キャナルシティ博多 ラーメンスタジアム らーめん二男坊 「らーめん」

博多 ラーメン 二男坊 らーめん 1

福岡県福岡市博多区の「キャナルシティ博多 ラーメンスタジアム」へ行って来ました。
以前「博多ラーメン紀行」として、2月頃に5回連続でブログ記事をアップしたことがあるのですが、その際の唯一の心残りが“博多ラースタ”でした。ちょうど改装期間中に当たってしまい、訪れる事が出来なかったのですよね。“ラースタ”は2001年にオープンしたいわゆるフードテーマパークで、キャナルシティ博多の5階フロアにて、日本各地のご当地ラーメン店が軒先を連ねることとなっています。年に数回店舗の入れ替えを行っているようですが、所在地が博多であることが影響してか、九州・豚骨系のお店が強いようですね。地元の方に根強い人気の味であることも確かでしょうが、“観光地として頂くラーメン”を選択するお客さんも多いのでしょう。ラーメンスタジアムへは、オープン時間である午前11時に来訪となりました。

博多 ラーメン 二男坊 らーめん 2

フロアに張りだされていた、現在の出店舗のポスターです。
全部で7店舗となっていて、「せたが屋(東京)」・「らーめん二男坊(福岡春日原)」・「らーめん大(東京)」・「麺家いろは(富山)」・「初代秀ちゃん(博多)」・「博多新風(博多)」・「初代けいすけ(東京)」が同じフロア内でしのぎを削っています。特区として「博多担々麺まるみや」名も出ています。イベント等でよく名前を見かけるラーメン店もちらほらと参加されていますね。元より人気店であることはもちろんですが、企画参加にあたってのノウハウみたいなのもあるのでしょう。いつもならば複数店舗を廻るところですが、時間などの制限から、今回は「らーめん二男坊」へ入店することにしました。ちなみに、平日の18時以降より各店ミニラーメンの扱いが始まり、居酒屋的にアルコールやおつまみ類も充実させて、ひとつのテーブルで食べることも可能になるのだそうです。

博多 ラーメン 二男坊 らーめん 3

「らーめん二男坊」のお品書きと券売機です。今回のお店についても少し触れておきます。
「二男坊」は、開業からわずか7ヶ月でFBS福岡放送の「福岡ラーメン総選挙2009」の第一位を獲得したラーメン店なのだそうです。ラーメン文化が歴史的にも根付いている福岡の地で、あっという間に人気店になったようですね。現在は福岡に3店舗、鳥栖に1店舗が営業されているとのこと。那覇市の「暖暮」が以前受賞したのは「九州ラーメン総選挙」でしたっけ? 単純なので、安心(?)しての入店です(笑) さて今回の注文ですが、ごくシンプルに「らーめん(580円)」のみをお願いすることにしました。

博多 ラーメン 二男坊 らーめん 4

程なくして運ばれた「らーめん」です。
お店の名前が入った専用の器が用意されており、なかなか雰囲気がありますね。具材はシンプルに、チャーシューとキクラゲにネギとなっています。卓上にはすり胡麻や紅ショウガが置かれており、一般的な“博多系ラーメン”の仕様となっています。ちなみにトッピングの味玉は120円と、若干高めの設定となっていました。価格が700円になってしまうと、“博多ラーメン”としてはちょっと高めに感じてしまいますね。

博多 ラーメン 二男坊 らーめん 5

「らーめん」の麺ですが、極細のストレートのもの。食券を渡す際には「固め」でお願いをしました。小麦の香りが軽く感じられる美味しい麺でしたが、最初のお店では「普通」で頼んでも良かったかもしれませんね。その麺に絡むスープですが、豚骨の臭みが抑えられたクリーミーな作りでした。表面には油分が結構浮いており、これが影響してか、元々熱々のスープは最後まで温度を保ったままでした。実は結構な二日酔いでしたので、身体に染みいるように味わいました(^_^;) チャーシューは幅広ながらかなり薄いのですが、このタイプのシンプルなラーメンは、これくらいの仕様が良いのでしょうね。終盤に軽く胡麻と紅ショウガを投入し、スープも残さずに完食です。

旨味が含まれた豚骨スープに個性を感じたものの、作りとしてはごく一般的な“博多ラーメン”でしたね。そういった仕様ながらも本場福岡で人気店ということは、地元ラーメンファンの琴線に触れるほどのしっかりと作られた一杯なのでしょう。福岡へはブログを始めてから二度目の来訪となりましたが、我ながら(笑)ポイントを抑えたラーメン店の紹介を既にしているのですよね(もちろん美味しいお店はずっと数多くあるのでしょうが、ブログネタ的な部分ということで(^_^;))。番外編的な“ラーメン紀行”ですが、次はいつ、どこの地元ラーメンを紹介できるかな?

博多 ラーメン 二男坊 らーめん 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:福岡県福岡市博多区住吉1-2-22 キャナルシティ5F
電話:092-283-1911
営業時間:11:00-23:00
定休日:無休
駐車場:有り

スポンサーサイト



[ 2011/11/19 21:05 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(0)