朝ら麺 「食べるらー油そば」

朝ら麺らー油そば1

「朝ら麺」はいわゆる「朝ラーメン(朝ラー)」の業態を取っているお店で、早朝の6時から麺が売り切れる昼過ぎまで営業しているようです。自分がお店の存在自体を知ったのが最近なのですが、本日12月1日より新メニューが販売されると聞き、良い機会だと思い訪れることにしました。

「朝ラーメン」は元々、一部の地方(福島県喜多方市や静岡県藤枝市)であった食の習慣らしく、諸説はあるものの、基本的に早朝から仕事をする人に向けた業態らしいです。ちなみに自分はふだん朝の5時半に起きていまして、その後職場へと向かうのですが、この「朝ら麺」がある那覇市松山は通常の経路ではないのですが、通り道となっています。ですので、今回はまさに「朝ラー」として来店をしたことになります。

お店にはちょうど開店時間に間に合うように出かけたのですが、お店の大まかな場所を間違えて覚えていて、10分程周辺を探すことになりました。なぜか筋道にあると思い込んでいたのですが、通り沿いに堂々とした店構えでありましたね。入店するとお客さんは入っておらず、自分が本日初の来客のようでした。お店を探す際に近くのラーメン店「康竜」のそばを通ったのですが、酔客が何名も店内にいて、延長でお店が開いていました。こういう状況を見るにつけ、「朝ラーメン」が宵っ張りの沖縄県民に定着するかどうかは、微妙ではないかと思ってしまいます(^_^;)

朝ら麺らー油そば2

入口正面に券売機が設置しており、その隣の立て看板には「食べるらー油そば 480円 12月末日迄」と書かれていました。券売機の最上部メニューにはキャンペーンとして、一列全部「らー油そば480円」となっています。その下には「らー油そば 700円」の項目が売り切れ表示になっており、来年からは通常価格として700円で販売することになりそうです。11月中は「艶やか(つけ麺)」が同じように480円で販売されており、今月から700円となっているようです。かなり割安ですし良心的なキャンペーンだとは思うのですが、もっと期間を絞った方がインパクトがあるような気もします。常に月替わりで480円メニューを提供し続けるなら別ですが、価格が戻った際に割高だと受け取られなければ良いのですが……(余計なお世話ですね(^_^;))。

注文はもちろん「食べるらー油そば(480円)」をお願いしました。ちなみに券売機では、スペースの都合上なのか「らー油そば」とシンプルに表記されているのですが、立て看板には「食べるらー油そば」と書かれているので、こちらが正式名称だと思われます。

朝ら麺らー油そば3

程なくして運ばれてきた「食べるらー油そば」です。
いわゆる「あぶらそば」、「汁なしそば」と呼ばれるものですね。なんでも店主は吉祥寺「ぶぶか」で修業をされたようで、カップ麺にもなるような(基準そこ?(^_^;))著名なお店出身ということで、期待も高まります。お店の方が配膳をされる際に、お好みでお酢をかけて下さいと勧めてくれました。一時期、汁なしそばを好んで食べていた時期がありましたので、重い口当たりの油そばにはかかせない調味料だと個人的にも了解しています。

朝ら麺らー油そば4

麺は若干太めで、程よい固さのバランスの良い作りでした。
具材はチャーシューに煮玉子、そして目立つのが大きめに切られたたっぷりのネギと、食べるラー油ですね。フライドガーリックのさくさくとした食感が心地よいです。実は食べるラー油が流行り始めた頃、色々食材を組み合わせて食べてみたのですが、おつまみとしては重く感じ、言われているように嵌るまでには至りませんでした。ですが辛味や油分など、考えてみれば油そばに非常に相性の良い調味料だと思います。さくさくとした食感も、油そばが持つジャンクなイメージにぴったりです。大きめに切られたネギですが、こちらは分量があり過ぎて好き嫌いが分かれるかもしれません。個人的にとても好きな食材ですので、自分はお店の個性も感じられて満足でした。

美味しく頂きましたが、量的には若干物足りなさも感じました。480円でしたら間違いなくお得感もありますが、レギュラー価格になった際にボリュームもそのままですと、割高に感じてしまうかもしれません。個人的にこちら沖縄で、意欲的な業態にチャンレジしているお店だと感じましたので、また機会を見つけて来店しようと思います。

朝ら麺らー油そば5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松山1-9-2
電話:098-861-8204
営業時間:6:00~昼過ぎ売り切れまで
定休日:日曜日、祝日
駐車場:無し

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/102-aa9eaf60