スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コトブキ 「魚介醤油ラーメン「日照り」」

沖縄 ラーメン コトブキ 魚介醤油ラーメン「日照り」 1

那覇市牧志の「コトブキ」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。「順番で限定でvol.2」イベント、四周目の最終登場店への来店として「コトブキ」に訪れたのですが、こちらでは限定麺を三種類提供されています。初めに「血まみれあさりちゃん」を頂いたのですが、引き続き二品目を注文することにしたのでした。複数品目を提供されることはもちろん嬉しいことなのですが、ペース配分を考えないと、お腹が膨れてしまい美味しく食べることが難しくなりますね(^_^;) お店には、提供初日の午後6時過ぎに入店しています。

沖縄 ラーメン コトブキ 魚介醤油ラーメン「日照り」 2

今回企画イベント用のお品書きです。
上から順番に頂く形になっています(笑) 二品目の「魚介醤油ラーメン「日照り」」ですが、説明書きによると『申し訳ないですが、コトブキの醤油ラーメンを僕なりに壊してみました(天神矢店主ツカ談)』と書かれています。レギュラーメニューの「魚介醤油ラーメン」のタレ、各種具材を使用した“まぜそば”になるようですね。「コトブキ」では、店舗内店舗とでも呼べるような「天神矢」も不定期に営業しており、その店主さんとのコラボ麺になるようです。ユニークな営業形態から来る、ユニークな一品となっているようでした。他の店舗ではちょっと見られない試みですね。さて今回の注文ですが、もちろん「魚介醤油ラーメン「日照り」(650円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン コトブキ 魚介醤油ラーメン「日照り」 3

程なくして運ばれた「魚介醤油ラーメン「日照り」」です。
ちょっと判りづらくも感じる品目名ですが、ベースとなる「魚介醤油ラーメン」を「日照り(汁なし)」にしているということなのでしょうね。ただ作りの経緯を知らないと、魚介醤油ラーメンのバリエーション違いにも見えてしまいます(^_^;) 余談ですが三品目の「変え麺」は、こちらの「日照り」から追加出来るものにも見えるため、“レギュラーメニューから”の追記がされたようです(掲載画像のお品書きは追記される前のもの)。希望の方には無料で卵黄をトッピング出来るということで、そちらも遠慮なくお願いをしています。

沖縄 ラーメン コトブキ 魚介醤油ラーメン「日照り」 4

「魚介醤油ラーメン「日照り」」の麺ですが、コトブキでお馴染みの太さの違う三種類の麺が混在した、“三種麺”となっています。“汁なし”ということで、異なる太さの食感の違いや弾力感が、より口中で楽しめる作りとなっていました。「日照り」の具材なのですが、「魚介醤油ラーメン」と共通とのことで、チャーシューに、白ネギと青ネギにタマネギ、穂先メンマ、そして海苔などとなっています。アクセントのゆずも健在ですね。まぜそばならではの仕様として、一枚だったチャーシューや海苔は、食べやすいように細切りにされていました。卵黄も混ぜ合わせると、麺の口当たりがより滑らかになりますね。魚介醤油ラーメンのタレを用い麺の表面には魚粉がかかっていたことから、当初は魚介醤油ラーメンの正統なまぜそばへの変化形だと感じたのですが、食べ進める内に、底に溜まっているまぜダレの酸味が強く感じられるようになって来ました。終盤に再び念入りに麺をかき混ぜ、味の変化を楽しみつつ、完食となりました。

沖縄 ラーメン コトブキ 魚介醤油ラーメン「日照り」 5

完食したところで、一足先に隣で食べていた顔見知りの方からの一言が。
「残ったまぜダレに、追加の割りスープも出来ますよ」とのこと。自分はつけ麺でも割りスープを使わずに完飲することもままあるのですが、今回も強めの酸味を感じつつ、まぜダレを残さず完食してしまいました。その会話を聞いたお店の方がご厚意で、掲載画像のスープを作ってくれました(^_^;) 有り難うございます。改めてまぜダレを加え、魚介醤油ラーメンの元スープを足したもののようです。軽く白ネギも散らされていますね。こちらも完飲し、この日の限定麺は終了です。

残りの限定麺は、「変え麺」のみとなりました。前回ブログ記事でも書いたとおり、こちらの限定麺はまずはレギュラーの「魚介醤油ラーメン」を注文することが前提となっており、この日の注文はさすがにご遠慮しました(注文したら一回で4麺分を食べることになります(^_^;))。また日を改めて頂くことにし、お店を後にしました。「コトブキ」への次回来店は久しぶりに、夜間にアルコールも頂くような流れで訪れたいですね(笑)

沖縄 ラーメン コトブキ 魚介醤油ラーメン「日照り」 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-16
電話:090-6859-4141
営業時間:12:00-14:00 17:00-23:00(日曜日は21:00終了)
定休日:月曜日
駐車場:無し

スポンサーサイト

コトブキ 「血まみれあさりちゃん」

沖縄 ラーメン コトブキ 血まみれあさりちゃん 1

那覇市牧志の「コトブキ」へ行って来ました。
前回ブログ記事の「昇家」と同じく、「順番で限定でvol.2」イベント四周目の最終登場店舗となります。8月29日(水)から9月11日(火)にかけて、「コトブキ」においても限定麺が提供されることとなりました。前回「コトブキ」へ訪れたのは7月だったのですが、実はその際も店舗単独企画として限定麺を提供されており、限定三種(+レギュラー一種)を一度に頂くという暴挙(?)をしてしまいました(^_^;) こちらは店舗内店舗といった「天神矢」名義のラーメンも定期的に提供されており、ここ最近はとても活発な営業展開を見せています。今回も一種類の提供ではないらしいと聞き、楽しみにしての来店となりました。夜の部開始時間となる、午後6時過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン コトブキ 血まみれあさりちゃん 2

卓上に用意されていた、今回企画イベント用のお品書きです。
提供される限定麺はなんと3種類で、説明書きなどを含めて順に書き出してみます。『「血まみれあさりちゃん(750円)」 一大事で好評を得ていたアサリの塩ラーメンを血まみれにしてやりました』、『「魚介醤油ラーメン日照り(650円)」 申し訳ないですが、コトブキの醤油ラーメンを僕なりに壊してみました(天神矢店主談)』、『「変え麺(300円)」 魚介醤油ラーメン専用の変幻技』などと説明がされていました。実際に提供される内容については追々書き出して行くとして、今回の注文ですが、順序良く「血まみれあさりちゃん(750円)」を頂くことにしました。限定麺のテーマ(破壊)に影響しているのか、とても刺激的なネーミングになっていますね(笑)

