スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラーメン屋 あさひ 「トロうま醤油ラーメン」

沖縄 ラーメントロうま あさひ1

那覇市長田の「ラーメン屋 あさひ」へ行って来ました。
ずいぶん以前に立ち寄ったことがあるのですが、比較的あっさり系のラーメンを提供していたことを覚えているくらいで、ほとんど記憶に残っておりません。県内のラーメン好きの方のあいだでも、それほど話題に挙がってないような気もします。そう遠くない距離に「通堂 寄宮十字路店」などもあり、立地的にはそれほど行きづらいお店ではないのですよね。平日の午後9時過ぎ頃に、久しぶりの来店となりました。

沖縄 ラーメントロうま あさひ2

「あさひ」のメニューです。
ラミネートされた一枚のお品書きですが、実は冊子になっているメニューが別に用意されています。そちらには別のラーメン品目以外に、サイドやセットメニューなどがびっしりと記載されていました。なのですが、書かれている品目を良く見ると、基本のラーメンはこってりな“トロうま”と“あっさりスープ”の二系統に分かれていて、そこから“野菜ラーメン”などのバリエーションが、それぞれ一つずつ同じように用意されているようです。今回はお店がお勧めしていて、基本となるらしい「トロうま醤油ラーメン(550円)」を注文することにしました。ちなみに“あっさりスープ”の各品は“トロうま”より60円ほど安くなっていて、おそらく追加された“背脂”がその価格差となっているみたいですね。冊子メニューから「大盛り(100円)」と「味付けタマゴ(50円)」が目に入ってしまい、思わずそちらも追加でお願いをしました。

沖縄 ラーメントロうま あさひ3

程なくして運ばれた「トロうま醤油ラーメン」です。
上から見るとふつうの器に見えますが、横からだと縦に深い、少しばかり変わった形のものだと判ります。具材としては、チャーシュー、ネギにわかめ、レンゲに添えられているのはニンニクチップとなっています。トッピングで「味付けタマゴ」を注文してしまいましたが、最初から半玉分が付いていましたね。こちらはダブってしまい、ちょっと失敗です(安価でしたからつい注文(^_^;))。スープ表面には、ゴマも浮いていました。

沖縄 ラーメントロうま あさひ4

「トロうま醤油ラーメン」の麺ですが、細めのちぢれたもの。程よい固さがあって、しっかりと麺にスープが絡みます。特筆すべきなのは食べ終わる最後まで、麺に全くのびる気配がなかったことですね。今回はサイドメニューを頼みませんでしたので、食べ終わるのも少し早かったかもしれませんが、それでも後半まで美味しく頂けた、特徴を感じる麺でした。スープについては、メニューにてしっかりお店側がアピールをされていますので、抜粋をしてみます。

『スープはゲンコツや背骨、豚足、鶏ガラと香味野菜を煮立てないよう、アクを除きながらじっくりと12時間煮出す。その丁寧な仕事から、透明であっさりと滋味深い上品な味が生まれる。さらにスープにこってり感を加えるのが6時間をかけて仕上げた背脂。雑味がなく、まろやかな脂のうま味とコクが味を引き立てる』

書かれているとおり、確かに旨味を感じます。特に背脂はかなりこってり風味で、この系統が好きな人には堪らないでしょうね。具材のチャーシューやわかめは、控えめな分量なのですが、バランス的にはちょうど良いのではないでしょうか。ニンニクチップも好き好きはあるかもしれませんが、いいアクセントとなっていますね。

個人的にはかなり好印象のお店でした。今回はこってりな“トロうま”を頂いたのですが、“あっさりスープ”のバリエーションも、期待できるのではないでしょうか。ラーメンの種類はもとより、サイドメニューなども充実していますので、簡単に食べ飽きることもなさそうです。次回は二日酔いの時にでも、「あっさりスープのラーメン(490円)」を試してみようかな?(笑)

沖縄 ラーメントロうま あさひ5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市長田1-23-17
電話:098-831-6628
営業時間:11:30-23:00
定休日:不定休
駐車場:有り

スポンサーサイト

暖暮 「ラーメン(2)」

沖縄 ラーメン 暖暮 1

那覇市牧志の「暖暮」へ行って来ました。
前回、「暖暮」を当ブログで取り上げたのは3月頃だったでしょうか。実はこちらのお店については結構な回数を訪れているのですが、記事にしていない率NO.1だったりします。お酒を頂いた上で立ち寄ったりしていますので、画像がぶれていたり、綺麗に写っていてもそもそも来店した覚えがなかったりするのです(^_^;) 近隣にある「コトブキ」はお出掛けの最初の方に訪れますので、先のような失態はそこまではないのですが……(といいますか、コトブキではお酒も提供をされていますので、あちらで飲んでしまうのですよね)。今回もそういった流れで、締めの一杯的な形での来店となりました。

