スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初代 かずみち 「らーめん」

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 1

那覇市松尾の「初代 かずみち」へ行って来ました。
こちらは、2013年11月28日(木)にオープンしたばかりのお店になります。期せずして、「ドン・キホーテ」の2店舗(「せたが屋」と「博多だるま」)と同日の開店となりました。ちょっとした新店ラッシュですね。さてこちらの「初代 かずみち」ですが、立地としては牧志公設市場内となっており、熱心なラーメンファンには「だいじろう」跡地といった方が判りやすいでしょうか。閉店の報には一抹の寂しさがありましたが、また改めて新しいラーメン店が生まれたのは、喜ばしいことだと思います。お店には、平日のお昼過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 2

店内に飾られた店舗看板(?)です。
なぜか店頭側には掲示されておらず、外観からはお店の名前が判りません(^_^;)(「だいじろう」時代譲りの“ラーメン”の文字は残っているため、ラーメン店であることは判別できます) 後述しますが内装や取り扱い品目など、極力シンプルな構成となっており、この辺りにもお店の意図があるのかもしれません。ただ、意識して目立たないようにする飲食店というのも良く判りませんが……(^_^;) 店舗名の「かずみち」ですが、おそらくは店主さんのお名前になるのでしょうね。ちなみにお店は男性お二人で対応をされていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 3

「初代 かずみち」のお品書きです。
とてもシンプルな構成ですので、書き出してみます。「らーめん(600円)」・「たまご(50円)」・「麺おかわり(50円)」・「ビール(500円)」となっており、まずオーダーで迷うことはないですね。さて今回の注文ですが、「らーめん(600円)」に「たまご(50円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 4

待っている間にカウンター席上を写してみました。
「だいじろう」の居抜き物件のため、店内はL字形のカウンター席のみとなっています。卓上にお箸やティッシュ、お冷やなどは用意されているものの、調味料類は一切置いておらず、とてもすっきりとした様子となっています。壁際は真っ黒に塗りつぶされていて、お知らせとなるような掲示物などもなく、とにかくお店の方針としてシンプルさを貫いているようです。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 5

席から背後のスペースに、開店祝いのお花が飾られていました。
「だいじろう」では券売機が設置されていた位置ですね。品目構成がとてもシンプルなため、券売機も必要ないのでしょう。現在はお花が飾られていますが、しばらくしたらそちらも片付けられ、ちょっと殺風景といっても良い眺めになりそうです。お祝いの花は与那覇食品さんから贈られたもののようで、おそらく使っている麺もこちらのものだと思われます。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 6

程なくして運ばれた「らーめん」です。
別途注文したたまごは、別容器で用意されています。冒頭の画像は投入後に撮影をしました。先ほど男性二人で応対をされていると書きましたが、自分が見た限りでは、調理担当とフロア応対の役割分担をはっきりされているようでした。ちなみに調理の様子は、衝立で見えないようになっています。調理は若い方がされていたので、フロアを見ている方が店長さんなのでしょうか?

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 7

「らーめん」のアップ画像です。
具材の構成としてはチャーシューに海苔が2枚、そして葱となっています。たまごは追加でお願いをしたもので、ごくシンプルな構成ですね。つい先日の記事でも書きましたが、個人的には煮玉子は切られていた方が、華やかさや食感の良さが感じられて好みだったりします(自分でやってみましたが、上手く割れませんでした)。まあ丸々一個の盛り付けも迫力が出て、それはそれで良いものですが。また、スープ表面には背脂が浮いていますね。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 8

「らーめん」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。柔らかすぎず固すぎず、ほど良い茹で加減となっていました。その麺に絡むスープですが、背脂を浮かせた“豚骨醤油”とはあるものの、比較的あっさりとした味わいのものとなっています。さらりとして粘度のない、口当たりの良い醤油味のスープです。偶然かもしれませんが、ここ最近の新店は豚骨といえども、あっさり系統のものが多いように感じますね。これまでは沖縄のラーメン界では濃厚こってりが中心だったのが、より多様化されて来たと見て良いのかもしれません。葱などの具材を合間に挟みつつ、麺をひととおり食べ終えたところで、「麺おかわり(50円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 9

程なくして運ばれた「麺おかわり」です。
50円という安価な設定ですが、分量的には“半替え玉”といったところですね。気軽に頼める価格ですし、物足りない方は「麺おかわりダブル(50円×2)」を注文されても良いかもしれません。麺の上にはスープが薄くならないよう、ラーメンだれがかけられていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 10

「麺おかわり」をラーメン丼側へ投入したところです。
いつもの当ブログでしたら、卓上の調味料類を極力利用して味の変化を味わいつくすところですが、「初代 かずみち」では清々しいほどに調味料などは置かれておりません(^_^;) そう考えますと、飽きが来る前に食べ終えるであろう半替え玉という分量は、ちょうど適量にあたるのかもしれませんね。やや固めに感じる食感が心地よかったです。替え玉分の麺も啜り尽くし、最後はスープの一滴も残さず完食となりました。

お店の方に確認したところ、営業時間は午前11時から午後6時まで、定休日は日曜日になるのだそうです。店舗専用の駐車場がない、牧志公設市場という立地や営業時間などから、遠方のラーメンファンには少しばかり寄りづらい条件になるかもしれません。美味しいラーメンではありましたが、やはりややシンプル過ぎるようにも感じます。今後は提供品目を増やす予定はあるのでしょうか? お店の雰囲気的には、いまのところ余りそのような様子は感じられませんでした。今後はリピーターとなる、熱心な常連さんが生まれるかどうかが気になるお店ですね。

沖縄 ラーメン 那覇市 初代かずみち らーめん 11

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松尾2-10-20
電話:不明
営業時間:11:00-18:00
定休日:日曜日
駐車場:無し

初代かずみちラーメン / 牧志駅美栄橋駅安里駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1054-801b2260










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。