通堂 寄宮十字路店 「おんな味ラーメン」

沖縄 ラーメン 通堂1

那覇市寄宮の「通堂 寄宮十字路店」へ行って来ました。
「琉球新麺」を謳い、“ラーメン不毛の地”と言われていた沖縄で、地元ならではのラーメンを根付かせてきた功績のあるお店だと思います。県内ではあまりにもメジャー過ぎるのか(?)、なぜか熱心なラーメンファンの間では余り話題に上がらないような気もするのですが、お店を覗くと若い年齢層のお客さんでいつも賑わっている印象があります。かくいう自分も、ブログを始めてからこれまで一度しか訪れておらず、去年の10月以来という久しぶりの来店となりました。お店には、土曜日の開店直後の来店です。修学旅行生らしい団体客が既に数多く入店しており、何事かとちょっとびっくりです(^_^;)

沖縄 ラーメン 通堂2

「通堂」の券売機です。
今回は細麺が食べたかったことと、前回は「おとこ味ラーメン(690円)」を頂いたことから、当初から「おんな味ラーメン(630円)」を注文するつもりでの来店でした。ランチタイムでの来店だったということで、券売機からお店指定の「ごはん(150円)」を購入して、ランチセットにしました(要するに150円分の料金でランチセットになるのですね)。「大盛り(50円)」は何故か券売機では用意されておらず、直接現金を渡しての注文となります。もちろん、そちらもお願いをしました(笑)

沖縄 ラーメン 通堂3

程なくして運ばれた「おんな味ラーメン」です。
白濁したいかにもとんこつな「おとこ味」と違い、対象的な、透明感のあるスープの「おんな味」です。具材もより“博多系”らしかった「おとこ味」と異なり、昆布の千切りや冬瓜などが入っており、実に沖縄らしい特色が見受けられますね。チャーシューが二枚入りなのは嬉しいところです(笑) ランチセットで用意されていたのは「肉豆腐」だったのですが、以前訪れた時は二種類から選べる形式でした。どうも土・日曜日はコスト面と客層の関係からか、選択方式は取り止めてしまったようです。前回訪れた際に、かなり感動した部分でしたので少しばかり残念でしたが、これは仕方ないところかもしれません。ちなみに平日ランチは100円設定となっていて、より近隣の常連さんに優遇されている形式になっているようです(笑)

沖縄 ラーメン 通堂4

「おんな味ラーメン」の麺ですが、平打ち気味の細めのストレートのもの。注文の際にお店の方に聞かれた際に、ふつうに「カタ」でお願いしたのですが(微妙に変な日本語(^_^;))、その茹であげ方も影響したのか、ラーメンとしてはかなり独特な味わいに感じました。その麺に絡むスープなのですが、久米島産地鶏をメインに、3種類の塩で作り上げられた“うま塩”とのこと。あっさりながら表面には油分も結構浮いており、食べ進める内に含まれる旨味をしっかりと感じて来ました。いや、これは麺とスープともども、かなり完成度の高い美味しさです。

実は食べた当初は(期待していた方向性と異なっていたため)大きなインパクトはなかったのですが、このラーメンは後からじわりと癖になる一杯ですね。ブログ記事自体、順不同というか頂いてから期間が経って記事にすることも多いのですが、一週間近くなるいま現在、また食べたくなって来ました。次回来店時には未食のメニュー選択をするかもしれませんが、タイミングが合ってしまえば「おんな味」は二日酔いも効きそうです(笑) そうそう、基本、自分は記憶力のあやしい“とりあたま”ですので、ブログの更新は早めにした方がいいですね(^_^;)

沖縄 ラーメン 通堂5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県那覇市寄宮154-9第2玉元ビル1F
電話:098-834-0141
営業時間:11:00-25:00
定休日:無休
駐車場:有り

スポンサーサイト