沖縄 ラーメン コトブキ 血まみれあさりちゃん 3

程なくして運ばれた「血まみれあさりちゃん」です。
こちらの限定麺は7月に提供されていた、「アサリのあっさり塩ラーメン 臭みと旨みの獣油添え」(別表記では「アサリの酒蒸しラーメン ボンゴレ風 臭くて旨い獣脂添え」)をベースにされているようです。“血まみれ”の由来ですが、作りはスパゲティの「ボンゴレ・ロッソ」をイメージしているらしく、トマトを加えたソースの赤色から来ているようです。ベースはもちろんラーメン用のスープとなっていますので、そこまで明瞭な血の色はしていませんが(笑)、ネーミングの妙を感じますね。

沖縄 ラーメン コトブキ 血まみれあさりちゃん 4

ふだんはあまり掲載しない、麺上の更にアップ画像です。
「コトブキ」さんは店内がやや暗めのため、ピンボケになってしまうことも多いのですよね。個人的には、提供品目がはっきりと見える照明が望ましいと感じるのですが、「コトブキ」さんはぎりぎりの範囲でしょうか。全体の雰囲気作りなどもありますので、もちろんその辺りはお店の判断なのでしょうね。具材にはたっぷりのあさりにジャガイモの細切り、彩り良く緑色のパセリが散らされています。スープ表面にはトマトも浮いていますね。

沖縄 ラーメン コトブキ 血まみれあさりちゃん 5

「血まみれあさりちゃん」の麺ですが、平打ち状のややちぢれが入ったもの。太さが異なる麺が混在しているようで、口中で変化のある食感となっています(三種麺とはまた違うような……)。その麺に絡むスープですが、これがまた旨みをたっぷりと含んだものとなっていました。ベースとなっている前作の「アサリのあっさり塩ラーメン」もしっかり出汁の取られた作りでしたが、今回はそちらに加えて、トマトの酸味や香辛料などから来るスパイシーさなども、きっちりと一体感をもって仕上がっていました。トマトを用いるラーメンは、なかなか凝縮された旨みを前面に出しにくいと思うのですが、こちらはスープがとても美味しかったですね。麺を啜る合間にアサリの身も楽しみながらつまみつつ、最後はスープの一滴も残さず完食です。

さて当ブログにお越し頂いている方には大体想像がつくとは思いますが(笑)、今回の「コトブキ」では三種類の限定麺を提供しているということで、二つ目の品目を追加注文することにしました。場合によっては3タテ(?)もありえたのですが、三つ目の「変え麺」はレギュラーの「魚介醤油ラーメン」を注文することが前提となっているため(要するに麺は2杯分頂くことになります)、そちらは次回の機会にでも注文することにしました。美味しく頂くには、二杯目ぐらいに抑えるのが無難ですよね。前回の来店で良く判りました(^_^;) ということで、記事は次回へと続きます。

沖縄 ラーメン コトブキ 血まみれあさりちゃん 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-16
電話:090-6859-4141
営業時間:12:00-14:00 17:00-23:00(日曜日は21:00終了)
定休日:月曜日
駐車場:無し

昇家 「Syo-Dou」

沖縄 ラーメン 昇家 Syo-Dou 1

浦添市仲間の「昇家」へ行って来ました。
「順番で限定でvol.2」イベントも四周目、いよいよ最終店舗の登場となります。本日(8月29日(水))から9月11日(火)にかけて、こちら「昇家」と那覇市の「コトブキ」がトリを務めることとなりました。こういった企画イベントはいちラーメンファンとしても楽しみになりますね。お題を統一しながらも、やはり各店舗ならではの特色が出ますし、品目名は判ってはいるものの、その品名からは頂くまで想像がつかない点も楽しさに直結しています。今回の「昇家」さんも、事前情報が全くないままの訪問となりました。お店には、午前11時過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン 昇家 Syo-Dou 2

「昇家」の券売機上部に飾られていたポップです。
実際の券売機では、下部の方のボタンに並サイズと大サイズの二種類が用意されていました。事前の告知ポスターでは「Syo-Dou」という名称なのですが、券売機の方では「破壊」という書き方で統一されていました。一見さんにも判りやすいように、限定麺のテーマそのものでお知らせしているのかもしれません(名称変更という訳ではないですよね?(^_^;))。 ところでこちらのポップなのですが、当初は向かって左側の「ご飯が欲しくなるおかずラーメン!!」のみでした。余程ご飯との相性が良いラーメンだろうと思い、「ごはん小(100円)」も購入したのですが、お店の方の説明では標準で小ライスが付いているとのこと。結局その分は払い戻しとなりましたが、同様に捉え違いをするお客さんが出るかもしれないということで、店員さんが右側のポップ(「おかずラーメン+ごはん小セット」)をさっと作成されました。最初からごはんがセットというラーメンも珍しいですよね。限定麺ならではの提供方法だと思います。ということで購入したのは「Syo-Dou(並)(750円)」となりました。

沖縄 ラーメン 昇家 Syo-Dou 3

待っている間に壁際の告知などを確認してみました。
お馴染み、「順番で限定でvol.2」ポスターも店内のいたるところに貼られていました。「昇家」は近隣で働いていて、ランチタイムで訪れる一般のお客さんも多そうですので、この日初めて限定麺が提供されるということを知る方もいらっしゃるかもしれませんね。その他、営業時間の変更お知らせや、お盆の為として8月30日から9月1日にかけては、営業時間を午前11時から午後5時までに短縮されるとの告知もされていました。

沖縄 ラーメン 昇家 Syo-Dou 4

程なくして運ばれた「Syo-Dou」です。
「ご飯が欲しくなるおかずラーメン」ということで、どのような内容か気になっていたのですが、具材に豚バラ肉がたっぷりと載せられた仕様となっていました。他にもやしやネギ、「昇家」お馴染みのなるとが添えられています。白胡麻もたっぷりかかっていますね。ラーメン丼や内容量がやや小ぶりに見えましたが、限定麺として標準でごはんが付いていることから、分量としては充分な形になっているのでしょう。それもで物足りない方のために、100円増しで大サイズも用意されています。また、ごはんの方にも白胡麻が振りかけられていました。

