スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

餃子の一心 「一心七福神ラーメン」

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 1

うるま市江州の「餃子の一心」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑30/57
前回の段階なのですが、「沖縄ラーメン大図鑑」の半額クーポン店巡りも、ようやく折り返しに差し掛かりました。個人的に行きやすい立地である中南部からクリアをしていて、最近はペースが落ちて来ていますね(^_^;) 今後は遠征をするつもりでの来店になってくるかと思います(つまり一度に複数店舗を廻る、ハシゴラーメンの形式も増えそうです)。さて今回はうるま市への遠征となるのですが、ほとんどこちらのラーメン店へは訪れていないのですよね。遠方であることはもちろんなのですが、例えば沖縄市などのように、ラーメンファンの間で話題になるようなお店があまり聞こえて来ないのも、理由のひとつになっているかと思います。今回のクーポン企画は、これまた良い動機付けとなりました。お店には、開店時間である午前11時に入店となりました。

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 2

「餃子の一心」のメニューです。
お店一番のお勧めらしい「一心七福神ラーメン」以外にも、「醤油ラーメン(480円)」など、数種類のラーメンが用意されています。その他に「焼きぎょうざ(280円)」や、「チャーハン(520円)」などのサイドメニューにあたる品目も充実していますね。表面にも丼物や一部定食類が掲載されているのですが、裏面にも「エビチリ定食(890円)」など、中華的な品目を中心として、各種定食類が豊富に載せられていました。品数豊富で地元の方には良いですね。さて今回の注文なのですが、お目当てである「一心七福神ラーメン(680円⇒340円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 3

待っている間に店内の様子を写してみました。
奥には個別になった座敷席があるようで、ちょっと居酒屋のような雰囲気もありますね。画像の右手側に厨房があり、かなり広くスペースが取られているようでした。この日は開店直後の来店だったのですが、夜間になりますと、居酒屋のような使い方をされるお客さんもいらっしゃるかもしれません。店頭には広めに取られた駐車場があり、同じ敷地内には居酒屋もあるようですが、経営母体は同じなのでしょうか? 夜間になりますと、周辺を含めてより賑わいそうな印象でした。

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 4

程なくして運ばれた「一心七福神ラーメン」です。
お店の名前を冠しているということもあり、オリジナル要素を組み込んだ凝った作りとなっているようです。メニューには、『七つの調味料、七つの具材コラボ、福来たる! かも…』と書かれています。“七福神”のネーミングはここから来ているようですね。七つの具材の内訳としては、挽き肉に青梗菜にメンマ、もやしに椎茸に半玉、それと肝肉などが入っているようでした。スープ表面には白胡麻をメインに、黒胡麻も若干浮いています。スープの色合いは赤味がさし、挽き肉や青梗菜などの具材から、担々麺風なラーメンのように見えます。小皿には、ごまだれが掛かった春雨のサラダが載せられていました。トレイに載せられ、ちょっと豪華な印象がありますね。

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 5

「一心七福神ラーメン」の麺ですが、中細のややちぢれが入ったもの。固すぎず柔らかすぎず程よい茹で加減の麺ですが、辛味のあるスープには、やや柔らかめくらいでも良いように思います。その麺に絡むスープですが、先述のように担々麺のイメージもある、辛味のあるタイプです。酸味も結構強く、そういう意味でも近いものがあるかもしれませんね。また画像ではちょっと隠れていますが、挽き肉や青梗菜も結構な分量が入っていました。七つある具材の中では椎茸がちょっとめずらしく、またこのスープや麺に似合っていましたね。これもアングルの関係で判りにくいのですがが、ラーメン丼も深みがあって、見た目以上にボリューム感がありました。ちょっとした小皿を含め、なかなか満足感が高い一杯だと思います。

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 6

壁際に貼られていた「最強島旨餃子(280円)」のポップです。
実は店名にも“餃子の一心”とあるため、追加注文しようとしていたのですが、どうにも間が悪く、今回は見送りしました(店員さんが厨房に入り、声かけ出来ない状況でした)。代わりに宣伝用の画像掲載で済ますのもどうかとは思いますが(^_^;) 県産島豚や宮古の味噌などを使用した、こだわりの一品のようです。次回の機会があれば、その際にでも改めて注文したいですね。ところでメニュー表の餃子と個数が合っていないのですが、同一の品目で間違いないのでしょうか? タレはつきませんと書かれてますが、餃子のタレなどは卓上に用意されていました。

冒頭にも書いたとおり、うるま市にはなかなか立ち寄れませんので、今回はハシゴラーメンの日程になり、ラーメン単品での注文となりました。いつもでしたらサイドメニューのひとつも頼んでいたところですが、ラーメンだけでも満足感を得られる仕様でしたね。次回の来店機会がいつになるかは判りませんが、その時こそきちんと餃子は注文して、実食したいと思います(笑)

沖縄 ラーメン 餃子の一心 一心七福神ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県うるま市江州339-2
電話:098-974-3358
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:有り

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。