スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

麺や 敦 「つけ麺」

1沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

恩納村名嘉真の「麺や 敦(とん)」へ行って来ました。
こちらもしばらく前に訪れた店舗になりますね。主力品目は王道な「(魚介豚骨)つけ麺」にあたるらしいのですが、過去二回の訪問ではちょっと変わり種といった品目を頂いております(「ベジトマつけ麺」と「沖縄産葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン」)。ようやくといった形になりますが、今回は「つけ麺」目的で夜間の訪問となりました。

2沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

「つけ麺」と「台湾まぜそば」が掲載されたお品書きです。
品目名はシンプルに「つけ麺」・「あつもり」で分けています。こちらのお店ではちょっと珍しく、「あつもり」をオススメしていますね。さて今回の注文ですが、素直に「つけ麺(並盛り)(750円)」をお願いすることにしました。ちなみに「並盛り1玉」で250g、特盛りで2玉分500gになるようです。いつかの記事でも書きましたが、「台湾まぜそば」は本当にちらほらと見かけるようになりましたね。「台湾まぜそば」自体は2008年に確立されたばかりの品目のようで、店舗毎のオリジナルティを出してくるのは、もっと歴史を積んで一般的になって来てからの事なのでしょう。

3沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

卓上には最初から割りスープが用意されています。
古くから営業されている「つけ麺店」ですと、後からお願いする形を取ったりすると思いますが、個人的には自分のペースで利用できるこちらの方式が有り難いです。また各種調味料類も卓上には用意されていました。

4沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

卓上に説明されている「薬味の極意」です。
説明書きは画像から読み取って貰うとして、用意されているのは『シークァーサー・フルーツ酢・ゆず香・ニンニク・一味・ラー油・コショウ』などとなっています。筆頭に記されている「シークァーサー」ですが、今回画像掲載はしませんが、別皿で「つけ麺」と一緒に持って来てくれました。

5沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

程なくして運ばれた「つけ麺」です。
シンプルな名称ですが、見た目にも王道な(つけ汁が魚介豚骨風味の)「つけ麺」となっています。真っ白な大きめの器に、太めの麺(現在主流のつけ麺としてはほんの少し細めかな?)が艶やかで綺麗ですね。具材はつけ汁の方に入っています。

6沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

壁際に掲示された「つけ麺の食し方」です。
まあ特別なことが書いている訳ではありませんが、「豚骨魚介スープ」が残りましたら、割りスープの利用や白飯投入などを勧めていました。こちらはランチタイムにおいては、白飯はセルフサービスで提供されているのですよね。お昼時の訪問でしたら、後者がお勧めになるかもしれません。

7沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

ちょっと脱線しましたが、つけ汁側のアップ画像です。
具材としてはブロック状のチャーシューに海苔、中央には魚粉に葱に、彩り良くなるとが添えられています。先に掲載したお品書きの画像では「味玉」が添えられていましたが、そちらは別売のお勧めトッピングになるのだそう。

8沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

さっそくつけ汁側に麺を投入して頂きます。その前に「食し方」にも書かれているとおり、そのまま麺だけを頂いてみたのですが、冷水で締められていることもあり、しっかり弾力とコシの感じられる美味しい麺となっていました。極端に太めではありませんが角があるタイプで、先の食感と共に口中で存在感のある麺となっています。その麺に絡むつけ汁ですが、豚骨をベースに魚介の風味の漂う濃厚なもの。極端に濃い味わいではなく、表面の滑らかな太麺にバランスの良い作りだったかと思います。これは途中でお店のお勧めである、麺側にフルーツ酢やシークァーサーを投入しているのが影響しているかも。後味のさっぱりとした変化を加えていたかと思います。

9沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

初回訪問時から気になっていた、「博多水炊き風鶏から揚げ」です。
なんでも『秘伝のタレに漬け込んだあっさり味の博多水炊き風鶏から揚げ!』なのだそう。4~5個300円でということで、実はこちらもお願いをしておりました。

10沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

実は最初の段階で運ばれていた「博多水炊き風鶏から揚げ(300円)」です。
白ごはん(100円)」も一緒に頼んでいます。さてこちらは「博多水炊き風」とあり、ちょっと変わった作りかと思ったのですが、普通に油分の多い濃いめの醤油味となっています。なぜかマヨネーズ風なボトルも付いており、「あっさり味」とは遠目のコッテコテの鶏から揚げでした(^_^;) まあどのようなタイプの鶏肉でも基本全部美味しく頂きますので、最終的に「つけ麺」共々、がっつりと美味しく完食となりました。

11沖縄 ラーメン 恩納村 麺や敦 つけ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県恩納村名嘉真27
電話:098-967-8552
営業時間:11:30-15:30 17:30-21:30
定休日:不定休
駐車場:有り

スポンサーサイト

麺や 敦 「沖縄産葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン」

1沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

恩納村名嘉真の「麺や 敦(とん)」へ行って来ました。
こちらは2014年12月にオープンし、先月初訪問を果たしたお店となります。恩納村という場所柄から、個人的になかなかそう寄れない立地なのですが、とても好印象を持ってお店を後にした店舗だったりします。基本はつけ麺を中心として、まぜそばなどのラインナップになっているのですが、ついにラーメンの提供も始められたと聞き、良い再訪の動機付けとなりました。お店には、週末の夜間の訪問となっています。

2沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

「麺や 敦」のお品書きです。
こちらには「(魚介豚骨)つけ麺(並)(750円)」と「台湾まぜそば(並)(700円)」が掲載されていますね。オープン当初からのレギュラー品目となっています。前回初訪問を果たした際は、「ベジトマつけ麺(並・中盛り)(700円)」なるちょっと変わり種となるつけ麺にチャレンジしたのですが、期間限定麺だったらしく、今回訪問時にはお品書きから無くなっていました。うーん、ある意味季節感から外れていた品目(つけ汁が冷製)でしたので、逆に新しくレギュラーになったのかと思ったのですが……。次回訪問する機会がありましたら、代表的品目らしい画像の「(魚介豚骨)つけ麺(750円)」を注文するつもりでしたが、この日の目的はラーメンとなっております。

3沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

先ほどのお品書きから裏面です。
こちらには「5辛つけ麺(並)(800円)」と「カレーつけ麺(並)(800円)」が掲載されていました。前回1月末頃に訪れた際に、2月から始まる限定麺と聞いていたのですが、3月に入っても提供を続けられているようですね。レギュラー品目に昇格されたのでしょうか? 画像を見る限り、通常のつけ麺と異なりつけ汁の器がないようです。代わりに麺の器には軽くスープに浸っているようにも映りますし、ちょうどまぜそばとラーメンの中間の作り? 実際のところは良く判りませんので、次回訪問時にはぜひ試してみたいものです。

4沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

壁際に掲示された手書きの「3月からの限定メニュー」です。
提供時間は午後5時半から午後9時までとなっており、ディナータイムのみの提供のようです。この日が夜間の訪問になったのも、時間的に限定されてのことでもありました。“夜だけラーメンはじまります!!”と記されていますね。さて今回の注文ですが、そのお目当てとなる、「沖縄産葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン(並)(750円)」をお願いすることにしました。ちなみに大サイズは100円増しの850円なのだそう。それと新品目として「焼きぎょうざ(3個)(150円)」と「ラズベリー杏仁豆腐(150円)」が加わったようです。

5沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

別の壁際には画像入りの今回注文のお品書きが貼り出されていました。
たっぷり具材の盛り付けが華やかで、これはなかなか美味しそうですね。並と大の価格設定は先ほど記したとおりなのですが、「替玉(1玉)(200円)」での対応も行っているようです。

6沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

待っている間にカウンター席側の様子を写してみました。
厨房はカウンターの向こう側別室となっており、広くスペースを取られているようです。夕食時分のピークから外れていることもあり、入店当初はお客さんはいらっしゃいませんでしたが、すぐに中央のテーブル席に団体客が入り、カウンター席にも二組ほど来客がありました。馴染みのない場所柄で検討も付きませんが、繁盛されているようですね。

7沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

程なくして運ばれた「沖縄産葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン」です。
……限定麺ということもあってか、品目名が長いですね。レギュラーになりましたら「ちーまーじゃんラーメン」と短くなることでしょう(^_^;) ところで「芝麻醤(ちーまーじゃん)」をベースにスープが作られているらしく、着丼と同時に胡麻の良い香りが漂って来ました。先に画像では拝見していましたが、視覚的にはもちろん、香りからも食欲を刺激されております。

8沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

「沖縄産葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン」のアップ画像です。
品目名にもあるとおり具材としては、旬の沖縄産葉野菜にゆし豆腐、豚バラ肉のチャーシューに半個分の味玉に海苔、彩り良くワンポイントとしてなるとが添えられています。中央に浮かんだゆし豆腐にはたっぷりの葱と胡麻も盛られていました。色合いの濃いスープに具材が隠れたり、またちょっと盛り付けが崩れている部分もありますが、構成はちょっと変わった食材が入っていながらも色彩のバランスが良く、意欲的な作りだと感じました。これは頂く前から期待感が高まりますね。

9沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

「沖縄産葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン」の麺ですが、中太平打ちのストレートのもの。角があるタイプで、濃厚なスープに負けない、ほど良く弾力感のあるどっしりとした麺になっていました。その麺に絡むスープですが、ベースには豚骨魚介としつつ、「芝麻醤(ちーまーじゃん)」からくる胡麻の風味豊かなもの。粘度感は確かにあるものの、そこまで高くはありませんでした。ニンニクや特製ラー油も入っているらしいのですがベースのスープが強く、味を立体的にするための隠し味のような感じですね。具材は柔らかなゆし豆腐がやはり特徴的でありました。胡麻風味のスープとの相性も良かったです。チャーシューの噛みごたえや葉野菜を合間のアクセントにしつつ、とても美味しく食べ進めることが出来ました。

10沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

一緒に頼んだ「焼きぎょうざ(3個)(150円)」です。
なぜか通常一皿で用意されているぶんではなく、ハーフサイズ(?)での提供です。ランチタイム(11:30-15:30)にはセルフでライス無料ですので、150円でちょっとした「餃子ライスセット」が頂けるとしたらお手軽で良いのかもしれません。餃子は品目名に「焼き」が強調されている割には、焼き目は薄すらとした程度のものとなっています。透明感のある皮が食感も滑らかでなかなか美味しく、これは意識されてのことでしょう、特徴的な一品でした。あれ? 4個分入っているような……。サービス? 餃子共々、ラーメンの方もスープの一滴も残さず完食です。

恩納村という立地から、なかなか気軽に立ち寄れないのですが、個人的にとても好印象を持っているお店です。今回期間限定扱いという形(しかも夜間のみ)ではありますが、ラーメンの提供を始めてくれて嬉しかったですね。ラーメンファンには来訪までのハードルが高いですので、ゆくゆくはレギュラー扱いになってくれたら嬉しいです。前回訪問時はどこか愛嬌のあるおっちゃんお一人でお店を見られていたようですが、この日は厨房とフロアを兼ねているらしい男性が増えていました。次回来店がいつになるか判りませんが、それまで変わらず繁盛されていて欲しいものです。

11沖縄 ラーメン 恩納村 麺や 敦 沖縄葉野菜とゆし豆腐のちーまーじゃんラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県恩納村名嘉真27
電話:098-967-8552
営業時間:11:30-15:30 17:30-21:30
定休日:不定休
駐車場:有り

麺や 敦 「ベジトマつけ麺」

1沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

恩納村名嘉真の「麺や 敦(とん)」へ行って来ました。
こちらは2014年12月にオープンしたお店になります。提供品目には「まぜそば」もあるようですが、基本は「つけ麺専門店」になるようです。個人的に訪れにくい立地なのですが、近隣に立ち寄る用事があったため、思い切って足をのばしてみることにしました。なぜか営業開始時間が午前11時からと思いこんでいたため、少し店舗前で待つこととなりましたが、店主が合図してくれて本来の営業開始時間より若干早く店内に入れました。お店には、平日の午前11時半前の入店です。

2沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

「麺や 敦」のお品書きです。
取り扱いはシンプルに三品目です。お馴染み(?)豚骨魚介風味の「つけ麺(並・中盛り)(750円)」に「ベジトマつけ麺(並・中盛り)(700円)」、そして最近ちらほらと見かけるようになった「台湾まぜそば(並・中盛り)(700円)」です。つい最近の記事でも書きましたが、沖縄での「台湾ラーメン(まぜそば)」の浸透ぶりは目を見張るものがありますよね。つい数年前まではもの珍しい品目だったと思うのですが……。土壌的に受け入れやすいメニューなのでしょうか? さて今回のオーダーですが、初訪問店であれば王道の「つけ麺」になるのですが、どうにも味の想像が容易く、なかなか立ち寄れないであろうお店ということもあり注文に踏み切れません。「台湾まぜそば」も同様の理由で、今回は「ベジトマつけ麺(中盛り)(700円)」をお願いすることにしました。ちなみに「並盛り(180g)」と「中盛り(230g)」までは同じ値段になっています。「大盛り(300g)」は100円増しで対応されていました。

3沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

別途貼り出されていた「鶏から揚げ」です。
なんでも『秘伝のタレに漬け込んだあっさり味の博多水炊き風鶏から揚げ』とのこと。4~5個で300円からとのこと。鶏肉好きとして結構注文を迷って持ち帰りまで考えたのですが、この日は夜もがっつり頂く予定でしたので、なんとか踏みとどまりました(^_^;)

4沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

席上に貼り出されていた各種お知らせです。
「つけ麺の食し方」・「薬味の極意」・「ベジトマつけ麺とは…」などが記されています。今回注文したのは「ベジトマつけ麺」ですので、「つけ麺の食し方」についてはまたの機会に譲ります。「薬味の極意」や「ベジトマつけ麺」については追々触れることにします。

5沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

カウンター席上の様子です。
まぜそばやつけ麺用として、各種調味料類が豊富に用意されています。書き出してみますと『シークヮーサー・おろしニンニク・一味唐辛子・ラー油・ゆず香・フルーツ酢・胡椒』などとなっており、このうちシークヮーサーとおろしニンニクについては冷蔵庫で保存していたようで、後ほど店主さんが持って来てくれました。

6沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

待っている間に店内の様子を写してみました。
元の古い建物の関係からか床は打ちっぱなしながらも、店内は綺麗に清掃も行き届いていました。カウンター席からの撮影ですが、テーブル席も用意されていますね。入り口側の壁際にはセルフのお冷や(さんぴん茶)などが置かれ、またジャーにはランチタイム(11:30~15:30)無料というこれまたセルフのライスが用意されていました。画像ではちょっと小さくて判別出来ないでしょうが、壁際には「5辛つけ麺」と「カレーつけ麺」の二品目が期間限定新メニューとして、2015年2月1日より提供を始めるそうです。カレーつけ麺などはライスとの相性も良さそうですね。

9沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

カウンター席から上部には割りスープも常備されています。
向こう側が厨房になっているのですが、仕切られている形になっているため調理中の様子は伺えませんでした。厨房部分は結構広く取られているかもしれません。

10沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

程なくして運ばれた「ベジトマつけ麺」です。
お品書きの画像にて麺側の盛り付けは見ていたはずが、実際のそれはかなり華やかさがありました。器が細長く幅広で情報量があり、具材と麺との色合いの対比も綺麗です(後から気付きましたが、お品書きの画像から容器が変更になっていますね)。また、トマトを用いているというつけ汁も、なにか想像していたのと異なる色合いと見た目となっています。見た目ムースのようなつけ汁の表面には、アクセントのように液体が浮かんでいますが、すぐに麺を投入してしまって何かは判りませんでした(香り付けのオイルか何かでしょうか?)。あとライスとの相性がそう良くなさそうな品目ながら(注文を控えるといいつつ)も、貧乏性なものでランチタイムサービスのライスもしっかり頂いております(^_^;)

11沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

「ベジトマつけ麺」の麺側のアップ画像です。
具材としては野菜類としてたっぷりと水菜にキャベツに白髪ネギ、カットされたプチトマトにメンマなどとなっています。ヘルシー志向なのかチャーシューは豚ではなく鶏肉となっていました。緑色のなかにプチトマトの赤色が良いアクセントになっていますね。平打ち(つけ麺としては)中細のストレート麺は、冷水でしっかりと締められていました。

12沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

「ベジトマつけ麺」の麺ですが、先述のとおりつけ麺としては中細のストレートのもの。冷水で締められており、また角があるタイプで口中でしっかり弾力の感じられる美味しい麺でした。その麺に絡むつけ汁ですが、口当たりの滑らかな見た目よりかは粘度の低いもの。説明書きではトマトに野菜類を加えて、化学調味料を一切用いずに作られているとのこと。トマトの風味は確かにするのですが、想像していた酸味を感じるものではなく、どちらかというと甘味が勝っている作りでした。野菜類の甘さというより、どちらかというと果物から来る甘味のような……。見た目と共に、確かに女性客に受けそうな「つけ麺」となっていました。ところで麺は冷水で締められているのですが、つけ汁も冷製となっております。特に夏場は良いと思いますが、季節的にはちょっと適さなかったかもしれません(食後、結構身体が冷えました(^_^;))。またライス自体は炊きたてで本当に美味しかったのですが、先に書いたようにつけ汁は冷たく甘みがあり、絶望的にライスに合いません(笑) 鶏肉のチャーシューの分量が思ったよりありましたので、そちらでライスは頂きました。

13沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

しかし何事もチャレンジです!
つけ汁が若干残っていたので、追い飯風にライスを少量投入してみました。通常、想像出来る「トマトのつけ汁」ですと、リゾット風になるイメージですが、なにせ冷製で甘味のあるつけ汁です。どのような味わいかと思いましたが……あれ、想像していたより結構イケる(笑) まあ分量があったらどうだったか判りませんが(^_^;) ちょっと失念していたのがカウンター上部に用意されていた割りスープの存在。温かかったはずですし、何より試しに味わってみたかったですね。麺はもちろん、つけ汁の一滴も残さず完食です。

さて次回訪問の機会はなかなか作れないだろうと思い、チャレンジした品目選択でしたが、実はとても好印象をもってお店を後にしています。「ベジトマつけ麺」自体面白い作りでしたが、限定つけ麺などの新品目開発にも熱心なようです。またお店は年配のおっちゃんお一人で見られていましたが(アルバイト募集の貼り紙がありました)、どこか愛嬌があってお店の雰囲気も良かったです。次回来店がいつになるか判りませんが、そう遠くない内に再訪を果たしたいと考えています。その際はやはり王道の「(豚骨魚介風味の)つけ麺」をお願いすることになりそうです。そうそう、ランチタイムサービスのライスにから揚げも追加で頂きたいですね(笑)

14沖縄 つけ麺 恩納村 麺や敦 ベジトマつけ麺

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県恩納村名嘉真27
電話:098-967-8552
営業時間:11:30-15:30 17:30-21:30
定休日:不定休
駐車場:有り

ゆであげそばの大城商店 「万二郎ラーメン」

1沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

恩納村恩納の「ゆであげそばの大城商店」へ行って来ました。
「てだこラーメン」さんの書き込みをみて、さっそく行ってまいりました。こちらは2013年11月くらいに現在の業態になったお店のようですね。久しぶりのリアルタイム更新になります。店舗に訪れる前に公式のフェイスブックページをざっと確認して寄ったのですが、どうも実際と微妙に異なっている部分があるようです。店主さんとお話をして、確認出来たことを書き出してみます。

