神戸ラーメン第一旭 神戸本店 「Bラーメン」

神戸 ラーメン 第一旭1

神戸市中央区多聞通の「神戸ラーメン第一旭 神戸本店」へ行って来ました。
急遽神戸へ行くことになったのですが、彼の地でもしっかりラーメンを頂いて来ました(笑) 滞在は一泊程度だったのですが、番外編的な『県外のラーメン』として、今回を含めて全3回の予定で神戸のラーメン記事を書きます。初回はタイトルのとおり「神戸ラーメン第一旭」となります。

神戸へ行くことが決まってから、簡単に地域のラーメン事情を調べてみたのですが、地元ならではの大きな特色のあるラーメンはあまり見当たらないようでした。今回の「第一旭」については、神戸での操業は50余年を数えているようで、実際に地元では“ソウルフード”のように感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、その発祥は京都らしいですね。ラーメン店の「京都第一旭」の暖簾分けとして生まれたお店のようです。お店には、午後1時半頃に入店となりました。

神戸 ラーメン 第一旭2

「第一旭」のメニューです。
基本のラーメンは内容で“A,B,C”と種類が分けられています。「Aラーメン(550円)」は、ネギ、もやし、メンマのシンプルなもの、「Bラーメン(700円)」はそこからチャーシューが増されたもの、「Cラーメン(900円)」は先のBからチャーシューと麺が大盛りになったもののようです。今回は、ランチタイム(10:00~15:00)サービスとなる「Bラーメンセット(760円)」を注文することにしました。セットは“高菜ご飯”か“ライス”を選択出来るとのことで、ここは高菜ご飯をお願いです。

神戸 ラーメン 第一旭3

程なくして運ばれた「Bラーメン」です。
若干こぶりな器の周囲には、ぐるりと薄めのチャーシューが盛り付けられています。中央にはたっぷりのネギとメンマ、その奥にはもやしが入っていました。良く見ると最初から胡椒が振りかけられているようです。シンプルで、素朴な印象のラーメンですね。海苔が載せられた高菜ごはんは黄色みがかっていて、辛さがあるものではありませんでした。卓上には無料サービスとして、沢あんに刻み生姜、揚げニンニクの容器が置かれていました。今回は高菜ご飯をお願いしましたが、ラーメン具やこれらのサービスから、意外と白ご飯の方が美味しく頂けるかもしれませんね。

神戸 ラーメン 第一旭4

「Bラーメン」の麺ですが、細めのストレートのもの。長さがあり、しっかりとした食感もあって、好きなタイプの麺です。スープは醤油だれの塩分が結構強めのものでした。ここまでの構成はいかにも“京都風ラーメン”なのですが、背脂は入っていませんでしたね。食べ進める間に変化付けとして、「刻み生姜」と「揚げニンニク」を投入してみました。「刻み生姜」は個人的には正直なところ、味が足された以上の変化を感じませんでしたが、「揚げニンニク」は面白い味だと思いました。ニンニクを揚げた際の油ごと容器に入っているようなのですが、さくっとした食感は残っていますし、油分そのものもスープに良い具合に変化をもたらしてくれていると感じました。元スープの味自体がそれなりに濃いですので、そのままでも充分に美味しく頂けるものだと思います。

最近の様々な趣向が凝らされたラーメンと比べて、ぱっと見て少し地味にも映るのですが、こちらの一品はずっと飽きが来ない味ではないかと感じました。新興のお店に押されて徐々に店舗数を減らしているようなのですが、今後も“神戸ラーメン”として、昔ながらの味をいつまでも提供し続けていって欲しいですね(いえ、地元民でもないのですが(^_^;))。

神戸 ラーメン 第一旭5

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:兵庫県神戸市中央区多聞通1-3-2
電話:078-371-6212
営業時間:10:00-2:00(日曜日10:00-2:00)
定休日:無休
駐車場:有り

神戸ラーメン 第一旭 神戸本店ラーメン / 西元町駅神戸駅大倉山駅

スポンサーサイト



[ 2011/05/23 20:02 ] 県外のラーメン | TB(0) | CM(0)