スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

らーめん工房 麺太 「尾道チャーシューメン(辛ねぎ入り)」

1沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

南城市大里の「らーめん工房 麺太」へ行って来ました。
実は当初は南部の新規ラーメン店へお伺いしようとしていたのですが、残念ながら昼過ぎながらも売り切れ終了となっていました。振られてしまったのは残念でしたが、営業開始早々繁盛店になっているのは何よりですね。さて、すっかり(醤油)ラーメンモードになっていて、自分のなかでは待ったなしです(笑) そこでふと思い出したのが「らーめん工房 麺太」の存在でした。一店舗内にて多様なご当地ラーメンを提供されているこちらのお店、企画絡みもあってほぼ全品目制覇したはずですが、なかでも「尾道ラーメン」はぜひリピートしたいと思っていたのでした。ということで、久方ぶりの訪問となりました。中休みのない通し営業であることも訪れる際に安心感がありますね。

2沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

「らーめん工房 麺太」のお品書きです。
大判のメニューには判りやすく品目画像が大きく掲載され、その他品目についてのうんちくや、各種品目構成上のバリエーションなどが明記されています。ひと昔前でしたら沖縄は“ラーメン不毛の地”などと呼ばれていましたので、ここまで懇切丁寧な品揃えをしてくれているのは嬉しいことではないでしょうか(そして消費者というのはそんな有り難さをあっさり忘れてしまうものだったりします(^_^;))。開いてすぐの見開きでは『博多:とんこつラーメン・広島:尾道ラーメン』が掲載されていました。

3沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

次の見開きでは『北海道:味噌ラーメン・北海道・函館:旨塩ラーメン』が掲載されています。各地元のごく正統派のラーメンという形だけではなく、「麺太」らしいアレンジが加わっているようにも映ります。元より自由度の高いラーメンという品目ですし、全然有りなことなのでしょう。

4沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

最終見開きには「長崎:ちゃんぽん」(!)が掲載されていました。
「……ラーメンとは違うのでは?」という声も聞こえて来そうですが、いちラーメンファンのなかでは歴史背景関係なく、するりと同義扱いしても良い気もしたりします。現在の先鋭的なラーメンよりずっとラーメンぽかったりしますし、何より一般に向けて『好きなラーメンチェーン店は?』とアンケートを取りますと、「長崎ちゃんぽん:リンガーハット」が一位になったりするのだそう(^_^;) まあ沖縄県の「沖縄そば」も、内地のラーメンファンに取ってはラーメンと一緒の扱いになっているようですし、ボーダーの曖昧さも魅力のひとつと捉えて良いのではないでしょうか。またこちらのページには各種お得なセットメニューも記されていますね。

5沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

別紙で用意されたお品書きです。
「らーめん工房 麺太」さんでも期間限定麺を提供されているようですね。辛味のあるラーメンということもあり、結構に食指も動いたのですが、ここは初志貫徹です。やはり「尾道ラーメン」をお願いすることにしました。

6沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

お品書きにおける「尾道ラーメン」ページのアップ画像です。
前回はノーマルの「尾道ラーメン(570円)」を頂いていますので、今回は必然的に(?)バリエーションとして分かれている「尾道チャーシューメン(770円)」を注文することにしました。せっかくですので、「味付玉子入り」や「辛ねぎ入り」も検討です。……実はここで痛恨の注文ミス(^_^;) なぜか「尾道チャーシューメン(920円)」は「味付玉子&辛ねぎ」両方が入っているものと思い込んでいたのでした。初志貫徹でしたら「味付玉子入り(870円)」までの注文のところを、「辛ねぎ入り(920円)」でオーダーをしてしまいました。

7沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

「お得なランチメニュー」です。
それぞれ700円で「ギョーザセット」と「チャーハンセット」が用意されていますね。ラーメンは白とんこつor尾道ラーメンから選べるということで、いま思い返せばシンプルに「ギョーザセット(尾道ラーメン)」を選択しても良かったかもしれません。

8沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

待っている間にテーブル席上の様子を写してみました。
昼のピーク時は過ぎているのですが、近隣のお買い物客などでしょうか、途切れることなくお客さんが訪れていました。卓上の調味料類としては餃子用のたれやラー油、奥の壺には壺ニラ……ではなく、紅ショウガが置かれていました(笑)

9沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

程なくして運ばれた「尾道チャーシューメン(辛ねぎ入り)」です。
運ばれた途端「しまった」の心持ちであります(^_^;) いえ、先に書いて置きますが、個人的に葱は大好きですし更に辛味が加わったとあれば美味しくない訳がありません。惜しげ無くボリューム感もたっぷりです。ただ今回は、醤油味のラーメンを求めてお久しぶりの「尾道ラーメン」を頂くつもりだったのでした。完全に当初の目的を見失ってしまった注文ですね(^_^;) しかし「辛ねぎ」のインパクトが強すぎて、ベースのラーメンの判別すら付きません。そうそう、チャーシューメンの注文ということもあり、「ご飯(100円)」も追加でお願いをしています。ラーメンとセットということで、単品では150円設定なのかな? ずいぶんとたっぷり分量のライスでありました。

10沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

「尾道チャーシューメン(辛ねぎ入り)」のアップ画像です。
ラー油などムラ無く辛味が絡まっているのですが、赤く染まった白髪ネギがピンと食感も良く山のように盛り付けられています。先述したとおり盛り付けがたっぷり過ぎて、ベースのラーメン品目の判別が付きません。いえ、本来はテンションが上がっているところなのですが(ネギ好きとして実際に別方向で上がりましたが)、とりあえず「これは尾道ラーメンだ」と心に言い聞かせて食べ進めることとなりました(笑)

11沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

辛ネギから掘り起こした「尾道ラーメン」の麺ですが、中細の平打ちストレートのもの。表面が滑らかでやや柔らかめながらも、角があるタイプでくっきりとした食感の麺となっています。その麺に絡むスープですが、鶏ガラや豚骨などの動物系が感じられながらも、魚介の和風な味わいが加わった醤油味のもの……であったはずでした(^_^;) たっぷり具材の辛ねぎからは辛味がスープ中へ滴り落ち、すっかり辛スープに変化しちゃいました。元々スープというか、「尾道ラーメン」の丼は大きさがやや小さめなのですよね。追加した具材の辛ネギはもちろん、更に追加した厚みあるチャーシューもしっかり味が付いており、すっかり「味くーたー尾道ラーメン」となってしまいました。繰り返しますがラーメン単品自体はとても食べ応えがあって美味しかったですよ。しかし求めていた「尾道ラーメン」をビジュアル面で頂くことが出来なかったのは心残りです(自業自得(^_^;))。

12沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

ライスの上に「尾道チャーシューメン」の具材を載せてみました。
具材としては追加トッピングの辛ネギしか映ってませんでしたので(笑)、改めてチャーシューとメンマをピックアップです。厚みのあるチャーシューは標準では一枚、追加で三枚になるようですね。太目のメンマも存在感がありました。ここではやはり華やかさを加えたいということで、「味付玉子」を注文しなかったのはちょっと悔やみます。ボリューム感たっぷりの具材と共に、辛味の効いたスープの一滴も残さず完食です。

がっつり確かな満足感があったのですが、期待していたビジュアルにお目にかかれずちょっとばかり不完全燃焼でありました。うーん、どうにも気掛かりを残してしまったようですので、近隣を通りがかる際にはぜひ再注文を考えております。シンプルに「ギョーザセット(尾道ラーメン)(700円)」を注文して、追加要素で「味付玉子」などを加えても良いかもしれませんね(可能なのかな?)

13沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里仲間1140-1 アトール内
電話:098-946-3654
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

スポンサーサイト

お食事&Cafe 夕凪 「札幌ラーメン(味噌)」

1_20150406214804027.jpg

南城市知念安座間の「お食事&Cafe 夕凪」へ行って来ました。
こちらは去年末頃に一度お邪魔していますね。特色のある「スープカレーラーメン」という品目があると聞き、とても楽しみにしていたのですが、なぜか注文は「札幌スープカレー」になってしまい、ラーメンブログにはあるまじき「札幌スープカレー」&「札幌ジンギスカン定食」の紹介記事となったのでした(前半はまあ間違いだとして、後半の定食はなんだか判りません(^_^;))。訪れたのはずっと以前なことになりますが、そのまま終わるのもなんですので、さらっと提供されているラーメンについても紹介したいと思います。

