スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通堂 儀保駅前店 「みそとんこつ」

沖縄 ラーメン 通堂儀保駅前店 みそんこつ 1

那覇市首里の「通堂 儀保駅前店」へ行って来ました。
「通堂」は何度も訪れているラーメン店ではありますが、こちら「儀保駅前店」は、初めて訪れることになります。といいますか、いままで当ブログで取り上げているのは、「寄宮十字路店」のみだったりします。先日の「天下一品」ではないですが、ずいぶんと偏ってしまっていますね。さすがに本店が未訪なままというのも、ちょっと良くないような気がしてきました(^_^;) 取り扱っている品目が同じだろうということで、どうも立地などの関係などから、訪れやすい店舗の方へ自然に足が向いているようです。今回はひょんなことから、「儀保駅前店」へ訪問することになりました。お店には、午後10時半過ぎに入店です。

沖縄 ラーメン 通堂儀保駅前店 みそんこつ 2

「通堂 儀保駅前店」のメニューです。
こちらは券売機方式なのですが、券売機の上部には判りやすく画像付きのメニュー表が掲示されています。こういった配慮がされているのは、選ぶ際に判りやすくて良いですね。この日はほんの数時間前に、別途お腹いっぱいラーメンを食べていたこともあり、ごくあっさりしたものを注文しようと考えていました。来店するまでは“おんな味”あたりをイメージしていたのですが、“儀保駅前店限定”なる品目が! せっかくの初来店ですので、当店舗ならではの「みそとんこつ(750円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 通堂儀保駅前店 みそんこつ 3

程なくして運ばれた「みそとんこつ」です。
品目名や掲示されていた小さな画像から想像はしていたのですが、とても濃厚こってりなラーメンとなっているようです。うーん、この時点で元のお腹いっぱいの状態になって来そうです(^_^;) 具材にはたっぷりの野菜類、それに二種類のチャーシューが見えますね。スープは味噌を含んだ濃厚な色合いのもので、いかにも粘度がありそうな仕上がりとなっています。書き忘れましたが、この日は友人5名も一緒で、珍しくテーブル席にて賑やかにラーメンを頂くこととなりました。客層がそうなのでしょうか、廻りも雑談を楽しみながらのお食事といった雰囲気でした。

沖縄 ラーメン 通堂儀保駅前店 みそんこつ 4

「みそとんこつ」の麺ですが、中太のちぢれたもの。やや固めの茹で加減で、粘度のある絡みの良いスープと相まって、かなりのがっつり仕様となっています。その味噌味のスープですが、ベースが豚骨ということもあり、見た目通りの濃厚な味わいでした。具材の野菜にはキャベツや人参、もやしなどが入っているのですが、事前に高温で炒められているのでしょうね、実に香ばしい匂いが漂っています。油の灼けた香りがスープにも移り、食欲をそそる出来上がりとなっていました。厚みがあってボリューム感のある二種のチャーシューも添えられていますし、こちらのラーメンはご飯との相性も良さそうです。ただ、この日は腹具合にあまりスペースがなく、後半にはちょっと苦しくなりながら麺を啜ることとなりました(^_^;) 次回に注文する機会がありましたら、万全の状態でご飯の追加注文など、更にがっつりと行きたいものです。

これまで何度もブログで取り上げていた「通堂」ですが、初めて「寄宮十字路店」以外の記事を掲載することとなりました。こちらは先述の二店以外に、「小禄本店」、「琉大北口店」などがあるのですよね(その他居酒屋の店舗内に、屋台形式で提供しているところがあるのだそう)。それぞれの店舗ならではの限定麺(?)もありそうですし、通堂のラーメンが頂きたくなったら、ちょっと足をのばして未訪の店舗に寄ってみても良いですね。

沖縄 ラーメン 通堂儀保駅前店 みそんこつ 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市那首里儀保町1-21-9
電話: 098-885-8889
営業時間:11:00 - 25:00
定休日:無休
駐車場:有り

琉球新麺 通堂 儀保駅前店ラーメン / 儀保駅市立病院前駅首里駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト

麺や偶 「魚介豚骨らーめん(3)」

沖縄 ラーメン 麺や偶 魚介豚骨らーめん 1

浦添市宮城の「麺や偶」へ行って来ました。
たまたま近辺を通りがかり、「風雲」と「和楽」のどちらの方を訪れようかと、迷ってしまいました。時間的には午後5時半を過ぎたところで、「和楽」の夜の部は午後6時からだったことを思い出し、とりあえず「風雲」へ向かいました。あちらのラーメンは一杯の分量が軽めですし、腹具合によってはハシゴラーメンも良いかな、と考えたのです(^_^;) ……訪れてみたところ、「スープ切れ終了」の貼り紙が。残念ではありましたが、もう一店控えていましたので、さして気落ちをすることなく「和楽」へ。時間を合わせてお店へ向かうと、なんとこちらも「売りきれ終了」でした(^_^;) これ以上さまようのも何でしたので、近隣の「麺や偶」へ向かうことにしました。こちらは念頭に無かった訳ではなく、しばらく前に訪れたこともあり、とりあえず候補から外していたのでした。周辺に集まっているこの三店は、浦添市が“ラーメン激戦区”と呼ばれるようになった、事由のひとつとなっていますよね。お店には、午後6時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 麺や偶 魚介豚骨らーめん 2

