スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

焼肉屋 壱気 「壱気の冷麺」

沖縄 ラーメン 壱気 冷麺 1

浦添市内間の「焼肉屋 壱気」へ行って来ました。
今回は番外編といったところですね。これまでも焼き肉店へ伺うたびに、ブログ記事をアップして来ましたが、なかなかストレートにラーメンを取り扱うお店は少なかったりします。大抵のお店では、冷麺は提供をされているのですが……。自分は定期的に肉食になりますので(笑)、これまで当ブログで取り上げていず、ラーメンを提供されている焼き肉店がありましたらぜひ教えてください。お店には、週末の正午頃に入店となりました。

沖縄 ラーメン 壱気 冷麺 2

「焼肉屋 壱気」のメニューです。
こちらは「食べ放題」と「単品」の二種類のお品書きが用意されていました。今回は当初から「食べ放題」を予定しての来店ですので、掲載画像もそちらを載せています。ちなみに「単品メニュー」は、かなり品揃えが豊富に掲載されていました。それとランチタイムの各種セット類ですが、800円程度からカレーやスープ、ライスなどがお代り自由となっていましたので、がっつりいける方にはそちらがお得感があるかもしれません。さて今回の注文なのですが、「食べ放題(1980円)」をお願いした後に、単品での「壱気の冷麺(580円)」を追加注文しています。「冷麺」は残念ながら、食べ放題メニューに含まれていませんでした(^_^;)

沖縄 ラーメン 壱気 冷麺 3

「焼肉屋 壱気」の店内の様子です。
座った場所から見える範囲は、すべて木製のテーブル席となっていました。位置は確認出来ませんでしたが、奥側にはかなり広めの座敷席も用意されているようです。週末のちょうどお昼時分でしたが、お客さんはちょっとまばらだったでしょうか? こちらは特に夜間が賑わっているのかもしれませんね(ランチ・ディナータイムとも「食べ放題」の金額は変わらないとのことです)。

沖縄 ラーメン 壱気 冷麺 4

「冷麺」の前に、がっつり焼き肉を頂いているところです。
最初にある程度の用意されたセットを食べた後で(ウィンナーも入っていました)、個別に注文する形になります。メインの牛肉や豚肉以外に、鶏肉やホルモンの項も種類が揃っているのですが、後者はほとんど遠慮しつつ、今回はひたすらメインの方を焼き続けてていました(笑) ロースやカルビはもちろん頂きましたが、焼き肉では実は豚肉の方が好きかも。食べ飽きず、分量がいけるのですよね。勢いでごはんを大サイズで頼みましたら、本当に多くてちょっと後悔です(^_^;)

沖縄 ラーメン 壱気 冷麺 5

「壱気の冷麺」の麺ですが、中細のストレートのもの。表面が滑らかで透明度の高い、綺麗な麺となっていました。その麺に絡む冷製のスープですが、酸味と共に、甘みも感じられるものとなっています。具材としては、鶏肉(だったかな?)にキムチ、トマトにキュウリに半玉となっていました。一番上には白髪ネギが載せられていますね。綺麗な盛り付けとなっていました。……実は比較的序盤に「冷麺」は注文したのですが、やはり手間が掛かるのかなかなか運ばれて来ず、結構お腹が膨れた段階で頂くこととなりました(^_^;) がっつりと焼き肉までは良かったのですが、ごはんを大サイズでお願いしたのが地味に効いたようです。残してしまうのは避けたく、なんとか頑張って具材と麺を食べ尽くしました。最後に残った牛と豚肉を焼いて、全ての品を完食です。

焼き肉の食べ放題は、食べ終わった直後は「しばらくはいいや」となるのですが、すぐにまた「ああいう食べ方をしたら良かった」と考えたりするのですよね(^_^;) 今回はなぜ、わざわざ追加で冷麺単品を注文したのか、ちょっと後悔です(きっとここで記事にしたかったのでしょう(笑))。次回来店の機会があるとしたら、ランチタイムのセットものですね。カレーが食べ放題に含まれていなかったことから、今となってはそちらも少しばかり気になっております(^_^;)

沖縄 ラーメン 壱気 冷麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市内間4-2-1 コンフォート内間1F
電話:050-5829-2853
営業時間:11:00-16:00,16:00-1:00
定休日:無休
駐車場:有り

焼肉屋 壱気 内間店焼肉 / 古島駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

だいじろう SELECTION 「みそらーめん」

沖縄 ラーメン だいじろうセレクション みそらーめん 1

宜野湾市大山の「だいじろう SELECTION」へ行って来ました。
こちらは久しぶりの来店になりますね。去年の10月オープンのお店ですが、開店当初と一ヶ月後に一度ずつ訪れ、今回で3回目の訪問になります。近隣で(ラーメン店ではない)食事をしようと出かけてみたのですが、台風は去ってはいたものの、どこも閉まっていたのでした。準備が出来ていないお店も多かったとは思いますが、単純に停電で開店のしようがない店舗がほとんどだったかもしれません。幸いにもこちらの自宅が停電するようことはありませんでしたが、広域に渡って被害があったようですね。今年は本当に台風の当たり年でありました。週末予定のイベントも潰れまくっていますし、もう来ないことを祈ります。お店には、午後7時に入店となりました。

沖縄 ラーメン だいじろうセレクション みそらーめん 2

「だいじろう SELECTION」のメニューです。
こちらは券売機方式なのですが、卓上にもしっかりとメニュー表が用意されています。注文した後にもゆっくりと内容を知ることが出来て嬉しいのですが、オープン当初から提供品目に変わりはないようですね。それだけ、しっかりと準備をされて開店されたということなのでしょう。しかし、古びてぼろぼろになった部分はちょっと気になります。こちらのお店に限ったことではないのですが、機会を見つけて、定期的に新調をされた方がやはり印象は良いですよね。さて注文の方ですが、過去に「鶏塩めん」と「つけめ麺」を頂いていることから、今回は「みそらーめん(700円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン だいじろうセレクション みそらーめん 3

