スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

せたが屋 「らーめん」

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 1

那覇市松尾の「せたが屋」へ行ってきました。
熱心なラーメンファンにはおそらく周知のとおり、国際通りの真ん中に2013年11月28日(木)付けで「ドン・キホーテ」がオープンしており、そちらの7Fフードコートにてついに「せたが屋」が沖縄県内初出店を果たしたのでした。「せたが屋」はいわずとしれた、東京は世田谷区を本拠とする有名ラーメン店ですが、沖縄とはこれまで結構縁が深かったお店でもあるのですよね。最近では『限定麺 Dream Tour 2012』での「昇家」との「コラボラーメン」が記憶に新しいところですし、西原きらきらビーチでのイベント、『TOKYOラー麺 DreamTour!!』でも出店をされていました。満を持しての沖縄進出になるのでしょう。個人的にも東京は品川駅の「麺達」などで何度か頂いており、この沖縄の地で気軽に頂けるようになるのは感慨深いものがあります。お店には、フードコートオープンとなる、午前11時過ぎに訪問となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 2

お店の前に、今回オープンした「ドン・キホーテ」について。
約一年前に宜野湾店がオープンしているのですが、今回は旧OPAがあった国際通りのど真ん中に出店をされています。また引き続いてうるま市具志川にも「MEGAドン・キホーテ うるま店」として11月29日(金)に出店を行い、沖縄県内にて勢いのある展開を見せています。うるま市の店舗については「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」がテナントに入っているようで、こちらへの訪問も楽しみなこととなりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 3

フードコート用入り口(?)に掲示されていた、出店舗看板です。
7Fフロアにフードコートはあるのですが、店舗数はそう多くはなく4店となっています。その内2店舗はラーメン店となっており、本来ならばバラエティ面では良くはないのでしょうが、それだけいまの沖縄では、“ラーメン”が熱いジャンルとなっているのでしょう。いちラーメンファンとしては、もちろん喜ばしいことです。今回紹介する「せたが屋」と、もう一店舗はこれまた内地の有名ラーメン店である、「博多だるま」となっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 4

「せたが屋」のメニューです。
「らーめん(700円)」に「つけ麺(750円)」、それにそれぞれ300円増しで全部のせらしい、“せたが屋”の名前を冠した品目がラインナップに揃っていますね。サイドとして、「黒豚焼餃子(400円)」も用意されているようです。さて今回の注文ですが、初訪問ということもあり、やはり筆頭の「らーめん(700円)」をお願いすることにしました。ところで店員さんの背中にある、「魚」の文字がらしくて良いですね(笑)(「せたが屋」は魚介系のラーメンを提供されています)

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 5

注文した後に気づいたのですが、店頭に貼り出されていた別メニューです。
先ほど確認したシンプルなメニュー構成だと思いきや、意外なほど豊富なラインナップを用意されているようです。全部のせらしい“せたが屋”の品目構成が、事前に画像付きで確認出来るのが助かりますね。また“二郎インスパイア系”らしい、がっつり品目の「魚郎らーめん(900円)」が、とても気になります! その他「豆苗炒め(400円)」などのサイドメニューに、各種トッピング類やアルコールなど、お店の使い方においても飽きさせない品目構成となっていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 6

店頭で掲示されていた「お得意様カード」です。
ラーメン・つけ麺一杯につき1ポイントが付与され、5ポイントごとにトッピング・サイドメニューが無料になるのだそうです。コンプは50ポイントと先は長いのですが、代わりに特典がとても豪華なものとなっていました。なんでもプレミアムグリーンカードが発行され、『せたが屋グッズの進呈・トッピング1品or麺大盛りor替玉が永久に無料・せたが屋イベントへ招待』が行使できるのだそう。せたが屋全直営店で利用出来るとのことですが、沖縄では現在のところこちらの一店舗しかないため、コンプするにはよほどのヘビーユーザーにならないと厳しいですね。しかし業界初の二毛作店「ひるがお」は知っていましたが、意外なほど多店舗展開をされているようです。内地の方でしたら各分店巡りで、変化を付けつつコンプリートを果たされている方もいらっしゃるのでしょう。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 7