「麺や偶」のメニューです。
前回訪れた際は、半額クーポンを利用しての「海苔と半熟玉子ラーメン」を頂きましたので、今回は“夜間飛行”名義の「魚介豚骨らーめん(700円)」を注文することにしました。うっかりと忘れかけるところだったのですが、こちらは“麺ふぇすた”参加店舗ということで、無料トッピングパスを持っていたのでした。今回は対象トッピングのなかから、「チャーシュー1枚」をお願いすることにしました。半額クーポン使用時はさすがに併用は出来ないと思いますので、今回の来店で、久々にパスを利用することになりましたね。

沖縄 ラーメン 麺や偶 魚介豚骨らーめん 3

程なくして運ばれた「魚介豚骨らーめん」です。
ラーメン単品では物足りないかと思い、「ご飯(120円)」と「手作り一口餃子(5コ)(250円)」を追加でお願いしました。小ぶりな一口餃子ということで、5個入りながらもお手軽な価格設定となっています。さて「魚介豚骨らーめん」ですが、具材に大ぶりなチャーシュー、その上に小松菜や玉葱の粗みじんが載せられています。糸唐辛子の赤色が盛り付けに彩りを添えていました。今回はチャーシューを追加して2枚になっているのですが、ほとんど隠れてしまっていますね。

沖縄 ラーメン 麺や偶 魚介豚骨らーめん 4

「魚介豚骨らーめん」の麺ですが、中太のややちぢれが入ったもの。ごわっとした食感の固めの麺で、わしわしと食べ応えのある作りとなっています。その麺に絡むスープですが、魚介の風味が効いた豚骨ベースのものとなっています。今回で頂くのは3回目となるのですが、当初段階での印象より、魚介の味わいが強くなり、豚骨から来る濃厚さなどがやわらいだように感じますね。麺にがっつりとした存在感があり、粘度を感じさせる色合いでもありますので、口中に入れた時にちょっと異なるイメージだったりします。姉妹店の「もとなり」とは、また違った作りの濃厚さなのでしょうね。気のせいか、チャーシューの歯応えもやや大人しめ(?)になっていたようでした。スープと一緒に飲む、玉葱のしゃっきりとした食感は変わらず良かったですね。

沖縄 ラーメン 麺や偶 魚介豚骨らーめん 5

一緒に頼んだ「手作り一口餃子」です。
表面はぱりっと綺麗に焼き上げられており、出来たてとあって熱々でした。卓上の調味料類には餃子のたれやラー油、酢などが用意されていますので、小皿に入れてあります。それとは別に、餃子の皿には柚子胡椒が添えられており、餃子に軽く載せて頂きました。ぴりっとした辛味がアクセントになり、ご飯が進みます。餃子は小ぶりとはいうものの、今回はチャーシューが2枚入りですので、あやうく「ご飯」をお代わりするところでした(^_^;) ラーメン共々、交互に口に運び、今回もしっかり完食となりました。

充分に美味しく頂けたのですが、食べ終わった後に「麺や偶 もとなり」の濃厚豚骨が少しばかり恋しくなってきました(^_^;) 食べ終わった後に思い出したのですが、前回も同じような感想を抱いていたのですよね。この日はスープのあるラーメンを欲していたのですが、よりがっつり濃厚であろう「魚介豚骨つけめん(750円)」をお願いしてみても良かったかも。次回の来店がいつになるか判りませんが、「偶ラーメン」など、ローテーションを頭に入れて注文したいと思います。

沖縄 ラーメン 麺や偶 魚介豚骨らーめん 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市宮城4-12-6
電話:098-876-7012
営業時間:11:00-22:00
定休日:無休
駐車場:有り

らあめん花月嵐 浦添国道58号店 「嵐げんこつらあめん塩(3)」

沖縄 ラーメン 花月 げんこつらあめん塩 1

浦添市牧港の「らあめん花月嵐」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑25/57
今年に入ってから、「花月」への来店率がかなり上がっていますね。元々、期間限定のラーメンが発売されるたびに訪れるようにしてはいるのですが、それに加えて半額クーポン企画が続いたのが大きいですね。今回も、「沖縄ラーメン大図鑑」対象店としての来店となりました。自分のなかでは安定して頂けるお店ではあるのですが、多少続いてしまっている感はあるかな? 来月早々にもまた、期間限定ラーメンの発売もありますし……(^_^;) お店には、午後5時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 花月 げんこつらあめん塩 2

卓上に用意された調味料類です。
いままで気付かなかったのですが、調味料類の並びに対応するように、英語での説明書きがされていました。爪楊枝には“toothpick”などと書かれていますね(笑) 中部方面などでは結構見かけますが、こちらのお店も外人さんの来店があるのかもしれません。さて今回の注文ですが、お目当ての「嵐げんこつらあめん(620円⇒310円)」のなかから、“塩”を選択することにしました。こちらは「大盛り(150円)」も可能ということで、追加でお願いをしています。

沖縄 ラーメン 花月 げんこつらあめん塩 3

程なくして運ばれた「嵐げんこつらあめん塩」です。
もちろん「大盛り」だけで終わるはずもなく、更に追加で「ごはん(100円)」とトッピング二種類を注文しています(^_^;) 今回のトッピングは「のり(100円)」と「シャキネギ(100円)」をお願いしました。のりはそのまま器に盛り付けて貰いましたが、シャキネギはいったん別皿に用意して頂きました(事前にお願いをするとやってくれます)。無料トッピングの生ニンニクですが、つい調子に乗って二人前を頼んでしまいました(^_^;) ちなみに一人前3粒というのが「花月」の基本設定のようですが、一人で複数人数分をお願いすることも可能となっています。