壁際に貼られていたメイン品目のポスターです。
こちらは那覇市松尾の「ちゃー盛りらぁめん だいじろう」から派生したお店ですので、本来のメイン品目は「濃厚醤油」にあたると思うのですが、どうもそちらの注文の方は後回しになっていますね(^_^;) あえて食べ比べしようという気には余りなりませんし、「だいじろう SELECTION」ならではの品目を優先して頂くことにしているようです。最近になって塩ラーメン専門店などもオープンしていますが、「鶏塩めん」は美味しかったですね。

沖縄 ラーメン だいじろうセレクション みそらーめん 4

程なくして運ばれた「みそらーめん」です。
サイズは「中(700円)」と「大(800円)」の二つがあるのですが、今回は前者を注文しています。代わりといっては何ですが、「小ライス(100円)」も追加注文しました。具材はさすがに豊富で、チャーシューにもやしにキャベツ、挽き肉に穂先メンマ、一番上には彩り良くカイワレが載せられています。穂先メンマは、最近は色々なお店で見かけるようになりましたね。

沖縄 ラーメン だいじろうセレクション みそらーめん 5

「みそらーめん」の麺ですが、やや太めの角があるタイプのものとなっています。食感はかためですね。こちらの「濃厚醤油」は未食なのですが、「だいじろう」で使われている極太麺を細くしたような印象のものでした。その麺に絡むスープですが、確かに味噌味が加わっていますが、かなり獣臭が強いものとなっています(^_^;) 「濃厚醤油」のスープをベースにしているのでしょうか、味噌の風合いも本来は強いはずですが、すっかり動物系の味で支配されていました。これはこれで癖になりそうな味わいではありますが、一般のお客さんが通常の味噌ラーメンのイメージで初めて口にしますと、麺やスープが特別過ぎてちょっとびっくりするのかも(^_^;) 卓上には用意されていませんでしたが、お店の方に声をかけておろしニンニクを頂きました。小皿に結構な分量で用意されましたが、すべて投入しました。うん、ここまで濃厚で癖のあるスープですと、ニンニクが良く似合いますね。最初から卓上に用意されていないのが不思議でした。もやしなどのたっぷり野菜類もがっつり感に華を添えていますし、とても食べ応えのある一杯でした。

今回は癖のある仕上がりのものでしたが、それだけ中毒性もありそうなラーメンでした。ニンニクは必須な一杯です(笑) ずいぶんと久しぶりの来店になりましたが、まだ未食の品目が残っていますね。「まぜそば」は標準でライスが付いており、食べ方などでちょっと変わった仕様のもののようでした。味や冷やしなど、バリエーションも多そうです。ここまで来ましたら「濃厚醤油」は最後に頂くことにしようかな?(^_^;) 次回来店がいつになるか判りませんが、今回ほど間が空かないようにしたいと思います(普通に「限定麺 Dream Tour 2012」で10月中に来店しますね)。

沖縄 ラーメン だいじろうセレクション みそらーめん 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市大山6-46-5
電話:098-943-5290
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

麺や偶 もとなり 「もとなりラーメン(3)」

沖縄 ラーメン もとなり もとなりラーメン 1

那覇市銘苅の「麺や偶 もとなり」へ行って来ました。
こちらも「順番で限定でvol.2」イベント以来の来店になりますね。最初に書いておきますと、実は「昇家」の「海老とんこつラーメン」を二日続けて頂くつもりで、開店時間に合わせて来訪したのですが、残念ながらスープ調整のためお店は30分遅れになるとのこと。ゆっくり出来る時間がなかったため、「麺や偶 もとなり」へ向かったのでした。こう書いてしまうと、しょうがなくの選択に映ってしまうかもしれませんが、目的の半分は「トッピング無料パス」(後述します)を頂くこともあったのでした。「海老とんこつラーメン」を麺の太さなどを変えて、再食をしたかったのは確かなのですけどね(^_^;) お店には、週末の午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン もとなり もとなりラーメン 2

「麺や偶 もとなり」のメニューです。
前回訪れた際は続けての限定麺(「バランスの破壊」)でしたので、久しぶりのレギュラーラーメンを頂くことになりますね。今回は初心にかえって(?)、「もとなりラーメン(600円)」を注文することにしました。開店早々の来店ということで、一緒にランチタイムセットもお願いです。前回も注文した覚えがあるのですが、美味しくかつ手早く頂ける「Cセット(100円)」を選択することにしました。こちらのランチセットは中休みもなく、午後4時半という幅広さが良いですよね。

沖縄 ラーメン もとなり もとなりラーメン 3

待っている間にカウンターの様子を写してみました。
今回来店の目的の半分を占めていたのが、掲示されている「トッピング無料パス」を頂くことでした。前回記事でも触れた、10月1日から開始される「限定麺 Dream Tour 2012」参加12店舗にて利用出来るトッピング無料パスとなっています。イベント自体は1ヶ月で終了するのですが、パスの有効期限は年末までの3ヶ月間となっていました。イベントでは出来れば全店を廻りたいですし、それ以外のレギュラーラーメンを頂くこともあるでしょうね。利用機会は多そうです。ちなみに配布は一日に先着20名ということで、おそらく30日までには終了となるのではないでしょうか。ゲット出来てほっとしたところです(笑) ところで「武蔵家」でも見かけた“らぁめんだもの”の額がこちらにも(ちょっと文面が異なります)。なにかスミマセン(^_^;)

