スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麦翔 「とんこつラーメン(2)」

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 1

豊見城市豊見城の「麦翔」へ行って来ました。
今月はラーメン店巡りのスケジュールが色々と立て込んでいるなか(笑)、あえて過去に何度も足を運んでいたこちらのお店へ寄ったのには理由があります。しばらく前から値下げ方向側の価格改定をされており、全体のメニュー構成がどうなっているのか、とても気に掛かっていたのでした。お店の前を通りがかった際にワンコイン500円の看板が掲げられているのを見かけていて、これまでレギュラーラーメンが670円だったことを考えますと、ずいぶんと価格破壊的な設定になりますね(^_^;) お店には、休日の正午前に入店となりました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 2

「麦翔」のメニュー表です。
一覧性のある大判の作りは前回訪れた時(2013年1月)に改定された様子と変わっていませんが、レギュラーラーメンの3品目となる『とんこつ・とんこつしょうゆ・中華そば』が、先に書いたように670円から500円に変更されていました。お店は近隣在住の地元のお客さんが中心だと思いますが、価格が安価になったことにより、より来店頻度が高くなりましたら良いですね。さて今回の注文ですが、ここはやはりレギュラーのメニューから、筆頭の「とんこつラーメン(500円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 3

先ほどのメニューの裏面になります。
こちらには各種セットやサイドメニューなどが記載されていますね。頼んだラーメンが安価な設定ということもあり、なにか追加注文を考えたところ、これまたお手頃価格設定の「ラーメン茶づけ(190円)」なるものが目に止まりました。これは残ったラーメンスープを利用して、お茶漬け風にして頂くというもので、実は前回来店時に注文済みではあるのですが、スープの味わい自体が違うので良しとしましょう(笑) ちなみに前回来店時は「中華そば」を頂いていました。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 4

まだ10月ですが、早くも別紙にて冬季メニューが告知されていました。
「あんかけラーメン(780円)」と「辛ねぎみそラーメン(800円)」が提供され始めたようです。今回もそうですが、なかなか季節限定メニューは注文のタイミングが合わず、これまでも頂いていないのですよね(^_^;) 確か前回は訪問時に注文する気が満々なががらも、予期をせぬサービスデーの割引があり、二度目の「中華そば」を注文したのでした。ですが今季の限定品目ですが、今回のレギュラー品目の価格改定で、どうしても割高に感じてしまう部分もあるかもしれません。もちろん、品目自体が違うものではありますが、特にふだん使いのお客さんにとっては、注文は偏ってしまうかもしれませんね。単品目で用意された右側記載の“チャーハン”も、価格設定で少しばかりアンバランス的に強気に映ってしまうかも。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 5

待っている間にカウンター席上を写してみました。
ちょうど背後が厨房側のカウンター席となっていますが、窓側にも同様なスペースが用意されています。個人的には人目を気にせず落ち着いて頂けるうえ、採光もしっかりと取られた、こちら側の座席を自然に選択してしまいます。自分の場合は撮影をする意識も念頭にあるのでしょうが、本店舗の窓際席は、明るく開放感があって良いですね。卓上の調味料類も、ふいに豊かな気分になれるほどに、ひと通り揃えられているのが嬉しいものでした。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 6

程なくして運ばれた「とんこつラーメン」と「ラーメン茶づけ」です。
ぱっと見たところ、以前頂いた時の「とんこつラーメン」と、そう大きく変わったところはないようでした。具材としては大ぶりのチャーシューにキクラゲ、それにたっぷりの葱に海苔と至ってシンプルな構成です。スープ表面には軽く背脂も浮いているようですね。別途に追加注文をした「ラーメン茶づけ」については190円という価格設定なのですが、単品の価格構成としてはそれぞれ「トッピングのみ(120円)」と「半ライス(70円)」になるのだそう。メニュー表に記載の各単品トッピングのボリュームは不明ですが、こちらの「トッピングのみ」を注文して、ラーメン用のお得な“トッピングセット”として利用しても良いかもしれませんね。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 7

「とんこつラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。以前は頂いた時と食感などの印象は変わっていたのですが(やや柔めになっていた感)、見た目ではきっちり一緒でした。その麺に絡むスープですが、こちらは以前からの豚骨の臭みのない、ごく比較的あっさりとした作りとなっています。豚骨スープといえば、一般的に濃厚かつ臭みのあるイメージが強いものですが、ここ最近になって「あっさり豚骨」は、ちらほら見受けられるようになって来ましたね。具材のチャーシュー、それにスープなどについてはおそらく細かいマイナーチェンジを施しているようですが、全般として印象は以前とは大きく変わっていませんでした。麺をすべて啜り尽くした後、「ラーメン茶づけ」が控えているにも関わらず、とりあえずの「半替え玉(80円)」を注文です(^_^;)

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 8

「半替え玉」を投入後、卓上の各種調味料類を試してみました。
『おろしニンニク・紅ショウガ・豆板醤・胡麻』などとなっています。辛子高菜なども欲しいところですが、そちらは別売のトッピングで用意されていました。いつもでしたら最初の注文時点で「大盛り(80円)」をお願いをしているのですが、今回はワンコイン500円ラーメンの初期状態を確認したかったことから、あえて追加方式の「替え玉」での注文です。ちなみに、どちらの注文時にも麺の茹で加減等は聞かれませんでした(お願いしたら要望を聞いてくれるかも)。運ばれた際は別皿にて、“たれ”も用意してくれていました。この日はいつもの一玉分ではなく半玉分ですので、スープは充分な分量となっています。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 9

更に麺を啜り尽くした後に、満を持して(?)の「ラーメン茶漬け」を盛り付けてみました。
作りとしてはお茶漬けというより、“おじや風”といった方が正しいのでしょうね。先の替え玉を含め、まさにとことんスープを味わいつくす食べ方となりました。ちなみに内容としては、『からし高菜・ワカメ・チャーシュー』となっています。替え玉を投入後に、更に追加具材を加えていることから、さすがにスープは若干冷めてしまっていました(最初に運ばれた時は結構な熱々さがありました)。もっとベースが濃厚な作りのスープでしたら、別途熱めの「割りスープ」などがあったら使い勝手が良さそうです。最後はお茶漬け形式で、ご飯粒の一粒も残さずに完食です。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 10

壁際に掲示されていた「大麦翔(930円)」のメニュー表です。
こちらはいわゆる“全部のせ”いった設定で、来店前には本品目の取り扱いも気になっていたのでした。ベースとなるレギュラーラーメンの額がぐっと下がったのですが、以前の価格設定と変わっていないようですね。「ワンタン」なども入っており、いまでもお得感はありつつも、それでも相対的に割安感が薄まってしまったのは否めないかも……。

ラーメン一杯500円に「半替え玉(80円)」、それに「ラーメン茶漬け(190円)」をすべて合計しても、770円というお値打ち感のある代金となりました。お腹いっぱいな注文が、気軽に出来るのは嬉しいことですね。ところで今回の思い切った価格改定ですが、これまでより、ずっと薄利多売にならないといけなくなるのでしょう。系列店である「麦麦」の閉店の報なども聞こえておりますし、ぜひ本店舗は多くのお客さんで賑わって欲しいものです。

沖縄 ラーメン 豊見城市 麦翔 とんこつラーメン 11

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市字豊見城566-6
電話:098-850-8949
営業時間:11:30-23:00
定休日:水曜日
駐車場:有り

ラーメン麦翔ラーメン / 小禄駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1012-33e51d4a










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。