沖縄 ラーメン 花月 げんこつらあめん塩 4

「嵐げんこつらあめん塩」の麺ですが、中細のストレートのもの。やや柔らかめとなっていますが、角があるタイプの麺ですので、口中ではしっかりと存在感がありました。その麺に絡むスープですが、豚骨ベースながらもすっきりとした塩味となっています。ただし「げんこつらあめん」らしく背脂はたっぷりですし、好みに応じて、無料トッピングの生ニンニクを絞り入れることも可能となっています。先述のように生ニンニクを二人前分頼んでしまい、後半はスープに含まれるニンニク濃度が異様に上がり、正直ちょっと失敗してしまいました。こちらの店舗は、ひとつがかなり大粒となっていますので、素直に一人前分で良かったですね。以前もそう思ったはずなのに、どうも貧乏性なのか、学習することを知りません(^_^;) 中盤にはトッピングの海苔やシャキネギを麺に挟み、飽きることなく食べ進めることが出来ました。

沖縄 ラーメン 花月 げんこつらあめん塩 5

ラーメンの具材をご飯に移してみました。
ふだんは滅多に使わないのですが、卓上の「ゆかり」を振り掛けてみました。ゆかりは赤紫蘇を原料としたいわゆるふりかけになるのですが、名称のとおり、思い切り原色っぽい紫色となっています(^_^;) 英語では“Dried Seasoning for rice”と使い方の説明のみで、外人さんにとっては、きっと使用に勇気がいることでしょう。といいますか、日本語でも“ごはん用”としか書かれていませんね(笑) ごはんと共に大盛りの麺も食べ進め、今回もお腹いっぱい、満足です。

ここ最近、「げんこつらあめん」を食べる機会が増えたこともあって、やや新鮮味が薄れて来たかな? 各種調味料類も揃っていますし、味の変化付けは色々と可能なのですが、最近はベースのラーメン自体が、やや上品な作りになって来ているように感じます(記憶では以前はもっとジャンク感たっぷりだったような)。来月にも改めて期間限定ラーメンは提供されますし、自分の方で、飽きが来ないような注文をして行きたいですね(笑)

沖縄 ラーメン 花月 げんこつらあめん塩 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市牧港1-56-2
電話:098-879-7797
営業時間:11:00-翌3:00
定休日:無休
駐車場:有り

天下一品 浦添店 「こってりラーメン(3)」

沖縄 ラーメン 天下一品 こってりラーメン 1

浦添市牧港の「天下一品 浦添店」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑24/57
“テンイチ”の記事が続くこととなりましたが、前回掲載分はしばらく前に訪れたもので、今回分については、つい先日訪れた内容となっています。ちょうどテレビ番組で取り上げられたこともあってか、ずいぶんとお客さんで賑わっていましたね。ところで自分でも意外だったのですが、当ブログで「浦添店」を取り上げるのは、今回が初めてになります。チェーン店ということもあって、訪れる店舗に特にこだわりはないのですが、ここまで偏っていたとは思っていませんでした。お店の前で若干待つことになりましたが、ひとり客ということで、すぐにカウンター席へ案内されました。お店には、午後8時過ぎの入店です。

沖縄 ラーメン 天下一品 こってりラーメン 2

「天下一品」のメニューです。
前回に引き続き、「沖縄ラーメン大図鑑」の半額クーポンを利用しての注文になるのですが、650円のラーメンであればどれでも選べるというものの、取り扱い品目が「小禄店」と異なっている訳でもありません。ということで、天下一品らしい「こってりラーメン(650円⇒330円)」を久しぶりに注文することにしました。ここまでは来店前の時点で決めていたことなのですが、せっかくなのでトッピングの方で変化を付けてみようと考えました。実は直前まで観ていたテレビ番組の方で、「納豆(100円)」なるものがあると知り、ぜひ試してみたいと思っていたのでした。……残念ながら、こちら沖縄地区では扱っていないようです(^_^;) 半ばヤケ(?)になって、トッピングからは「チャーシュー(150円)」と「味玉(100円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 天下一品 こってりラーメン 3

程なくして運ばれた「こってりラーメン」です。
追加で「ごはん大盛り(180円)」をお願いしています。通常の「ごはん(150円)」から30円増しで大盛りになりますね。“ラーメンライス定食”ですと、ごはん付きでもかなり割安なのですが、今回はクーポン利用ということで単品での注文となります。麺大盛り不可と共に、これはまあしょうがないところでしょう。しかしさすがに量が多いですね。そうそう、こちらでトッピングを注文すること自体、今回が初めてだったかと思います。お初なのはサイドメニューを頼む事が前提だったことも理由のひとつなのでしょうが、こちらの濃厚スープには、これ以上何かを足す必要を感じなかったことが大きいのかも(^_^;)

沖縄 ラーメン 天下一品 こってりラーメン 4

「こってりラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。今回も麺の固さは「ふつう」でお願いをしました。一度は「かため」も試してみた方が良いとは思うのですが、麺への絡みの良い濃厚こってりスープには、ふつう~柔らかめの麺が合うように感じますね。次回以降、注文する機会がありましたら、実際に「かため」を頼んでみようと思います。追加で頼んだチャーシューですが、肉薄ながら枚数があるぶん、やはりボリューム感があります。スープに絡ませると、口中に入れた時によりがっつり感が増されますね。大サイズで注文したごはんの量が半端なかったのですが、ラーメンの追加トッピングなども含めて交互に口に運び、お腹いっぱい、完食となりました。