沖縄 ラーメン もとなり もとなりラーメン 4

程なくして運ばれた「もとなりラーメン」です。
「もとなりラーメン」の具材ですが、お馴染みブロック状のチャーシューにキクラゲ、ネギとなっています。チャーシューは丸型のものと変更出来るらしいのですが、どうも角煮のものが「もとなり」のイメージになっていて、お願いしてみたことが無いですね。次回の機会があれば忘れずに試してみましょう。そうそう、以前は普通の青ネギだったの思うのですが、そちらは九条ネギに変更されていたようでした。「Cセット」のチャーシュー丼は、小品ながら炙ったようなチャーシューが香ばしく、またタレの旨味も程よくご飯に廻った一品です。

沖縄 ラーメン もとなり もとなりラーメン 5

「もとなりラーメン」の麺ですが、お馴染みの細めのストレートのもの。麺の茹で加減を先にお願い出来るのですが、今回もお店お勧めの「カタ」で注文をしました。『ハリガネ・ばりカタ・カタ・普通・ヤワ・ばりヤワ』から選択できるのですが、一番かためで10秒ほど、ばりヤワでも1分半程度で出来上がるようです。こちらの細麺も程よい硬さが、喉ごしの良いものとなってなっていました。その麺に絡むスープですが、軽く粘度のある濃厚な豚骨となっています。もとなりではさらに濃い味の「濃厚もとなり(700円)」も用意されており、そちらは麺も中太で、仕様がはっきりと異なるものですね。卓上には紅ショウガや辛子高菜などが置かれていますが、今回は特に必要を感じず、利用せずに麺を食べ尽くしました。ランチの「Aセット」は半替玉とライスとなっていますが、そちらでは段階を分けて、味の変化付けをして楽しむことも出来そうですね。今回セットのチャーシュー丼ともども、最後はスープの一滴も残さずに完食です。

こちらは安定感がありますし、価格設定からしてもお値打ち感のあるラーメンを提供されていると思います。定期的に訪れたいラーメン店のひとつになりますね。しっかり「トッピング無料パス」も手に入れることが出来ましたし、満足してお店を後にしました(笑) 次回来店は10月のイベント期間になるでしょうか。「順番で限定でvol.2」でも意欲的な限定麺を提供されていましたので、今回もどのような一品を作り上げてくれるか、たいへん楽しみにしています。

沖縄 ラーメン もとなり もとなりラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市銘苅180-1
電話:098-862-0401
営業時間:11:00 - 24:00
定休日:無休
駐車場:有り

昇家 「海老とんこつラーメン」

沖縄 ラーメン 昇家 海老とんこつラーメン 1

浦添市仲間の「昇家」へ行って来ました。
こちらは先月末に「順番で限定でvol.2」イベントで来店をしていますので、約1ヶ月ぶりの訪問となりました。この度「昇家」は開業から四周年を迎えるということで、記念の限定麺を提供されるとのことです。期間は9月27日(木)と28日(金)の二日間と短めですので、寄ることが出来ずに残念に思うファンもいらっしゃるかもしれませんね。時折「昇家」で提供される限定麺は評判が良いようで、今回も楽しみにしつつの訪問となりました。お店には、午後5時半過ぎの入店です。

沖縄 ラーメン 昇家 海老とんこつラーメン 2

店頭に掲示されていた「限定麺 Dream Tour 2012」のポスターです。
9月16日(日)に予定されていた『TOKYOラー麺 DreamTour!! in OKINAWA2012』は、残念ながら台風で中止になってしまいましたが、連動した企画として今回の「限定麺 Dream Tour 2012」が計画されていたようです。こちらは10月1日から末日までの一ヶ月間、先のイベントのサポート店として名前を連ねていた県内のラーメン店が、合同で限定麺を提供されるという、なかなか大がかりなイベントとなっています。サポート店は12店もありますので、一ヶ月という期間は決して長くはないですね。聞くところによるとその内9店舗は「TOKYOラー麺」参加店とのコラボ麺になるようで、内容的にもかなり濃いものとなりそうです(12店プラス9店で、21店舗分の味わいがある!?)。記事がやや脱線気味になりましたが、実はポスターと同内容のフライヤーを頂くのも、今回来店の目的のひとつだったりしたのです(^_^;)

沖縄 ラーメン 昇家 海老とんこつラーメン 3

券売機の上部に掲示されていた、告知ポップです。
限定ラーメンについて、4周年の記念であることが書かれています。券売機のボタンには並サイズと大サイズの二種類が用意されていました。それと「昇家」は無休なのですが、当面は火曜日を休みとされるようです。こちらは中休みもないため、気にせず来店することができるお店なのですよね。しばらくは留意した方がよさそうです。さて今回の注文ですが、「海老とんこつラーメン(大)(750円)」をお願いすることにしました。ちなみに並サイズでは650円となっています。

沖縄 ラーメン 昇家 海老とんこつラーメン 4

程なくして運ばれた「海老とんこつラーメン」です。
注文時に、太麺か細麺を選択出来るということで、今回は“細麺”でお願いをしました。「昇家」で麺を選ぶことが出来るようになってからは、ほとんど細麺の方を選択しているかと思います。個人的な好みでしょうが、細麺の方が麺とスープとの絡みが良いかのように感じています(笑) さて「海老とんこつ」の具材ですが、チャーシューに水菜に海苔、なるとに剥き身の海老がひとつ添えられていますね。海老から来ているのでしょうか、スープには赤味がさしていて、表面にニンニクチップも散らされていました。そうそう、餃子4個とライスがセットになった、「まんぞくSET(230円)」を追加注文しています(^_^;)