沖縄 ラーメン 昇家 Syo-Dou 5

「Syo-Dou」の麺ですが、細めのストレートのもの。実は注文の際に、店員さんから「細麺と太麺のどちらにしますか?」と訊かれていたのでした。最近の「昇家」では、個人的には細麺がスープにマッチしていると感じていましたので、今回はそちらでお願いをしています。もし提供期間内にもう一度来店の機会がありましたら、『大サイズ・太麺』のがっつり仕様でお願いをしても良いかもしれませんね。さて、その麺に絡むスープですが、従来の「昇家」の豚骨をベースにしていると思いますが、かなり甘みを感じるものとなっていました。食べ進めるなかで粗めの背脂も見えて来ましたが、それとはまったく別の甘さでした。これもまたちょっと癖のあるというか、特徴のある作りのラーメンですね。たっぷりの豚バラ肉はもちろんご飯との相性が良く、ラーメンと交互に美味しく食べ進めることが出来ました。スープを飲んでいる内に、味の変化付けをしてみようと思い、卓上にあった豆板醤なども投入してみましたが、辛みと共に、却って甘みが強調されることに(^_^;) ごはん付きもそうですが、この辺りの特色ある作りが、限定麺のテーマである“破壊”を内包しているのかもしれませんね。最後は、スープの一滴も残さず完食です。

食べ終わる頃に思ったのですが、確か那覇市の方に、焦がし魚介を使ってこういった甘味を含んだスープで提供されているお店(現在閉店)がありましたね。スープを飲み干す際には魚粉らしきものも見えたようで、ちょっとそのお店のことを思い出してしまいました。さて、いよいよ「順番で限定でvol.2」も最終周となりました。当ブログではすべての店舗を廻りましたら、最後にイベントのまとめ記事も掲載したいと考えています。残すところは那覇市の「コトブキ」のみとなりましたが、そちらの限定麺も楽しみですね(実は本日夜の部に寄ったのですが(^_^;))。

沖縄 ラーメン 昇家 Syo-Dou 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市仲間1-5-3
電話:098-878-1124
営業時間:11:00 - 23:00 (金・土曜日は0:00まで)
定休日:無休
駐車場:有り

麺屋 武虎 わかさ店 「純豚骨ラーメン(2)」

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 1 

那覇市若狭の「麺屋 武虎」へ行って来ました。
こちらは本日(8月28日(火))オープンしたお店になります。今年3月にオープンしたばかりの与那原町の「麺屋 武虎」が、早くも那覇市に2号店を出店するということで寄ってみました。初日のオープン時間は午後9時からということですが、場所柄、アルコールが入って締めに寄るお客さんも多そうですので、営業時間は午前を廻り朝方までとなりそうですね。元々こちらのお店は、東京は高田馬場(ラーメン激戦区で有名な地域です)で営業をされていたのですが、“移転”ということで沖縄に出店されたようです。ネットなどで確認してみたところ、現地でも評判の良かったお店のようですね。お店には、午後9時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 2

「麺屋 武虎 わかさ店」のお品書きです。
この日は、本店である与那原町の店舗から、提供品目などに変更があるのかも楽しみにしての来店でした。もっとも、本店の方も4月以来訪れていませんので、あちらの近況も良く把握はしていないのですが(^_^;) さて壁際に掲げられていたお品書きを見てみますと、これまでのメニュー表を引き伸ばしたものとなっているようです。つまり取り扱い品目自体は、変わりはないということですね。実際は券売機方式ですので、お品書きの内容を確認しつつ、「純豚骨ラーメン(630円)」と「Cセット(200円)」の券を購入することにしました。「Cセット」の内容としては、ラーメン+「豚めし(単品では250円)」となっています。ちなみに定休日は第2・第4水曜日以外に、毎週日曜日も該当するようですね。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
元々こちらの店舗は、以前「琉(りゅうみんみん)(閉店)」が営業をされていた建物となっており、店内のスペースはそう広くはありません。L字型のカウンター席のみとなっています。卓上にはお馴染み“ピリ辛もやし”の壺が置かれているのですが、取り分け用の小皿は用意されていないので、注文品が届くまで、じっと待つこととなりました(^_^;) 壺は二つ置かれていましたが、二つとも内容はピリ辛もやしとなっています(本店ではひとつは紅ショウガでした)。その他、ブラックペッパーなどの調味料類は共通のようですね。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 4

程なくして運ばれた「純豚骨ラーメン」です。
具材には二枚のチャーシューにキクラゲ、ネギに、中央には辛味だれが載せられています。王道な構成かもしれませんが、白濁したスープに緑や赤色の色合いが綺麗に映りますね。もちろん、本店の方で一度頂いたことのある品目ですが、取り扱い品目には変わりはないようでしたので、今回は一番代表的なラーメンを頂くことにしました。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 5

「純豚骨ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。径はかなり細めですね。注文の際に茹で加減を聞かれましたので、今回は“カタ”でお願いをしています。本店の方では卓上にもメニュー表があり、その辺りの説明書きもあるのですが、こちらは券売機方式であるためより回転が早い方式となっているようです。場所柄もありますし、カウンター席のみの構成で、手早く頂く方向性のお店でもあるのでしょう。その麺に絡むスープですが、豚頭やゲンコツなどからじっくり煮出されたという、濃厚ながらクリーミーな仕上がりのものとなっています。途中で中央の辛味だれを溶かしつつ、味の変化も楽しめますね。具材のチャーシューやキクラゲなどを間に挟みつつ、美味しく食べ進めることが出来ました。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 6

一緒に頼んだセットの「豚めし」です。
濃厚な味付けの豚肉に、マヨネーズも掛けられています。表面には白髪ネギも散らされていますね。単品でも充分に美味しかったのですが、取り分け皿がなかったため口にしていなかった、無料のピリ辛もやしをこちらの器へ投入しました。濃厚さを中和しつつ、もやしのしゃきしゃきした食感が加わり、がっつりと頂くことが出来ました。替え玉をしようか少しばかり迷ったのですが、今回はそのままラーメン共々完食となりました。最終的にお腹いっぱい、満足です。