沖縄 ラーメン 暖暮 2

「暖暮」のメニューです。
提供されているラーメンは、いわゆる“博多系ラーメン”の一種類で、それにチャーシューやネギ、辛味などをトッピング的に増すことで品目が揃えられています。沖縄県内では那覇市にあるこの一店舗のみですが、本店のある本場博多では、7店舗が営業展開しているようですね。今回は、その基本となる「ラーメン(650円)」を注文することにしました。また、こちらではなかなかお得なセットメニューが用意されており、「明太子ごはん+博多一口餃子4個(300円)」も併せてお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 暖暮 3

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
具材はチャーシューにネギと、基本となる品目だけあって至ってシンプルです。卓上には“博多系ラーメン”お馴染みの辛子高菜が備えられていますが、自分は少なくとも最初の段階では投入しなくなりましたね。替え玉などで味が薄くなってしまえばまた別ですが、標準仕様でも充分に美味しいものだと、最近は思うようになっています。「辛味だれ」の量も今回は“ふつう”に抑えました。セットで頼んだうち、餃子の方は調理の関係で後から運ばれて来ました。

沖縄 ラーメン 暖暮 4

「暖暮」の麺ですが、博多系のとんこつラーメンではお馴染みの細めのストレートのもの。お店では、もちろん好みの固さに作ってくれるのですが、今回はいつもの“かた”でお願いをしています。なかなか冒険をしていないのですが、“超かた”の方もいつかは試してみたいですね。その麺に絡むスープなのですが、豚骨のみで10時間以上煮込んでいるというだけあって、コクのある旨みがたっぷりと含まれています。沖縄県内においては、お店の位置的に「康竜」と比べられることも多いと思いますが、個人的には甲乙つけがたいですね。あちらは“自分仕立て”として、仕様を選んで注文する楽しさもありますし、ラーメンそのものの味わいでは、「暖暮」は特にスープに深みを感じます。並んで営業をしていたら、どちらに入店するか迷いそうです(笑)

沖縄 ラーメン 暖暮 5

少し遅れて運ばれた「博多一口餃子」です。
サイズ的には小さめですが、四個入りとなっています。皮の表面はかりっと固めに焼きあげられていて、ご飯のお伴として美味しく頂けました。ちなみに単品メニューとしては8個入りで300円となっています。うーん、ですがこの価格設定でしたら、自分的にはやはりセットものを頼んでしまいますね。ご飯もそのままではなく、プラスアルファで明太子付きなのも嬉しいものです。

「暖暮」は、やはり頂いた後の満足感が高いお店でした。駐車場を完備していて、盛り場付近でもなければ、平日でももっと気軽に立ち寄る機会も増えるのですけどね。まだ試していないラーメンやセットメニューなどもありますので、次回は最初の段階(?)で訪れるようにしたいです(笑)

沖縄 ラーメン 暖暮 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志2-16-10
電話:098-863-8331
営業時間:11:00-26:00
定休日:無休
駐車場:無し

大阪村 浦添店 「しょうゆラーメン」

沖縄 ラーメン 大阪村 しょうゆ 1

浦添市牧港の「大阪村 浦添店」へ行って来ました。
国道58号線の通り沿いに、目立つ色合いの外観で店舗が建っていますので、入ったことはなくてもピンとくる方も多いと思われます。沖縄県内において数店舗が営業している、フランチャイズ店になるようですね。こちら浦添市の店舗が本店になるようです。個人的には何年か前に立ち寄った記憶があるのですが、あまりにも前過ぎて記憶が全く残っておりません(^_^;) もちろん、ブログでは初めての紹介になります。お店には、平日の午後9時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 大阪村 しょうゆ 2

「大阪村」のメニューです。
一枚に収められたかなり大判のメニューです。画像が一緒に掲載されているのは判りやすくて良いですね。単品メニューとして「しょうゆ・みそ・とんこつラーメン(各630円)」などが用意されているのですが、定食類も充実しており、看板や貼り紙などを見るとお店としてもそちらを推しているようです。今回はその定食類から、お店の名前を冠した「大阪村定食(900円)」を注文することにしました。ギョーザ、チャーハン、ラーメンがすべてセットになっていて、一番人気だとメニューにも書かれていますね。ラーメンの方は先述の三種類から選べるとのことで、一番先頭に記載されていた“しょうゆ”を選択しました。

沖縄 ラーメン 大阪村 しょうゆ 3

程なくして運ばれた「大阪村定食」です。
想定はしていたのですが、定食ということもあって、ラーメンは半ラーメンの設定のようですね。具材にはもやし、ネギ、海苔などが載せられていますが、単品では具材も更に豊富で、器も大きいのでしょう。単品では630円ということで、決して安価な価格設定ではありませんですしね。セットの餃子は小振りながら6個入りで、チャーハン共々こちらはフルサイズと思われます。それと胡麻ドレッシングのサラダも添えられていました。