納豆が無かったのは残念でしたが(笑)、“テンイチ”といえば、やはり「こってり」ですね。鶏ガラベースの濃厚スープということで満足感は充分にありましたが、ラーメン単品の分量そのものは少なめなので、大盛り、もしくは定食での注文が自分にはベストなようです。次回の来店では、少しばかり感じた物足りなさを払しょくするために、「唐揚げ定食(900円)」辺りを久々に注文したいかな? 鶏肉好きとしては、こちらの本定食は結構お気に入りだったりします(笑)

沖縄 ラーメン 天下一品 こってりラーメン 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市牧港1196
電話:098-870-8330
営業時間:11:00 - 翌2:00
定休日:不定休
駐車場:有り

天下一品 小禄店 「しおラーメン」

沖縄 ラーメン 天下一品 しおラーメン 1

那覇市鏡原の「天下一品 小禄店」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑23/57
“テンイチ”への来店となると、どうしても「こってりラーメン」を頂く機会が多くなり、そういう理由から前々回は「あっさり」、前回は「こっさり」を注文しました。今回はそういった流れから、久しぶりに「こってり」を頂こうかとも考えたのですが、「沖縄ラーメン大図鑑」の半額クーポンでは、650円の価格設定の品目であれば、どれでも注文が可とのこと。後ほど「天下一品 浦添店」も控えていますし、お店に寄って注文の品を決めることにしました。

沖縄 ラーメン 天下一品 しおラーメン 2

「天下一品」のメニューです。
650円のラーメンなら、どれでも注文が可能ということで……あれ? 該当の価格で、未食のラーメンは「しおラーメン(650円⇒330円)」しかないですね。もっと種類があるかと思いましたが、他のラーメンはみんな700円以上の価格設定となっています。追加で「大盛り(100円)」を頼もうとしたのですが、こちらは不可とのこと(もちろん追加料金を払おうとしたのですが適用出来ないとのお返事)。うーん、当初は融通が効く設定だと思ったのですが、思ったより選択範囲が狭かったようです(^_^;)

沖縄 ラーメン 天下一品 しおラーメン 3

程なくして運ばれた「しおラーメン」です。
ラーメンだけでは物足りないかと思い、「豚キムチ丼(300円)」を追加で注文しました。ラーメンの方ですが、「天下一品」の器は元々濃度の高いスープが売りということもあってか、ちょっと小さめなのですよね。その辺りも影響してか、特に具材が盛りだくさんになっているように見えます。その具材としては、薄めながら大ぶりなチャーシューが2枚、たっぷりなネギともやし、そしてメンマとなっています。これらの具材で、スープ表面がほとんど見えない状態になっていますね。

沖縄 ラーメン 天下一品 しおラーメン 4

「しおラーメン」の麺ですが、中細のストレートのもの。その他レギュラー品目のものと、共通の麺となっているようです。麺の固さも選択出来るのですが、今回は初めて頂くラーメンということもあり、“ふつう”でお願いをしました。その麺に絡むスープですが、鶏ガラベースのごくあっさりとした仕上がりのもの。程よい塩梅となっていました。麺は“ふつう”でもやや固めに感じ、ちょうど良い茹で加減だったと思います。器が小さめなため、分量的にはやや少なめかな、と当初は思ったのですが、ぎゅっと麺が詰まっているようで充分な量になっていました。もやしなど野菜の具材類もたっぷりと入っていましたしね。代わりにスープがちょっと少なめに感じてしまったかも(^_^;)

沖縄 ラーメン 天下一品 しおラーメン 5

一緒に頼んだ「豚キムチ丼」です。
濃厚な味付けの豚肉にマヨネーズが掛けられ、中央にキムチとネギが載せられています。見るからに“こってり”仕様になっていますね(笑) ラーメンがあっさりとした塩味のものですので、受けとしてはちょうど良いバランスだったようです。ただ分量的にはちょっと物足りなかったかな? 具の方は濃厚な作りですので、ご飯がもうちょっと多めだったら嬉しかったかも。ラーメンと交互に食べ進め、完食となりました。

「天下一品」の“こってり”イメージが影響したのかもしれませんが、やや物足りない感は残ったかな?(^_^;) 当初想像していたより、分量的には充分ではありました。「沖縄ラーメン大図鑑」ではこちら小禄店以外に、浦添店もまだ控えていますので、次回の来店時には注文内容を吟味して訪れることにしましょう(笑) 650円の価格設定の提供品目がお店で変わらなければ、次回こそは「こってりラーメン」を注文することになるかな?