個人的には与那原町、那覇市とも立地的にはどちらも寄りにくいということはないのですが、那覇市に出店したからという理由で足を運ぶお客さんも多そうです。ただ、場所柄しょうがない部分ではあるのですが、駐車場が無い点は、ラーメンファンの選択に影響を与えそうです。落ち着いてじっくりラーメンを頂くつもりでしたら、本店の方が良いのかもしれません。今回の那覇市出店で、初めて「武虎」を知った一般のお客さんもいらっしゃるでしょうし、ますます活発な営業展開を見せることになりそうです。個人的には各店舗ごとの特色が、より一層表へと出てきたら嬉しいですね。これからの「武虎」の動向にも期待します。

沖縄 ラーメン 麺屋武虎わかさ店 純豚骨ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市若狭2-3-13
電話:不明
営業時間:21:00-翌6:00
定休日:第2・第4水曜日、毎週日曜日
駐車場:無し

武虎 若狭店ラーメン / 県庁前駅美栄橋駅旭橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

陳麻家 「担々麺(6)」

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 1

那覇市泉崎の「陳麻家」へ行って来ました。
少しばかり前に前に訪れていますが、今回は改めてがっつり仕様で頂こうと考えての来店となりました。セットで注文をすることも多いのですが、その際に感じる微妙な物足りなさ(主に分量面ですが)を変える方向ということです(笑) もっとも前回は、近隣の「ワイン食堂 Makato」からのハシゴラーメンでしたので、併せてしっかりと満腹にはなっていましたが……(^_^;) こちらの営業時間は午前11時から午後3時までなのですが、この日は午後2時に入店となりました。

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 2

「陳麻家」のメニューです。
前回は「ミルフィーユとんかつセット(750円)」をお願いしたのですが、その際は小サイズの「担々麺(単品では450円)」がセットになっていました。ライスととんかつもセットですので、それでもボリューム感は充分にあるのですが、今回はその担々麺をフルサイズ(それ以上?)にして、がっつりと頂こうという趣向になっております(^_^;) ということで本日の注文なのですが、「担々麺(大)(750円)」に単品での「ミルフィーユとんかつ(290円)」、そして「ライス(大)(200円)」をお願いすることにしました。構成としては「ミルフィーユとんかつセット」と同じですが、ボリューム感が更に増されている形になりますね。ちなみにこちらの主力品目は、「担々麺」以外に「陳麻飯」も用意されているのですが、ここはやはり白飯にてがっつり味わう所存です(笑)

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
間仕切りがされた対面式のカウンター席があり、その前方が厨房で、後方にはテーブル席が用意されています。確かにお昼のピーク時を過ぎた、午後2時頃の来店だったのですが、お客さんは完全に引いた状況となっていました。こちらは正午頃にはとても混雑しており、近隣でお仕事をされている方などが、ランチで利用をされているみたいですね。実際にお店側も完全に割り切った営業形態(日曜・祝祭日休み、ランチタイムのみ営業)を取られているですが、ラーメンファンにとってはそれでちょっと寄りにくい店舗となっています。元々が東京に本社があるチェーン店なのですが、県内ではこちら「泉崎一丁目店」のみの営業ですので、もう一店舗ほど夜間にも開いているお店があったら嬉しいですね。

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 4

程なくして運ばれた、単品で注文して構成された「ミルフィーユとんかつセット」です。
前回頂いた通常のセット記事はこちらとなっています。大きめのライスの器は、通常のセットと同じものなのですが、入っている量はやはり多くなっていますね。それと各単品で頼んでいるにも関わらず、漬け物の小皿を付けてくれているのは嬉しいところです。それとも単品の「ミルフィーユとんかつ」に付いてくるのかな? 「担々麺」の麺はお馴染み細めのストレートのものですが、“大盛り仕様”にしただけあって、スープ表面に浮き上がって見える部分が広くなっています。青菜はやや少なめですが、挽き肉がたっぷりなのが嬉しいポイントですね。

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 5

本日の(笑)、「ミルフィーユとんかつ」のアップです。
使われている油が影響しているのか、衣はこんがり感があるのですが、内部の薄切り豚肉は綺麗にほぐれるように揚げられていました。濃厚なとんかつソースと、ライスとの組み合わせ反則ものです(笑) 一緒に頂いている「担々麺」も、胡麻の風味が香る濃厚な作りなのですが、梅ダレがかかったつけ合わせのキャベツが、良い口直しの役目も果たしていました。ライスも大サイズにしているのですが、それでも足りなくなりそうでした(^_^;)

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 6

そこで何故か「半替え玉(50円)」も追加注文です(^_^;)
こちらで替え玉を注文するのは、初めてになるでしょうか。麺への絡みが良い粘度の高いスープに、更に大盛り仕様にしたこともあって、残ったスープの量がちょっと少なめになってましたが、がっつり仕様の最後の仕上げとなりました。でも替え玉を投入すると、やはりスープがやや薄めになりますね。後から物足りなさを感じるときの追加注文は有りでしょうが、がっつりと行きたい時には、最初から大盛りの注文が良いのかも。後半までのびを感じない麺となっていますしね。今回はさすがにお腹いっぱい、満足です。

こちらのお店が提供する「担々麺」は、自分がイメージする、王道な作りそのものだったりします。ふと「担々麺」が食べたくなったときに、営業時間外などで、気軽には立ち寄れないのが残念ですね。今回の来店で、しっかりがっつり仕様にて頂きましたので、次回の来店はしばらく先になりそうです。そうそう、そういえば夏季限定らしい「冷やし坦々麺」も提供されていましたね。夏が終わってしまう前に、再訪問もあるかもしれません(笑)

沖縄 ラーメン 陳麻家 担々麺 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市泉崎1-8-21 サンハイツ喜納103
電話:098-863-0914
営業時間:11:00 - 15:00
定休日:日曜日・祝日
駐車場:無し