沖縄 ラーメン 大阪村 しょうゆ 4

「しょうゆラーメン」の麺ですが、ほぼストレートの細めのもの。玉子麺らしく、箸で持ち上げた時に卵の香りがしました。色味も黄色がかっていますね。しょう油ベースのスープですが、色合いはかなり濃い目です。見た目ほどの塩辛さは感じませんでしたが、スープ自体にニンニクを入れているのか、それなりに濃い味わいです。具材は半ラーメンということで、やはりちょっと寂しいですね。ネギはともかく、もやしがもう少ししゃっきり感があれば、印象もかなり変わりそうでした。

沖縄 ラーメン 大阪村 しょうゆ 5

セットの「チャーハン」です。
注文をした後に、本来添えられているはずのレタスが切れていると、店員さんから告げられました。メニューを見ると、そのレタスは結構セールスポイントとなっているようでしたので、残念です(^_^;) しっとりパラパラ、といった期待した仕上がりではなく(笑)、なにか不思議なふわふわとした食感の出来具合でした。「ギョーザ」も皮同士がくっついてぽろぽろと破けてしまい、なかの餡も中央で固まっていて、すこし残念でしたね。全般的に胡椒が強めに効いた味付けでした。

以上、今回はかなり率直に書いてしまいましたが、個人的にはこういった業態のお店は嫌いではないのですよね(^_^;) 中途半端な時間帯ながら、お客さんで結構賑わってもいました。定食類のなかでも「チキン唐揚げ定食(830円)」や「野菜炒め定食(750円)」などは、メニュー画像を見る限り、なかなか美味しそうで気になります。そう考えると、看板の定食メニューは特に気合いを入れて欲しいですね(笑) 寄りやすい立地ではありますので、次回の機会があれば先の定食類か、食べ比べの意味でも単品でのラーメンを注文してみたいと思います。

沖縄 ラーメン 大阪村 しょうゆ 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★☆(5.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県浦添市牧港1-11-19
電話:098-876-5481
営業時間:不明
定休日:無休
駐車場:有り

通堂 寄宮十字路店 「おんな味ラーメン(3)」

沖縄 ラーメン 塩 通堂 1

那覇市寄宮の「通堂 寄宮十字路店」へ行って来ました。
いやあ、二日酔いになってしまいました。いえ、ブログ的には連続してこんなことを書いてしまっていますが、順不同での掲載ですので、実際の期間は前後していたりします(^_^;) お店には、午前11時の開店時間に合わせて向かいました。午前11時を少し廻った頃に着いたのですが、お店の前には観光客らしいカップルが待っていました。どうも開店時間が過ぎても開けてなかったようですね。実は、寄宮十字路店でこういった場面に出会うのは自分も三度目で、ある程度常態化しているのかな、などと思ってしまいました。この日は雨降りでしたし、おそらく開店のしばらく前から待っているであろう観光客の方は、中に入れて待たせても良かったのじゃないかな……?

沖縄 ラーメン 塩 通堂 2

券売機の上部に据えられている、画像付きのメニューです。
券売機だけですと、どうしても品目名だけでしか判別出来ず、もうひとつ選び辛かったりするのですが、こういった気配りをして貰うと助かりますね。欲を言えば視点を横にずらす位置の方が見やすいのですが、スペースの都合上、それは難しいようで仕方ないところです。麺が変わったという「つけ麺(750円)」も気になったのですが、今回は改めて(?)「おんな味ラーメン(630円)」を購入することにしました。毎度お馴染みの、ランチセットに該当する「ごはん(150円)」の食券も購入して、卓上では「大盛り」として、50円の現金を店員さんに手渡しました。

沖縄 ラーメン 塩 通堂 3

程なくして運ばれた「おんな味ラーメン」です。
具材にはチャーシュー、昆布の細切り、冬瓜、ネギなどが入っています。透明感のあるスープと共に、いかにもあっさりとした印象のラーメンですね。ですがスープの温度が熱めですので、二日酔いの身としてはそれが実に染みわたります(笑) ちなみに本日のランチセットは「照り焼鶏丼」となっていました。

沖縄 ラーメン 塩 通堂 4

「おんな味ラーメン」の麺ですが、平打ち気味の細めのストレートのもの。前回が「ふつう」、その前が「かた」でお願いをしたのですが、断然固めの方が良かったので、今回は「ばりかた」でお願いをしてみました。楽しみに麺を啜ってみたのですが……。うーん、自分の記憶では、特に最初に頂いた時は麺の表面がざらっとしていて、それが程良い抵抗感があって美味しかった覚えがあるのですよね。今回は表面がつるっと滑らかな印象で、これはこれで美味しいのですが、想定していたのとは異なっていて少し残念でした。麺の仕様が急に変わるというのも考えにくいですし、かと言って今回に限っては記憶違いとも思いにくいのですが……。まあそちらは置いても、すっきりとした旨みのある熱々の塩味スープと共に、変わらず美味しく頂けました。

