スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SAKURA 「らーめん(4)」

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 1

那覇市牧志の「SAKURA」へ行って来ました(らぁふぇす第2陣:11/12)。
はい、今回記事も実際の訪問時期より、かなり遅れてのアップとなっております。最初に書いてしまいますが、「SAKURA」はこれまで触れていた、『らぁふぇす&ご当地ラーメングランプリ』双方参加店としての来店だったのでした。ところが席上や壁際を見回しても、「ご当地ラーメングランプリ」参加品目である、「ちゅら塩ラーメン」の名前は見えず。お店の方に聞いたところ、当初から提供はされていなかったようですね。まあ久しぶりの「SAKURA」ですし、本来のレギュラー品目をお願いすることにしました。お店には、平日の午後6時半過ぎに入店となっています(少し入り口で並びました)。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 2

店内の前に、「桜坂社交街」のゲート看板です。
いつの間にできたのでしょうか。入り口側には駐車場があったはずですが、こちらもいつの間にか建物が出来ていますね。しかし「桜坂」といえばディープな飲み屋街なのですが、真新しい上に実に味も素っ気もないデザインのゲートとなっています(^_^;) まあその辺りも、らしいといえばらしい作りなのかもしれません。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 3

「SAKURA」のメニューです。
変更されて結構経っているかもしれませんが、こちらも新しくなって初めて見るお品書きとなっています。ただ取扱品目はずっと変わらず、「SAKURA」レギュラーとなる「つけめん」と「らーめん」の二本立てですね。品目の紹介文が記載されていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 4

先ほどのメニュー裏面です(といいますか、こちらが表面になるのでしょう)。
「つけめん」と「らーめん」の各サイズに「トッピング」類、「のみもの」・「おつまみ」・「ソフトドリンク」などとなっています。場所柄やお店の雰囲気的にはアルコールも似合いそうなのですが、おつまみなどは最小限度の構成ですね。むしろ以前あった、チキンやポテトなどが無くなっています。やはり本業はラーメン(つけ麺)店ということなのでしょう。さて今回の注文ですが、初心(?)に戻って「らーめん(並盛)(650円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 5

待っている間に店内の様子を写してみました。
いつからかははっきりしませんが、店内が以前と比べ、ずいぶん明るくすっきりとしましたね。照明を明るくしただけではなく、カウンターも改修されたのでしょうか? 「SAKURA」は特殊な外観も含め、アングラな怪しげな雰囲気(失礼(^_^;))も売りだったかと思いますが、こちらの画像を見ますとちょっとお洒落なカウンターバーといった印象もありますね(お品書きには記載されていませんが、別途カクテルのメニュー表も用意されているようです)。また飲食店全般に言えることですが、店内の照明も美味しさに影響を与えるものだと感じています。雰囲気作りなど、それぞれお店の方向性もあるでしょうが、個人的には、提供品目がはっきり判別出来る程度の照明のなかで頂きたいものですね。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 6

程なくして運ばれた「らーめん」です。
久しぶりの「SAKURA」でのラーメンですが、タイトルにあるとおりブログ記事としては4回目になります。対して双壁品目の「つけめん」の方ですが、過去にはまだ一回しか記事になっていないのですよね。実際にはどちらの品目も(酔った上で)何度も頂いているのですが(^_^;)、自分でも改めて振り返ってみて意外でした。ちなみに直近の訪問で頂いたのは、去年の10月に「つけめんTETSU」とのコラボ麺となる、「SKR 102」となっています(そちらは「SAKURA」の本来のつけ麺にかなり近い仕上がりでした)。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 7

「らーめん」のアップ画像です。
具材はチャーシューに茎わかめ、海苔に玉子となっています。また、中央には魚粉も添えられていますね。玉子は今風(?)な味玉ではなく、シンプルなゆで玉子でした。全体的に濃厚な色合いのなかで、素朴な色味が良いですね。実際に濃い味付けのなかで味が重なることなく、良いアクセントになっていると思います。具材のなかでは姉妹店である「波蔵」でもそうですが、コリコリ食感の茎わかめがスープにマッチしていて、特に好きだったりします(あちらは山くらげですが)。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 8

「らーめん」の麺ですが、中太のほぼストレートのもの。スープの濃厚な味わいに負けない、もちもちとしたしっかり食感の麺となっています。その麺に絡むスープですが、注文時に『味の濃さ・油の量・麺の硬さ』を選択しています。今回はがっつり仕立てとして、『味濃いめ・油多め・麺固め』でお願いをしました。豚骨などの動物系に煮干しの香り高い魚介の風味が加わり、それらと共に店内の独特な雰囲気がスパイスとなり、いかにも「SAKURA」らしい個性を感じさせる一杯となっています。煮干しの風味は後から「煮干し油」で付け加えられたもののようですね。食後に気付いたのですが、今回は味濃いめ・油多めにしたためか、以前は良く利用していた卓上の魚粉は投入しませんでした。個人的にはちょうど程よい濃厚さだったかと思います。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 9

紹介を忘れていました。別皿で用意された「ゴーヤとオニオンスライス」です。
ゴーヤからは苦味、オニオンスライスからはしゃっきりとした清涼感のある食感が、単調にならないアクセントとなっています。ゴーヤは季節を問わず、濃緑色で厚みのある提供のされ方をされていますね。元より丼に添えられていたチャーシューなど各種具材と共に、起伏に富んだ食べ進め方が出来ました。最後はもちろん、スープの一滴も残さずに完食です。

「らぁふぇす第2陣」最終日近くになっての来店でしたが、実はそれまで二度訪れており、二回とも入店することが出来ませんでした。最初は午後八時過ぎ頃だったと思いますが、店外にかなりの行列が出来ていて諦め、二度目はもっと遅い時間ならば……と、夜中といってよい時間に訪問しましたらスープ切れ終了でした(それで改めて開店間もない時間帯に訪問しています(^_^;))。ただでさえ人気店にイベントの威力が加わり、大変賑やかな状況になっていたようですね。久しぶりの「SAKURA」でしたが、満足感たっぷりにお店を後にすることが出来ました。

沖縄 ラーメン 那覇市 SAKURA ラーメン 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-9-27
電話:098-862-9033
営業時間:18:00 - 翌4:00 (日曜日は翌2:00迄)
定休日:月曜日
駐車場:無し

サクラつけ麺 / 牧志駅安里駅美栄橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1048-147ac935










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。