陳麻家 泉崎一丁目店四川料理 / 旭橋駅県庁前駅壺川駅

昼総合点★★★★ 4.0

麺屋 虎威原 「辛味噌らーめん」

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 1

南風原町兼城の「麺屋 虎威原(とらいばる、と読みます)」へ行って来ました。
前回ブログ記事からの続きとなります。前日のオープン日である8月25日(土)に訪れ、その際に2杯分を頂いていたのでした。今回はその後半部分の記事となります。オープン初日と翌日はオープンセールということでしたが、本日(8月26日(日))はさすがに台風の影響で閉まっているのでしょうね(^_^;) まあ初日に当たらなかった分には、まだ幸いと言えるのでしょうか。こちらは那覇市首里石嶺町の「白虎」の2号店ということで、店舗内の作りや提供されているラーメンに、共通するものがあるようです。お店には、開店直後に入店となっています。

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 2

「麺屋 虎威原」の、店頭に掲げられていたメニューです。
オープンセール期間中ということで、券売機は稼働させずに直接現金販売となっていました。提供品目については手書きのメニュー表で、『らーめん・辛味噌らーめん・醤油らーめん』の3種類に絞り、それぞれ500円のサービス価格となっていたのですが、本来のレギュラー品目や価格についてはそちらでは不明でした。表の看板によると「つけ麺(750円)」なども提供されるようですね(醤油らーめんが記載されていないのが気になります。もしかするとオープン限定だったとか?)。さて今回の注文ですが、二番目に記されていた「辛味噌らーめん(750円⇒500円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 3

先ほど触れた、手書きのメニュー表のアップです。
オープンセール限定の3種のラーメン以外に、トッピングには「チャーシュー(3枚)(150円)」など7種類、「明太ごはん(200円)」などのサイドメニューの5種類が記載されています。全体の提供品目はこの時点では見えていないのですが、バリエーションなどを含めますと、結構な品揃えになっているのかもしれませんね。前回記事でも書きましたが、「餃子(6コ)(300円)」がかなり美味しそうでしたので、次回来店の機会がありましたら、忘れずに注文したいと思います(笑)

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 4

二杯目を注文している間に、隣のお客さんが帰られたのでカウンター席上の様子です。
入り口側からすぐに、間仕切りがされた対面式のカウンター席があり、片側に3名が座れるようになっています。その奥側に厨房が位置していました。一番奥側には座敷席があり、背後にはテーブル席が設置されています。店内はそれほど広くはないのですが、回転の早いラーメン店では充分な収容数になっているかと思います。

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 5

程なくして運ばれた「辛味噌らーめん」です。
最初に「らーめん」を頂いているので、ある程度は予想していたのですが、具材などの構成は同じもののようですね。チャーシューに、たっぷりのキクラゲとネギ、キャベツ、海苔となっていました。異なる部分はいかにも辛味が加わっているらしい、赤味がさしたスープでしょうか。トッピングには「辛味噌(100円)」なるものが用意されているのですが、「らーめん」にそちらを追加したら、「辛味噌らーめん」になってしまうのでしょうか? 見た目的にかなり「白虎」らしさを感じたのですが(といいますか、同品目は本店でも扱っていますね(^_^;))、前回の「らーめん」ではそこまでではなかったのは、スープの透明度から来ているようです。本店ではもっと白濁とした、粘度の高いスープがイメージとしてありますね。

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 6

「辛味噌らーめん」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。お店の製麺室で作られた、自家製という麺なのでしょうね。細めながらも茹で加減が程よく固く、存在感のある麺となっています。その麺に絡むスープですが、前回の豚骨が中心に感じられた「らーめん」のスープをベースに、辛味噌が加えられたものとなっているようです。やや粘度があり、辛味はもちろんなのですが、酸味も感じる仕様となっていました。キクラゲやキャベツなどの具材との相性も良かったのですが、やや重めの作りではありますね。この日二杯目ということもあり、また辛さ耐性が低めの自分にとっては、食べ進める勢いが少しばかり落ちて来ました(^_^;) ベースが美味しいラーメンですので、辛いもの好きな方には特に好まれる一杯なのでしょう。麺を啜り尽くし、完食となりました。

食べ終わってしまうと、いよいよ「醤油らーめん」が気になりますね(^_^;) さすがに一度の来店での三杯目は遠慮しましたが(笑)、レギュラー品目として扱われているのでしたら、次回来店時にはぜひ頂いてみたい一杯です。「白虎」の2号店ということで、共通する品目はあるようですが、やはりある程度方向性の違いも出しているようです。個人的には、「麺屋 虎威原」ならではのラーメンに期待してしまいますね。次回の訪問は、オペレーションも落ち着いた時期になりそうですが、その頃には地元の常連さんが出来ていそうです。台風の来襲もあり、ちょっとばかり嵐の船出(?)となりましたが、今後の営業展開を楽しみにしています。

沖縄 ラーメン 虎威原 辛味噌らーめん 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町兼城713
電話:098-889-8775
営業時間:11:00 - 23:00
定休日:毎月第4月曜日(祝祭日は翌日休み)
駐車場:有り

麺屋 虎威原 「らーめん」

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 1

南風原町兼城の「麺屋 虎威原(とらいばる、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは本日(8月25日(土))オープンしたお店ですね。しばらく前の店舗工事中より、新規オープンのお話しが出ていました。何でも那覇市首里石嶺町の「白虎」の2号店ということで、どのようなラーメンを提供されるのか、楽しみにしての来店となりました。場所的には南風原町役場や郵便局のある通りで、329号線の大通りからは少しなかに入ったところですね。お店には、開店時間となる午前11時過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 2

「麺屋 虎威原」のメニューです。
本来は券売機方式らしいのですが、オープンセール期間中は直接現金販売とされるようです。ラーメンの取り扱いは『らーめん・辛味噌らーめん・醤油らーめん』の3種類に絞り、それぞれ500円のオープン記念価格での提供となるようですね。ラーメンは限定3種なものの、トッピングは「半熟卵(100円)」など7種類、また「餃子(6コ)(300円)」や「辛肉ごはん(200円)」などのサイドメニューが5種類と、既に実績のあるラーメンとして、こちらは幅広く提供をされていました。なおオープンセールについては、本日と明日(8月26日(日))までの2日間なのだそうです。うーん、今日までは大丈夫でしたが、明日は大型台風の影響を受けてしまいそうですね(^_^;) さて今回の注文ですが、筆頭に記されていた「らーめん(650円⇒500円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 3