沖縄 ラーメン 塩 通堂 5

ランチセットの「照り焼鶏丼」です。
何度かランチを頂きましたが、全般的に味付けが濃い方向のもので、今のところ大きな印象の違いはないですね。レタスなども敷かれていますが、どうにも重い食感が先に来ますので、画像のようにサービスの“ピリ辛もやし”を投入することによって、ちょうど良いバランスの“丼もの”に個人的にはなるような気がします。まあ、もやし自体も辛味で味付けされているのですが(^_^;)

また書いてしまいますが、麺については気のせいなのでしょうか?(^_^;) タイミング的には、ちょうど「しょう油ラーメン」が導入される前に頂いていたのですよね。新メニュー導入と共に、麺もリニューアルされたとか。まあ変わらず、美味しくラーメンを頂けたことには違いませんので、良しとしましょう(笑) 次回は、違うメニューも選択肢に入れて置きたいですね。

沖縄 ラーメン 塩 通堂 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市寄宮154-9第2玉元ビル1F
電話:098-834-0141
営業時間:11:00-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

通堂 寄宮十字路店 「しょう油ラーメン」

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 1

那覇市寄宮の「通堂 寄宮十字路店」へ行って来ました。
二日酔いになってしまい、どこのラーメン店へ行こうかと考えてみたところ、通堂の「おんな味ラーメン」が頭に浮かびました。先日も頂きましたし、順番的(?)には「和楽」だったのですが、どうにも浦添市まで足を運ぶ気力が湧きませんでした(でもラーメンを食べようという食い意地は残っていたり(^_^;))。時間的に、和楽の開店時間には間に合わなかったという理由も大きいのですけどね。しばらく動けずに、うだうだと時間を過ごし、お店には午後12時前の入店となりました。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 2

お店の窓際には、新商品らしい「しょう油ラーメン」のポスターが貼ってありました。
訪れた時は何気なく見過ごしていたのですが、券売機にもアピールがされていて、また店員さんからも新商品であることを勧められて、胃に優しいあっさり系だろうということで「しょう油ラーメン(630円)」を購入することにしました。お馴染みのランチに該当する「ごはん(150円)」の券も購入です。卓上についてから、「大盛り」として50円の現金を手渡しました(食券では用意されていないのです)。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 3

程なくして運ばれた「しょう油ラーメン」です。
ポスターにあった説明によると『たっぷりな野菜の甘さとふんだんな煮干・かつお節でとった口あたりまろやかなスープ あっさりすっきり』なのだそう。具材としては、チャーシュー、メンマ、ネギに海苔と、確かに王道的でシンプルな“しょう油ラーメン”ですね。二枚の種類違いというチャーシューの構成や、器の色が赤色ということもあり、ぱっと見て「おんな味ラーメン」のような印象も受けました。“あっさり”な位置付け的にも、どちらかというと“おんな味”寄りなのでしょう。ちなみに本日のランチセットは「みそチャーシュー丼」となっていました。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 4

「しょう油ラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。麺の細さから、“おとこ味ラーメン”のものと同一なのかと思ったのですが、微妙に違和感も覚えました。お話しによるとどうも“おんな味ラーメン”の麺を、“おとこ味ラーメン”の麺の径で作ったもののようですね。文字に起こすとちょっとややこしいですが(^_^;) しかしアレンジ的とはいえ、専用の麺を用意しているのは気合いが入っています。注文した際に麺の固さを聞かれたのですが、これまでの経験から「かた」でお願いをしました。お店としては「ふつう」で、ちょうど良い具合に仕上げてくれるようですが、個人的にはコシが感じられる「かた」でちょうど良かったように思いました。スープの温度も高めで、二日酔いの者にはちょうど良かったです(笑) 表面には脂も浮いていて、塩分もそれなりに強めだったのですが、軽く魚介の風味も漂い、美味しいスープでした。

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 5

ランチセットの「みそチャーシュー丼」です。
この日は慰霊の日ということで、公休日扱いとなったらしく、選択ランチは一種類のみでした(お店の人も二種類あると勘違いしていましたね)。チャーシューの固まりに味噌で味付けがされているのですが、これが濃い味付けで参りました(^_^;) イメージ的には“あんだみそ”に近いものでした。葱が散らされてレタスが敷かれてはいますが、あっさりを注文した者としては、系統の違う二種類から選択出来たら助かりましたね。