■お店の場所:公式表記では恩納村字恩納2742-1
 ナビの案内だとどうも食い違うようです。ただお店の場所は判りやすく、恩納村の万座毛に上がる坂道のすぐ右手側にあります。店舗前には駐車スペースもありました。58号線を北上したとすると、ローソンを右手に見つつ信号を左折してすぐ右手側ですね。外観はパーラーというか海の家のような感じです(調理建屋がパーラーのようで、少し離れた客席建屋が海の家のような雰囲気となっていました)。

■営業時間:公式ページでは11:30~16:30
 11:30ぐらいに付近に着き、場所が判らずに電話したところ、営業開始は12:00からとのことでした。また夜間は「ほとんど酒場」のような雰囲気になるらしく、「お客さんが来ないようだったら午後7時半くらいに閉めて、盛り上がるようだと午後10過ぎくらいまで開けている」のだそう。

■定休日:不定休のようで、フェイスブックの公式ページで告知されています。
 しかしながら既に当てにならないですので(笑)、遠くから訪問の際はお電話で確認されてから向かわれた方が良いと思います。大事な部分が雨天だとお店を閉めることが多いとのこと。屋根はあるものの客席側は半屋外のような作りとなっており、小雨程度でしたらしのげそうですが、強い風雨には厳しいそうです。

これらのこともどうも流動的のようですし、遠方から訪れるつもりの方は、やはりお電話で営業をされているか事前確認をなさった方がよさそうです。

さて前置きが長くなりましたが、本文に入ります。冒頭の画像のとおり、熱心なラーメンファンの方でしたらすぐに“二郎インスパイア系統”のラーメンだと感じることでしょう。ネーミングも「万二郎ラーメン」となっていることから、お店側も意識されているのでしょうね。ただ、自分は運ばれるその時まで、その系統のラーメンとはまったく頭にありませんでした。その辺りの事も追々触れて行きます。

2沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

「ゆであげそばの大城商店」のお品書きです。
お品書きはパーラーのような調理建屋の前に立てかけられており、網戸ごしに店主さんに注文を告げる形になります。せっかくですのでラーメン品目をすべて書き出してみます。順に『万二郎ラーメン(650円)・汁なし(700円)・横浜ラーメン(650円)・辛味噌万二郎(750円)』などとなっていました。その他各種トッピングや「焼ギョーザ(350円)」などのサイド、またアルコールやカフェなどドリンク類の提供も行っています。とりあえず店主さんに代表的品目を聞いてみたところ、やはり筆頭記載の「万二郎ラーメン(650円)」ということで、そちらをお願いすることにしました。さてなぜ“二郎インスパイア系統”だと思わなかったかというと、まずフェイスブックの公式ページでは具だくさんないわゆる「中華そば」といった画像が掲載されていたこと(とても美味しそうでした!)、またお品書き上部にも「万二郎」と記載されていたことから、店主の名を冠したラーメンなのかな? と思い込んだのでした。いま考えますと、近くの「万座毛」と「二郎」を掛け合わせたネーミングなのかもしれません。

3沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

待っている間に店内の様子を写してみました。

4沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

“海の家のような”と表現した雰囲気が伝わるでしょうか?
出入り口には仕切りはなく、半屋外といった建屋となっています。屋根はあるものの、完全に雨露はしのげないとの事でした(その際はお休み)。いまの季節は開放感があって良いですが、真冬や真夏はちょっと気候的に厳しいかもしれませんね。個人的には夏場より、冬場の寒いなかでラーメンを頂く方が風情を感じられて良かったりします。

5沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

建屋に置かれていた網焼き場です。
夜間は酒場のような雰囲気になるそうですが、アルコール類こそ提供されているものの、つまみ的なメニューは見当たりませんでした(時間帯によって別途用意されるかもしれませんが)。もしかしたらお客さんがバーベキューの素材を持ち寄って、勝手に作って盛り上がっているのかもしれません(笑) 実際のところは判りませんが、独特なお店の内装や男性店主さんの明るい雰囲気から、なんとなく勝手にそう想像してしまいました(^_^;)

6沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

ベニヤの壁に書かれたお言葉。
これもまた「ゆであげそばの大城商店」の雰囲気を伝えるものになるのでしょう(笑)

7沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

程なくして運ばれた「万二郎ラーメン」です。
先ほど運ばれるまで“二郎インスパイア系統”と思いもしなかったと書きましたが、実は店主さんとの会話の合間に、切れ切れに「野菜大盛りできますよ、味は濃い目でいいですか? ニンニクは入れますか? 麺は固めが良いですか?」などと聞かれていたのでした(アブラ増しは無いようです)。思い込みのなせるわざですが、鈍いと言えば鈍いですね(^_^;) 返答としてはすべてありありでお願いをしています。また「煮玉子(本来は100円)」が付いていますが、これは注文したものではなくサービスとなっています。会話のなかで「どこでお店を知りました? フェイスブックですか?」と聞かれましたので、その関連サービスなのかもしれません。本家の「二郎」とは異なり、店主さんの方からぐいぐい聞いてきてくれて助かりました(笑)

7.1沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

「万二郎ラーメン」のアップ画像です。
具材としては山盛りのキャベツにもやし、肉厚のチャーシューが一枚に、サービスの煮玉子となっています。野菜盛りの上部には、青葱にニンニクと唐辛子が添えられていました。野菜は比較的キャベツの比率が大きいですね。かなりな迫力ですが、ラーメン丼はやや小ぶりだったかと思います。ただ全体的なボリューム感は結構なものでありました。

8沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

「万二郎ラーメン」の麺ですが、平打ち太めのややひねりが入ったもの。茹で加減は固めで注文したこともあり、わしわしと食べ応えがあるものでした。太めと表現しましたが、二郎系統であることを考えますと、ほどよく食べやすい径にあたるでしょうか。

9沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

やや無理やりな“天地返し”です。
麺を先に食べられるようにという措置ですが、確かにこうしないと野菜ばかりでなかなか麺に辿り着けません(笑) まあとりあえずのお約束ということで(^_^;)

10沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

「万二郎ラーメン」のスープをレンゲで掬ってみました。
豚骨の風合いに、濃厚な醤油タレと脂分の味わいが組み合わさっています。序盤は盛られた野菜のウェイトが大きかったためさほど感じませんでしたが、やはり塩分濃度は結構高いようでした。後半には癖になってしまうような塩辛さを感じましたね。でもこの味わいが心地よかったりするのです(笑)

11沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

サービスで頂いた煮玉子はハードボイルド気味。
これはこれで良いものです。ラーメン丼が運ばれるまでは、「せっかく煮玉子をサービスしてくれるのだから、ライスを追加注文して“大城商店めし”を作ろうかな?」などとのん気なことを考えていたりしました(^_^;) もちろんこのボリューム感でライスの追加はちょっと無理があります。しっかり満腹感をもって、スープの一滴も残さず完食です。

思いがけず恩納村の地で“二郎インスパイア系統”のラーメンに出会えたこと、お店のユニークな営業形態や雰囲気などに、とても惹かれるものがありました。夜間のお店の様子などがとても気になります。不定休かつ営業時間も不規則なようで、遠方の方にはなかなか足を運びにくいととは思いますが、興味を持った方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。個人的にも他の提供品目が気になりますので、さほど間を空けずに再訪したいと考えています。今回はとても満足感をもってお店を後にしました。

12沖縄 ラーメン 恩納村 ゆであげそばの大城商店 万二郎ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

※公式情報から記載していますが、最終的にはお店に確認することをお勧めします
住所:沖縄県恩納村字恩納2742-1
電話:090-3042-0325
営業時間:11:30 - 16:30
定休日:不定休
駐車場:店舗前に駐車スペースあり

ゆであげそばの大城商店つけ麺 / 恩納村)