注文時に受け取ったベルと、先ほど紹介したカードです。
フードコートではお馴染みのシステムで、注文後はベルが鳴るまで座席で待ち、鳴りましたら店頭まで自分で品目を取りに行く方式となっています。しかし沖縄県内にてカードをコンプされる方はいらっしゃるのでしょうか?(^_^;) もしそのような熱心な「せたが屋」ファンがいましたら、更なる特典を提供されても良いような気がします(笑)

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 8

程なくしてベルが鳴り、受け取った「らーめん」です。
セルフで取りに行く方式上、単品の注文でもトレイは必須ですね。紙コップは、フードコート共通のこれまたセルフでのお冷やとなっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 9

「らーめん」のアップ画像です。
具材の構成としてはたっぷりのねぎにチャーシュー、極太のメンマが3本に海苔、彩りよくなるとが添えられています。鼻腔に届く魚介の良い香りが、これから味わうであろう期待感をそんぶんに煽ってくれました。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 10

「らーめん」の麺ですが、中細のちぢれが入ったもの。くっきりした食感ながらも、もっちり感も含んでおり、味わい深い麺となっていました。その麺に絡むスープですが、魚介の薫りも高い醤油味となっています。基本はあっさり系統のラーメンではありますが、以前頂いた時よりややオイリーに感じました。現在の作りなのか、それとも“あじくーたー”な沖縄向けにチューンされたのかもしれませんね。具材のなかでは特に極太のメンマに存在感があり、麺やスープを口に運ぶ合間に、良いアクセントとなっていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 11

しばらく食べ進めたところで、店頭の調味料類を確認します。
フードコート形式の致し方ない点ですが、座席が他店と共用である以上、調味料類も一箇所設置の共用のものとなっています。餃子も提供されているため、醤油にお酢、ラー油などが用意されていました。しかし「せたが屋」といえば、やはり「刻み玉ネギ」でしょう。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 12

調味料類のそばに掲示されていた、「各種調味料類の使い方」です。
「刻み玉ネギ」は馴染みがあったのですが、初見の「ガツン汁」に「ガツンカレー」なるものも用意されているようです。「ガツン汁」については、『ガツン汁は昆布や煮干、カツオ節からとった濃縮旨みかえしです。らーめんやつけ麺に入れますと魚介風味がプラスされます』とあります。そして「ガツンカレー」ですが、『数種類のスパイスを使用した、せたが屋オリジナル本格カレー!! 魚介スープとガツンと響くカレーの絶妙のハーモニーをご堪能あれ!!』となっていました。前者もそうですが、特に後者の「ガツンカレー」は、「せたが屋」としては、とても思い切った調味料だと感じました(沖縄特別仕様なのかな?)。

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 13

別皿に刻み玉ネギを入れ、量を調整しつつラーメン丼へ投入してみました。
別皿が用意されているのは助かりますね。ラーメン丼ごと店頭へ出向く必要がなくなります。また画像では判りにくいでしょうが、先述の「ガツン汁」も投入しています。「刻み玉ネギ」ですが、軽い辛みと食感が加わり、食べ進めるなかで良い変化付けとなりました。ただ「ガツン汁」もそうですが、スープのオイリーさもあって、大きな味の変化付けとはなりませんでした(これはこれで良い点かも)。刻み玉ネギについては、内地の店舗ではもっとしゃきしゃき食感の粗みじん切りだったような気がします。全体としてはイメージよりボリュームもあり、満足感をもって完食となりました。

濃厚こってりな豚骨が強い沖縄のこと、魚介風味の「せたが屋」が出店されたのはとても嬉しい出来事ですね。また新しい流れが沖縄のラーメン界に生まれて来るかもしれません。さて別紙で用意されたメニューを確認し、意外に豊富なラインナップに気づいたところで、せっかくですので未食の「つけ麺」も試してみることにしました。ということで、次回へと続きます(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 ラーメン せたが屋 らーめん 14

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県覇市松尾2-8-19
電話:不明
営業時間:11:00 - 0:00 (ドン・キホーテ国際通り店7F)
定休日:無休
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1050-93729654










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。