麺や TANREI 「担々風つけ麺」

沖縄 つけ麺 担々麺 TANREI1

沖縄市中央の「麺や TANREI」へ行って来ました。前々回記事の続きになります。
「TANREI」には今回が初来店だったのですが、せっかく沖縄市方面への遠征ということで、当初から分量を頂くつもりで予定していた“はしごラーメン”を取り止め、そのままこちらでもう一品追加注文をすることにしました。二品目はメニュー表に載っているレギュラー品目ではなく、店舗入り口に掲示されていた数量限定品をお願いすることにしました。

沖縄 つけ麺 担々麺 TANREI2

入り口側に置かれていた掲示板です。板の架台がお洒落ですね。
前回記事でもちらっと書いたのですが、メニュー表とは別の、写真や商品説明などが詳しく入った紹介用らしい冊子も見せて貰いました。それを見ると、定期的に期間限定品なども提供しているようですね。それぞれが凝った作りのものでしたので、地元ファンの方にとっては、こういった限定品を頂けるのも楽しみなことでしょう。“はしごラーメン”を止めたので、リミッター解除です(笑) 二回目となる注文は掲示板の「担々風つけ麺(780円)」を「大盛り(100円)」で、“ご飯物”をまだ頂いてなかったので、メニュー表に載っていた「ブエナのチャーシュー飯(350円)」を追加でお願いすることにしました。

沖縄 つけ麺 担々麺 TANREI3

程なくして運ばれた「担々風つけ麺」です。
前回記事の「淡麗和風塩らーめん」で感じた時と同様に、こちらも雰囲気があるつけ麺です。綺麗な白い器に盛り付けが映えますね。つけ汁の中に入っている具材としては、チャーシュー、メンマ、キャベツ、キクラゲ、ウズラの卵など。なかなか具だくさんです。そしてスープ表面には、胡麻とラー油が浮いていますね。麺の方ですが、確かに大盛りにしたとはいえ、分量がずいぶんとたっぷり入っています。パーティー用のパスタ皿のようですね(^_^;) 基本的に上品な雰囲気のお店なのですが、分量はちょっぴりで物足りないなんてことはなく、腹ペコさんにも嬉しいサービス精神を感じました。ええ、ここは特に嬉しかったポイントだったりします(笑)

沖縄 つけ麺 担々麺 TANREI4

「担々風つけ麺」の麺ですが、細めのストレートのもの。先に書きましたが、たっぷりと盛られている様子からはパスタのようにも見えますね。分量があったとはいえ、麺は細めですので、するするといくらでも抵抗なくお腹の中に収まっていきます。つけ汁の口当たりはあくまでもマイルド仕立てなのですが、そこはつけ麺らしく、塩分濃度はそれなりに高めでした。辛さも当初はほとんど感じませんでしたが、そこはやはり“担々風”、食べ終わる前にはじんわりと汗が出て来ました。そうそう、食べ終わる頃に合わせて感じの良い女性店員さんが、割りスープをテーブルまで持って来てくれました。いつもは合図をするタイミングを図れずに、そのままつけ汁を飲み干したりするのですが、この日は最後まで美味しく頂くことが出来ました。

沖縄 つけ麺 担々麺 TANREI5

別途お願いした「ブエナのチャーシュー飯」です。
メニューにはカッコ付けで“ミニ丼”などと書かれているのですが、これはかなりボリューム感がありました。小食な女性でしたら、これだけでお腹いっぱいになるかもしれません(^_^;) チャーシューの固まりやトマトやナス(ソースのようにもなっていました)、具材に埋もれて見えませんが、半熟玉子まで入っていました。提供される料理の端々に、イタリアンやフレンチの要素が見え隠れしながらも、それがまた自然に「麺や TANREI」の味となって心地よく頂くことが出来ました。質、量(食べ過ぎです(^_^;))とも、本当にご馳走様でした。

今回は続けて二品を頂きましたが、まだまだ試してみたいメニューがいくつもありますね。単品も良いのですが、ラーメンを軸としたセットメニューにも、色々と凝った趣向のものが用意されていました。立地が沖縄市ということで、自分的にはなかなか気軽に行けないのが残念ですが、またそう遠くないうちに寄ってみたいお店だと思いました。

沖縄 つけ麺 担々麺 TANREI6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★☆(7.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県沖縄市中央1-33-3
電話:098-939-6565
営業時間:11:30 - 14:30 18:30-22:00
定休日:水曜日・日曜日
駐車場:無し

スポンサーサイト