待っている間に入り口側を写してみました。
入り口から入ってすぐのカウンター席に座ったのですが、店内側にはお客さんが座っていたので、撮影の方はさすがに遠慮しました(^_^;) さきほどの券売機横には、ちょっとしたお庭のような流れる水の装飾がされていますね。その向かい側には製麺室らしきスペースがあり、よくよく看板を確認しますと“自家製麺”と文字が書かれていることから、使われている麺はこちらで作られているのでしょう。店内は比較的こぢんまりとした作りとなっており、やや暗めの照明などの雰囲気は、那覇市の「白虎」と共通するものがありました。

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 4

カウンター席上の様子です。
卓上はすっきりとまとめられており、調味料類は“柚皮黒胡椒”以外に、餃子用でしょうか、お醤油とラー油が置かれているのみでした。余談になりますが、「餃子(6個入り)」を頼んでいる方が結構多く、目の前を運ばれて行くのですが、どれも綺麗な焼き上がりの上に大ぶりで、余程追加注文しようか迷いました(ラーメンからは遅れて運ばれることになるため断念(^_^;))。お水はレモン入りのポットが卓上に置かれていました。最近オープンされるラーメン店は、どちらも綺麗でお洒落な雰囲気作りがされていますね。

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 5

程なくして運ばれた「らーめん」です。
シンプルな名称で、運ばれる前は内容が想像しにくかったのですが、具材などの構成はやはり「白虎」を彷彿とさせるものとなっているでしょうか。柔らかなチャーシューに、たっぷりのキクラゲとネギ、キャベツ、海苔などとなっています。麺は自家製ということでしたね。

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 6

「らーめん」の麺ですが、中細のほぼストレートのもの。細めですが角がある作りで、口中でしっかりと存在感のある麺でした。その麺に絡むスープですが、豚や鶏と合わせたものでしょうか、脂分や塩味がくっきりと効いた旨味のある仕上がりとなっています。具材のチャーシューやキクラゲ、キャベツなどとの相性も良く、ごはんが欲しくなりました(笑) やや塩味が強めと感じる方もいるかもしれませんが、個人的にはこれくらいあった方が、特徴があって良いですね。後半になって卓上にある“柚皮黒胡椒”を投入して、すっきりしたスパイシーさを加味し、味の変化を付けることも出来ました。丁寧に作られた美味しい一杯でしたね。最後はスープの一滴も残さず完食です。

さてせっかくのオープン初日の初訪問ということで、もう一杯追加で注文することにしました。まあ当初からそのつもりでの来店だったのですが……(^_^;) 那覇市寄りではありますが、南風原町の南部に、また新しいラーメン店が出来たのは嬉しいことですね。以前から県内で活発に営業されているラーメン店が、更に2号店を出店されるというのも、いちラーメンファンとしても喜ばしいことです。これから地元の方にも口コミで知られて行くでしょうし、今後の展開にも期待したいところですね。とりあえず、ブログ記事は次回へと続きます(笑)

沖縄 ラーメン 虎威原 らーめん 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南風原町兼城713
電話:098-889-8775
営業時間:11:00 - 23:00
定休日:毎月第4月曜日(祝祭日は翌日休み)
駐車場:有り

味千ラーメン 中城ハイウェイショップ上がり店 「味千ラーメン(3)」

沖縄 ラーメン 味千ラーメン 1

沖縄自動車道の中城パーキングエリア内にある、「味千ラーメン」へ行って来ました。
前回訪れたのが今年の2月になりますので、ちょうど半年振りくらいになりますね。こちらは熊本市に本拠を置くラーメンチェーン店なのですが、沖縄ではなぜか沖縄自動車道のパーキングエリアに店舗を構えることになっています。去年末頃のオープン当初は、元からあった食堂も融合していたような雰囲気もあったのですが、しばらくすると提供品目も増え、すっかり「味千ラーメン」単独の店舗になったようです。今回は、毎月22日の「味千感謝デー」のタイミングに高速道路を利用する機会に恵まれ、帰りがけに寄ってみることにしました。そうです、前回記事である「風風ラーメン」からハシゴとなっています(^_^;) お店には、午後5時前に入店となりました。

沖縄 ラーメン 味千ラーメン 2

入り口側にあった「味千感謝デー」の告知ポスターです。
『九州の味、熊本生まれ、世界の味千ラーメン』とも書かれていますね。こちらは中国を中心に、世界中で800を超える店舗数を誇る、一大ラーメンチェーン店となっています。出店舗数については、以前から更に増え続けているようです(現在は海外728店舗、国内101店舗とのこと)。ずいぶんと中国の方に受け入れられているらしく、どこかあちらの方の琴線に触れるような味わいなのでしょうね(笑) さて毎月22日は「味千感謝デー」ということで、一杯550円のところを半額近い300円で提供をされているようです。お店前の壁際にも、感謝デーと書かれたのぼりが、何本も立てられていました。

沖縄 ラーメン 味千ラーメン 3

「味千ラーメン」の券売機です。
現在は品目数が増えて、全体を写そうとすると、書かれている文字が見えづらいほどの大きさになっています(^_^;) 「味千ラーメン」をベースに野菜やコーンが増されたバリエーションのラーメンや、味噌や醤油などの一般的なラーメンも用意されています。最後に「三枚肉ラーメン(650円)」なるものも並べられているのですが、これは沖縄ならではの品目なのでしょうか。国内でもそうらしいのですが、国外だとなお地元に密着した、それぞれ特色のあるラーメンを提供されているようですね。さて今回の注文ですが、もちろん「味千ラーメン(550円⇒300円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 味千ラーメン 4

程なくして用意された「味千ラーメン」です。
こちらは食券を提出し、渡された番号札の番号を呼ばれましたら、自分で取りに行く方式となっています。食べ終わったら、返却口に自分で戻します。混雑するような時間帯ではなかったこともあり、すぐに出来上がりました。お客さんは当初ほとんどいなかったのですが、それでも食べている最中には途切れなく入って来ていましたね。運ぶ最中にスープがこぼれたりしないように、トレイに載せられたラーメン丼の下には滑り止めの敷布がされていました。