沖縄 ラーメン 昇家 海老とんこつラーメン 5

「海老とんこつラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。程よく硬めの麺で、喉ごしの良さを感じられる美味しい麺です。太麺と細麺、特別にどちらかの方が好きという訳ではないのですが、選べるとしたら細麺の方を選択してしまいますね。しかし……麺を持ち上げた時に、鮮烈な程の海老の香りが立ち上って来ました。元々提供されている「昇家」の豚骨スープがベースのようですが、凝縮された海老の旨味そのものを食べているかのようです(^_^;) いや、これはとても美味しく、またコストも掛かっているだろうことが伺えるスープでした。揚げニンニクや鷹の爪などの強い要素があるにも関わらず、それがあっという間に海老の風味で満たされて行きます。先の二つはいい隠し味(隠れていませんが笑)になっているのでしょうね。具材の水菜から苦みも感じたのですが、これも却って良いアクセントになっていました。添えられた剥き身の海老は、単体で味わうものというより、ラーメン全体を視覚的に象徴するものとなっていたようです。それだけ、海老の支配感が凄かったですね(^_^;)

「昇家」の4周年記念限定麺は、とても満足感の高い一杯でした。今回は大サイズで注文しましたが、並サイズの650円はコストなどから考えると、おそらく思い切ったサービス価格設定なのでしょうね。そうそう、本文中では触れてませんでしたが、「まんぞくSET」に付いていた餃子は熱々でボリュームがあり、こちらもお得感のある旨さがありました。しばらく前より、「昇家」は個人的に高い満足感を与えてくれるお店になっています。こちらのお店に限ったことではありませんが、来月から始まる限定麺イベントも、益々楽しみになって来ますね。

沖縄 ラーメン 昇家 海老とんこつラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市仲間1-5-3
電話:098-878-1124
営業時間:11:00 - 23:00 (金・土曜日は0:00まで)
定休日:無休(※当面は火曜日休み)
駐車場:有り

ラーメン工房 麺太 「炙り味噌ラーメン」

沖縄 ラーメン 麺太 炙り味噌ラーメン 1

南城市大里の「ラーメン工房 麺太」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。9月25日(火)にオープンしたばかりのお店ですね。初日に訪れて、まずは筆頭に記されていた“博多豚骨ラーメン”のなかから、「白とんこつラーメン」を頂いたのでした。ちなみに博多豚骨ラーメンには他に、香油や辛味噌を加えた、“黒”と“赤”のバリエーションが用意されていました。「麺太」では現在のところは、「北海道味噌ラーメン」や「長崎ちゃんぽん」なども取り扱っています。店頭に掲示された“広島”の文字が気になりますね。

沖縄 ラーメン 麺太 炙り味噌ラーメン 2

「ラーメン工房 麺太」のメニュー裏面です。
前回記事では上記の各品目が記された表面を掲載しましたので、今回はセットメニューなどが記された裏側をアップしてみます。単品メニューには「ご飯(150円)」、「唐揚げ(500円)」、「餃子(350円)」などが用意されており、それらを組み合わせたセットメニュー類が並んでいます。サイドに当たる品目は、比較的シンプルな構成となっていました。さて今回の注文ですが、前回頂いた「白とんこつラーメン」に引き続き、「炙り味噌ラーメン(700円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 麺太 炙り味噌ラーメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
カウンター席に座ったのですが、こちらは入り口から向かって右手側になりますね。後方にテーブル席が用意されていますが、左手側にも多くのテーブル席が設置されていました。時間帯的には午後9時前でしたので、本来はピークは過ぎている頃合いなのですが、開店初日ということもあって特に反対側はとても賑わっていました(画像はお客さんが退けたタイミングを図って撮影したものです)。お店は人通りの多いショッピングモール内にありますし、今後も同様な繁盛をみせたら良いですね。ちなみに厨房側では、店員さんが忙しく調理に勤しんでいました。

沖縄 ラーメン 麺太 炙り味噌ラーメン 4

程なくして運ばれた「炙り味噌ラーメン」です。
メニューの説明書きによると、『北海道の有名店で学んだ本格味噌ラーメン。現地から取り寄せた秘伝の味噌を使い、魂を込めて仕上げたスープはまさに本場の味』とあります。博多豚骨ラーメンの説明でも“秘伝のたれ、香油”などと書かれていましたが、具体的な内容ではないところはチェーン展開をされる店舗のような印象ですね。個人的にはそういった方向性のお店も嫌いではありません(笑) 「炙り味噌ラーメン」の具材ですが、チャーシューにメンマ、炒められたもやしや玉葱に青菜、それに挽き肉などとなっています。彩り良く青ネギも盛られていますね。

沖縄 ラーメン 麺太 炙り味噌ラーメン 5

「炙り味噌ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれたもの。“博多豚骨ラーメン”ではちぢれ麺と細麺から選択が出来たのですが、そちらのものと共通の麺になるのでしょうか? イメージよりやや柔らかめの茹で加減となっていましたが、弾力も感じられる美味しい麺だったかと思います。その麺に絡むスープですが、“炙り味噌”の名称どおり、香ばしい風合いを漂わせた仕上がりとなっています。単体でも美味しいスープではあったのですが、かなり熱々の作りですね(^_^;) 粘度はほとんど感じられないさらっとしたスープで、単純に分量自体も多かったようで、麺を食べ進めるなかでどうもバランス良く消化とは行きませんでした(スープが余ってしまう感じです)。具材の野菜類にも香ばしい匂いが移っていて、そちらの方も美味しく頂けました。麺や具材をすっかり食べ尽くした後、ゆっくりレンゲでスープを掬いつつ、最後はスープの一滴も残さず完食です。

来月にはお店の外側にも掲示された、広島のご当地ラーメンである“尾道ラーメン”が提供されるようです。まだ営業時間等は確定していないようですが、個人営業店という訳ではないようですので、曜日や時間帯を問わず、気軽に訪れることが出来そうな雰囲気の店舗です。南城市大里という南部地区に、また重宝しそうな新たなラーメン店が誕生しましたね。次回来店の機会がいつになるかは判りませんが、また新たな展開を見せた頃に再訪したいと思います。

沖縄 ラーメン 麺太 炙り味噌ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里字仲間切合原1140-1
電話:不明
営業時間:11:00-未定(遅い時間までを予定しているようです)
定休日:未定
駐車場:有り