沖縄 ラーメン 天下一品 しおラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市鏡原町10-2
電話:098-859-8220
営業時間:11:00 - 26:00
定休日:無休
駐車場:有り

三太の餃子 「煮ぼし正油ラーメン」

沖縄 ラーメン 三太の餃子 煮干し醤油ラーメン 1

那覇市牧志の「三太の餃子」へ行って来ました。
近隣で愉快な会合があり、離脱後、ふらふらとラーメンでも食べようかと路地内へ入ったところ、こちらのお店が目にとまり入店となりました。元々、こちらのお店でラーメンを頂こうと思った訳ではなく、店頭の「手羽先」の看板が目に入り、持ち帰りで注文してみようと思ったのでした。ところが店内の手書きボードに、「煮ぼし正油ラーメン」の文字を見つけ、注文をしてみることにしました。お店の名前を聞いてピンと来ていないラーメン好きな方も、「SAKURA」の真向かいにある餃子屋さんと聞けば、思い出す方もきっと多いことでしょう。ちなみに土曜日の午前0時過ぎ頃のお話なのですが、「SAKURA」の方は満席で入ることが出来ない状態でした(^_^;)

沖縄 ラーメン 三太の餃子 煮干し醤油ラーメン 3

「三太の餃子」のメニューです。
提供されている品目構成は至ってシンプルです。上質な県産豚肉を使用しているという餃子は、『焼き・揚げ・水・スープ』と各種揃い、手羽先の方も各種味付けや調理法などで、種類が分かれています。やや高めのように見えなくもないですが、メニューの裏面にはアルコール類がずらりと並び、基本はちょっとした飲み屋さんといった営業形態なのでしょう。とりあえず持ち帰り用として「手羽先(塩)(600円)」を先にお願いしておき、「煮ぼし正油ラーメン(650円) 」を注文してみることにしました。待っている間には、ビールとお通し(?)のキムチを頂いていました(既に結構酔っておりました(^_^;))。

沖縄 ラーメン 三太の餃子 煮干し醤油ラーメン 4

ラーメンを調理中の様子です。
厨房は別にカウンター席を挟んだ奥側、見えない位置にあるのですが(実際に手羽先はそこで調理していました)、ラーメンは設備の関係からなのか、入り口そばのスペースで作っていました。こちらは持ち帰り用品目の調理スペースなどとして、本来は活用をしている場所かもしれません。カウンター席横の、すぐ目の前で作っているというのも、面白くも珍しい体険だったかも(^_^;) ところでこちらの店主さん、やたらとフレンドリーだったのですが、どうも自分は以前にがっつりと訪れたことがあるようでした。まったく記憶になかったのですが、おそらく今年の話ではないのではと思います。今回はしっかり覚えていますので、ご容赦願いたいところです(^_^;)

沖縄 ラーメン 三太の餃子 煮干し醤油ラーメン 5

程なくして運ばれた「煮ぼし正油ラーメン」です。
具材には、小ぶりながら厚みがあって三枚入りのチャーシュー、メンマにほうれん草、わかめなどとなっています。麺は中細のほぼストレートのもの。やや柔らかめだったかな? 醤油味のスープですが、比較的あっさりな作りながら、揚げニンニクが加えられているのでしょうか、香ばしい香りも足されていました。煮干しなど、魚介の風味はそこまで強くは感じなかったのですが、後から中央に忘れていたということで、魚粉を載せてくれました(^_^;) 具材と麺とのバランスは良かったようで、飽きずに食べ勧めることが出来ました。

沖縄 ラーメン 三太の餃子 煮干し醤油ラーメン 6.5

当初の目的であった、持ち帰りの「手羽先(塩)」です。
画像では判りにくいと思いますが、かなり大ぶりな手羽先でした。焼き具合も程良く、手羽先ながらがっつりと食べ応えのある作りとなっていました。パックの下に敷かれている歯応えの良いキャベツも、いいアクセントになっていますね。充分に美味しかったのですが、名古屋風味の胡椒を思い切り効かせた、スパイシーな手羽先がちょっと恋しくなっています(^_^;) 次回お店に寄った際には、店主にお願いしてアレンジして貰おうかな? 手羽先の各品目はお品書きだけ見ると、ちょっと不思議な価格設定にも思えますので、その他のバリエーションも試してみたいですね。

さて今回のラーメンなのですが、まだまだ作りが固まっていないのだそうです。提供を始めたばかりらしく、しきりに「誰かに聞いて来たの?」と訊ねられました。これから更にクオリティも上がるでしょうし、やや期間を空けてまた頂きに訪れたいと思います。そうそう、本来の主力品である餃子の方も改めて試してみたいですね。これまでずっとラーメンを提供してなかったようなので、すっぱり終了してしまう可能性もあることを記しておきます(期待していた栄町の「ボトルネック」も、現在は提供されてないようですしね(^_^;))。

沖縄 ラーメン 三太の餃子 煮干し醤油ラーメン 7

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-8-1
電話:098-861-5399
営業時間:19:00-翌2:00(L.O翌1:00)
定休日:不定休
駐車場:無し

三太の餃子居酒屋 / 牧志駅安里駅美栄橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

米島ラーメン 「塩ラーメン」

沖縄 ラーメン 米島ラーメン 塩ラーメン 1

豊見城市与根の「米島ラーメン(よねしま、と読みます)」へ行って来ました。
こちらは昨日(3月24日)、オープンしたばかりのお店のようです。オープン前の情報などは特になかったのですが、南部地域に新規のラーメン店が出来るのはやはり嬉しいですね。那覇以南でも、少しずつラーメン店の数が増えて来ました。お店の立地ですが、ちょっと目立たない場所になっています。ラーメン好きの視点としては、「上原家」がある通りを道なりに進むと店舗が建っている形になります(南側から向かうとすると、左手側に「上原家」を見て少し進むとお店はあります。那覇側からだとその逆になりますね)。「米島」の看板やラーメンのぼりも立ってはいますが、お店の前に数台車が停められるようになっており、居抜きの作りということもあってちょっと目立たないかもしれません。この日は、午前11時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 米島ラーメン 塩ラーメン 2

