スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

台湾小吃 花蓮 「酸辣麺」

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 1

宜野湾市普天間の「台湾小吃 花蓮(シャオチー かれん、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは2011年10月にオープンしたお店になります。ずっと以前からお伺いしたいと考えていたのですが、お店は水・金・土曜日と、週に3日間しか開いていないという変則的な営業形態もあって、なかなか訪れることが出来ませんでした。営業時間は午前11時からラストオーダーが午後9時までとなっていて、中休みが無いことはまだ訪れやすいですね。お店の立地としては、すぐ近くにラーメン店の「まるよし」があるといえば、こちらのブログをご覧になっている方には判りやすいでしょうか? ランチタイムの設定もあるらしく、間に合うかなと考えながら、午後3時前の入店となりました。ちなみにランチタイムは開店から午後2時までということです(^_^;)

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 2

「台湾小吃 花蓮」のメニューです。
文字が小さめなため、掲載画像ではちょっと見えづらいかもしれません。こちらのお店は店名にある「小吃(シャオチー)」の名称のとおり、手軽に食べられる料理を提供されています。店頭の立て看板にも書かれていましたが、メインは「小龍包(ショーロンポー)」としているようですね。自分はもちろんラーメンを一番の目的として来店したのですが、メニューの“湯(スープ)”とラーメンのスープは共通となっており、品数はごくごく絞られたものとなっているようでした。さて今回の注文ですが、実はかなり楽しみにしていた「酸辣麺(600円)」をお願いすることにしました。さんらーたんめん(酸辣湯麺)ではなく、表記はさんらーめん(酸辣麺)になるようです。それと、お店としてのメイン品目である、「小籠包(550円)」も追加で注文をしました。

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 3

程なくして運ばれた「酸辣麺」と「小籠包」です。
タイミングとしては同時に運ばれて来たのですが(個人的には間が開かない方が嬉しいです)、「小籠包」は蒸したセイロを開いた時、ぶわっと湯気が出たのがかなりの迫力でした。8個入りというのも分量がありつつ、末広がりな感じ(?笑)で良いですね。「酸辣麺」ですが、メニューにも書かれているとおり、とても具だくさんな内容となっていました。今回は、いつものようにお願いするご飯ものは頼みませんでしたが、この内容は画的にも、かなりのボリューム感となっています。

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 4

「酸辣麺」の麺ですが、中細のストレートのもの。やや柔らかめなのですが、中華系統のラーメンにはこれくらいの茹で加減が似合いますよね。表面は滑らかで美味しい麺でした。その麺に絡むとろみが付いたスープですが、“酸辣(さんらー)”の名称のとおり、酸味と辛味が効いています。酸味は黒酢でしょうか、尖ったものではなく、まろやかな味わいとなっていました。具材には挽き肉や豆腐、人参に筍に葱、木耳や榎茸など、盛りだくさんな内容となっています。香草(パクチーでしょうか)も入っていますので、ちょっと癖のある仕上がりとなっていました。後述する「小籠包」と共に、たまらずビールが欲しくなり、注文してしまいました(^_^;)

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 5

卓上に用意されていた「小籠包の食べ方」です。
メイン品目ということもあり、丁寧に食べ方も記されていました。必要になる生姜や黒酢、また小皿などの食器類も、壁際に別途セルフで取れるよう用意されています。醤油はお好みでということでしたが、一緒に頼んだのが酸味のある「酸辣麺」だったこともあり、半々で投入させてもらいました。ついでに用意されていた唐辛子(と書いてましたがラー油ですね)も軽く投入しています。

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 6

食べ方のとおり、レンゲに小籠包を載せ頂いてみました。
先述のとおり、セイロで蒸されたばかりの出来たてが運ばれますので、ここは手早く頂くのが良いですね。小皿のたれを付けた小籠包をレンゲに載せ、更にその上に細切りの生姜を載せます。一気に口中に投入し、溢れる熱々の肉汁を味わいました。酒飲みの感覚でしょうか(笑)、細く切られた生姜が、旨さを一層引き立ててくれます。後半になるにつれ肉汁が戻ってしまうのか、早ければ早いほど美味しく頂けるようでした(そのためか、持ち帰りの対応はされていないようです)。

念願が叶っての来店だったのですが、お店の雰囲気も込みで、とても心地良く美味しい時間を過ごせました。お店はご夫婦で営業されていて、店主は台湾出身の方のようですね。しかし大きなお世話ですが、生業がこちらのお店だけだとすると、週3日でやっていけるのでしょうか?(本当に大きなお世話(^_^;)) 今回はランチタイムから外れての来店だったのですが、次回はしっかりと時間内に訪れたいと思います。お店の営業形態から、すぐ翌日にとは行きませんが(笑)、そう遠くない内に再訪することになりそうです。

沖縄 ラーメン 台湾小吃 花蓮 酸辣湯麺 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市普天間2-6-15
電話:098-988-9982
営業時間:11:00 - 21:00(L.O)
定休日:日・月・火・木曜日(営業日:水・金・土曜日)
駐車場:有り

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。