ラーメン工房 麺太 「白とんこつラーメン」

沖縄 ラーメン 麺太 白とんこつラーメン 1

南城市大里の「ラーメン工房 麺太」へ行って来ました。
こちらは9月25日(火)にオープンしたお店になります。しばらく前より南城市大里のアトール内にて、新規のラーメン店が開店準備をしていると聞いており、予定通りのオープンとなったようです。こちらの“アトール”ですが、複数業種の店舗が同じ敷地内に集まっている、いわゆる複合商業施設となっています。そのため、共用の駐車場はかなり広くスペースが取られていますね。名護市の「さんぱち」と、似たような立地条件となっていました。お店には、午後9時前の入店です。

沖縄 ラーメン 麺太 白とんこつラーメン 2

「ラーメン工房 麺太」のメニューです。
取り扱い品目は現在のところ、『博多豚骨ラーメン・北海道味噌ラーメン・長崎ちゃんぽん』の三種類となっています。「博多豚骨ラーメン」については基本のものから、二つのバリエーションを含め、三品目が用意されていました。今回は画像の掲載はしませんが、裏面には単品の「唐揚げ(500円)」や「餃子(350円)」などから、それらを「ごはん(100円)」と組み合わせたセットメニューなどが掲載されていました。さて今回の注文ですが、画像で見る限りは「うまかっ!!ちゃんぽん(750円)」にかなり心が惹かれたのですが、さすがにラーメンブログを運営していますので(笑)、筆頭に記されていた「白とんこつラーメン(600円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 麺太 白とんこつラーメン 3

メニュー表から「博多豚骨ラーメン」の項のアップです。
麺は替え玉はもちろん可能で、「ちぢれ麺」と「細麺」の二種類が用意されているようです。豚骨ラーメンで「ちぢれ麺」を選択出来のは珍しいですね。この二種類を選べるようなラーメン店がどこかにあったような……。確かうるま市の「味の蔵」が、そのような取り扱いをされていました(良く見ましたら紹介の文面も一緒です)。噂でもちらりと出ているようですが、何らかの関係がありそうですね(^_^;) ちなみに残り二つの博多豚骨ラーメンのバリエーションですが、「黒とんこつラーメン(650円)」は香油が足された形で50円増し、「赤とんこつラーメン(700円)」はその香油と辛味噌が足された形で100円増しとなっているようでした。

沖縄 ラーメン 麺太 白とんこつラーメン 4

程なくして運ばれた「白とんこつラーメン」です。
具材はシンプルにチャーシューにもやし、キクラゲにネギとなっています。そうそう、注文の時点で茹で加減は「カタ」でお願いをしました。卓上の調味料類としては豚骨ラーメンには定番といえる、『紅ショウガ・おろしニンニク・ごま』などが用意されていました。その他には醤油やラー油、試してみませんでしたが、山椒のような辛味調味料も置いているようでした。

沖縄 ラーメン 麺太 白とんこつラーメン 5

「白とんこつラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。先述のように注文時に茹で加減を「カタ」でお願いをしています。その麺に絡むスープですが、ややタレの色合いが濃い豚骨となっています。メニュー表には14時間かけて煮だされたものと説明がされていますね。甘みが少しばかり強い豚骨スープになっていました。最近はこういった博多系の豚骨ラーメンを提供されるお店も多くなりましたので、熱心なラーメンファンの方にはこの甘みはどう映るか気になるところです。具材のチャーシューはとろとろに柔らかくて美味しかったのですが、もやしはやや茹で加減が強かったかも(^_^;) 中盤を過ぎた頃にスープの甘味が重く感じられて来たので、紅ショウガやニンニク、白ゴマなどを投入してみました。味の変化を付けつつ、最後はスープの一滴も残さず美味しく完食です。食べ終わった後で、「ちぢれ麺」との相性はどうなのか気になって来ました(笑)

「麺太」のメニュー表は大判で見やすいものでしたが、勝手な想像ながら、これには仕掛けがあるのではないでしょうか? 裏面の端にはラーメンの半額チケットが付いており、どうも宣伝で配布されたチラシを兼ねていたようです。お店の看板には『博多・北海道・広島』と掲示されているのですが、その“広島のラーメン”は提供されていませんでした。今後提供される予定(尾道(おのみち)ラーメンのよう)ですが、そのたびに簡易にメニュー表が変更が出来る形になっているようです。営業形態としても、全国のご当地ラーメンが気軽に頂けるのでしたら、(少なくとも県内では)ありそうでなかった方式になりそうですよね。さて当ブログをお越しの方は予想されたかもしれませんが、せっかくですのでもう一杯頂くことにしました(^_^;) ということで、次回へと続きます。

沖縄 ラーメン 麺太 白とんこつラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里字仲間切合原1140-1
電話:不明
営業時間:11:00-未定(遅い時間までを予定しているようです)
定休日:未定
駐車場:有り

チャイナタウン 「塩ラーメン」

沖縄 ラーメン チャイナタウン 塩ラーメン 1

豊見城市高安の「チャイナタウン」へ行って来ました。
こちらは先月ブログ記事としてアップしていますね。前回はほろ酔い気分で訪れて、意外なほど好印象だったこともあり、機会があれば改めて同様な流れで再訪しようと考えていたのです。前回記事もアルコールが入ってのラーメン店巡りでしたが、今回はずっと軽めでの来店です(日付的にもしばらく前の訪問です(^_^;))。この日は前回と同じような時間帯での訪問でしたが、外はもう完全に暗くなっていますね。夕涼み(酔いざまし(?))も兼ねての来店でしたが、すっかり季節の移り変わりを感じてしまいます。お店には、午後7時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン チャイナタウン 塩ラーメン 2