お店の方で謳われているとおり、王道的な“しょう油ラーメン”でいいですね。「通堂」の新商品というだけあって、シンプルさから来る、ややもするとありがちな安っぽい作りになることもなく、美味しく頂けた一杯でした。“あっさり系”と言い切るには、やや濃い味付けだとは思いますが、客層的にはこれくらいの塩梅がちょうど良いのでしょう。画的にはトッピングで煮玉子を追加すれば、なお美味しそうに映えるでしょうね(笑)

沖縄 ラーメン しょう油 通堂 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市寄宮154-9第2玉元ビル1F
電話:098-834-0141
営業時間:11:00-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

中華居酒屋 青島 「中華ラーメン」

沖縄 ラーメン 五目 青島 1

那覇市松山の「中華居酒屋 青島(ちんたお、と読みます)」へ行って来ました。
近隣へ用事があり、そのままこちらのお店へ訪れることにしました。場所的には松山の繁華街中心部から、少し奥まった立地となっており、例えば女性一人で立ち寄るにはちょっと怪しげな雰囲気ですね(^_^;) そうそう、最初に書いておきますが、店内の照明が暗めで、デジカメの設定とは別に今回は若干ピンボケ気味の画像となっています。

沖縄 ラーメン 五目 青島 2

「青島」のメニューです。
店名に“中華居酒屋”とあるとおり、メニュー全般で中華料理店としては安価な設定となっていますね。「麻婆豆腐(525円)」などはどのような仕上がりなのか、興味を持ってしまいます。今回は麺類の項から「中華ラーメン(630円)」を注文することにしました。実質、いわゆるラーメンメニューとしてはお店で扱っているのは、この一種類のみですね。餃子なども同じく麺類の項に記載されていますが、確か小麦粉を使った粉もの料理全般を“麺”として分類されているのでしたっけ。そういってしまえば“ビーフン”は米粉ですので、細かく言えば違ってしまうのでしょうが(^_^;)

沖縄 ラーメン 五目 青島 3

中華ラーメンの前に、一緒に頼んだ「トマトと玉子の炒め(630円)」が先に運ばれました。
お店の方は店主らしき親爺さんお一人で見ていたのですが、待っている間に厨房からは、高温に熱せられた中華鍋を振るう音が心地よく聞こえてました。出来上がった料理は甘みのある玉子がふわふわで、それにトマトの酸味が加わり、とても美味しい仕上がりのものでした。他の中華料理も期待出来そうですね。ただ、自分が入店した日は午後9時頃だったはずですが、お客さんが多数訪れたらとても調理が間に合わないと思うのですが、この辺りはどうなのでしょう? 営業時間は午前3時までとなっていますので、場所柄的にもお客さんの来店ピークはもっと遅い時間で、厨房を見る人数も変わるかもしれませんね。

沖縄 ラーメン 五目 青島 4

程なくして運ばれた「中華ラーメン」です。
見た目的には、いわゆる“五目ラーメン”と言われる仕様のものですね。醤油ベースのスープに、具材がたっぷりと載せられたラーメンです。その具材としては、海老、烏賊、豚肉、筍、人参、木耳、フクロダケ、いんげん、ヤングコーンなどが盛りだくさんに入っていました。ラーメン丼自体は少し小さめでしたが、具材の種類もあって、物足りなさを感じるようなことはありませんでした。

沖縄 ラーメン 五目 青島 5

「中華ラーメン」の麺ですが、角のあるタイプの細めのストレートのもの。若干柔らかめでしたが、このラーメンの構成には合っているのでしょう。先述のように器が少し小さめですので、相対的にスープがいくらか少なめで、麺が詰まっている印象でした。醤油味のスープですが、最初はそれほど気にならなかったのですが、食べ進める内にかなり塩分が強めに感じました。麺を啜るというより、豊富な具材と共に“食べる”といったラーメンなのかな。

メニューには安価な中華料理が揃っていますので、他の一品料理も試してみたいところですが、未食となるラーメン類はもうないのですよね。次回来店があるとしたら、近隣で飲むなりして、迷い込むような入店となりそうです(笑) そうそう、帰りにラーメン店の「丸麺屋本舗」が近くにあったことに驚きました(何度か寄ったことがあるのですが、所在地の記憶が無かったのです(^_^;))。

沖縄 ラーメン 五目 青島 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市松山2-14-1
電話:098-867-7645
営業時間:18:00-27:00
定休日:無し
駐車場:有り