沖縄 ラーメン 味千ラーメン 5

「味千ラーメン」の麺ですが、細めのほぼストレートのもの。博多ラーメンのそれよりはやや径があるもので、厳選された数種の小麦粉を使った、自家製のものだそうです。具材はチャーシューにキクラゲ、ネギに半玉となっています。キクラゲはコリコリと食感が良く、チャーシューもなかなか厚めとなっています。標準で半玉が入っているのも嬉しいですね。元の550円という価格設定でも充分に安価なのですが、感謝デーの本日はこれが300円で頂けます。もちろん構成に省かれている部分もなく、お得な内容となっています。ストレート麺に絡む豚骨スープですが、全体的にマー油のような独特な香りが漂っていました。味千ラーメン独自の「千味油」なるものが加えられていて、元々の白濁した豚骨スープから、褐色の色合いと、コクに風味が足される形になっています。卓上にはフライドガーリックも用意されていたのですが、この日は二杯目だったこともあってか、それ以上はややくどさを感じてしまうようで、今回は利用しませんでした。“熊本ラーメン”は、ニンニクの風味も特徴であるようですね。最後はスープの一滴も残さず、美味しく完食です。

前回来訪した記事にも書いたのですが、中城PAは2月14日付けにてリニューアルオープンをされたのですが、こちら「味千ラーメン」もその日付をもって、グランドオープンとされているようです。確かにリニューアルに伴って看板などが設置され、外観や内装なども綺麗になりましたからね。ブログ記事タイトルに挙げた「味千ラーメン 中城ハイウェイショップ上がり店」が正式名称になるようです。今回は久しぶりの来店になりましたが、次回来店の機会がありましたら、「味千ラーメン」以外の品目を試してみても良いですね。

沖縄 ラーメン 味千ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県中城村新垣1858(沖縄自動車道中城PA 南(那覇)向け側)
電話:098-895-2052
営業時間:8:00-20:00
定休日:不定休
駐車場:有り

風風ラーメン 名護店 「みそ」

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 1

名護市東江の「風風ラーメン 名護店」へ行って来ました。
最初に書いておきますと、毎月22日は“風風の日”ということでこちらのお店へ寄ったのですが、その為にわざわざ名護市まで出向いた訳ではもちろんありません(^_^;) 名護市内に所用があって訪れたのですが、当初はせっかくのことですから未訪のラーメン店へ向かおうとしていました。ところがタイミングが悪く、午後2時半を廻ろうという時間帯でした。午後3時から中休みを取るお店がほとんどだろうと考え、とりあえず目に入ったお店へ伺おうとしたのですが、「なごみ亭」はどうやら閉まっている様子(こちらは数日のお休みをちょくちょく取っているようです)。そのまま通りを進み「まーさん堂」へ向かったのですが、こちらもお店は閉まっていて、なにやら工事をしている様子です。改築? 閉店ということはないですよね?(^_^;) そのまま更に北側へ進み、未訪の「一平」なるお店の前に着いたのですが、昼の部は午後2時半までなのだそうです。仕方なく所用を済まし、帰りがけに中休みの無い、「風風ラーメン」へ訪れたのでした。こう書きますとちょっと失礼ですが、気軽に確実に入れるチェーン店舗は本当に助かります。お店には、午後3時半過ぎに入店となりました。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 2

前置きが長くなりましたが、「風風ラーメン」のメニューです。
“風風の日”専用のメニューが用意されており、レギュラー品目のなかから、『とんこつ・しょうゆ・みそ』などが390円で提供されることになります。本来の価格はどちらも600円ですので、210円が割引されることになります。過去にも“風風の日”狙いで、与那原店にて「とんこつ(3月訪問)」と「しょうゆ(5月訪問)」を頂いています。良い来店の動機づけにもなっていたのですが、6月・7月はタイミングが合わず、思いがけず8月になって名護店にて頂くことになりました。という流れにて、注文はもちろん「みそ(600円⇒390円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 3

卓上に用意されていたキャンペーン等のお知らせです。
8月末までということで、もうすぐ終了になりそうですが、掲載のラーメンを頂く度にスタンプ1個押しで応募が出来るようです。各景品1名もしくは2名までで倍率は高そうですが、「風風ラーメン」でもこういったキャンペーンを行っていたのですね。それと夏季限定麺になるのでしょうか、「とまとらぁめん(700円)」がセットで紹介されていました。通常の温かいスープのラーメンと、冷たいものの2種類が用意されているようです。ジャンル的に完全に定着してはいないでしょうが、トマトラーメンはちょくちょく見かけるようになりましたね。冷たい仕様でしたら、確かに相性は良さそうです。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 4

程なくして運ばれた「みそ」です。
お店側の表記に倣っているのですが、“ラーメン”が付かない「みそ」だけですと、文字にするとちょっと変な感じがしますね(^_^;) 店内で注文を告げる限りは、違和感はないのですが……。「みそ」の具材ですが、たっぷりのもやしにコーン、青ネギに白ネギとなっています。一番上にはおろし生姜が載せられていました。挽き肉も入っていましたが、これは食べ終わる直前の、スープを飲み干す段階までちょっと判らない程度の量でした。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 5

「みそ」の麺ですが、中太のちぢれが入ったもの。くっきりとした食感で、後半までのびを感じない麺でした。汎用の一種類の麺で統一するお店も多いと思いますが、こちらは『とんこつ・しょうゆ・みそ』の各レギュラーのラーメンで、麺をそれぞれ使い分けています。試したことはありませんが、麺を入れ替えてラーメンを注文することも出来るようです。その麺に絡むスープですが、濃厚な味わいの味噌となっていました。おろし生姜も載せられていましたが、やはりスープ自体にもその風合いがありましたね。もやしはしゃっきり感を優先しているのか、やや青さを感じましたが、味噌スープ自体が濃い味ですので、麺共々一緒に食べるとまとまりのある食べ応えとなっていました。後半になってスープをレンゲで掬うと、コーンも一緒に入ってくるのが、食べ進めるなかで良いアクセントになっていたかと思います。そのままスープの一滴も残さず、完食です。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 6

最後に名護店(地域)限定らしいメニュー表です。
それぞれお持ち帰り可能な「クレープアイス(180円)」が三種類に、「黄金の手羽先(4本入り)(380円)」という品目も提供されているようですね。他店では見かけたことがなかったので、県内ではこちら名護店のみの取り扱いかもしれません。その他ランチタイム(11:30~14:30)には、プラス200円(?)でラーメンと丼物のサービスセットも実施しているようです。時間が過ぎると席からメニュー表を下げるようで、詳しい内容は判りませんでした(壁際にお品書きが掲示されていました)。後の集客にも繋がると思いますので、敢えてそのまま置いていてもよさそうですよね。