窓際に手書きで掲示されていたセットメニュー類です。
カウンター上部には大きな木製の札で各種品目が掲示されているのですが、今回座ったカウンター席からは距離が近すぎて把握しづらかったです。この日は事前に居酒屋に寄っていて、締めの単品ラーメンだけのつもりだったのですが、がぜんセット物に興味を持ってしまいました(^_^;) さて今回の注文ですが、「ラーメン・焼肉丼(650円)」をお願いすることにしました。ラーメンについては「塩ラーメン(単品では450円)」を選択です。ちなみに単品での「焼肉丼(550円)」ですが、生玉子とスープが付いているようです。もちろん、セットとはサイズも異なるのでしょうね。

沖縄 ラーメン チャイナタウン 塩ラーメン 3

程なくして運ばれた「塩ラーメン」です。
待っている間に、厨房の方からやたら食欲をそそる炒めものの調理の音と、香ばしい匂いが漂って来ていました(^_^;) 焼肉丼に載っている具材は、かなりの高温で一気に炒めて作られているのでしょうね。セットのものの割には、器もかなり大きめとなっていて、これは期待が高まって来ました(笑) 本来(?)の主品目である「塩ラーメン」ですが、具材はチャーシューにさっと炒められたキャベツや玉葱、もやしなどの野菜がたっぷり、それとワカメが添えられていました。前回頂いた「醤油ラーメン」と基本の構成は一緒になるでしょうか。白ネギの代わりに青ネギが散らされていますね。そうそう、ちょっと甘めのアイスティーも健在でした(笑)

沖縄 ラーメン チャイナタウン 塩ラーメン 4

「塩ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれが入ったもの。やや径があって柔らかすぎることもなく、しっかりとした食感の麺となっています。その麺に絡むスープですが、かなりあっさりめの塩味となっていました。前回頂いた「醤油」よりも塩梅は軽めですね。個人的にはスープ単体でも充分に美味しく飲めましたが、ラーメン単品ではやや物足りなさを感じる方もいらっしゃるかも。今回はセットでの注文でしたので、バランス良く頂く事が出来ました。各種具材も上手く調和していたかと思いますが、わかめがちょっと固めな仕様なのが残念でした。今回も充分に普通の上等ラーメンでありました。何よりお手頃価格なのが嬉しいですね。

沖縄 ラーメン チャイナタウン 塩ラーメン 5

セットで頼んだ「焼肉丼」です。
ラーメン単品との価格差200円から考えますと、このボリューム感はかなりお得感がありますね。調理時の様子からかなり期待値が高くなっていましたが、キャベツや玉葱、もやしのしゃっきり食感と豚肉との相性はもちろんばっちりで、がっつり美味しく頂くことが出来ました。ただなんでしょう、ご飯と具材とたれとの一体感が、微妙に離れていたのはなぜでしょうか?(^_^;) 後かけのたれが温かくなかったのかな? それでもラーメン共々、一気に完食となりました。

前回記事でもちらっと書きましたが、記事にしなかった初訪問時より、ぐっと印象良く感じています。気軽に頂ける“街のラーメン屋さん”といったお店ですので、これからもお酒を頂いた後など、ほろ酔い気分で訪れることもありそうです(笑) 今回で基本の『味噌・塩・醤油』を頂きましたので、その他のラーメンも試してみたいですね。年季が感じられる木札のメニューからは、手書きにて追加された「つけめん(650円)」なども気になるところです。次回の機会ですが、そろそろ肌寒い季節になってからの来店になるかもしれません。

沖縄 ラーメン チャイナタウン 塩ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市字高安65
電話:098-856-6770
営業時間:11:30-15:00 18:00-23:00
定休日:不明
駐車場:有り

ラーメンハウスチャイナタウンラーメン / 奥武山公園駅小禄駅赤嶺駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

札幌や 豊見城店 「牛肉ラーメン」

沖縄 ラーメン 札幌や 牛肉ラーメン 1

豊見城市高嶺の「札幌や 豊見城店」へ行って来ました。
今回はアルコールが入っての来店になります。何度も寄っているお店ですので、他のラーメン店にも行こうとしていたと思われますが、おそらくどこも時間的に閉まっていたようでした(憶測の文面になっているのがなんとも(^_^;))。那覇市近辺であればまたいくつもあったでしょうが、そちら方面へ向かうときっとまともに帰れなかったことでしょう(笑) こちらは深夜の午前3時まで営業しているのですよね。お店には、午前1時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 札幌や 牛肉ラーメン 2

「札幌や 豊見城店」の壁際に掲示されたメニューです。
これまでは、上段のお手頃価格の基本ラーメン(味噌・塩・醤油)を良く頂いていました。トッピングにあたるモロコシやバターを組み合わせて掲示しているため、かなり品数が多くあるように見えます(^_^;) 他に下段のレギュラーラーメンをいくつか注文していますね。酔った勢いでライス込みでがっつり食べようと考え、「カレーラーメン(720円)」を頼もうとしたのですが、以前注文していたことを思い出し、今回は「牛肉ラーメン(750円)」 をお願いしました。

沖縄 ラーメン 札幌や 牛肉ラーメン 3

程なくして運ばれた「牛肉ラーメン」です。
小ライス(100円)」はもちろん追加注文しております(^_^;) ぱっと見て、「五目ラーメン」に近い作りとなっているようでした。ややとろみの付いた醤油味のスープに、具材として牛肉の他にたっぷりの野菜類が入っているようです。キャベツに人参、木耳に筍に葱などとなっていました。最上部に散らされている、葱の緑や白の色合いが良い彩りとなっていますね。また、牛肉には充分な厚みがあり、これは食べ応えがありそうです。

沖縄 ラーメン 札幌や 牛肉ラーメン 4

「牛肉ラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。「札幌や」ではお馴染みの麺ですね。やや柔らかめではあるのですが、軽くとろみの付いたスープとの絡みも良く、豊富な具材と共に食べやすいバランスとなっています。スープも極端に濃い味ではなく、かといって食べ応えのある具材群には負けない、程よい塩梅となっていました。