青島居酒屋 / 美栄橋駅県庁前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0

中華そば 天龍 「軟骨ラーメン」

沖縄 ラーメン 軟骨 天龍1

那覇市曙の「中華そば 天龍」へ行って来ました。
曙周辺を通りがかった際に、すぐに「あけぼのラーメン」を思い浮かびましたが、小禄店の方で充分に通っていたことから、まだ未訪のこちらへ寄ることにしました。まあ「あけぼラーメン」の食べ比べをしても良かったのですけどね(^_^;) そうそう、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ここ何回かのブログ記事の画像は、デジカメの設定が切り替わっていることに気付かずに低画質だったりします。何度か当ブログで紹介しているお店はきちんと撮れた画像も掲載出来ていますが、初回のお店はやはり少し申し訳ないですね。本来は、二割増しくらいで美味しそうな画だったと思ってください(^_^;)

沖縄 ラーメン 軟骨 天龍2

「中華そば 天龍」のメニューです。
ブログ的に麺類の部分をピックアップしていますが、野菜炒めなどの定食類や中華丼などの丼物など、品数はかなり充実していました。メニュー全体が見える画像も撮っていたのですが、ほとんど文字が読み取れない画質ですので、今回は掲載を見送ります(^_^;) 注文は「軟骨ラーメン(650円)」に餃子3コとご飯がセットになった、「軟骨ラーメンセット(800円)」をお願いすることにしました。軟骨ラーメン自体は掲載の麺類の項に見当たりませんが、隣のページに単品で画像と共に記載されていました。お店のお勧めメニューのようですね。

沖縄 ラーメン 軟骨 天龍3

程なくして運ばれた「軟骨ラーメンセット」です。
トレイの上には具材たっぷりのラーメンに、しっかりとよそられたご飯、なかなか大ぶりの餃子が載せられており、充分なボリューム感を感じます。軟骨ラーメンの具材としては、柔らかく煮られたとろとろの軟骨付きお肉に、ネギ、青梗菜、人参、筍などが盛りだくさんに載せられています。特に軟骨付きのお肉と青梗菜は、人によっては飽きそうなほど、随分とたっぷり入っていましたね。両方とも好きな具材ですので、個人的には嬉しい分量具合でした。

沖縄 ラーメン 軟骨 天龍4

「軟骨ラーメン」の麺ですが、中細のちぢれたもの。スープはシンプルながら、しっかりとした味わいのある醤油味で、この辺りはおそらく「天龍」の麺類のベースとなっているのでしょうね。今回は特に具材がたっぷりな品目でしたので、このやや細めの麺と醤油味がとてもバランス良く感じられました。具材の筍や青梗菜などは大ぶりに切られており、しゃきしゃきとした食感が食べていて心地よかったです。これがまた軟骨付きお肉の柔らかさと、良い対比になっていますね。余談ではありますが、個人的に軟骨自体も大好きで、残すような人を見ると勿体ないと思ってしまいます。骨付きチキンなどに付いている軟骨部分も、自分はコリコリと食べてしまいますね(^_^;)

沖縄 ラーメン 軟骨 天龍5

セットに付いていた「餃子」です。
出来たての熱々だったことも良かったのですが、程よい薄さの皮に程よく廻った油、これまた程よくニンニクが効いた餡も自分の好みでした。セットの餃子ですので、本来はご飯の受けなのでしょうが、ラーメン具材の軟骨付きお肉がたっぷりでしたので、ご飯が足らなくなりそうでした(笑)

お店のイメージ的には、近隣にある「あけぼのラーメン」と同じく、“街のラーメン屋さん”といったもので、個人的にとても気に入りました。良いですよね、こういう気軽に入れるお店って。自分としてはそうそう通りがかるような立地ではないのですが、冒頭に書いたように、今回は美味しそうに撮影出来なかったことをとても後悔しております(^_^;) そう遠くない内にまた訪れたいですね。色々な品目がありますので、次回は別のメニューを注文すべきでしょうが、撮影直しを含めてまた「豚骨ラーメン」も頼みたいかな?(笑)

沖縄 ラーメン 軟骨 天龍6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市曙2-9-4
電話:098-862-9998
営業時間:11:00-22:00(水曜日のみ11:00-1400)
定休日:無し
駐車場:有り

鶏だし工房 garyu-ya  「つけ麺(3)」

沖縄 つけ麺 garyu-ya 1

沖縄市泡瀬の「garyu-ya」へ行って来ました。
つい先日に訪れたばかりなのですが、たまたま昼下がりに近くを通る用事があり、寄ってみることにしました。「garyu-ya」では「しょうゆらぁ麺」が未食なのですが、今回は当初から「つけ麺」を頂くつもりでの来店です。というのも、この日は火曜日ということで、日替わりで用意されているおまけダレの中でも、評判の良いらしい“イタリアン”が提供されるということで頂いてみたかったのでした。まあ何度も実食している土曜日の“ぴり辛イナムルチ”以外でしたら、何でも良かったですけどね(^_^;) お店には、午後2時過ぎ頃の入店となりました。