「米島ラーメン」のメニューです。
メニュー表ではしっかり「米島ラーメン」という表記になっていますね。看板では「米島」のみでしたが、正式名称はどちらでしょうか? 一品だけ「軟骨ソーキそば」を扱っていますが、“ラーメン”が店名に付いた方が、飲食店としても判りやすいですね。当ブログの表記では、とりあえずそうしておきます。さてこちらのラインナップですが、品目名などから、あちらのお店を思い浮かべてしまいました(メニュー表を見る前に拝見した画像からもそう想像していましたが(^_^))。ラーメン単品やサイド・トッピング類など、比較的価格は抑えめに設定されているようです。さて今回の注文ですが、メニュー表の筆頭に記されている、「塩ラーメン(600円⇒500円)」をお願いすることにしました(オープン特別価格なのだそう)。ちなみにお勧めマークは“醤油”に付いていますね。

沖縄 ラーメン 米島ラーメン 塩ラーメン 3

程なくして運ばれた「塩ラーメン」です。
具材には大ぶりなチャーシュー、メンマにネギ、梅干しは載せられていませんが、紫蘇がしっかり入っていました。スープ表面には軽く白胡麻が浮いていますね。透明感のそう高くない作りのスープといい、やはりあちらのお店と共通点を感じます。チャーシューに隠れていますが、メンマは結構多めに入っていました。そうそう、メニュー表の上にお菓子が置かれていますが、これはお店の方よりサービスで頂いたものです。相席となったラーメン好き3名が(知人2名が先に来ていました)、バシバシ写真を撮り始めたので、何か気圧されるものがあったのかも(^_^;)

沖縄 ラーメン 米島ラーメン 塩ラーメン 4

「塩ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれたもの。そこまでくっきりとした固さではなく、程よい茹で加減のものでした。こちらは県内の製麺所から仕入れた物なのかな? その麺に絡むスープですが、豚骨などがベースに使われているのでしょうね、適度に濃度感がありつつも、マイルドな優しい仕上がりのものでした。今回はラーメン単品のみの注文でしたが、ご飯ものと一緒ですと、もう少し塩分濃度があった方が合うかも。具材のチャーシューやメンマを合間に口にしつつ、麺を食べ進めました。「大盛(50円)」や「味卵(50円)」は安価でしたので、後程どちらか(両方?)を注文しておけば良かったかな、とちょっと後悔しました(笑) 最後はスープの一滴も残さず完食です。

明日(3月26日)まで、オープンから3日間は記念として、ラーメン単品100円引きということです。印象として、気軽に入れるような雰囲気のお店でした。立地的に目立たない場所ですし、先行のお店で近くに「上原家」がありますが、個人的には寄りやすい区域ではありますので、またそう遠くない内に訪れたいと考えています。その際はサイドメニューの「チャーハン(400円)」なども試してみたいですね。そうそう、次回は「大盛(50円)」の追加注文を忘れずに……(笑)

沖縄 ラーメン 米島ラーメン 塩ラーメン 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県豊見城市与根249
電話:098-856-3915
営業時間:11:00-15:00 17:00-21:00
定休日:未定
駐車場:有り

麺屋 武虎 「純豚骨ラーメン」

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 1

与那原町上与那原の「麺屋 武虎」へ行って来ました。
こちらは3月8日にオープンしたばかりのお店になりますね。新規開店した際は、オープン3日間限定という形で、特別価格500円でラーメンを提供されていました。その際は、ライスや半餃子を含めて500円という設定でしたので、お得な条件でがっつりと頂かせて貰いました。ちなみに初日に「純背脂豚骨ラーメン」、二日目に「辛豚骨ラーメン」を注文しました。最終日は訪れなかったのですが、週末にあたり、口コミなどで行列になっていたようですね。滑り出しは順調だったというところでしょうか。この日は余所で昼食を取った後でしたが、近くを通りがかったこともあり、さほど期間を空けず再訪となりました。お店には、正午過ぎの入店でした。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 2

「麺屋 武虎」のメニューです。
ちょうど店内は満席状態で、若干待つこととなりました。テーブル席側への相席も勧められましたが、こちらは一人客でしたし、すぐに回転するだろうと思い、そちらは遠慮しました。自分が待っている間に、後から待ち客が増えて来ましたが、こちらのお店は道路のすぐそば沿いに面していてスペースが無く、待ち客も微妙にばらけて店外に立っていました。ベンチなどが置けたらよさそうですね。さて今回の注文なのですが、掲載品目は豚骨ラーメンのバリエーションがほとんどのなか、実は「魚介醤油ラーメン(680円)」を頂くつもりでの来店でした。どのようなラーメンなのか楽しみだったのですが、残念ながら“近日(発売)”との表示が(^_^;) ちょっと迷ったのですが、今回は基本となる、「純豚骨ラーメン(630円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 3

程なくして運ばれた「純豚骨ラーメン」です。
冒頭の画像がより判りやすいのですが、具材の配置などを含めた器の様子が綺麗ですね。店名が入った今回の白い器以外に、黒色のものがあるのですが、提供する品目によって使い分けているのでしょうか? 個人的には白い器の方が、具材の赤い辛味だれや緑色のネギなど、全体として彩り良く映えるような気がしますね。その他、二枚入りのチャーシューや太めのキクラゲなど、シンプルな構成ながら、存在感たっぷりな具材群となっています。卓上には“豚骨ラーメン”では定番の薬味となる、おろしニンニクや胡麻、紅ショウガなども用意されていました。紅ショウガは壺入りなのですが、もうひとつの壺にはピリ辛もやしが入っています。こちらはラー油が絡ませてあり、もやし単体としても太めでしゃっきり歯応えが良いものなのですが、どちらかというと待っている間の繋ぎというより、ラーメンに投入されること寄りのものかもしれないですね。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 4