昼総合点★★★★ 4.0

美海宝龍 琉華亭 「ラーメン」

沖縄 ラーメン 恩納村 琉華亭 ラーメン 1

恩納村瀬良垣の「美海宝龍 琉華亭」へ行ってきました。
一記事分間が開いてしまいましたが、恩納村のラーメン提供店舗巡りのラストとなります。合計で3店舗を紹介した形になりますが、どちらも純粋なラーメン専門店ではありませんでしたね。立地的にもこれは仕方のないところなのかもしれません。さて今回の「琉華亭」ですが、当初は一度に3店舗を廻るつもりはなく、一番北側に位置するこちらのお店は本来は訪れる予定はありませんでした。谷茶の「元祖海ぶどう」が閉店していたことから、2店舗めとして訪れるつもりだったのですが、期せずして途中で南恩納の「元祖海ぶどう本店」を見つけ、せっかくの恩納村遠征ということで更に足をのばしてみることにしたのでした。お店には、平日の午後1時前に入店です。

沖縄 ラーメン 恩納村 琉華亭 ラーメン 2

「琉華亭」のメニューです。
お店のスタイルしては“沖縄(琉球)料理&中華料理”といったところのようで、おそらく本来は中華料理を専門とする店舗なのでしょうが、立地的に観光客を顧客対象とするため、沖縄料理も扱うことにされた印象でした(あくまでも勝手に抱いた印象です(^_^;))。取り扱い品目は沖縄そばからチリソースなど、それぞれのジャンル(?)ごとに各種用意されているようです。やはり土地の名産になるのか、海ぶどうを使った品目も、いくつか提供をされていました。事前の情報では中華料理を提供しているということもあり、ラーメンもレギュラーで取り扱っていると聞いていたのですが、なぜかどこにも見当たらないようです。

沖縄 ラーメン 恩納村 琉華亭 ラーメン 3

別紙で用意されていた、ランチタイムメニューです。
グランドメニューにはラーメン品目はなく、ランチタイムのみの提供となるようです。それも複数種類から選べる形ではなく、シンプルな「ラーメン(680円)」のみ記載となっていました。うーん、確かにこの日は3店舗めということもあり、テンションはあまり高くはなかったのですが、やや肩透かしを食らった感ではあります。注文はもちろん、唯一のラーメンをお願いすることにしました。

沖縄 ラーメン 恩納村 琉華亭 ラーメン 4

程なくして運ばれた「ラーメン」です。
実はこの日は店内にお客さんは自分しかおらず、店内でノートパソコンを触っていた店主が厨房で調理を始めるまで、貸し切りのような形で接客を受けることとなりました(^_^;) さきほどの「元祖海ぶどう」ではお客さんで賑わっていたため、少しばかり寂しい印象となっています。中華料理を扱っているお店らしく、卓上の調味料類や取り分け皿など、雰囲気が感じられますね。

沖縄 ラーメン 恩納村 琉華亭 ラーメン 5

「ラーメン」の麺ですが、中細のややひねりが入ったもの。少しばかり柔らかめの茹で加減でしたが、そのぶんスープに良く絡んでいたかと思います。その麺に絡むスープですが、動物系の出汁でまとめられた、軽く脂分と粘度が感じられるものとなっていました。お昼時分ではあったのですが、この日も寒く、熱々であったのは有り難かったです。具材はチャーシューが3枚に炒められた青菜、スープ表面には葱が浮いています。シンプルですが、丁寧に作られた一杯でありました。

本文中でも書きましたが、ランチタイムであったにも関わらず、結構広めの店内が静かだったのはちょっと寂しかったですね。老夫婦お二人で対応をされていましたが、夜間になるとまた賑わってくるのでしょうか。これまでなかなか立ち寄れなかった恩納村でのラーメン巡りでしたが、次回の機会があれば海ぶどうなど、地元の名産を使った品目も頂いてみたいですね。

沖縄 ラーメン 恩納村 琉華亭 ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★(6)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県恩納村瀬良垣1678-1
電話:098-966-8332
営業時間:11:00-16:00 18:00-23:00
定休日:無休
駐車場:有り









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。