2_201504062147558ca.jpg

店頭に貼り出された「お食事&Cafe 夕凪」のお品書きです。
もちろん店内にも常備されていますが、一覧性のあるこちらを掲載です。右側上部分がメインらしい定食を含めた各種お食事メニューとなっており、下部のやや小さなお品書きが一品料理となっています。一品料理はどちらかというとおつまみメニューに近いようですね。左側上部に各種アルコール類が掲載されていますが、夜間は居酒屋に近い営業形態になるようです。さて今回の注文ですが、「札幌ラーメン(味噌)(700円)」をお願いすることにしました。ちなみにこちらの「札幌ラーメン」ですが、味噌のほか、塩・醤油を選ぶことが出来ます。

3_20150406214754561.jpg

程なくして運ばれた「札幌ラーメン(味噌)」です。
トレイに載せて用意され、調味料としてあらびきコショーが付いて来ました。レンゲとお店の名前が入った袋入りの割り箸も一緒に添えられています。

4_20150406214754474.jpg

「札幌ラーメン(味噌)」のアップ画像です。
具材としては豚バラ肉のチャーシューにメンマ、半玉にもやしにの痔などとなっています。必要にして充分な構成となっているです。

5_20150406214753c96.jpg

「札幌ラーメン(味噌)」の麺ですが、中細のちぢれが入ったもの。程よく固めのゆで加減となっており、札幌ラーメンらしい(?)口中で存在感のある麺となっていました。その麺に絡む味噌味のスープですが、どこかノスタルジックな素朴感のある穏やかな味わいとなっています。合間にメンマやチャーシューを挟みつつ、後半には用意されたあらびきコショーなども軽めに投入しつつ完食となりました。

お店はバス停となる「あざまさんさんビーチ入り口」前に構えており、夜間の居酒屋タイムでは重宝しそうです。もっともどの時間まで運行しているか不明ではありますが……。ランチタイムから居酒屋まで、地元のお客さんに愛されているお店であることでしょう。うーん、この記事を書いて見て、改めて不完全燃焼であることに気づきました。実現するか判りませんが、いつか未食のままとなる「スープカレーラーメン」を頂くために再訪することになるかもしれません。

6_20150406214752b45.jpg

ごちそうさまでした!

満足感:-
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市知念安座間192
電話:098-943-0229
営業時間:11:00-22:00
定休日:不定休
駐車場:有り

お食事&Cafe 夕凪 「札幌スープカレー」と「札幌ジンギスカン定食」

1_20141206150745618.jpg

南城市知念安座間の「お食事&Cafe 夕凪」へ行って来ました。
こちらは今年の夏頃だったでしょうか? 無料情報誌か何かしらの記事ででラーメンを提供をしていると知り、ずっと伺いたいと考えていたお店です。個人的に遠方の立地ということなどもあり、ずっと機会が作れずにいたのですが、「味噌・塩・正油」の定番的な札幌ラーメンだけではなく、「スープカレーラーメン」という特色のある品目を提供していると聞きおよび、改めて楽しみとなる来店のきっかけを作ることが出来ました。お店には、週末のお昼時の訪問です。

2_20141206150744de8.jpg

「お食事&Cafe 夕凪」のお品書きです。
筆頭から数えて四品目大文字の「スープカレーラーメン(700円)」を注文です。

3_201412061507449a3.jpg

一品料理のお品書きです。
ランチタイムとは別に、夜間は居酒屋としての営業形態も見せるようですね。

4_201412061507438fc.jpg

店舗内の様子です。

5_20141206150724075.jpg

テラス先でのジンギスカン提供もあるようですが、沖縄といえど今は寒さが厳しいかも。

6_20141206152335118.jpg

程なくして運ばれた「札幌スープカレー(ライス付)(800円)」です。
お願いしたのは「スープカレーラーメン(700円)」だったつもりなのですが、店員さんからは凄い勢いでスープカレーの注文だと断言され……。当ブログ的には訪問前から迷うことのないオーダーだったのですが、まあ言い間違えてしまったのかも(^_^;)

7_20141206150723ba5.jpg

一緒に頼んだ「札幌ジンギスカン定食(ライス・みそ汁付)(800円)」です。
実際に変な注文の仕方をしていますよね。どちらも美味しかったです。
いま考えてみますと運ばれた品目はそれとして、別途「スープカレーラーメン」を追加注文すれば良かったですね(さすがに三品目分の完食は無理かな?(^_^;))。

8_20141206150723d83.jpg

ごちそうさまでした!

