スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

風風ラーメン 与那原店 「台湾らーめん」

沖縄 ラーメン 風風ラーメン 台湾らーめん 1

与那原町上与那原の「風風ラーメン」へ行って来ました。
当初は近隣にある「武虎」にて、未食の「魚介醤油ラーメン」を頂くために与那原町へ向かっていたのですが、残念ながらお店が閉まっていました。車で通りながらですので、はっきりとは判りませんが、未定だった定休日が水曜日と確定したのかもしれませんね(この日は水曜日でした)。 この後どうするかちょっと考えたのですが、すぐ近くにある「風風ラーメン」にて、「台湾らーめん」が提供されていたことを思い出し、寄ってみることにしました。那覇方面側から向かったのですが、本当にごくわずかな距離しか離れていないですね。お店には、午後6時前の入店となりました。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン 台湾らーめん 2

店内に貼られていたポスター類です。
新製品として、「節豚つけ麺」なるものが発売されているようです。正規のメニューにもそのものずばり「つけ麺(700円)」はありますが、新たなバリエーションとなるようです。「風風ラーメン」では期間限定の品も時折り提供されるようですので、これはレギュラーではなく、そういった扱いにあたる商品なのでしょうか? それとは別に曜日別に品目が指定された、100円引きのキャンペーンもやっていました(この日は味噌ラーメンでした)。期間は二週にわたり平日のみ、また開店から18:00までという、限定的な内容となっています。お客さんから見ましたら、少しばかり融通が効かないサービスだとは思うのですが、チェーン店ならではのマーケティングが考慮された内容なのかもしれませんね。さて今回の注文ですが、当初の予定どおり「台湾らーめん(700円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン 台湾らーめん 3

程なくして運ばれた「台湾らーめん」です。
追加で「大盛り(100円)」と「ライス(100円)」もお願いをしました。別途、お好みに応じていうことで、“山椒”が入った容器も用意されました。なかなか本格的な雰囲気を感じられるサービスです。レギュラーメニューには「担々麺(650円)」もありますので、その際にも提供されそうですね。小皿に入っている漬け物類は、「風風ラーメン」お馴染みの無料サービスとなっています(お店の一角にセルフのコーナーが設けられています)。ごはんを欠かせない自分としては、ポイント高めの嬉しいサービスとなっています(笑)

沖縄 ラーメン 風風ラーメン 台湾らーめん 4

「台湾らーめん」の麺ですが、コシの強い、やや太めのちぢれたもの。お店のメニュー表によると、三種類の麺が使用されているようで、その中で“みそラーメン”で使われているものだと思われます。ラーメンの品目によって麺の種類は決まっているようなのですが、注文時にお願いをすることによって、変更も可能なようでした。その麺に絡むスープなのですが、ご覧のとおり真っ赤でかなり辛めの作りとなっています。口にした当初はさほどでもないのですが、後半になるにつれ、汗でびっしょりになりました(^_^;) 具材には挽き肉にもやし、ネギなどとともに、鷹の爪もしっかり入っています。別容器に用意された山椒もレンゲに軽く落として飲んでみたのですが、これ以上の辛さにはちょっと自分は耐えられないようです(^_^;) ベースのスープ自体はごくあっさりしたものですので(おそらく鶏がらベースの醤油スープを使っているのではないでしょうか?)、太めで固めのちぢれ麺は合うのか微妙な気もします。機会があれば、別の種類の麺も試してみたいですね。汗だくになりながらも、今回もスープの一滴も残さず完食となりました。

“台湾ラーメン”は名古屋のご当地的なラーメンなのですが、もうひとつ全国区になりきれていない一品でもあります。このようにチェーン店で取り扱ってくれるのは、地方在住の身には嬉しいものですね。しかし、本来はシンプルな作りのラーメンなのですが、お店によって結構印象も変わるものです。発祥のお店である名古屋の「味仙」の品は、辛さ耐性の低い自分でも、不思議と受け入れられる作りでした。ちなみに県内では「ダージア」や、本来は居酒屋ですが「噂のヒデちゃん」などでも扱っています。お店ごとに食べ比べてみるのも、楽しみ方のひとつになりますね。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン 台湾らーめん 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町上与那原424-1
電話:098-944-7577
営業時間:11:30-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

スポンサーサイト








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。