたが、こちらではつけ麺の一店ですね。また店舗は実際に広く、共用のフードコート形式ではなく、全店独立した形となっていました。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 4

「ばくだん屋」店舗入り口側に掲示されていたメニュー表です。
画像入りでとても判りやすいですね。ドンキ店内は商品陳列部以外は通路も広く、多くのお客さんが行き交っていました。こういった店舗形態は、本来ラーメン・つけ麺にそれほど興味を持たない方の目に触れる機会が増え、新たなファンが生まれるきっかけになるのかもしれませんね。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 5

「ばくだん屋」店内を撮影してみました。
カウンター席の向こう側が厨房になっており、様子は伺えませんが、店内の広さに見合った規模と調理担当の方がいらっしゃるようでした。ドンキ内店舗ということで、家族連れも多いのでしょうが、おひとり様用の座席も充分に用意されています。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 6

テーブル席側の様子です。
木製の木訥なテーブルに、簡易な丸椅子がかえって雰囲気を演出していますね。画像の正面奥側が、のれん越しの入り口となっています。お客さんが誰もいないのは開店直後の入店であるためで(店員さんがまだ準備をされてますね)、注文品を待っている間に、あっという間に賑やかな状況とあいなりました。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 9

「ばくだん屋」のメニューです。
筆頭品目は、やはり店名にも冠している「広島つけ麺」となっています(ただし店名の方は旧漢字の“廣島”表記です)。「つけ麺」は冷製仕様で、「つけそば」表記の品目は温仕様になるようでした。またその他に「汁なし担々麺(715円)」や 「尾道らーめん(572円)」なども取り扱っていますね。そうそう、来年4月の消費税アップを見越してのものか、外税表記となっています。例えば尾道らーめんは572円となっていますが、税込みで実際に精算をしますと、馴染み深い(?)600円の支払いとなります。さて今回の注文なのですが、やはり筆頭品目である「広島つけ麺(並)(810円)」をお願いすることにしました。つけだれは“醤油だれ”と“ごまだれ”の二種類から選べるのですが、今回はこれまた筆頭表記となる「醤油だれ」を選択です。それと一緒に掲載されている、セットものの「広島セット(381円)」もお願いしました。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 8

今回注文した品目の、メニュー表のアップ画像です。
つけ麺についてはひとまず置いておき、一緒に注文した「広島セット」について。内容としてはカキフライが3個に、広島菜むすびとなっています。広島は牡蠣の名産地でもありますし、「雑談部屋」で取り上げたように、自分は大の牡蠣好きだったりします(笑) 広島菜は初めて知ったのですが、説明書きによると日本三大漬け菜のひとつにあたるようですね。良く見かける餃子などのセットではなく、とても郷土色溢れる構成となっています。また、トッピング類もとても豊富に用意されていますね。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 7

メニュー表の裏面です。
左側には「広島つけ麺の美味しい食べ方」が記されていますね。記載のポイントをざっと書き出してみますと、『卓上に用意された紙エプロンの着用・サイドの唐揚げをお勧め・途中の辛味投入』などとなっています。その辛味ですが、注文時に選択できるようになっています。範囲は0倍から100倍までとなっており、初訪のお客さんには2倍をお勧めされるようで、自分もそちらでお願いをしました。しかしお勧めが2倍で上限が100倍というのは、かなり幅がありすぎるような気がしますね(^_^;) その他メインのサイド品目(?)にあたるらしい「からあげ」や、豊富に用意された「おむすび」、きっちりラインナップにある「ギョウザ」、これまたしっかりとアルコール類を始めとした各種「ドリンク」などが記載されていました。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 9.5

待っている間に撮影したテーブル席上の様子です。
まず目を引くのがすり鉢にたっぷりと盛られたごまですね。先ほどの「美味しい食べ方」にも記されていましたが、ごまの追加投入はお勧めらしいです。それとハネ防止用の紙エプロン常備は、さりげなくも嬉しいサービスですね。余談になりますが、設置された“くまモン”のティッシュ、いくつかのラーメン店(飲食店)でよく見かけるように感じます。消耗品としてどこかで格安で販売されているのか、はたまた熊本の営業販促用として無料で配られているのか、ちょっと気になりました。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 10