満足感:-
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市知念安座間192
電話:098-943-0229
営業時間:11:00-22:00
定休日:不定休
駐車場:有り

夕凪カフェ / 南城市)

らーめん工房 麺太 「北海道味噌とんこつラーメン」

1沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

南城市大里の「らーめん工房 麺太」へ行って来ました。(沖縄ラーメン大図鑑:2/40
今回も「沖縄ラーメン大図鑑2014年版」半額企画参加店への訪問となります。「らーめん工房 麺太」は、前回の半額企画にも参加されており、またそれ以外の機会でも何度か訪問しているのですが、今回の半額対象品目はちょうど未食だったりします。ごく個人的なことですが、これは地味に嬉しかったりします(笑) こちらは全国各地のご当地ラーメンを頂ける趣向となっており、自分は「尾道ラーメン」が特に美味しかった印象がありました。基本的にラーメン店は自由度が高く“なんでもあり”とは思いますが、ここまで明確に企画を打ちだされたラーメン店は、これまでありそうでなかったですよね。お店には、休日の午前11時過ぎに入店となりました。

2沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

「らーめん工房 麺太」のメニューです。
冊子形式になっていて、ちょうどページ毎にジャンル(?)分けがされている形になりますね。見開きごとにざっと紹介してみます。掲載画像左側が「博多 とんこつラーメン」、右側が「広島 尾道ラーメン」となっています。先述したとおり、個人的に「尾道ラーメン(550円)」は美味しかった記憶があります。ベースのラーメンが、比較的安価であることも魅力ですね。

3沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

次のページでは左側が「北海道味噌ラーメン」、右側が「北海道・函館 旨塩ラーメン」となっています。筆頭の「炙り味噌ラーメン(700円)」は既に頂き済みですね。「(旨)塩ラーメン」類は未食ですので、こちらも機会を見つけて試してみたいものです。

4沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

最終見開きでは「(なぜか明記されていませんが)長崎県 ちゃんぽん」と「お得なセットメニュー」について記されています。「うまかっ!!ちゃんぽん(750円)」はとても具だくさんで食べでがあり、こちらも美味しかった記憶があります。お得なセットメニューはすべてのラーメン一品と組み合わせることが出来、判りやすくて良いですね。「半チャーハン(250円)」は充分な量があり、またパラパラとした食感の丁寧な作りでありました。

5沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

改めて今回お願いすることとなる、「北海道味噌ラーメン」のページです。
上部に「炙り味噌ラーメン(700円)」が掲載されていて、そちらはちょうどお店が新規オープンした際に頂いた品目ですね。下部に今回お目当てとなる「北海道味噌とんこつラーメン(700円⇒350円)」が掲載されていました。大枠の品目を頂き済みのなか、ぴったり未食分が半額対象となっていて嬉しかったりします(笑)

6沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

待っている間にカウンター席上の様子を写してみました。
調味料類としてはお醤油にラー油、すり胡麻に胡椒などのほか、壺にはおろしニンニクに紅ショウガなどが用意されています。紅ショウガについては「博多」の豚骨ラーメン用なのでしょうね。

7沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

程なくして運ばれた「北海道味噌とんこつラーメン」です。
いつもでしたらサイドから、なんらかの「ご飯もの」などサイドを追加注文しているところですが、今回はぐっと我慢です(笑) 「北海道味噌とんこつラーメン」の標準具材に煮玉子などが付いていましたら、堪らず「ライス」あたりを注文していたことでしょう(そして当ブログ恒例の「麺太めし」を作っていたことでしょう(^_^;))。

8沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

「北海道味噌とんこつラーメン」のアップ画像です。
具材としてはチャーシューが一枚に、たっぷりのもやしにキャベツに青葱、そして存在感たっぷりのキクラゲが盛りっと盛られています。「北海道」からは、一方の「炙り味噌ラーメン」がいかにもそれらしい作りに対し、こちらは「豚骨」を強調していることからも判るとおり、九州地方のラーメンと融合している印象ですね。お店独自のアレンジ品目なのか、それともご当地北海道でも、同様な作りのラーメンがあるのでしょうか?

9沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

「北海道味噌とんこつラーメン」の麺ですが、細めのちぢれが入ったもの。実は注文時に「麺が選べます」とのことで、「ちぢれ麺or細麺」からの選択だったのですが、より味噌ラーメンらしい麺ということで、「ちぢれ麺」を選びました。ただ通常イメージする、中細から中太のそれとは異なり、ずいぶん細めの麺となっていました。また注文時に同様に「茹で加減」の指定も出来たのですが、「かため」でお願いをしましたが、元が細い麺ですので、そうくっきりとしてはおらず、程よい固さといったところでした。その麺に絡むスープですが、豚骨に味噌の旨みが合わさったもの。それなりに濃度感はありますが、細めの麺とマッチした、適度な濃さと旨みだったかと思います。具材にはしゃっきり食感の野菜類がたっぷりですので、細麺ながらも口中では結構な咀嚼感がありました。具材をいくらか残しつつ、あっという間に麺を食べ尽くしました。

10沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

メニューに掲載されていた、麺についての説明書きです。
本品目については「大盛り」ではなく、「替玉」方式になるようです。今回はサイドメニューの注文はしませんでしたが、当初から「替玉」はする気満々でした(笑) さて追加の「替玉(110円)」ですが、最初は「ちぢれ麺」だったことから、替えは「細麺」でお願いをすることにしました。今回も茹で加減は「かため」の指定です。

11沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

すぐに運ばれた替え玉の細麺を、ラーメン丼へ投入しました。
替え玉は平皿に載せられ、たっぷりの葱が麺の上に散らされていました。その際の画像掲載は省きますが、白い麺の上に青色の葱が映えて、なかなか見映えが良かったです。食べ進めるなかでどうしてもスープも飲んでしまうので、ちょっと麺とスープとの割合がアンバランスになっていますね。替え玉で味が薄く感じてしまうこともあり、卓上に置かれた紅ショウガやおろしニンニク、それとすり胡麻を投入しました。替え玉の細麺とあいまって、ここまで来ると「北海道味噌ラーメン」というより、すっかり「博多豚骨ラーメン」といった味合いになっています(^_^;) 印象としては豊見城市「麦翔」の「とんこつみそラーメン」のような感じだったかな? 当初からやや九州地方寄りではありましたが、替え玉の投入を境として、二種類のラーメンを味わえたようで、満足感をもってお店を後にすることが出来ました。

今回お願いした二つの麺はややコシが弱く、「かため」だと却ってそれが目立つため、「ふつう」か「ヤワ」で頼んだ方がスープとの馴染みは良いのかもしれません。また提供品目によって麺は使い分けられていますので、あえてそうした仕様のものを採用されているのでしょうね。実際に「うまかっ!!ちゃんぽん」ではもちもち食感の中太ストレート、個人的にお気に入りの「尾道ラーメン」では、中細の平打ちストレートでやや柔らかめながらも、くっきりスープとの絡みの良い麺でありました。今回の半額企画訪問で、次回来店はまたしばらく先になりそうですが、その際はサイドメニューを含めて、がっつり注文で行きたいと考えています。

12沖縄 ラーメン 南城市 麺太 北海道味噌とんこつラーメン

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★☆(6.5)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里仲間1140-1 アトール内
電話:098-946-3654
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

らーめん工房 麺太 「尾道ラーメン」

沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン 1

南城市大里の「らーめん工房 麺太」へ行って来ました。
こちらは「沖縄ラーメン大図鑑」半額企画参加店となっていて、既に訪問済みですので本来ならば来店はしばらく先になる予定でした。ですが、前回来店をした際に「うまかっ!! ちゃんぽん(750円)」を半額クーポン使用で頂いたのですが、そのチケットにお店の方がサインをされて、再度どの品目でも利用が可能になりますと告げられました。せっかくのご厚意であることと、去年初訪問した時からずっと気になっていたラーメンがあることを思い出し、思い切って足をのばしてみることにしました(半額企画実施初期に訪れた際の応対ですので、現在も同様なサービスをされているかは不明です)。……実は、前回記事からのハシゴラーメンになっています(^_^;) お店には、休日の午後4時過ぎの入店となりました。

沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン 2

「らーめん工房 麺太」のメニューです。
前回記事ではメニュー全体の画像を掲載しましたので、今回はお目当てとなる「尾道ラーメン」のページをアップで掲載してみます。オープン当初は提供されていなかった品目なのですが、初日に訪問した際に提供を予定されていると聞き、ずっと頂く機会を窺っていた一品です。“尾道(おのみち)”といえば広島の瀬戸内海を臨む風情のある街で、映画などの各種映像作品でお馴染みの地域でもありますね。そちらのご当地ラーメンということで、頂くのを楽しみにしておりました。さて今回の注文ですが、豊富に用意された各種バリエーションも気になっていたのですが、やはりベースとなる「尾道ラーメン(550円⇒275円)」をお願いすることにしました。元の価格が安価なため、半額設定ですと驚くような金額になっています。

沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン 3

程なくして運ばれた「尾道ラーメン」です。
ラーメン単品価格のあまりに安さに申し訳なく思い(?)、ハシゴラーメンながらもセットメニューからつい追加注文をしてしまいました(^_^;) こちらも当初から気になっていた、「半チャーハン(250円)」をお願いです。ちなみに今回注文した「尾道ラーメン」のバリエーションですが、トッピング追加的な「チャーシューメン(700円)」の他に、背脂なしの“あっさり”、秘伝の香油入りとなる“こってり”などが用意されていました。トッピングとしては他に「味付玉子入り(100円増し)」や「辛ねぎ入り(150円増し)」なども設定されています(もちろん、元々用意されている各種トッピング類を選択することも可能となっています)。

沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン 4

「尾道ラーメン」の麺ですが、中細の平打ちストレートのもの。表面が滑らかでやや柔らかめながらも、くっきりとした食感の麺となっています。その麺に絡むスープですが、塩味が結構あるのですが、同時に甘みも感じられる仕上がりとなっていました。メニューの説明書きによると、『鶏ガラと豚骨でじっくり煮込んだスープに、瀬戸内の魚介・昆布・鰹節のダシをブレンド』されたものだそう。和風な味わいは、昆布や鰹節の出汁から来ているようですね。背脂も入っているのですが、全体が単調にならない程度の控えめな分量となっています(但しそれなりに粗めですので、良いアクセントにもなっていました)。具材はチャーシューにメンマに葱と、ごくシンプルな構成となっています。別途設定されている「辛ねぎ(150円増し)」などを追加しますと、またがらりと変わった味わいになりそうですね。

沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン 5

一緒に頼んだ「半チャーハン」です。
ラーメンとセットであることを前提に、250円で提供されています。ちなみに単品のフルサイズですと、500円で用意されていました。こちらのチャーハンはパラパラの仕上がりで、玉子やチャーシューとの絡みも良く、とても美味しく頂くことが出来ました。漬物が添えられているのも、個人的にはポイントが高いところです(笑) 四角形で軽く深みがある器ですが、特にラーメンと同時に頂くとなると、外にこぼれ落ちてしまうこともなく食べやすくて良いですね。ラーメン共々、最後はスープの一滴も残さずがっつりと完食です。

今回はハシゴラーメンながらも、とても美味しく頂くことが出来ました。空腹で万全な状態でしたら、更に旨さが上昇したことでしょう(笑) 実はこの「尾道ラーメン」をかなり気に入ってしまったので、色々と用意されている各種バリエーションも試してみたくなりました。こちらは「麺太」は、各地域のご当地ラーメンが気軽に頂けるスタイルで、ありそうで無かった独自の楽しさがありますね。またあまり期間を空けずに、再訪することになりそうです。

沖縄 ラーメン 南城市 麺太 尾道ラーメン 6

ごちそうさまでした!

満足感:★★★★★★★(7)
※個人が感じた満足感です。その時の体調や、注文したサイドメニュー(ってこら(^_^;))などにも左右されますので、客観的な参考(味の評価等)にはならないと思います。

住所:沖縄県南城市大里仲間1140-1 アトール内
電話:098-946-3654
営業時間:11:00-24:00
定休日:無休
駐車場:有り

麺太ラーメン / 南城市)

昼総合点★★★★ 4.0









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。