「純豚骨ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。注文の際に、麺の固さを指定出来るのですが、今回は“カタ”でお願いをしました。メニューでは“ヤワ”の表示は無く、“ふつう”からスタートしていますね。程良く固めに茹で上げられていて、スープとの絡みも良く頂けました。そのスープなのですが、ちょっと画像では判りづらくなっていますが、当初想像していたより色合いも含めて、たれの味が濃い仕上がりとなっていました。最初に「純背脂豚骨ラーメン」を頂いたのですが、意外にあちらが一番すっきりした仕上がりの一杯となっていましたね。中央に辛味だれもしっかり入っており、スープに溶かしつつ、濃厚な味わいを楽しみました。充分に美味しかったのですが、先ほど書いたとおり、塩分が強めに感じたのが意外でした。味が落ち着いた結果そうなったのか判りませんので、また“背脂”の方も機会があれば注文してみたいですね。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 5

単品ラーメンだけではやはり物足りなく、追加で「替玉(100円)」をお願いしました。
こちらは“ふつう”でお願いをしています。「風雲」などでもそうなのですが、スープに浸かってないからなのか、場合によっては“ふつう”でも当初頼んだ“カタ”より固めに感じたりもします。麺の表面にはネギが散らされ、スープが薄まらないように、たれも若干足されていますね。せっかくなので、卓上の紅ショウガやおろしニンニク、それとピリ辛もやしも投入して味の変化を楽しみました。替玉も込みで、しっかりと豚骨分を補給させて頂きました(笑)

開店のスタートダッシュを上手く決め、その後もお客さんがしっかりと付いているようでした。厨房内の店員さんが他店より多めに見えるのですが、まだ落ち着くまでシフトを組まず、万全の体制で対応されているということなのでしょうか? 元々、東京は高田馬場からの移転ということらしいので、営業に関しての安定感はありそうです。次回の機会がいつになるか判りませんが、その際こそはぜひ「魚介醤油ラーメン」を頂いてみたいですね。

沖縄 ラーメン 武虎 純豚骨ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町上与那原445
電話:098-943-6988
営業時間:11:30-26:00
定休日:無休
駐車場:有り

風風ラーメン 与那原店 「とんこつ」

沖縄 ラーメン 風風ラーメン とんこつ 1

与那原町上与那原の「風風ラーメン」へ行って来ました。
つい最近、「沖縄ラーメン大図鑑」の半額クーポン対象店巡りで訪れたのですが、県内に古くからあるラーメン店にしては、これまでなかなか寄る機会を作れずにいました。「台湾らーめん」など、興味を惹かれる品目を提供していることもあり、またそう遠くない内に再訪しようと考えていたのでした。お店側の目論見どおり、半額クーポン企画によって、良い効果を挙げていますね(笑) そのようななか、22日は“風風の日”だということを思い出し、良い機会だとさっそく再訪することにしました。お店には、午後5時半過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン とんこつ 2

「風風ラーメン」のメニューです。
毎月22日“風風の日”の、専用のメニューが用意されていますね。この日はレギュラー品目のなかから、『とんこつ・しょうゆ・みそ』などが390円で提供されるとのこと。本来の価格は650円ですので、260円ほど割引がされた価格設定となっています。その他にも『ピリ辛・チャーシュー・パーコー』など、各バリエーションが記載されていますが、これは単純に基本のラーメンに、右端記載のトッピング類が足されたものとなっています。この日は、夕食には早い時間帯での来店でしたが、それでも充分にお客さんで賑わっていましたので、もう少し経てば満席状態になっていたかもしれません。さて今回の注文ですが、順番(?)的に、「とんこつ(650円⇒390円)」をお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン とんこつ 3

程なくして運ばれた「とんこつ」です。
一緒に「ライス(100円)」も追加注文しました。個人的にポイントが高いのは、「風風ラーメン」では辛子高菜を始めとした、漬け物などが無料で提供されていること。白飯好きとしては、ご飯に漬け物だけ(プラス出来れば汁もの)でも、充分に満足してしまうものなのです(笑) 店舗の一角にある自由に取れる漬け物コーナーは、この日は不足気味なのがちょっと残念でしたが、自分にはとても嬉しいサービスでした。

沖縄 ラーメン 風風ラーメン とんこつ 4

「とんこつ」の麺ですが、細めのストレートのもの。やや固めに茹でられているらしく、後半になって少しのびを感じましたが、多少のヤワさがあったとしても、こちらの豚骨スープに良く合っている麺だと思います。今回は「大盛り(100円)」の注文はしていないのですが、分量的にもある方ではないでしょうか。豚骨スープに関しては、沖縄県内では特に充実している部門(?)に入るのでしょうが、そこまで本格的な作りではなくとも、程良い濃度のバランスが取れた仕上がりだと思います。具材には大ぶりなチャーシューが2枚、メンマにネギに海苔が入っており、特にチャーシューに関しては厚みはそこまである訳でないですが、しっかりと存在感のある仕様となっていました。ここは某チェーン店にも見習って欲しいところです(笑) 今回、自分は使いませんでしたが、卓上には紅ショウガ、また先述の漬け物コーナーには辛子高菜やおろしニンニクなど、豚骨ラーメンには定番の薬味類が用意されています。これらも投入することで、飽きずに食べ進めることが出来ますね。豚骨スープや辛子高菜などはご飯との相性も良く、美味しく完食となりました。

