らあめん花月嵐 新都心店 「黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング」

沖縄 ラーメン 花月 黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング 1

那覇市真嘉比の「らあめん花月」へ行って来ました。
本日(11月2日)より発売の期間限定ラーメンとなる、「黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング」を頂くための来店です。「花月」では毎年のように、冬季になると味噌系の期間限定品を出しているようですね。チェーン店らしい(?)、実に大仰な商品名となっています(笑) 元々、「花月」で提供される“味噌ラーメン”は評判が良いらしく、レギュラー品も含めて、一定のファンが付いているようです。個人的にこちらへ寄る際は、どうしても“背脂たっぷり・とんこつ”系統の注文が多くなってしまいますね。ですが、過去に頂いてみた“味噌”は、確かに完成度の高さを感じる品目となっていました。今回のような“期間限定”といった機会がありますと、頂く動機付けにもなって良いですね。お店には、午後6時前に入店となりました。

沖縄 ラーメン 花月 黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング 2

恒例の、卓上に用意された宣伝用リーフレットの紹介です。
大きいリーフレットが来月発売される期間限定品のリーフレットで、小さいのが今回発売分のリーフレットとなります。来月の期間限定品は、『喜多方らあめん大崎食堂』とのことです。“喜多方ラーメン”を、業界で有名な大崎裕史氏が監修して発売することになるらしいですね。福島県喜多方地方のご当地ラーメンということで、復興応援の意味合いも大きそうですが、大崎氏自身が福島県出身の方とのこと。どのようなアレンジになるのか、こちらの発売も楽しみです。それと、以前も配布していたサービスチケットを今回も頂きました。“大盛り券”は次回使うことにしましょう(笑) さて今回の注文ですが、お目当ての「黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング(750円)」に、毎度の「ごはん(100円)」と「豚もやし(100円)」をお願いをすることにしました。

沖縄 ラーメン 花月 黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング 3

程なくして運ばれた「黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング」です。
花月では元々「黄金の味噌ラーメン」というレギュラーメニューがあるのですが、今回の期間限定品はズバリ、味噌ラーメンの原点である『札幌味噌ラーメン』をインスパイアしたものとのこと。ちなみに、共通で使われている“黄金”という文言は味噌の色合いのことで、今回の“ジパング”という名称は、日本を代表する食材ということで付けられたのだそうです。うーん、こってこての大仰さがらしいですね(^_^;) 書き忘れましたが、味噌ラーメンに載っている「味玉」は、以前貰ったサービス券にて追加したものです。

沖縄 ラーメン 花月 黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング 4

「ジパング」の麺ですが、中細のちぢれたもので、このラーメンのために開発されたオリジナル麺とのこと。程よい歯ごたえの、味噌スープに合う麺でした。その麺に絡むスープですが、札幌味噌ラーメンの特徴でもある、表面がラードの層で覆われる形になっています。油膜で表面を覆うことによって、ずっとスープは熱々のままという、発祥である寒い地方ならではの工夫ですね。実際にスープを飲み干す最後まで熱いままでした。具材のなかには“おろし生姜”が見えますが、この味噌スープは生姜の風味が強いものとなっています。寒い冬には、身体が温まりそうな仕上がりとなっていますね(沖縄では、まだまだ冬は感じられていませんが(^_^;))。他の具材としては、チャーシューにメンマ、もやしや玉ネギに葱などが入っています。玉ネギがスライス状で大きめになっていましたね。いつもの“花月めし”と一緒に、本日もがっつりと完食です。

今回の期間限定品ですが、それなりに美味しく頂けたのですが、レギュラーで評判の良い「黄金の味噌ラーメン(680円)」がある以上、すこし微妙だったかな? 750円という価格設定もちょっと高めですよね。画像のように、“味玉”などプラスアルファの要素がありましたら、また印象が変わると思うのですが……。トッピングで用意されている“バター”などは合いそうですね。来月には、また新しい期間限定品の発売が控えているのですが、販売終了前にもう一度「ブラック」の方を頂こうかな。せっかく“大盛り券”も貰えましたしね(^_^;)

沖縄 ラーメン 花月 黄金ノ国ノ味噌ラーメン ジパング 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市字真嘉比西原263-4
電話:098-885-7011
営業時間:11:00 - 24:00
定休日:無休
駐車場:有り

スポンサーサイト