スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中華料理 龍 「ラーメン」

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 1

北谷町伊平の「中華料理 龍」 へ行って来ました。
今回より全6回の予定で“北谷町ラーメン紀行”をお送りいたします。沖縄県内の(自分にとっての)遠征ですので、「紀行」と名付けるのはちょっと大げさではありますが、まとまったシリーズになりますのでご了承(?)ください。さて今回の遠征なのですが、実は去年も同様なことをやっているのですよね。今年は「らぁふぇす」などのイベントもあって、那覇市内のホテルに宿泊する予定だったのですが、残念ながら満室で予約が取れなかったのでした。北谷町はブログ休止中に、立て続けにラーメン店が新規出店したこともあり、遠征自体は元々考えてはいたのですが、イベントスケジュール的にいよいよ厳しくなってまいりました(^_^;) まあラーメンを頂くのは、のんびり楽しくが一番ですよね。……などといいつつ、実は今回も結構ハードな廻り方をしていたりして。初回の店舗は「中華料理 龍」 で、午後1時頃に入店となりました。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 2

レポートの前に宿泊したホテルからの風景です。
本当はテレビ番組などで演出される“ミニチュア”風な画像を掲載したかったのですが、いつもの手持ちのカメラでは撮影出来ませんでした(他の所持デジカメでは出来たはず)。同様な風景は去年もブログ上で掲載したはずですし、そのままでは面白くないので、絵画風なアートモードでのアップです。週末の宿泊でしたが、街全体が若さ溢れる活気に満ちていて、とても楽しく過ごさせて頂きました。そしてめいっぱいラーメンも食べております(笑)

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 3

「中華料理 龍」 の訪問へ戻りまして、店頭に掲示されていたメニュー表です。
店内でも冊子になった大判のメニュー表が用意されていたのですが、一枚にまとめられて一覧性のあるこちらをまずは掲載させて頂きます。多様な品目が提供されているのは判るでしょうが、全体画像ではさすがに文字は読み取れないでしょうし、それぞれの項目の筆頭品目を書き出してみたいと思います。『飯…「パイコーあんかけご飯(750円)」麺…「タンタンメン(680円)」海鮮…「エビの塩コショウ風揚げ(980円)」肉…「揚げ鶏肉の特製ソースかけ(880円)」前菜…「三種類前菜の盛り合わせ(1280円)」』などとなっていました。通し番号によると、軽く100品目は超える内容になっているようです。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 4

自分も含めて皆さんが気になるであろう(笑)、ラーメン(麺類)の項です。
先述のとおり別途店内の冊子メニューにも掲載されているのですが、そちらでは何故かページをまたいで表記されており、やはり一覧性のある店外の表をアップすることにしました。筆頭は「タンタンメン(680円)」で、中心の価格帯は700円前後となっていますね。オススメマークが付いているのは「パイコーメン(750円)」となっています。ラーメン品目以外にも、“焼きそば”系統のラインナップも豊富に用意されていました。さて今回の注文なのですが、他品目と比べてかなり安価かつ、ある意味来店の目的まんまな、「ラーメン(480円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 5

店内に用意されていた大判のメニュー表です。
先述の前菜や海鮮品目が掲載されていますが、ここで注目したいのは冒頭の「全てのメニューが食べ放題飲み放題プラン(女性2500円・男性2800円)」です。ランチタイムは中華料理店のイメージですが、夜間は(中華)居酒屋的な雰囲気になるようですね。たっぷり3時間適用されるとのことで、メニューを眺めるにつれ、ぜひ試してみたい気分になりました。中華料理はやはり多人数で、わいわい多数の品目をシェアしつつ頂くのが楽しく、美味しい頂き方ですよね。いつかグループでの来店機会があれば、各種のラーメン類を参加者に強制注文させたいものです(笑)

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 7

別紙で用意されたランチメニュー表も掲載してみます。
価格帯としては750円と680円の二種類、定食屋さんとしては標準的になるかもしれませんが、中華料理店としてはお手頃価格になるのではないでしょうか。筆頭に記されているのは「エビチリ(750円)」となっていました。ごはんはおかわり自由ということで、満腹感をもってお店を後にすることが出来そうです。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 8