さんぱち」の年に一回の“さんぱちデー”は、その時期になると結構話題に上がっているように感じるのですが、毎月開催されている「風風ラーメン」の“さんきゅー(?)デー”は、あまり意識されてないように思えます(自分だけ?(^_^;))。チェーン店にはチェーン店ならではの良さや面白みがありますので、また機会を見つけて訪れるようにしたいですね。気になった「台湾らーめん」も未食ですし、それとは別に、来月の22日には再訪する可能性も高くなりました(笑)

沖縄 ラーメン 風風ラーメン とんこつ 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県与那原町上与那原424-1
電話:098-944-7577
営業時間:11:30-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

麺屋 白虎 「焙煎味噌らーめん」

沖縄 ラーメン 白虎 焙煎味噌らーめん 1

那覇市首里石嶺町の「白虎」へ行って来ました。沖縄ラーメン大図鑑22/57
こちらは「麺ふぇすた」開催時以来ということで、一年以上ぶりの来店となりました。前回イベント時にも書いた覚えがあるのですが、個人的にはこういった機会がないと、なかなか訪れにくい立地のお店となっています。最近、正式に駐車場も確保されたようですので、遠方のラーメンファンなどを含めて、今回の企画参加が新たな客層の開拓に繋がったら良いですね。これまで「白虎」には、まだ明るい時間帯にしか訪れたことがなかったかと思いますが、この日は夜の8時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 白虎 焙煎味噌らーめん 2

「白虎」の券売機です。
お店の雰囲気作りもあってか、店内の照明はかなり暗く落とされています。昼間の時間帯であれば採光部が広く取られていることもあり、自然の光で明るいのですが、夜間は券売機の文字を読み取ることも少々困難です。この日は当初からのお目当てである、「焙煎味噌らーめん(800円⇒400円)」を探すだけで済みましたが、ふつうに訪れる人にとっては、品数の多さもあってその場で選ぶのは迷ってしまいそうですね。何度かブログ上でも書いているのですが、券売機を設置していたとしても、卓上にメニュー表を用意してくれたら、自分としては嬉しいものです。その場で注文をしなかったとしても、待っている間にお店の品目構成をアピール出来るものですし、後々の集客にも繋がってくると思います。もちろん、照明による雰囲気作りなどを含めて、お店が考える方向性のお話ではありますが(^_^;)

沖縄 ラーメン 白虎 焙煎味噌らーめん 3

程なくして運ばれた「焙煎味噌らーめん」です。
当初はラーメン単品の注文だったのですが、追加で「麺大盛り(100円)」、「ライス(150円)」もお願いしています。この日は、ちょっとやり過ぎてしまった感はありました(^_^;) 具材には大ぶりのチャーシュー、それにたっぷりのもやしやネギ、キクラゲなどが盛られ、ボリューム感たっぷりの仕様となっています。彩りとしての糸唐辛子や、海苔なども添えられていますね。

沖縄 ラーメン 白虎 焙煎味噌らーめん 4

「焙煎味噌らーめん」の麺ですが、ややちぢれが入った中太のもの。スープに合わせた専用の麺のようで、どっしりとした食感となっています。その麺に絡むスープですが、粘度がかなり高めの、濃厚な仕上がりでした。使われている味噌は、自家製の二段発酵の樽仕込みのものなのだそうです。先ほど濃厚と書きましたが、味噌の味そのものはマイルドで、香り豊かな作りとなっていますね。スープ上には別途、“味変”用としてか、濃い味噌も固まりで浮かべられており、単調にならないような工夫がされていました。歯応えの良いもやしや太めのキクラゲの具材も、存在感のある麺やスープに負けないような配置となっているのでしょうね。大盛りにしたこともあって、凄い食べ応えのある一品となっています。ただ、粘度のあるスープと大盛りの麺との組み合わせは、後半になってややスープの方が足りなくなるような状況になってしまいました(^_^;)

沖縄 ラーメン 白虎 焙煎味噌らーめん 5

ちょっと強引に「白虎めし」を作ってみました。
玉子が無いと“○○めし”風に見えないと思い、そのために、「半熟玉子(100円)」を更に追加注文しております(^_^;) ラーメンから具材を移し、後半にはスープも投入したのですが、先述のようにちょっとスープが少なめになってしまいました。粘度のある濃い作りのスープは、ご飯との相性自体はばっちりでしたね。ラーメンの麺も啜るというより、がっつりと“食べる”という感覚で、ご飯ともどもお腹いっぱいとなりました。

久しぶりに寄ったこちらのお店ですが、夜間に訪れてみますと、お洒落な雰囲気は変わらずとも、店内の様子は大きく変わりますね。自分としては明るい時間帯に訪れた方が、視覚的にもはっきり見えますし、より食べることに集中できそうでした(^_^;) これはお店の利用の仕方で、使い分けるところでしょうね。こちらはラーメン以外につけ麺や、また“汁なし”の、「シロトラ(750円)」なる品目も提供されているようです。次回の機会があればそれらも試してみたいですね。

沖縄 ラーメン 白虎 焙煎味噌らーめん 6

ごちそうさまでした!

満足度:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市首里石嶺町1-132-8
電話: 098-887-3380
営業時間:11:30-23:00
定休日:無休
駐車場:有り









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。