スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

武蔵家 「ちゅら塩ラーメン」

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 1

那覇市金城の「武蔵家」へ行って行きました(らぁふぇす第2陣:8/12)。
本店舗は「ちゅら塩ラーメン」の提供店かつ「らぁふぇす第2陣対象店」になります。熱心なラーメンファン方でしたら周知のことでしょうが、「らぁふぇす第2陣」は10月末日にて既に実施期間終了となっており、当ブログの記事掲載がかなり遅れたのが実情です(遠征や新店舗紹介など、色々と突発記事もずいぶん重なりました(^_^;))。久々の「武蔵家」訪問ということもあり、テンションをあげつつの来店です。お店には、休日の午後4過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 2

「武蔵家」の券売機です。
久々の来店ということもあり、ここはやはり家系である「ラーメン」を頂きたかったところですが、今回の目的は冒頭にも書いてあるとおり、「ちゅら塩ラーメン(750円)」となっています。実はこの日の来店以前にも一度お昼時に訪れているのですが、本品目は15時からの提供となっているようですね。その際は時間帯が合わなかったことに加え混雑していたこともあり、久々の「武蔵家」はまたの機会へと譲ることにしました。それといつからかは判りませんが、ライスの提供仕様が変わっていますね。以前はお店の一角に炊飯器を設置し、セルフで盛り放題となっていました。現在は各金額は変わらず、『大・中・小』の選択制になっているようです。今回は控えめ(笑)に、「小ライス(100円)」をお願いしました。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 3

店内に貼り出されていた「ちゅら塩ラーメン」のお品書きです。
またフェイスブックの“いいね!”ボタン押すことによる、サービスの「コロコロラフテー」についてのお知らせも貼り出されていますね。さて今回の「ちゅら塩ラーメン」ですが、『ご当地ラーメングランプリ2013』の沖縄代表の参加品目となっています。企画の詳細についてはそちらの記事を確認して頂くとして、どうも沖縄県内ではもうひとつ盛り上がっていないような気がします。かくいう自分も企画メイン媒体らしいフェイスブックの仕様が良く判らず、それもあって記事にするのが遅れている部分もあります(^_^;) イベントの開催は2013年11月26日(火)までと、残り少ない期間となっていますが、県内のラーメンファンで興味のある方々は、ぜひ応援して行きましょう!

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 4

店内の一角に用意されている、各種薬味類のスペースです。
以前はこちらに炊飯器も設置されていたのですよね。『一味唐辛子・おろししょうが・粗挽きトウガラシ』などが用意されていました。その他「のりたまふりかけ」や「おしんこ」など、ライス用の添え物が用意されているのは嬉しいところです。また「おろしニンニク」を始めとした基本のラーメン用調味料類は、各卓上に設置されています。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 5

程なくして運ばれた「ちゅら塩ラーメン」です。
今回の沖縄からの参加店のグループ総称として、“琉球麺侍”となっているのですが、こちらは2010年に開催された「東京ラーメンショー」の参加グループ店と同じ名称なのですよね。その際はたしか『我流家・SAKURA・通堂』の3店が遠征をされており、その際に提供された「美ら風」が本品目の原型になっているのではないでしょうか? 塩ラーメンということもあり、いつもの武蔵家とは違った、透きとおったスープのラーメンとなっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 6

「ちゅら塩ラーメン」のアップ画像です。
具材の構成としては軟骨ソーキに味玉、昆布の細切りに葱などとなっています。魚粉もたっぷりと添えられていますね。軟骨ソーキがかなり大きく、また煮卵も丸々一個分が添えられていました。煮卵は特徴的な黄色の色合いとなっていますが、これはウコンで色味を付けているのだそう。本品目のテーマは“ご当地ラーメン”ということもあり、使用されている各種食材は、とても沖縄らしさを感じさせるものとなっています。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 7

「ちゅら塩ラーメン」の麺ですが、中太のややひねりが入ったもの。沖縄参加店の共通レギュレーションになるようですが、使用されている小麦粉は、沖縄製粉の「シルクロード」になるのだそう。各店の加水率の配合などでも変わるかもしれませんが、こちらの麺は柔らかめな食感のなかに、しっかりとした弾力を内包されている作りとなっていました。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 8

先ほどの麺に絡むスープですが、透きとおった色合いのもの。豚骨や鶏がらを用いながらも、とてもあっさりとした仕上がりとなっています。しかしながらスープは熱々かつ油分を含んでおり、じわりと旨みが感じられて来る作りとなっていました。塩ダレには、3種類の塩をブレンドしたものを用いているのだそうです。

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 9

少しばかり強引に作った、「武蔵家ちゅら塩めし」です。
提供時間に合わせやや中途半端な時間帯の来店ということもあり、「小ライス」でお願いをしたのですが、器自体が小ぶりでした。判っていましたら、中サイズの容器で小ライスを頼んでも良かったかも(迷惑かな?(^_^;)) 今回のラーメンはあっさりした塩味のスープということで、本来はライスとの相性はもうひとつのはずですが、大ぶりの軟骨ソーキに加え、ライス用の「のりたま」や「おしんこ」などもあり、美味しく頂くことが出来ました。最後はスープの一滴も残さず完食です。

記事中でも触れましたが、“ご当地ラーメングランプリ”の開催は、2013年11月26日(火)までとなっています。別記事にあるとおり「武蔵家」だけではなく、複数店で提供をされていますので、機会を見つけて来店をされてみてはいかがでしょうか?(ちなみに「SAKURA」では提供をされていませんでした)。個人的には「武蔵家」の次回来店時こそ、ぜひ家系の「ラーメン」を頂きたいと考えております(^_^;)

沖縄 ラーメン 那覇市 武蔵家 ちゅら塩ラーメン 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市金城5-7-12
電話:098-858-1444
営業時間:11:00-22:00
定休日:月曜日
駐車場:有り

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1044-01eac4f5










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。