スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺や 風゜太郎 「粋なみそらーめん」

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 1

本部町瀬底の「麺や 風゜太郎(ぷーたろう、と読みます)」へ行って来ました。
前回記事からの続きとなります。ようやく訪れることが叶った「麺や 風゜太郎」ですが、せっかくの北部遠征ということで、ラーメン一品だけではなく、追加注文することにしました。最初におそらく一番のあっさり系統であろう「中華そば」をお願いし、美味しく完食をさせて頂きました。この日はあいにくの雨空でしたが、北部地区の雰囲気ある古民家にて、のんびりとした気分により浸れたような気がします。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 2

お店の外観も改めて掲載してみます。
建物自体はきちんとリフォームされていると思いますが、地面はアスファルトで舗装をされておらず、周辺が緑で囲まれているあたり、やはり古い民家の雰囲気が漂っていますね。特に内地からの旅行者などにとっては、とても風情を感じるものでしょう。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 3

前回も掲載しましたが、「麺や 風゜太郎」ラーメンのページです。
前回記事では「中華そば」を頂き、追加注文の流れとしては「坦々麺」だろうと考えつつの入店でした。ところが「本部塩らーめん(700円)」と「粋なみそらーめん(800円)」が新しく追加されたようですね(提供を始めてから一年以上経ってはいるようです)。しばし迷ったのですが、ここではやはり新しい品目のなかから、「粋なみそらーめん(800円)」をお願いすることにしました。しかし二つ目のラーメンを注文することを告げますと、女性店主さんが非常に驚いていました。以前は初訪問店では結構当り前にやっていたことですが、やはり普通ではなかったのでしょう(^_^;)

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 4

せっかくですので、他のページも掲載してみます。
“麺や”の冠を付けるラーメン店は多々ありますが、こちらはその名のとおり、和洋中(前回記事で掲載した冒頭ページでは“沖縄”(そば)も)を問わず、各種麺類を実に多岐に渡って取り扱っています。本見開きは『日本そば・うどん』となっていますね。双方とも“かけ”が500円からと、お手頃価格な設定となっています。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 5

『スパゲティー・その他品目』のページです。
「辛子明太子スパゲティー(500円)」はお手頃価格といい、ぜひ実食してみたかったです。さすがに三品目目の注文は控えましたが……(^_^;) その他「飯物」に「しゅうまい(300円)」などの一品料理、また価格は日の仕入れによって変動するのでしょうか、日替わりのお食事メニューなども提供されているようです。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 6

最後の見開きでは『御飲み物・夜の御膳』となっています。
アルコール類はビールに泡盛、日本酒などとなっていますね。「麺や 風゜太郎」はペンションの顔もあるようですので、そのように宿泊する機会がありましたら、ぜひ頂きたいところです(笑) また夜間には予約制となっているようですが、和・洋・中・沖(縄食)のコース料理も予算やお好みに応じて提供をされているようでした。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 7

程なくして運ばれた「粋なみそらーめん」です。
用意された時に説明があったのですが、本来具材の煮玉子を切らしてしまい、代わりにチャーシューを二枚入りにされたとのこと。続けて二つめの煮玉子というのもなんでしたので、自分としては願ったりな変更でした。しかし偶然でしょうが午後の部は自分が最後のお客さんだったでしょうから、イレギュラーで注文した分を除くと、効率の良い準備の仕方をされているのでしょうね(笑)

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 8

「粋なみそらーめん」のアップ画像です。
具材としては先述のとおりにチャーシューが二枚(本来は一枚で代わりに煮玉子が入るよう)に自家製というメンマ、たっぷりのもやしにニラ、ねぎなどとなっています。もやしはひげが取られたもので、丁寧に作られていることが伺えます。またスープ表面には胡麻が浮いていました。基本的に地味な色合いになりがちな“味噌ラーメン”ですが、そのなかでもこちらの品目は、佇まいになかなか雰囲気がありますね。別途用意された小皿には、バター片が添えられています。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 9

「粋なみそらーめん」の麺ですが、中太のややひねりが入ったもの。さきに頂いた「中華そば」と比べて太さが増したこともあって、もっちり感を含んだ食べ応えのある麺となっています。その麺に絡むスープですが、基本は王道の“味噌味”となっていました。そちらに油分を含んだ熱々の作りに、鷹の爪でしょうか、ぴりっとした辛味も加えられていて、ひと工夫をまじえた仕上がりとなっています。メニューの説明書きによると『味噌の産地は内緒ですが、合わせは千葉県産です。こくのあるスープに仕上げ、太麺との相性も粋。あぶり焼豚と焦がし油の香りがこれまた粋。手間隙かけて作った一品をご賞味あれ』なのだそう。中途にはバターを投入し、味の変化も加えています。もやしのしゃっきり食感が心地良く、合わせて麺にスープともども、とても美味しく頂くことが出来ました。本日は二杯目ということもあり、お腹いっぱい満足です。

最初に注文した「中華そば(500円)」が、お値段設定等を含めてインパクトは強かったのですが、ふたつめの「粋なみそらーめん」もたいへん美味しく頂けました。そうそう、本品目が運ばれた時にも写っているサービスの「くず餅」ですが、食後の控えめな甘さのデザートとして、こちらも美味しく頂いています。自分としては遠方の立地ということもあり、次回来店はいつになるか判りませんが、未食のラーメン品目もある以上、また機会を作ってぜひ再訪するようにしたいですね。

沖縄 ラーメン 本部町 麺や 風゜太郎 粋なみそらーめん 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県本部町瀬底45
電話:0980-47-3046
営業時間:12:00-20:00
定休日:木曜日
駐車場:有り

麺や風゜太郎ラーメン / 本部町)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1039-16757445










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。