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
トレイに載せられて運ばれて来て、全体が映るよう引いて撮影しましたので画像ではちょっと判りづらいかもしれませんが、480円という低価格な設定ながら、ラーメン丼は大ぶりでとても迫力のあるものとなっています。こちらはお手頃価格ということもありますし、初訪問の注文品としては、間違いのない一品になりますね(笑)

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 9

「ラーメン」のアップ画像です。
具材は大ぶりのチャーシューが3枚、たっぷりのメンマに青梗菜、ネギなどとなっています。「チャーシューメン(680円)」なる品目も別にちゃんと用意されているのですが、本品目自体がそれに映るくらいに、チャーシューに厚みがありますね。その他の具材も惜しむことのない分量となっていました。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 10

「ラーメン」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。角があるタイプですが、やや柔らかめの茹で加減で、ある意味中華料理店らしい(?)作りとなっています。具材と同様に、分量も多かったです。その麺に絡むスープですが、ごくあっさりとした醤油味のもの。味わい的には麺にスープとも、いわゆる“中華料理店のラーメン”となっていました(こういった表現しか出来ず申し訳ないですが、でもなんとなく伝わるでしょう?(^_^;))。全般的にあっさり系統な味付けながらも、具材のチャーシューや青梗菜はたっぷりと載せられており、食べ応えのあるものとなっています。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 11

やや遅れて運ばれた、「餃子(単品では280円⇒150円)」です。
“お得な餃子セット”ということで、飯類か麺類を注文の方には、単品で280円の餃子が150円のサービス価格で提供されるということで追加でお願いをしてみました。本当は今回の“北谷町ラーメン紀行”では連食になるだろうということで、サイドメニュー類は控えようと思っていたのですよね(^_^;) 貧乏性なものでお得な設定に弱いのです(笑) 頼んだ餃子ですが、焼き目の色合いも良くニンニクの風味も程よく効いており、何より熱々なのが良かったです。熱すぎて口中を火傷しそうな勢いでした。サービス価格設定ながら味わいはとても本格的なものでしたが、餡の量がちょっと少なめだったでしょうか? 最後はラーメン共々、しっかりと完食です。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 12

掲載が前後しましたが、注文を待っている間に店内の様子を撮影してみました。
自分が座ったのは座敷席で、画像左側がテーブル席となっています。座敷席側には他には誰も座っていませんが、テーブル席側はほぼ埋まっていました。背後が入り口で、正面奥側が厨房となっています。夜間は居酒屋的なお店になるようですが、思っていたよりかは店内はコンパクトでしたね。団体客というより、多くても5~6名までのグループ客が対象といったところでしょうか。それと今回の“北谷町ラーメン紀行”全般に言えることですが、土地柄か、外国のお客さんがどちらの店舗でもおおく見受けられました。

本文中でも書きましたが、こちらは夜間の居酒屋タイムに、食べ飲み放題の設定で再訪してみたいですね。中華料理はもちろん、アルコール類もとても豊富で、それぞれ複数人でシェアするのが必須でしょう。メニュー表を眺めるだけでもワクワク感がありましたし、正規のラーメン店(?)ではないかもしれませんが、北谷町にて初っ端から好印象のお店でありました。次回来店の機会がいつになるかは判りませんが、その際はぜひ居酒屋使いでの再訪にしたいものです。

沖縄 ラーメン 北谷町 中華料理龍 ラーメン 13

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県北谷町伊平458-1
電話:098-989-3861
営業時間: 11:00-15:00 18:00-24:00 (土日祝日は通し営業)
定休日:月曜日
駐車場:有り

中華料理 龍中華料理 / 北谷町)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

中々、高評価ですね^^

実は、オープン当日来店しましたが・・店内に入ってもチラ見されただけで

声掛け等もなく 気分があまり良くなかった為 席に着くまえに店を後にしていました(^_^;)

たまたまだったのかな? 近いうちに再訪していみようかな・・・
[ 2013/10/23 22:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>☆hiro☆さん
こんにちはー。
うーん、良く言われることですが、オープン当初の
オペレーションは、どこの店舗でも大体はそう上手く
は行かないものですよね。当日の状況はよく判りませ
んが、気分が乗りましたら再訪もありだと思います!
[ 2013/10/24 00:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1020-87a2ffc8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。