程なくして運ばれた「広島つけ麺」と「広島セット」です。
ぱっと見て、各品目とても盛りだくさん感があって、ワクワクとさせるビジュアルとなっています。画像左上の「辛味」は最初から卓上に用意されているものではなく、注文に合わせて店員さんが持ってきてくれました。先の画像でも店員さんが準備中の様子を紹介した、フロア中央部に本容器がセッティングされています。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 11

「広島つけ麺」のアップ画像です。
野菜を中心に具材がたっぷりで、ほとんど麺がみえないほどの盛りつけ具合です。構成としてはゆでキャベツに、細切りにされたキュウリに葱などとなっています。またチャーシューが2枚に、黄身の断面が色鮮やかな半熟玉子も添えられていました。玉子は味付けではなく、真っ白なゆで玉子ですね。つけダレが辛味の強いもののようで、更に味を加える必要はないという考えなのでしょう。麺につけダレとも冷製ですし、色合いとしても清涼感のある仕様となっています。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 13

「広島つけ麺」の麺ですが、そうめんに近い細さ……といっては言い過ぎでしょうが、通常の「つけ麺」から受ける麺の印象と比較しますと、極細といって良い径にあたるでしょう。その麺に絡むつけダレですが、今回は“醤油だれ”と“ごまだれ”の二種類のなかから、前者を選択しています。注文時にお願いをした辛さの倍数ですが、「まずはここで食べてみて」と記された、「2倍」を指定です。2倍とはいっても表中では100倍まで記載されていますので、まだまだ序の口といった辛さなのでしょうね。色合いとしては真っ赤で、現時点でもとても辛そうです。味わいとしては魚介の風味が感じられる和風よりの作りで、更に酸味と辛味が効いています。冷たい細めの麺に同じく冷たいつけダレは、辛さのなかにもさっぱりとした後味のものとなっていました。卓上にはすり鉢にごまが盛られて用意されていますが、改めて追加する必要がないほど、惜しげ無くたっぷりと投入されていますね。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 14

しばらく食べ進めたところで、せっかくなのでごまと辛味ダレを投入してみました。
注文時に辛味の倍率を指定できるのですが、それとは別に、自分で辛味を追加することも可能になっています。画像のスプーン一杯で辛味一倍分にあたるそうで、辛味をダイレクトに味わうべく、数杯分を投入したところで混ぜずに麺を啜ってみました。辛さ耐性が低い方だとなんどか書いていますが、あれ? この辛さは割といけそうです(笑) 口元は確かにひりひりするものの、喉やお腹にさほど強い刺激は感じず、旨辛さを味わいながら食べ進めることが出来ました。しゃきしゃき食感の野菜類も交えつつ、とても美味しく頂いています。

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 15

一緒に注文した「広島セット」です。
カキフライが3個に広島菜むすびがお皿に載せられています。それとカキフライ用に、レモンスライスが牡蠣殻の上に添えられていました。薄く塩味が付いた広島菜のおむすびですが、器用に巻かれていますね。ちなみにメニュー表に「広島菜」は日本三大漬け菜のひとつとありますが、残りのふたつは九州の「高菜」、信州地方の「野沢菜」になっているようです。カキフライはできたて熱々のサクサクジューシーで、レモンをかけつつこちらも美味しく頂きました。後からメニュー表画像を見て気づいたのですが、本来はオタフクのカキフライソースも付くようですね。まだオペレーションが安定していないのか、実はこの日は何度かこのようなことがありました(^_^;)

今回の「ばくだん屋」の「広島つけめん」ですが、仕様としては代表的な広島つけめんのそれにあたるようですね。以前沖縄市の「じゃけん」で頂いた時も、ほぼ同様な構成となっていました。なんにしても地元ご当地(広島)のつけ麺が、こちら沖縄にて気軽に頂けるのは、とても喜ばしいことです。さてせっかくの遠出の来店でしたので、唯一の「ラーメン」品目である「尾道らーめん」が、わたし非常に気になります! ということで、次回記事へと続きます(^_^;)

沖縄 ラーメン うるま市 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島つけ麺 16

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市塩屋浜原502-1(MEGAドン・キホーテうるま店1F)
電話: 098-989-6608
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1057-d5dc05e1










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。