スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琉球拉麺 teianda 「鶏白湯海老拉麺」

1沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

2015年7月13日(月)にオープンしたらしい、浦添市港川の「琉球拉麺 teianda」へ行って来ました。
ラーメンブログを運営していたりしますが、自分はあまり熱心に新店の情報収集をする方ではありません。それでも自然と新店情報は耳に入ってくるものですが、こちらは結構期間が経ってから出店を知ることとなりました(「てだこラーメン」さんの投稿により)。実際に訪れて判ったのですが、どう考えても口コミでしか伝わらないような立地ですね(^_^;) 建物は外人住宅を利用したものらしくお洒落な雰囲気で、同様にカフェを営業しているお店も周辺にあるようなのですが、こちらまで訪れることの出来るお客さん層は、とても感度の高い方なのでしょう(笑) お店には、平日お昼時の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

「琉球拉麺 teianda」の店内の様子です。
お店は内外装とも白を基調としていて、この日は天気が良かったこともあるのですが、広く取られた窓からとても明るく外光が入っていました。また座席はその窓側に向けたカウンター席をメインとしており、全体的に開放感のある作りとなっています。

3沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

自分が座った背後(入り口側からは正面)にはテーブル席も用意されています。テーブルの土台は古いミシン機を再利用したもののようで、この辺りにもお洒落感がありますね(笑) フロアは女性の店員さんお一人で対応されており、厨房の様子までは伺えなかったのですが、気配からどうも女性の方だけで営業をされているように感じました。全体的に女性の方が気軽に入りやすいお店の作りになっているかもしれません。

4沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

カウンター席上の様子です。
お冷やはカウンター席上の一角に涼やかなガラスの容器が設置されており、セルフでいれるようになっています。たまたま角の方に座りましたので、そのまま手をのばして用意しました。手前のお品書きは三冊に分かれています。

5沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

「琉球拉麺 teianda」のお品書きです。
ラーメンメニューがなぜかふたつに分かれていました。五品目ほどなので、せっかくなのですべて書き出してみます。上段の品目はすべて750円で『鶏塩拉麺・辛味噌もやし拉麺・魚介醤油ラフテー拉麺』となっており、下段の品目は800円で『鶏白湯海老拉麺・海老つけ麺』となっています。すべての品目にアレルギーの表示がされていますね。さて今回の注文は迷ったのですが、鶏・海老出汁に力を入れているようでしたので、良いとこ取りに映った「鶏白湯海老拉麺(800円)」をお願いすることにしました。ちなみに「スープの味が変わってしまうので、替え玉はやっておりません」とのこと。またプラス440円で「サラダ・ドリンク・白米」のセットが用意されているようでした。

6沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

別冊で用意された、「琉球拉麺 teianda」のカレー品目のお品書きです。
『スパイシーチキンカレー・キーマカレー』共に単品では840円となっています。またラーメン側のセットと同じく、440円増しでセットにすることもなよう可能です。ラーメン側のセットと違い、白米は付いてきません(それはそうだ笑)。サラダは「県産野菜の自家製人参ドレッシングのサラダ」に、「桃ラッシー」を始めとしたドリンクが付くようです。店名には「琉球拉麺」を冠しているものの、カレー品目にも力を入れているようでした。

7沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

単品のドリンク類を中心としたサイド品目です。
先ほどのソフトドリンク以外にも、「オリオンビール中ビン(620円)」なども提供されているようでした。セットの「県産野菜のサラダ」は単品で450円、その他「自家製わらび餅(400円)」なども用意されていますね。アルコールの提供がありながらも、やはり女性向けの部分も意識しているのでしょう。

8沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

程なくして運ばれた「鶏白湯海老拉麺」です。
これは佇まいになかなか雰囲気がありますね。事前に提供されている品目のビジュアル情報などは得ていませんでしたので、運ばれて来るまでワクワク感がありました。さすがに店舗情報を知らなければお店にまで行きつけませんが、個人的には最初のインパクトを得たいがため、出来るだけ提供内容は知らない方が良いようです(笑)

9沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

「鶏白湯海老拉麺」のアップ画像です。
やや持ち上げられた麺の上にはバラ肉のチャーシューが三枚に白髪ネギ、それと奥側にあるため見えにくいですがレモンスライスが2枚、左側のチップ状のものは揚げネギだったかな? そして彩り良く糸唐辛子が散らされています。レモンスライスもなかなかですが、インパクトがあったのは左側のずいぶんと長い一本のお箸……もといグリッシーニ(イタリアのパン)なのだそう。見た目に印象的でしたが、それ以上に運ばれた時から濃厚な海老の香りが凄かったです(^_^;)

10沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

「鶏白湯海老拉麺」の自家製という麺ですが、太めのちぢれが入ったもの。角があるタイプでもっちりと弾力感があり、とても特徴的ながらも美味しい麺でした。書くのが遅れましたがこちら「琉球拉麺 teianda」ですが、なんでも新都心にある沖縄そば店である「麺処てぃあんだー」の姉妹店なのだそう。麺は共通なもののようですね。提供5品目のうち、麺の使い分けはしているのでしょうか? 「つけ麺」に使われていても違和感のない、どっしりと食べ応えのある麺でした。その麺に絡む熱々のスープですが、海老の香りと味わいがとても濃厚なもの。ベースは鶏白湯なのらしいですが、むせかえるような海老の風味が鮮烈でした。特に最初にガツン香りが立ちますので、もしかしたら好みが分かれる人もいるかも。当然ながら自分はとても美味しく頂いています(笑) チャーシューはとても柔らかく、濃厚スープと共にライスにとても合いそうでした。単調になりそうなところを、レモンの爽やかな酸味がお口に直しになりました。そうそう、具材の中で異彩を放つグリッシーニですが、ついスナック感覚でポリポリと食べてしまいましたが、本来はパンなので折って食べるのが正式なのだそう。スープに浸したりなどして、こちらも変化を付けつつ頂きました。最後はもちろん、スープの一滴も残さず完食です。

さてこちら「琉球拉麺 teianda」ですが、提供品目が特徴的でお店の雰囲気も良く、個人的に気に入りました。お店の名刺には営業時間は「午前11時~」としか書かれていませんが、自分が店員さんに聞いた限りでは午後3時半がラストオーダーになるのだそう。少なくとも現時点では夜間営業をしていないようで、遠方のラーメンファンにはちょっとハードルが高いかも。少し期間は空くかもしれませんが、次回訪問も楽しみなお店です。

11沖縄 ラーメン 浦添市 琉球拉麺 teianda 鶏白湯海老拉麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市港川2-10-8 #58
電話:098-876-5628
営業時間:11:00~
定休日:月曜日
駐車場:有り

テイアンダラーメン / 古島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。