沖縄 つけ麺 garyu-ya 2

「garyu-ya」のメニューです。
中城村の「我流家」と同じく、短冊状の品書きをお店の方に渡す形式ですね。こういった遊び心が実に“がりゅうや”らしいです。今回は先述のように「つけ麺(700円)」をお願いすることにしました。前回は30食限定という、“激太麺”での注文でしたが、今回は通常提供の麺で頂くことにしました。……しばし考えて、おまけダレを存分に味わうのに麺が足りなくならないか、と不安になり「大盛り(100円)」を追加注文です。ついでに悔いを残さないよう(?)に、「らいす(100円)」も一緒にお願いしました。うーん、いつもと変わらぬ注文内容になってしまいましたね(^_^;)

沖縄 つけ麺 garyu-ya 3

程なくして運ばれた「つけ麺」です。
前回頂いた「つけ麺set(950円)」とさほど変わらないようなボリューム感です。麺の上に載せられている具材は、もやし、キャベツ、菜の花、味玉、チャーシューなどとなっています。今回もパスを使っての無料トッピングはチャーシューをお願いしました。つけ汁の器には仕掛けがあって、底の方に保温の効果を果たす“焼き石”がセットされています。今回はつけ汁がかなり熱々でしたね。そうそう、つけ汁の中にもブロック状のチャーシューがごろごろと入っており、また穂先メンマも二つほど添えられていました。過剰な程のサービス精神を感じますね。無料の味付けニンニクまでたっぷりと用意されています(^_^;) がっつりさんには嬉しい仕様ですね(笑)

沖縄 つけ麺 garyu-ya 4

「つけ麺」の麺ですが、通常仕様ながらもそれなりの太さともっちりとした食感を併せ持った、“がりゅうや”お馴染みのもの。つけ麺では極太麺が流行っていますが、やや太めの、ある意味上品な(?)くらいの作りがgaryu-ya全体の仕様に合っているのでしょう。好みに応じて“激太麺”での提供も行っていますしね。さて、今回のお目当てとなるおまけダレの“イタリアン”ですが、酸味の効いた濃厚な味わいのものでした。おまけながら、結構分量もあるのですよね。メインのつけ汁も鶏白湯の粘度のあるもので、同じくしっかりと濃厚な味わいのものです。しかし今回は大盛りにしたのですが、食べ終えた時のつけ汁の残量は、前回の“激太麺”が少なかったような気がします。分量的にもあちらはサービスメニューとなっているのかもしれませんね。

前回頂いた時から、あまり間を置かなかったこともあるのでしょうが、多少食べ進める間に飽きが来てしまいました。大盛りやご飯などを注文して、がっつり行き過ぎているのも原因かもしれません(^_^;) 次回訪れる時は、期間が空いていてかつ平日であれば「つけ麺」を、土曜日に伺う機会があれば、未食の「しょうゆらぁ麺」を頂こうかと思います。

沖縄 つけ麺 garyu-ya 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市泡瀬3-12-26
電話:098-934-2218
営業時間:11:30-23:30
定休日:木曜日
駐車場:有り

大勝軒 宜野湾店 「味噌つけ麺」

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 1

宜野湾市真志喜の「大勝軒 宜野湾店」へ行って来ました。
こちらも「麺ふぇすた」の参加店になりますね。個人的に足を運びやすいのは“那覇店”の方なのですが、こういう機会があることで、宜野湾店にも訪れることが出来ます。せっかくですので、お店ごとに違いがあるのか食べ比べを意識してみても良いですね。「大勝軒」についてはチェーン店という訳ではなく、“暖簾分け”となるはずですので、もしかしたら店舗毎に違いが結構あるかもしれません。同じ品目で食べ比べをした記憶がありませんので、近いうちに一度は試したいですね。

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 2

「大勝軒」のメニューです。
店内に入る前に、お店の外側に張り出されています。「大勝軒」は券売機方式ですので、特に初めて来店する人には助かる処置だと思います。後ろに購入を待っている人が並んでしまったら、ゆっくり選ぶ間もなく焦ったりする場合もありますしね。実際にこの日は開店直後に来店したのですが、食べ終わる頃には満席に近い状態になっていました。今回、券売機からは、未食だった「味噌つけ麺(700円)」を「麺大盛り(100円)」にしての購入です。そうそう、「大勝軒 宜野湾店」も麺ふぇすたの参加店だったのですが、こちらも“無料トッピング対象表”の張り出しは行っていませんでしたね。「味玉」をトッピングとしてお願いしたのですが、バイトらしき人は年間パスの存在そのものを知らなかったようで、事後の応対に何か温度差があるようです。まあこの辺りのお話はここまでということで(^_^;)

