スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

赤崎レストラン 「五目タンメン」

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 1

うるま市石川赤崎の「赤崎レストラン」へ行って来ました。
店名からも察することが出来るとおり、今回もラーメン専門店ではありません(^_^;) お昼時に近隣にて所用があり、どこかでラーメンを頂きたいと考えていたところ、こちらの建物が目に入ったのでした。ラーメン専門店としては近くに「赤道ラーメン」や「鶴味家」がありますが、既に足を運んでいることがあるため、大きく“中華”の看板を掲げるこちらのお店でしたら、お初のラーメン品目にありつけるだろうと目論んでの訪問です(実際は“和・洋・中華”の表記)。「赤崎レストラン」には、平日の午後1時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 2

赤崎レストランの店内の様子です。
この日はお昼時の来店となりましたが、ランチタイムはバイキングをメインに提供されているようですね。バイキングのなかに「ラーメン」はあるだろうかと確認してみましたが、さすがに用意されていませんでした(笑) この時間帯でバイキング以外に、単品目での提供も行っているか聞いてみたところ、大丈夫ですとの返答がありましたので、メニュー表を見せて貰うことにしました。まだ午後1時過ぎではありましたが、近隣のランチに訪れるお客さんは既に帰った後のようで、のんびりと過ごさせて貰うことにしました。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 3

店頭にも特に掲示がなかったのですが、バイキングは780円で提供をされているようです。
平日のみの実施で、時間帯は午前11時半から午後2時までとなっています。このことから、近隣のお仕事をされている方を顧客対象にしていることが伺えます。お店は古くから営業をされているレストランのようで、ランチバイキングの取り扱い品目としては、チャーハンに海老チリや揚げ物、スープにデザートやフリードリンクなどが用意されていました。この内容ですと、お手頃価格でお腹いっぱい頂くことが出来そうですね。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 4

「赤崎レストラン」のメニューです。
表面は中華メニューが中心になっていました。1500円程度の定食類から、各種コースなどが記されています。“街の定食屋さん”などと比較しますと、やや高めの価格設定でしょうか。さて目的としていたラーメン品目ですが、少しばかり残念なことに「五目タンメン(785円)」一種類のみとなっています。選択の余地はありませんが、自信の一杯とされているかもしれません。じっくりメニュー表を眺めて迷ったふりをしつつ(笑)、当品目をお願いすることにしました。まあでも価格帯が同一であることから、実際にちょっとランチバンキングと迷ったりもしました(^_^;)

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 5

先ほどのメニュー裏面です。
中華メニューから一転、こちら側は和食と洋食が中心となっています。「お子様ランチ(630円)」を除くと、最安価のメニューは「カツ丼」など、680円の価格設定となっていました。和食の「松定食(3150円)」など、どのような内容なのか、実際に見てみたいものです。表では画像掲載などがないため、ちょっと頼むには勇気が入りますね(^_^;) 県内の古い営業形態のレストランにはままあるのですが、高価格帯の品目と比較的お手頃価格の丼ものなどが混在しています。現在のチェーン店などでしたら、ターゲットとする客層に合わせて、大体の価格帯が固まるものでしょうが、こちらは“和洋中”の多様さも含めて、バラエティ豊かなラインナップとなっています。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 6

待っている間に店内の様子を写してみました。
中央はバイキングのテーブルが設置されたフロアとなっていますが、サイドには広めの畳敷きの座敷席が用意されています。ランチバイキングのスペースは、夜の部はテーブル席が設置されるのかな? このどこか牧歌的な様子も、古き良き(?)“沖縄のレストラン”の風情を感じさせますね(笑) 少し遅めのランチということもあって、店内にはのんびりとした空気が流れていました。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 7

程なくして運ばれた「五目タンメン」です。
表記は“タンメン”ですが、塩ダレのそれではなく、醤油味のどちらかというと“五目ラーメン”として認識されている作りのようですね。具材がたっぷりと入っていて、単品でも充分に満足感が得られそうな内容となっています。ちなみに五目ラーメンの五目は、5種類の具材を指すのではなく、「種々のものが入りまじっている」ことを意味しています。別途用意されたかごの中のオリジナル割り箸が、ちょっとした高級感を演出していますね(笑)

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 8

「五目タンメン」の麺ですが、黄色みがかった中細のストレートのもの。ややどっしりとした口当たりで、個人的に結構好きなタイプの麺です(もう少しコシがあれば完璧かな?)。その麺に絡むスープですが、先述したとおり中華らしい醤油味となっています。強いとろみは加えられていませんが、薄く粘度が感じられる作りとなっていました。適度な柔さを含んだ麺に、とても相性が良い塩梅のスープとなっています。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 9

具材としては、海老に人参に白菜とウズラの卵、豚肉にイカに椎茸と袋ダケ、木耳に筍などとなっています。ウズラの卵が3個(4個だったかも)も入っているのは珍しいかもしれません。また椎茸がとても旨味をたっぷりに含んでいました。嫌いな食材として名前が挙がることも多い椎茸ですが(最近も某お太りになられる売れっ子タレントさんが、テレビ番組にてとても忌み嫌っていました(^_^;))、個人的には好物の部類に入っております(笑) 五目ラーメンは、この“盛りだくさん感”が、とても幸せな気分にさせてくれますね。たっぷりの具材と麺を交互に口にしつつ、美味しく完食となりました。

こちら「赤崎レストラン」ですが、先述したとおり、とても歴史を感じさせる風情ある店舗となっています。おそらく地元の方にとっては、あって当たり前ながらも、なくては欠かせないお店になるのでしょうね。ラーメン店的品目が一種類のため、そちら目的の来店機会はなかなか作れそうにないですが、次回の訪問がありましたら、今度はランチバイキングをぜひ頂きたいと考えています。

沖縄 ラーメン うるま市石川 赤崎レストラン 五目タンメン 10

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市石川赤崎1-2-5
電話:098-964-3132
営業時間:11:30-14:00 17:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

赤崎レストラン 洋食 / うるま市)

昼総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motekingsaga.blog61.fc2.com/tb.php/1003-a588f1c6










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。