沖縄 ラーメン 札幌や 牛肉ラーメン 5

ライスに具材を移して、「牛丼(?)」にしてみました。
キャベツや木耳は大きめに切られており、しゃっきりと歯応えを感じられる作りとなっています。牛肉も噛み応えのある厚みですね。具材にも醤油味のスープがたっぷりと絡み、今回のラーメンはライスとの相性がばっちりでした(笑) 具材を載せたごはんをかき込みつつ、麺やスープも合間に挟み、あっという間に食べ尽くしてしまいました。もちろん、スープの一滴も残さず完食です。

深夜にライス込みでがっつりといってしまいました。締めの一杯でしたら、もう少し軽めのものにて終えても良いですね(^_^;) 最近はアルコールを頂く機会が増えて来ましたので、また今回のようなパターンでお店を訪れることもありそうです。そうなるとどうしても過去に訪れたラーメン店へ向かいがちになりますが、それでも未食のラーメンを選ぶようにしたいものです。もっとも、記憶が曖昧になっていることに変わりはないのですが……(^_^;)

沖縄 ラーメン 札幌や 牛肉ラーメン 6

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市字高嶺87
電話:098-850-0353
営業時間:11:30-翌3:00
定休日:無休
駐車場:有り

コミックバスター 北谷店 「醤油ラーメン」

沖縄 ラーメン コミックバスター 醤油ラーメン 1

北谷町北前の「コミックバスター 北谷店」へ行って来ました。
こちらはインターネットカフェになります。58号線沿いにあるお店ですね。北谷町に用事があって出向いた際に、1時間程度時間を潰す必要が出たため、会員カードを持っていたこちらへ寄ってみたのでした。余談ですが2~3年程前は、那覇松山店を良く利用しておりました。この日は本当にただの時間潰しのつもりだったのですが、お食事メニュー表を見ますと、一品だけラーメンの品目掲載が(^_^;) 結局そこでも頂くことにしたのですが、ブログ記事にするか少し迷ったものの、以前にも同じくネットカフェである「ネットボックス」の記事を二度ほど掲載していますので、今回もそれに倣うことにしました。店舗へは、休日の午前11時半過ぎに入店となりました。

本文とは関係のない雑談です。
しばらく前より、氷菓の「ガリガリ君 梨味」を買いだめして頂いております。これは季節限定になるのでしょうか? なんとなく話題に出ていたな、と思い購入してみたのですが、すっかりハマってしまいました(^_^;) まとめ買いするのは定期的に品切れが出ることと、1日に数本食べたりする場合があるからです。濃い味のラーメンを食べることも多いですので、帰った後、冷たいものでさっぱりしたくなることもあるのですよね。氷菓子は甘すぎたりしないので、自分には程よいようです。現在販売停止しているコーンポタージュ味も、一度は試してみれば良かったですね(^_^;)

沖縄 ラーメン コミックバスター 醤油ラーメン 2

「コミックバスター 北谷店」のお食事メニュー表です。
ネットカフェのお食事メニューは、比較的安価に抑えられていますよね。施設利用料込みなので当然の部分もあるのかもしれませんが、お手軽価格で食事も出来るのは嬉しいところです。こちらでも390円くらいから、パスタやピザ、丼ものや麺類など、各種品目が揃えられています(裏面にもカレーなどが掲載されていました)。さて今回の注文ですが、もちろん麺類の項目から「醤油ラーメン(390円)」をお願いすることにしました。注文の手順としては、伝票プレートをカウンターまで持っていきお願いする品目を告げる必要があります。後はお店の方が席まで持って来てくれる形になります。ところで麺類の項には「ちゃんぽんラーメン(390円)」なる品目もあるのですが、画像をみる限りは明らかに「長崎ちゃんぽん」ですね(^_^;) 沖縄にはご飯物の「ちゃんぽん」もありますので、勘違いが出ないよう、敢えてそういった名称にしているのかもしれません。

沖縄 ラーメン コミックバスター 醤油ラーメン 3

程なくして運ばれた「醤油ラーメン」です。
トレイに載せられて、ラーメン丼の他にレンゲにお箸、ナプキンなどが用意されていました。具材の構成としては、炙りチャーシューにメンマ、ほうれん草と至ってシンプルなものとなっています。炙りチャーシューは本品目の売りでもあるようで、メニュー表の説明書きにも書かれていました。小ぶりながらも、確かに香ばしい良い匂いが漂って来ています。

沖縄 ラーメン コミックバスター 醤油ラーメン 4

「醤油ラーメン」麺ですが、平打ち状で中太のストレートのもの。想像していたよりくっきりしたタイプの麺でしたが、かなり柔らかめです。これは単純に茹ですぎだったのではないかな?(^_^;) その麺に絡むスープですが、ややジャンク感は漂うものの、濃いめの甘みのある醤油味で、意外なほど美味しかったです。焼き肉が似合いそうな(?)、“コク旨醤油”といった印象ですね(笑) ただ、スープがかなり熱かったです(^_^;) 調理次第でもう少し食べやすく、美味しくなりそうでしたが、専門店でもありませんしそれは高望みな部分かもしれませんね(意識してそう作られていたらごめんなさい)。チャーシューはもちろん、その他の具材のメンマやほうれん草などを合間に挟みつつ、最後はスープの一滴も残さず完食です。

「コミックバスター」は県内のネットカフェのなかでも、内装などが綺麗にされており、どこか上品な雰囲気をもったお店ですね。実際に長時間パックは別にして、フリー入店の価格はやや高めだったように思います。個人的には食事が目的で訪れるお店ではありませので、ジャンク感があっても品数がもっと豊富な方が、メニュー表を見てても楽しみがあるかな? 今回は番外編的な内容でしたが、今後も機会があれば「ラーメン店以外のラーメン」を取り上げたいと思います。