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 3

程なくして運ばれた「味噌つけ麺」です(いつもの全体画像を撮り忘れてました)。
「大勝軒」の麺ですが、店頭でもしっかりと垂れ幕で喧伝しているのですが、『多加水・極上中太』といったもの。確かに滑らかな食感でしっかりとしたコシを感じる麺ですが、色々なお店で多様なつけ麺を味わえるようになった現在、王道的な位置付けのものなのでしょうね。対してつけ汁なのですが、魚介等の風味はあるのですが、口に入れた時にかなり強い甘みを感じます。味噌の味がするのはもちろんなのですが、たしかベースの“つけ麺”のつけ汁自体が甘かったのですよね。これが「大勝軒」の味かもしれませんが、少しばかり口当たりを変えてみたく、卓上で案内されていた“調味料類”をお願いしてみることにしました。

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 4

改めてお店の方に持ってきて貰った、『ニンニク、豆板醤、濃口たれ』です。
甘さを抑えるには、辛味である「豆板醤」が良いのではと、ぱっと考えてしまいそうですが、これはバランスの調整が難しそうです(自分は辛いのは嫌いではないですが、耐性がある訳でもなかったりします(^_^;))。ですので、味の変化付けとしてはニンニクで調整をしてみました。食欲を刺激する特有の程よい香味が加わり、改めて麺を食べ進むことが出来ました。

冒頭でも書いたのですが、那覇店と宜野湾店では同じメニューでも、作りというか個性に違いがあるのでしょうか? 那覇店で頂いた「ラーメン」はかなり好きな部類なのですが、どうも宜野湾店の仕様とイコールなイメージが湧きません(^_^;) 次は「ラーメン」を宜野湾店で頂くか、あるいは「つけ麺」を那覇店で頂くかを、そう遠くないうちに実行してみようと思います。

沖縄 つけ麺 味噌 大勝軒 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県宜野湾市真志喜624-1
電話:098-890-6611
営業時間:11:30-16:00 18:00-22:30
定休日:火曜日
駐車場:有り

SAKURA 「夏麺」

沖縄 ラーメン 夏麺 SAKURA 1

那覇市牧志の「SAKURA」へ行って来ました。
確か前回取り上げた際には、お酒が入っていないタイミングでの来店を考えていたはずですが、今回も余所で飲んでからの締めの一軒となりました。“桜坂”という場所柄からか、遅い時間であるにも関わらず周辺は(酔客かな?)賑わっていましたね。「SAKURA」自体も満席となっていて、しばし涼みながら外で待つことになりました。店舗の外観を含め特異な営業形態だと思うのですが、この立地だからこそ成り立つ、ディープで特色あるお店となっているのでしょうね。

沖縄 ラーメン 夏麺 SAKURA 2

卓上に置かれていた「夏麺」の案内です。
「夏麺」は夏のこの時期に、毎年SAKURAで提供されているようですね。去年の夏場は比較的お店に訪れていたはずですが、注文をしたことはもちろん、提供をしていたかどうかも記憶が定かではありません(^_^;) 新しく冬季限定となった「シミウマ醤油ラーメン」を開発するという話から、季節限定麺の存在を知った次第です(笑) 今回はその夏季限定となる「夏麺(750円)」を注文することにしました。

沖縄 ラーメン 夏麺 SAKURA 3

程なくして運ばれた「夏麺」です。
麺種としては、いわゆる“汁なしそば”といわれるものですね。SAKURAオリジナルの麺の上には具材として、温泉玉子、チャーシュー、キャベツ、わかめが載せられています。軽く散らされた糸唐辛子の鮮やかな赤味が、ひるがえって涼を感じさせますね。大きめの平皿に入っているのも、食べやすいだけではなく、涼しげな演出の一環となっているようです。

沖縄 ラーメン 夏麺 SAKURA 4

「夏麺」の麺ですが、SAKURA独特のコシの強い、ストレートでつるっとした食感のもの。ピリッとした辛味のタレが底に溜まっているのですが、その辛さの刺激を味わいつつも、温泉玉子で味をまろやかにすることも可能です。ソースは別の小さな容器でも用意されていますので、辛党の方はがんがん辛味を効かすことも可能です。翌日のことも考え、ソースの追加は、自分は程ほどにしておきました(^_^;)

自分は未食なのですが、SAKURAで提供している「おつまみチャーシュー(450円)」という品目は、ちょうどこの夏麺の具材と同じもののようですね。具材の分量的にはあちらが多いとは思いますが、夏麺自体をおつまみにして頂くのも、麺好きのお酒のみには良さそうな感じです(笑) これから暑い夏の本番となって行くのでしょうが、夏バテなどを起こさないよう気を付けつつ、ラーメンを頂いていこうと思います(現時点でもつけ麺率が高くなっているのですよね(^_^;))。

沖縄 ラーメン 夏麺 SAKURA 5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市牧志3-9-27
電話:なし
営業時間:18:00 - 26:00 ~28:00
定休日:無休
駐車場:無し









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。