スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺屋 明(AKI) 「塩らーめん」

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 1

うるま市みどり町の「麺屋 明(AKI)」へ行って来ました。
こちらは2013年8月にオープンされたお店になります。たまたま近隣を通りがかる所用があり、寄ってみることにしました。たまたまの所用と書きましたが、うるま市ではあまり新規のラーメン店情報を聞きませんので、ずっと訪問の機会を伺っていたお店でもあります。店舗は安慶名交差点のすぐ近くの立地となっていますね。お店には、平日の午前11時半過ぎ頃に入店となりました。ちなみに開店時間はやや早めの、午前11時からとなっています。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 2

「麺屋 明(AKI)」の券売機です。
入り口からすぐに設置されていました。取り扱い品目はなかなか豊富なようですが、画像は付いていませんので、初来店ではちょっと迷ってしまいそうです。ただ後述しますが、卓上にはしっかりとメニューが用意されていますので、二度目以降の訪問では、吟味した上での注文をすることが出来そうです。券売機のボタン配置でちょっと面白いのが、最上部には『醤油・塩・とんこつ』の一般的なラーメンを据えつつ、中央部分に大きめの目立つ形で「つけめん」や「辛味噌らーめん」を用意している点です。強調具合からお店にとって、お勧めな品目なのかもしれませんね。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 3

入り口側から視点を左側に移した、店内の様子です。
新店ということもあり、店内はとても清潔感がありました。居抜き物件ではなく、新築の店舗なのでしょうか? 店舗自体はこぢんまりとした広さなのですが、テーブル席を詰め込むこともなく、ゆったりとしたスペースを確保されています。画像では見えませんが、右手側がカウンター席と厨房側になっています。さて今回の注文なのですが、画像右に写っている平日限定の“週替わりランチサービス”をお願いすることにしました。これはレギュラーラーメン600円設定の『しお・しょうゆ・とんこつ』を、ワンコイン500円で提供されるというものです。本サービスについては、9月後半の前週から実施されているようですね。初訪問かつせっかくのお得なサービスということで、今回は「塩らーめん(本来は600円)」を注文することにしました。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 4

「麺屋 明(AKI)」のメニュー表です。
券売機を設置されながら、しっかりと卓上にもメニュー表を用意されているのは嬉しいですね。画像付きで上手く一枚にまとめられており、とても見やすく提供品目の把握が出来る作りとなっています。待っている間に、次回来店の妄想(?)も膨らむというものです(笑) 筆頭には、券売機でも目立つ配置となっていた「特製つけめん(880円)」が掲載されており、これはいわゆる“全部のせ”仕様らしく、盛りだくさんかつ美味しそうに映っています。その他のラーメン類も美味しそうで、個人的には「醤油らーめん」がとても気になります(実は日替わりワンコインの提供は事前に知っていて、醤油が該当していないか密かに期待していたのでした(^_^;))。その他最下部の炒飯や餃子、追加トッピング類なども食欲をそそられる記載となっていました。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 5

メニュー裏面に記された、各ラーメン類の説明書きです。
ごく簡単な提供品目の紹介ですが、無駄なくこういったアピールをされることも大事なのだろうと思います。先ほども書きましたが、券売機を設置していたとしても、お客さんに店舗情報をアピールされていることは個人的にも興味深く嬉しいことですね。待っている間にスマホをいじらせることなく(笑)、次回来店に繋がるような応対ではないでしょうか。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 6

程なくして運ばれた「塩らーめん」です。
ライスも置かれていますが、これは追加注文したものではなく、ランチタイム(11:00~14:00)のサービスで頂けたものです。店内にそのような告知ポスターが貼られており、ワンコインラーメンを注文したこともありダメ元で訊ねたところ、店員さんからは快く適用可との返答を貰いました。この構成で500円ですので、とても太っ腹なサービスですね。シンプルな塩味は、他の品目と比べライスとの相性はもうひとつと思うのですが、意地汚い自分としては遠慮無く頼んでしまいました。実は来店したこの日は10月1日となっていて、「天下一品」に続けて来店予定があり、ラーメン単品目で抑えようと考えていたのですが……(ホント意地汚くも、有り難いことでした(^_^;))。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 7

「塩らーめん」のラーメン丼上のアップ画像です。
この具材の“盛りだくさん感”が嬉しいですね(笑) 内容としてはチャーシューに半玉、水菜にコーンに葱となっています。スープは淡い色合いの塩味なのですが、豊富な具材類もあって、器上の彩りがとても綺麗でした。野菜というか、水菜はいま仕入れ値段が高くなっているのですよね。スーパーなどに寄って商品の陳列棚を眺めてみますと、ついラーメン店さんのご心労具合を勝手に心配してしまっています(^_^;)

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 8

「塩らーめん」の麺ですが、中太の角があるタイプのもの。程よい茹で加減でもっちり食感で存在感のある麺となっていました。その麺に絡むスープですが、白湯風のくっきり塩梅が感じられる味わいとなっています。この日はサービスライスも一緒に頼んでいましたので、ちょうど良いバランスで食べ進めることが出来ました。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 9

半玉があったことから、当ブログ恒例(?)の「明(AKI)めし」を作ってみました。
単にラーメンの具材をライス側に移しただけですが、これだけでも更にもう一品サイドを追加注文した気分になれます(単純ですが笑)。先述したように今回は塩ラーメンということで、本来はライスとの相性はもうひとつなはずですが、塩味もしっかりとした作りとあって、最後はスープの一滴も残さず、美味しく頂くことが出来ました。

こちら「麺屋 明(AKI)」ですが、熱心なラーメンファンから見ましたら、一般向けとマニア(?)向けの中間的な位置付けになるのかもしれません。個人的には自分自身がそういった位置の人ですので(笑)、とても好印象なお店でありました。安慶名十字路の近くという好立地ではありますが、本通りはランチタイムの飲食店はとても賑わっているものの、ちょっと外れるとそうでもなくなるのですよね。駐車場もお店横に広く完備されていますし、今回のようなお得なランチサービスもされていますので、地元の方に広く知られて訪れて欲しいお店であります。自分はなかなか訪問しにくい立地なのですが、また機会がありましたら、ぜひ他品目も試してみたいと考えています。

沖縄 ラーメン うるま市 麺屋 明(AKI) 塩らーめん 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市みどり町4-20-18
電話:098-989-6757
営業時間:11:00-14:00 17:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

つけ麺 / うるま市)

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1008-e57a5ad9










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。