沖縄 ラーメン コミックバスター 醤油ラーメン 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県北谷町北前1-1-13
電話:098-936-6199
営業時間:24時間営業
定休日:無休
駐車場:有り

コミックバスター 北谷店カフェ・喫茶(その他) / 北谷町)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

まぜそば mahoroba 「まぜ麺」

沖縄 まぜそばmahoroba まぜ麺 1

那覇市牧志の「まぜそば mahoroba」へ行って来ました。
こちらは9月20日(木)にオープンしたばかりのお店ですね。事前の情報などが特になく、当日になって新規開店ということを知りました。これまでラーメン店やつけ麺専門店にて、“まぜそば”を提供しているお店はありましたが、「まぜそば専門店」の開業は沖縄初になるのではないでしょうか? お店は、国際通り沿いにあるホテルJALシティ那覇と琉球銀行の間にある路地を入り、まっすぐに進むと左手側に「まぜ麺」の看板が見えます。なお9月20日(木)から22日(土)の3日間にかけて、50食限定で「まぜ麺(680円)」を300円で提供されるそうです。たまたま通りがかりで寄れるような立地ではないので、結構遅い時間になっても提供されているのではないでしょうか。そうそう、店名の「まぜそば mahoroba」ですが、間違いはないとは思いますが、もうひとつ自信をもって言い切れません(メニュー表などは用意されておらず、看板などにも明記はされていなかったのです(^_^;))。その点についてはご了承ください。正確な開店時間は判らなかったのですが、ちょうどお店が開いた午前11時半頃に入店となりました。(追記:過去にまぜそば専門店としてオープンした「朝ら麺(閉店)」がありましたね)

沖縄 まぜそばmahoroba まぜ麺 2

入り口にあった立て看板です。
「オープン記念メニュー」や「まぜ麺の食べ方」などが貼り出されていました。先ほども書きましたが、店内にはメニュー表は用意されておらず、後からこちらの画像を見て提供品目名を知りました(^_^;) オープニング期間ということでシンプルな構成ですが、落ち着いたら「まぜ麺」以外の提供品目も用意されるのでしょうか? 何らかのサイドメニューは欲しいところですね。さて今回の注文ですが冒頭に書いたとおり、オープニング特別価格の「まぜ麺セット(680円⇒300円)」をお願いしました。半額以下のサービス価格になっています。

沖縄 まぜそばmahoroba まぜ麺 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
お店は入り口から入ってすぐにテーブル席がふたつ、左側に奥まってカウンター席と厨房があります。決して広い店内ではないのですが、客席については充分に確保されているのではないでしょうか。お店は、まだ若い店主と可愛らしい女性の店員さんお二人で応対されているようです。オープニング期間ということもあるようですが、メニューなどはなく、入ってすぐに「まぜ麺」の提供になることを告げられました。カウンター席の壁部分は黒板になっており、お客さんが自由に書き込みが出来るようになっています(チョークも用意されていました)。店内にはどこか穏やかで、落ち着いた居心地の良い空気が流れていました。

沖縄 まぜそばmahoroba まぜ麺 4

程なくして運ばれた「まぜ麺」です。
トレイに載せられて用意されました。標準の状態で、スープとお漬物の小皿がセットになっているようです。あっさりとした玉子スープとなっていました。「まぜ麺」の具材ですが、挽き肉に玉ネギにキャベツ、刻み海苔に中央にはカイワレと卵黄が載せられています。軽く唐辛子が振りかけられていますね。卓上には柚子胡椒にラー油が置かれており、お好みでご利用くださいとのことでした。そうそう、注文の段階でニンニクの有無を聞かれたのですが、もちろん(?)有りということでお願いをしています。飲み物はセルフとなっていて、黒ウーロン茶が用意されていました。

沖縄 まぜそばmahoroba まぜ麺 5

「まぜ麺」の麺ですが、太めのややちぢれが入ったもの。あつもり状態で弾力のある、しっかりとした噛み応えのある麺でした。とりあえず、すぐにかき混ぜたのですが、麺の方は事前にタレを絡ませていたようでした。丼の底の方に油分がかなり溜まっていました。挽き肉などから出たものでしょうか? まさに“油そば”といった印象です(^_^;) かき混ぜながら食べ進める内に、魚介の風味(鰹かな?)も加わっていたようでした。油分がたっぷりとあるのですが、具材にキャベツなどの野菜類、また一緒に提供された玉子スープや漬け物などを合間に挟みましたので、まぜそばではありがちな、途中で食べ飽きてくるようなこともなかったです。卓上にある柚子胡椒も投入してみましたが、程良い香りと刺激で美味しく食べ進めることが出来ました。麺を食べ尽くした後、最後は玉子スープで口中を流し、さっぱりと完食です。

店名の「mahoroba(まほろば)」ですが、日本の古い言葉で「すばらしい場所」や「住みやすい場所」といった意味なのだそうです。含まれている語意はもちろん語感も良くて、個人的にも好きな言葉です(ですので平仮名表記でも良いのにと思いましたが、冠部分とのバランスも考えたのかも)。店名のとおりの穏やかな雰囲気があり、とても好印象を持ちました。ただ、今回のお店に限ったことではないのですが、店舗のショップカードなどを事前に用意して、もっと宣伝をされたら良いのにと思ってしまいます。特にこちらのお店のように、大通り沿いから目立たない場合など、なかなか口コミだけで周知されるのは難しいものがあると感じました。せっかくの良店でも、知られないでいるのは勿体ないですよね。正確な店舗情報も判らないですし……(住所や営業時間はお店の方にお聞きしました(^_^;))。落ち着いた頃、遠くない内に再訪したいと思います。

沖縄 まぜそばmahoroba まぜ麺 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志1-2-17
電話: 不明
営業時間:11:30-14:30 17:30-22:00
定休日:未定
駐車場:無し









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。