“風風の日”のサービス適用ラーメンですが、メニュー表から順序良く注文していて、今回で『とんこつ・しょうゆ・みそ』を全て頂きました。まさか遠く名護店で完了する形になるとは思ってもいませんでしたが……(^_^;) 来店した際は、一番お客さんが少ない時間帯だったはずですが、それでも何組かの出入りがありました。名護市における立地や取り扱い品目などから、お客さんの層は広そうですね。「風風ラーメン」への次回の来店はいつになるか判りませんが、またタイミングが合えば22日に(それ以外も)訪れたいと思います。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン みそ 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県名護市東江5-10-36
電話:0980-38-0115
営業時間:11:30-翌1:00
定休日:無休
駐車場:有り

風風ラーメン 名護店ラーメン / 名護市)

昼総合点★★★☆☆ 3.0

麺や偶 もとなり 「3:7 バランスの破壊(つけめん)」

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 1

那覇市銘苅の「麺や偶 もとなり」へ行って来ました。
「順番で限定でvol.2」イベントの二回り目店舗として、「武蔵家」と「麺や偶 もとなり」が参戦されています。当然、各店舗一品目のみと思っていたのですが、「麺や偶 もとなり」はラーメンとつけ麺、それぞれ一品目ずつ提供をされていますね。提供期間は8月15日(水)から8月28日(火)までとなっているのですが、「3:7 バランスの破壊(らーめん)」については、初日に頂くことが出来ました。ラーメンはかなり癖のある仕上がりながら、イベントのテーマ(「破壊」)にも沿う、意欲的な一杯だったかと思います。同品目名でつけ麺も提供されているということで、楽しみにしながらの来店となりました。お店には、平日の午後2時頃の入店です。

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 2

前回記事でも掲載しましたが、「3:7 バランスの破壊」のお品書きです。
変わった品目名なのですが、“3:7”と書かれた比率の内訳は、『3(鮮魚):7(豚骨)』となっているようです。比率としては多くは豚骨が占めているのですが、魚介とは言っても節系ではなく、鮮魚を使っているからか「らーめん」では、かなり生臭みのあるスープとなっていました。そのためにフーチバーや香辛料などもたっぷりと使われていたのですが、特徴的な仕上がりとなっていて、個人的にはとても満足感のある一杯となっていました。さて今回の注文ですが、もちろんもう一品となる「3:7 バランスの破壊(つけめん)(800円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 3

注文に際しての、補足的(?)な画像です。
上記のお品書きでは「つけめん」の基本仕様は不明ですが、どうもレギュラーの「つけもとなり」と同じ構成となっているようです。つまり『小盛(200g)と中盛(280g)が基本価格の同額設定』、『大盛(350g)が100円増し』、『特盛(450g)が200円増し』にて提供をされているようでした。注文時に「中盛(280g)」でお願いをし、最初で「割りスープ」も頼んでおきました。それとランチタイムにてプラス100円で提供される、「Cセット(チャーシュー丼)」も追加注文です。こちらは中休みが無いこともあるのでしょうが、ランチタイムが長めに設定されているのも嬉しいですね。

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 4

程なくして運ばれた「3:7 バランスの破壊(つけめん)」です。
麺の器には大ぶりな炙りチャーシュー、「らーめん」時と同様に、フーチバーと揚げニンニクが載せられています。つけ汁の器はずいぶんと大きめですね。「特盛(450g)」の注文にも応対出来るように、大きめにしているのでしょうか? 底が深く余裕がありますので、食べやすかったかと思います。こちら側にはたっぷり白ネギが浮いていますね。最初にお願いしておいた「割りスープ」ですが、“魚介”と“豚骨”が選べるということで、今回は後者を頼みました。お椀に入って運ばれましたが、分量がちょっと多めですね。専用の容器かポットなどで用意されると勝手に思い込んでいたのですが、これは余ったスープは処分されるのかな。使い切れない分が出てしまうのは、ちょっと申し訳ない気がします(^_^;)

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 5

「3:7 バランスの破壊(つけめん)」の麺ですが、太めのほぼストレートのもの。もちもちとした口当たりの奧に、ぷりっとした弾力感のある美味しい麺でした。「つけもとなり」で使われているものと同じ麺のようですね。その麺に絡むつけ汁ですが、やや粘度があって、覚悟していたほどお魚の臭みは強くありませんでした。「らーめん」と比べてしまうと、バランスは取れていた形になるのでしょうね(笑) それもあってか、つけ汁のなかに入っている香辛料などの辛味や、臭み消しに用意されていたであろうフーチバーの苦みなどが、割りと目立つ形になったようです。それはそれで尖ったアクセントになって、良かったかな? 揚げニンニクのスライスひとつひとつが大きくて分量もあり、この日はずっと口中に風味が残ってしまいました(^_^;) もっともこういった思い切った作りが、「もとなり」の限定麺らしさでもあるようです。

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 6

少し遅れて運ばれた「Cセット」のチャーシュー丼です。
ごはんの上には、細かいブロック状のチャーシューに刻み海苔が載せられています。こちらは以前も一度頼んだ覚えがあるのですが、今回はかなりひたひたのつゆだく状態でした。やや甘めながらも香ばしさを含んだ旨味のあるつゆダレで、これはこれで美味しかったのですが、もっとごはんを追加したくなりますね(笑) このアングルからですと、つけ汁の器の大きさと割りスープの分量の多さがよく判ると思います(^_^;) 麺やチャーシュー丼を食べ尽くし、最後は割りスープでつけ汁の一滴も残さず完食です。

最初に頂いた「らーめん」ほどの鮮烈なインパクトは無かったものの、こちらも「バランスを破壊」しつつも、完成度の高いつけ麺だったかと思います。100円でお手軽に追加出来る、ランチタイムのセットメニューの存在も大きいですね。単調に陥ることもなく、最後まで食べ進めることが出来ましたし、お腹いっぱいにもなりました(笑) 今回の期間限定麺の提供は8月28日(火)までとなりますので、興味を持たれた方は終了までに、ぜひお店へ訪れてみてください。

沖縄 ラーメン 麺や偶もとなり 3:7バランスの破壊つけめん 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市銘苅180-1
電話:098-862-0401
営業時間:11:00 - 24:00
定休日:無休
駐車場:有り









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。